高卒フリーターでも就職できますか?

2018/10/26

高卒フリーターでも就職できますか?

年齢が若ければ学歴・経歴に関わらず就職することは可能です。早めに就活を始めましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!


高卒フリーターでも就職できますか?

◆高卒フリーターでも就職できる

高卒という学歴を理由に「正社員就職が難しい」と考える方がいますが、実際にはそのようなことはありません。大企業では大卒のみを採用する会社もありますが、学歴を気にしない企業もたくさんあります。
また、企業が採用で注目するのは学歴とは限りません。未経験者の採用において重視されるのは「年齢」で、年齢が若ければスキルがなくても入社後の成長が見込まれ採用に至るケースが多々あります。

一方で30代、40代と年齢を重ねると即戦力が求められ、正社員としての就職はかなり厳しくなるようです。
このような理由から、正社員を目指すなら早めに就職活動を始めることが大切。フリーター期間は職歴とみなされないため、アルバイト生活が長引かないうちに就活を始めましょう。

◆高卒フリーターが就職する方法

高卒フリーターが就職するには、アルバイト先で正社員登用されたり、知人や家族に仕事を紹介してもらったりする方法があります。
ただし、職場に正社員登用の制度がなければアルバイトを続けても就職に結びつかないので注意が必要。また、企業によっては登用の基準が厳しく、試験に合格する、もしくは何らかの実績を出すことを条件としている場合もあります。
今のアルバイト先での就職や誰かに仕事を紹介してもらうのが難しければ、就職サイトを利用して未経験者を歓迎する正社員求人を探しましょう。就職サイトでは多くの求人を比較できます。
第三者のアドバイスをもらいながら就活をしたいなら、就職エージェントが有効です。エージェントには就職に詳しい担当者が在籍するため、入社後のミスマッチやブラック企業への就職を防ぐことができるでしょう。

◆面接に合格するコツ

フリーターの方は「職歴がないからアピールすることがない」と思いがちですが、面接ではアルバイト経験も立派なアピール材料になります。
接客業の経験があればコミュニケーション能力をアピールできますし、リーダーの経験があるならマネジメント能力が強みになるでしょう。
目立った実績がなくても、仕事中の心がけやこだわりを伝えることで、あなたの人柄や仕事への意欲をアピールできます。

フリーターは「なぜ就職せずにフリーターをしていたのか」と質問される頻度が多いため、あらかじめ回答を考えておきましょう。
この時、「何となくフラフラしていた」と答えると、企業側は「入社後ちゃんと働いてくれるだろうか?」と心配になってしまいます。
面接では、「資格取得の勉強をしていた」「○○という夢を追っていた」「自分に合った仕事が何かアルバイトをしながら考えていた」という風に、企業が納得できる回答が必要です。
特に目的もなくフリーターをしていたという人は、過去を反省する姿勢を見せた上で、今後はこうなりたいという目標を伝えてください。
企業が注目しているのは「入社後貢献してくれそうか」という点なので、今現在の意欲を示せれば内定がぐっと近づきます。

面接対策のやり方を教えて欲しい、自分に合った仕事を探したいという方は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブではカウンセリングや求人提案、履歴書の添削、模擬面接などを通して求職者を全面的にバックアップ。
高卒の方、フリーターの方が内定を決めた実績も豊富です。まずはアドバイザーと話をして、就活の方針を立てていきませんか?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