1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 中卒の履歴書はこう書く!学歴欄や志望動機の書き方の基本を押さえよう

中卒の履歴書はこう書く!学歴欄や志望動機の書き方の基本を押さえよう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・中卒の履歴書は、「中学校卒業」以降の学歴を記入する
    ・嘘はつかず、見やすく分かりやすい履歴書を作成しよう
    ・中卒の場合、履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書いてもOK
    ・履歴書を書くときは、「修正テープ」や「消せるボールペン」は使ってはいけない
    ・中卒ならではの志望動機にするには、「働く熱意」をアピールすることが大切

中卒の履歴書はこう書く!学歴欄や志望動機の書き方の基本を押さえようの画像

「中卒の履歴書はどう書けばいい?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
求職活動で履歴書は、第一印象を決める大切な書類。採用の合否を左右する場合もあるので、好印象を与える履歴書を仕上げることが就活成功のカギになります。
このコラムでは、中卒向けに履歴書の書き方や注意点をまとめました。志望動機の例文を就活のプロが添削し、Before/Afterで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

中卒者が履歴書作成で気をつけたい3つのポイント

中卒の履歴書の画像

中卒の方が履歴書を書くときに気をつけたいポイントは3つあります。
履歴書を書く前に、1度目を通しておきましょう。


1.学歴欄は中学校卒業から記入する

学歴欄は中学校卒業から書きましょう。
中学校までは義務教育のため、有名私立学校の学歴以外を書いても評価につながりません。
このルールを知らずに幼稚園から中学校卒業までをすべて書いてしまうと、「常識がない」とマイナス印象になる場合もあるため、注意しましょう。


2.中卒なのに高卒と嘘をつかない

履歴書に嘘の学歴を書いてはいけません。
中卒なのに、「◯◯高等学校卒業」と嘘の学歴を記載するのは、「学歴詐称」にあたり罪に問われる可能性があります。
中卒の方のなかには、「中学卒業しか書くことがない…」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、それで問題ありませんので安心してください。嘘をつくよりも正直に伝えることが大切です。


3.見やすく分かりやすい書類にする

履歴書は、候補者の「第一印象」を左右する大切な書類。そのため、見やすく分かりやすい履歴書にすることが重要です。
字が汚い、空欄が目立つ、下書きが消えずに残っているといった場合、「本気で就職したいのか」と就業意欲を疑われる恐れがあります。
履歴書を書く際はそれほど難しく考える必要はなく、字を丁寧に書く、文字の大きさを揃えるといった簡単なことから意識してみましょう。


基本の書き方!中卒の履歴書「学歴欄」

ここでは、学歴欄の書き方の基礎をご紹介します。
「学歴欄」は、中卒の方が履歴書を書くときの最初の難関です。とはいえ、慣れてしまえばお手本を見なくてもスラスラ書けるようになることが多いので、あきらめずに完成させましょう。


中学卒業から進学していない場合

中学校を卒業してから進学していない場合は、以下のように記入します。

中卒学歴履歴書の画像

学歴・職歴欄の1行目に、中央寄せで「学歴」と書きます。
改行し、卒業年月を記載したら、「◯◯市立◯◯中学校 卒業」と書きましょう。
出身校を書く際は、略称ではなく正式名称で書いてください。
普段、略称と知らずに「◯◯中学」などと呼んでいる場合もあります。「◯◯市立◯◯中学校」や「◯◯区立◯◯中学校」などと書くのが正解なので、不安な場合はきちんと調べておきましょう。


高校を中退した場合

高校を中退した場合は、次のように書きます。


高校中退の履歴書画像


中学卒業から進学していない場合と同じように、1行目に中央寄せで「学歴」と書いてください。
2行目以降は、中学校卒業以降の学歴を記入していきます。
学校名は、「◯◯高校」といった略称ではなく、「東京都立◯◯高等学校」などと正式名称で記載してください。
中退した高校名を記入したら、1マス空けて「中途退学」と書きましょう。
最後に、「家庭の経済的事情のため」など中退した理由を簡潔に書きます。括弧書きにしても、1段下げても、どちらでもかまいません。


アルバイト経験を履歴書に書くのはOK?

