中卒者のメリットとは?強みを活かして就職活動を行おう!

中卒者のメリットとは?強みを活かして就職活動を行おう!の画像

この記事のまとめ

  • 中卒者は、学歴が問われない求人を選ぼう
  • 中卒者は、アルバイトから正社員登用を目指す道もある
  • 中卒者は高卒認定試験を受けて学歴のハンデを乗り越える方法もある
  • 中卒者は社会に出るタイミングが早く、経験値が高いのが強み
  • 学歴に自信がないなら、人柄で自分の魅力を伝えよう

「中卒者のメリットは何か?」と考える方もいるでしょう。中卒者は一般的に「学歴が就職活動に不利になる」などのイメージを持たれがち。しかし、実際には意欲的に働き社会で活躍している中卒者は多く、工夫次第で就職活動を成功させることが可能です。このコラムでは、中卒者のメリットを踏まえた上で、就職する方法や就活のポイントなどを解説。ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

中卒者の定義とは

中卒とは、中学校を卒業した人を指す言葉です。一般的には中学校を卒業後、進学せずに就職した人や家庭に入った人など、最終学歴が中学までであることを指すと考えられています。また、高校を中退した方も、就職時における学歴としては「高校中退」ではなく「中卒」となります。もし、就活時に応募条件として「高卒以上」と記載されていたら、中卒はもちろん、高校中退者も応募できないことになるため、覚えておきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

中卒者のメリット・デメリット

中卒であることのメリットには、高卒や大卒の人よりも早く社会に出れるため、より多くの経験を積める点が挙げられます。特に、体力が必要となる職種では、その若さや柔軟性が重宝される傾向にあるようです。一方、求人に「大学卒業・高校卒業」などの制限があり、気になる企業の面接を受けられないのが、中卒最大のデメリットです。中卒で働き始める場合、チャレンジできる求人の幅が大卒などと比べて狭まってしまうことが考えられるでしょう。

中卒者が就職する方法とは

上述したとおり、一般的に、最終学歴が中卒の場合は、応募できる求人が限定される傾向にあります。では、中卒者はどのように就職活動を行えば良いのでしょうか。以下で解説していきます。

学歴を重視しない仕事を選ぶ

学歴がすべてではないという考えであっても、日本ではまだまだ学歴重視の企業が多く、応募者が多いと学歴で合否を決めるケースがあります。そのような背景から、中卒で就職活動を行う際は、学歴を問わない求人を探すことが大切です。「学歴不問とは?応募の際の注意点と中卒から正社員を目指せる職種をご紹介!」では、学歴不問の求人が多い職種や応募の際の注意点などをまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

アルバイトから正社員を目指す

正社員求人を見つけるのが難しい場合、まずはアルバイトに応募してみるという方法もあります。アルバイト先で一生懸命働き成果を出せば、正社員に登用される可能性があるからです。アルバイトから正社員を目指すときは、その企業に正社員登用の制度があるか確認した上で応募しましょう。正社員登用制度については、「正社員登用制度とは?読み方や必要な実績・試験について解説!」のコラムでも、概要や注意点などを紹介しているので、参考にしてみてください。

高卒認定試験を受けてみる

自分の学歴に自信が持てず、就職に二の足を踏んでしまう人は、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)を受験するのも1つの方法です。高卒認定試験は、さまざまな事情から高校を卒業できなかった人に対し、高卒者と同程度の学力があると認める試験。試験に合格することで学歴のハンデキャップを克服し、自信をもって就活に踏み出せるでしょう。また、試験に合格すると高卒と同程度の学歴があることになり、「高卒以上」の求人に応募できる可能性が出てきます。高卒以上を条件とする求人で気になるものを見つけたら、試験に合格した旨を話し、応募できるか問い合わせてみましょう。「高卒認定試験とは?高卒とは違う?試験費用や就活での活用方法を解説」では、高卒認定試験について詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

中卒者が就職活動を行う際のポイント

以下では、中卒者の就職活動のポイントをまとめました。

中卒ならではの強みを考える

中卒は、学歴という面では不利ですが、普通の人より早く社会に出て経験を積んでいるという強みがあります。そのため、正社員を目指すときは、アルバイトなどの経験を材料に自己PRするのがポイント。自分が学んだ経験を今後どう活かしていきたいのかを具体的に伝えることで入社後に活躍する姿をイメージしてもらえるでしょう。