履歴書にアルバイト経験を書くのは、どうしてもという場合のみOKです。
就職活動の履歴書には「正社員経験」を書くのが一般的。正社員経験がなければ、もちろん「職歴欄」は空欄のままで良いのです。とはいえ、中卒で企業へのアピール不足や学歴に対する不安を感じる場合は書いておいたほうが良い場合もあります。
中学卒業後にフリーターとしてアルバイトをしていた方は、次の内容にも目を通してみてください。


アルバイト経験はスキルや能力を知ってもらうのに有効

アルバイト経験を書くことは、採用担当者に自分のスキルや能力などを知ってもらうのに有効です。
記載するアルバイト経験が応募先企業と関連性の高いものである場合は、さらに効果的。書いておくと、面接中に興味を持ってもらえる可能性も高いでしょう。


アルバイト経験を書く場合の職歴記載例

アルバイト経験を職歴として記載する場合は、最終学歴から1行空けて次のように書きましょう。


まずは、中央寄りに「職歴」と書きましょう。
改行し、従事していたアルバイトについて、「入社年月日」と「株式会社◯◯ 入社」を記載します。具体的なアルバイトの業務は、1段下げて簡潔に記入してください。
アルバイトを現在も続けている場合は「在職中(現在に至る)」、すでに退職している場合は改行したうえで「株式会社◯◯ 退職」と書きましょう。
退職理由が自己都合の場合は「一身上の都合により退職」、会社都合の場合は「会社都合により退職」と記載します。就活のための離職なら、「就職活動に専念するため退職」としても良いでしょう。
最後は、右寄せで「以上」を書けば、職歴欄の完成です。


履歴書の完成度を上げる!チェックリスト

履歴書には、「丁寧に書く」以外にもいくつかのマナーがあります。
就活を成功させるためにも、履歴書の完成度を上げる以下のチェックリストを活用しましょう。


修正ペン・修正テープを使っていないか

履歴書には修正ペンや修正テープを使用してはいけません。
履歴書は、選考中だけでなく、採用後も保管される正式な文書。公式な文書に修正ペン・修正テープを使うのは、マナー違反となります。
書き損じた場合は、1から書き直すのが基本です。就活では「見やすさ・丁寧さ」が重視されるのであまりおすすめしませんが、該当箇所に定規で二重線を引き、訂正印を押す方法もあります。


消せるボールペンで書いていないか

履歴書に修正ペンや修正テープが使えないからといって、「消せるボールペン」を使用するのは避けてください。
消せるボールペンとは、付属のラバー部分で擦ると消える、特殊なインクを使用したボールペンのことです。付属のラバーでなければ消えないと思われがちですが、消せるタイプのボールペンの多くは、「温度の上昇」によって消えてしまう可能性があります。
保管状態によっては文字が消えてしまい、正式な文書としての役割を果たせなくなることも。このような理由から、履歴書を消せるボールペンで書いてはいけません。


学校名や社名は正式名称で書いたか

学校名をはじめ、社名や建物名、資格名などが正式名称で書かれているか、確認してください。
先述したとおり、学校名を普段は「◯◯高校」などと省略している場合があります。正式名称は「◯◯市立◯◯高等学校」などとなるのが一般的なので、きちんと調べてから記入しましょう。
また、会社名を書くときにありがちなミスが、(株)などと略称を用いてしまうこと。社名は省略せず、「◯◯株式会社」などと記載するのが正解です。


履歴書全体で年号は統一したか

履歴書に記載する年号(西暦・和暦)は、書面上ですべて統一するのがマナーです。
よくある間違いは、履歴書の本人確認欄(氏名や住所を記入するところ)の上部にある年月日を西暦で書き、学歴・職歴欄の日付欄の年号を和暦で記入するなどして、バラバラの表記にしてしまうこと。統一されていないと読みづらいほか、「マナーを知らない」というマイナス印象になるため、年号は西暦・和暦のどちらかに統一しましょう。
なお、本人確認欄の上にある日付欄は、「提出日」または「投函日」を記入します。


空欄や「特になし」はないか

履歴書をはじめとする応募書類は、空欄を作らないほうが良いでしょう。
空欄があると、「作成途中なのか」と疑問視されたり、「入社に対する熱意がない」と悪印象を与えたりする恐れがあります。
「特になし」「特にありません」と記入するのも、「意欲が低い」印象になるので、避けたほうが無難です。


証明写真に写った自分の身だしなみは適切か

履歴書の証明写真は、表情や身だしなみにまで気を配りましょう。
履歴書の中でも証明写真は、応募者の第一印象を決める重要な役割を担います。
スーツやオフィスカジュアルといった採用にふさわしい服装にするのはもちろん、清潔感のあるヘアスタイルを心がけ、軽く微笑む程度の笑顔を意識してください。
また、3ヶ月以上前の写真や加工アプリを使った画像、旅行中の一枚などを使用するのもNGです。あくまで採用の場であるのを忘れず、「就活用」の証明写真を用意してください。


見やすく分かりやすい履歴書になっているか

最後に、履歴書全体を通して「誰が見ても見やすく分かりやすい内容になっているか」を確認しましょう。文字が小さすぎて見にくかったり、擦れて汚れていたりするなら、もう一度書き直すことをおすすめします。
また、訂正箇所がないかを提出前にしっかりチェックしておきましょう。「大変そう…」と感じるかもしれませんが、より良い履歴書を作成すれば、面接官に好印象を持ってもらえるはずです。


中卒ならではの志望動機を作成する3ステップ

中卒の方が履歴書の作成でもっともつまずきやすいのが、「志望動機」でしょう。
ここでは、中卒の方ならではの志望動機の作成方法を、3ステップでご紹介します。


1.企業の求める人物像を調べよう

志望動機を考えるには、まず応募先の会社について知る必要があります。企業の特徴や求める人物像を知らなければ、会社の方針と合わない志望動機になる恐れがあるためです。
たとえば「商品開発がしたい」と述べても、「会社で扱う商品はすべて買い付けている」という会社では、志望動機が事業内容とマッチしていません。また、「チームで物事を達成する」社風の会社に、「個人プレーで活躍したい」などと伝えるのも逆効果。採用担当者に「自社についてよく調べていないのでは?」と不信感を持たれる可能性が高く、内定を得るのは難しいでしょう。
企業にマッチした志望動機にするためにも、事前に会社のパンフレットや公式Webサイトなどから必要な情報を調べておくことが大切です。


2.応募先企業ならではの動機を考えよう

次のステップでは、「応募先企業でなければならない理由」を考えましょう。
「◯◯の仕事に携わってみたい」といったありきたりな志望動機だと、面接官は「うちの会社でなくても良いだろう」という印象を受けてしまいます。
その企業ならではの志望動機にするには、「数ある会社のなかでなぜ応募先企業を選んだのか」や「自分の強みを仕事にどう活かしたいか」などを含ませましょう。「◯◯に取り組んでいる御社だからこそ、自分の能力を発揮できると思った」など、具体性のある動機が好印象です。


3.ビジョンを伝え、働く熱意をアピールしよう

最後に、「必ずこの会社に入社したい」という強い気持ちを志望動機に込めましょう。
熱意を示すときは、単純に「働きたい」というだけでは効果的ではありません。
大切なのは、「将来のビジョン」を伝えること。長期間かけて達成したいことを示せば、「入社への熱意」が伝わります。
入社後~5年後先の自分の姿を想像し、「この会社で将来◯◯を達成したい」といった具体的な目標を立ててみましょう。


中卒の志望動機の例文Before/After

ここでは、中卒の履歴書に書く志望動機の例文を、添削前「Before」と添削後「After」でご紹介します。ハタラクティブの就活アドバイザーが解説する「添削ポイント」も合わせてチェックしてみましょう。
なお、志望動機は300~400文字程度にするのがおすすめ。志望動機欄の8割以上が埋まるボリュームを目指しましょう。



Before

中卒履歴書志望動機Before

就活アドバイザーに添削をしてもらうに添削してもらうと…


【就活アドバイザーの添削コメント】

①僕は

求職活動中の一人称は「私(わたくし)」を使いましょう。

②介護に就きたいと思い
漠然とした理由になっているので、「なぜ介護職に就きたいのか」まで書きましょう。

③御社
履歴書などの書面は、「御社」ではなく「貴社」にしましょう。

④内容を詰め込みすぎている
内容を詰め込み過ぎているため、「何を伝えたいのか」が伝わりづらくなっています。適度に区切りながら丁寧に説明しましょう。

⑤ウェイターよりも、介護のほうが人の役に立てると思いました。
なぜ「人の役に立てると思ったのか」という根拠(エピソード)を盛り込みましょう。

⑥入社したら、先輩にいろいろ教えてもらいながら、学ばせてもらおうと思っています。
「教えてもらう」「学ばせてもらう」という受身はマイナス評価につながります。入社後どのようなことを成し遂げたいのかを書きましょう。


After

中卒履歴書志望動機Afterの画像

ハタラクティブでは、この様に履歴書の添削のアドバイスを行っています。履歴書添削を行うことで、より書類選考が通りやすい履歴書を作成できます。履歴書の書き方や志望動機がうまくかけないという方は是非一度お気軽にご相談ください。

履歴書に書くことがない!を解消するヒント

「履歴書に書くことがない…」「何を書けばいいのか迷う…」とお悩みの方へ、不安を解消するヒントをご紹介します。中卒の方にありがちなお悩みを、Q&A方式でまとめました。


資格欄は普通自動車免許も書けますか?