これまでの経験を活かせる職種・業種を探す

中卒から正社員で活躍してきた方は、これまでの業務経験を活かせる業界や職種を探すのも良いでしょう。 同職種であれば、「若いのに経験豊富で貴重な人材」として評価される可能性があります。また、未経験の職種であっても、これまでの経験からほかの業務に活かせる内容は必ずあるはずです。

面接では前向きな姿勢が大事

中卒という学歴に捉われすぎず、面接では自信を持って自分をアピールすることが大事です。特にサービス業や営業職は印象が大切。身だしなみや話し方なども合否を左右しますが、「一緒に働きたい」と思ってもらえるような笑顔と明るさで面接に挑みましょう。

中卒者の就活では、学歴でハンデがある分、人柄や熱意で勝負するという方法があります。中卒だからといってネガティブにならず、前に進むことが就活成功のポイントです。今から自分ができることを始めてみましょう。

学校からのフォローが難しい中卒の就活は、人一倍不安が伴うもの。転職活動を行うにしても、書類選考を通過するのが大変であることは事実です。高卒中退者を含む、中卒での正社員への就職・転職を目指したい方は、ぜひ就職支援サービスを行っているハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは、若年層の就職・転職支援に特化したエージェントです。専任のアドバイザーがつき、丁寧にヒアリングを実施。求職者一人ひとりの希望や適性に合った求人の紹介をはじめ、応募書類の添削や面接対策など、就職活動を全面的にバックアップしています。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

中卒で働くメリットに関するFAQ

中卒が最終学歴だと、一見メリットが少なく感じる人が多いようです。中卒で働くメリットにはどのようなものがあるのか、Q&A方式で紹介していきましょう。

中卒にはどんなメリットがありますか?

中卒者は、高卒者と比べれば約3年ほど、大卒者と比べれば約7年ほど多く社会経験が積めます。主に職人をはじめとする「経験」が重要視される業種では、大きな差をつけられるといえるでしょう。また、自分で稼いだお金で生活できるため、早く家庭を出て自立したい方にとってもメリットは大きいといえます。もし、学歴が必要と感じる場合は、学びたくなったタイミングで高卒認定試験を受け、大学受験することも検討しましょう。「中卒の人は高卒認定試験を受けた方がいいの?」では、高卒認定試験の概要や特徴、勉強方法なども紹介しているので、参考にしてください。

中卒のデメリットにはどのようなものがありますか?

現在の日本は学歴社会が色濃く、中卒の場合就職先が限られているのが現状です。書類選考の時点で不利になってしまうこともあり、就職・転職活動時にはどれだけ自分の強みをアピールし、面接までたどり着けるかどうかがポイントになるでしょう。また、入社後、大卒者と比べて給与や昇給に差が出ることもあります。

中卒で正社員として働ける業種にはどんなものがありますか?

営業職や飲食業、販売員、製造業、介護職といった業種が挙げられます。これらは学歴ではなく、本人のコミュニケーション力や協調性、意欲などが重要視される傾向にあるためです。また、これらの業種は需要が高く慢性的な人手不足の傾向にあるため、就職もしやすいと考えられます。詳しくは「中卒が就職できるおすすめの職業9選!就活のコツや資格もご紹介!」をご覧ください。

中卒で就職を成功させるポイントを教えて下さい。

学歴問わず、就活で重要なのは情報収集です。高卒や大卒では、学校から情報を得たり支援を受けたりしながら就活を進められますが、中卒の場合はなかなか難しいこともあるでしょう。そのため、ハローワークや民間の就職支援サービスを積極的に使うのがおすすめです。「『中卒は正社員になれない』は間違い!給料の事情や就活のやり方を解説」でも詳しく紹介しているので、参考にしてください。また、民間の就職支援サービスを検討する場合、若年層の就職・転職支援に特化した「ハタラクティブ」の利用もおすすめです。

この記事に関連するタグ