資格欄に普通自動車免許を書いてもかまいません。
特に、外回りの営業や配送業といった、業務で車を運転する仕事の場合、免許の取得が必須条件になっている場合もあります。普通自動車免許を記載するときは、「普通自動車第一種免許」「普通自動車第二種運転免許」など、正式名称で記入してください。ペーパードライバーの方は、「ペーパードライバーでも書いたほうが良い?」も合わせてチェックしてみましょう。


資格欄に書くことがありません。どうしたらいいですか?

資格欄には、勉強中の資格についても記入できます。
現在資格を取得していなくても、「◯◯の資格を取得に向けて勉強中」などと記載してOKです。資格欄は、自分をアピールできる項目なので、空欄や「特になし」と書くのは避けたほうが無難。「履歴書にある免許・資格欄。『勉強中』の書き方とは?」を参考に、応募先企業の業務に関連する資格の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。


趣味・特技欄はどんなことを書けばいいですか?

趣味・特技は、運動や映画鑑賞、旅行といった普通の内容でかまいません。
「特別な趣味・特技でなければ評価されない」ということはないので、難しく考えなくて大丈夫です。趣味・特技は面接での話題にしたり、人柄を判断したりするために記載します。記載例や、書くべきではない内容などについては、「履歴書にある趣味・特技の欄。なぜあるの?どう書くの?」でご確認ください。


中卒で学歴に不安を感じています。何か対策はありますか?

学歴に不安を感じるなら、応募企業の業務に関連する資格の勉強や、高卒認定試験を受けるのも手です。
最終学歴は進学しないと変えられませんが、資格を取得したり高卒認定を受けたりすれば、相応の知識が身についていることを証明できるだけでなく、採用では努力が評価されるでしょう。高卒認定試験について詳しく知りたい方は、「高卒認定試験に合格後の就職を考える」をご覧ください。


本人希望欄には何を書けばいいですか?

履歴書の本人希望欄には、選考中に連絡可能な時間帯・連絡不可な時間帯といった希望を記入できます。
アルバイトや仕事をしながら求職活動をする場合などに、どうしても伝えたい内容を書きましょう。特に書くことがないときは、「貴社規定に従います」と書いておきます。本人希望欄の書き方は、「本人希望記入欄を書くときの注意点」を参考にしてください。

「履歴書を書くのが初めて」「間違ったことを書いていないか不安」という人は、就活のプロに書類を添削してもらうのもおすすめです。
若年層向けに転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、求人紹介から内定までをトータルサポートいたします。
サービスの一環として、応募書類のノウハウや面接対策のポイントのアドバイスや、選考のスケジュール調整などを実施。応募書類の添削も専任のアドバイザーにお任せください。
なお、サービスはすべて無料でご利用いただけます。「就活を成功させたい」という方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    中卒の履歴書のコツ

  • image

    中卒から就職を目指す方を徹底サポート

  • image

    未経験者はどう書く?志望動機のポイントまとめ

  • image

    履歴書の志望動機欄!書き方のポイント

  • image

    データ入力に応募する際の、志望動機のポイントについてについてのページ

  • image

    正社員を目指すフリーター。志望動機の伝え方はどのように?

  • image

    フリーターから正社員へ!志望動機の例文をご紹介

  • image

    志望動機が書けない理由は?新卒や転職者のためのコツを例文つきで解説!

  • image

    一般事務への志望動機はどう作る?

  • image

    履歴書の志望動機がないときにはどうしたらいい?考え方のコツを紹介!

  • image

    志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します

  • image

    高卒の履歴書を見本付きで解説!学歴の書き方は?志望動機の例文付き!

  • image

    アルバイトから正社員になるには?履歴書や志望動機の書き方と登用制度

  • image

    大卒の履歴書の書き方を知ろう!学歴や資格はどう書けば良い?

  • image

    志望動機の作り方決定版!例文から作成のコツを掴もう

  • image

    バイトを始めたい!中卒ニートが面接で注意すべき点とは

  • image

    履歴書の志望動機はどう書く?例文付き!効果的な書き方

  • image

    未経験職種に応募する!志望動機の書き方と面接対策

  • image

    ニートの履歴書の書き方解説!空白期間はどう書く?志望動機の例文も掲載

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる