1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの割合とは?年齢・男女別の就職率を解説!

フリーターの割合とは?年齢・男女別の就職率を解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・2019年の調査結果によると日本のフリーター人口は、約138万人
    ・フリーター割合は年々減少しているが、中年フリーターの割合は増加している
    ・フリーター期間が短いほど、その後に就職できた割合が増加する
    ・フリーターの就職割合は、男性が35%、女性が16%

フリーターの割合とは?年齢・男女別の就職率を解説!の画像

フリーターでいる現状に不安を感じている方も多いでしょう。このコラムでは、フリーターになった理由やその割合の統計結果を紹介しています。年齢別・男女別の就職割合やフリーターと正社員の違いも解説。フリーターの現状を把握することで、見えてくること、決意できることがあるはずです。正社員を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

日本のフリーターの割合

労働力調査のデータによると、2019年時点でフリーター人口は約138万人です。そのうち男性は約66万人、女性は約72万人と、女性の方がやや多い傾向にあります。

 

【フリーター人口の推移】
2014年:178万人(男性79万人、女性99万人)
2015年:166万人(男性77万人、女性89万人)
2016年:154万人(男性72万人、女性82万人)
2017年:152万人(男性70万人、女性82万人)
2018年:143万人(男性66万人、女性77万人)
2019年:138万人(男性66万人、女性72万人)

 

フリーター全体では、2014年から2019年までに約40万人の減少。男女別では、男性は約13万人、女性は約27万人減少しています。
 

フリーターとは

内閣府によると、フリーターの定義は以下のように定められています。

 

・15歳~34歳で、正規雇用として仕事をしておらず、家事をしたり学校に通ったりしていない人
・雇用形態が「パート」か「アルバイト」の人
・「パート」か「アルバイト」の仕事を探している失業者

 

つまり、15歳から34歳までの若年者で、学生でも主婦でもなく、パートやアルバイトなどの非正規雇用形態で働く人がフリーターに該当します。また、一般的にフリーターはパートやアルバイトで働く人という意味で使われますが、内閣府は無職であっても、パートやアルバイトとして働く意志がある人もフリーターと定義しました。

 

中年フリーターの増加

フリーターが減少する一方で、中年フリーターの増加が進んでいます。
フリーターと呼ばれるのは15歳から34歳までの人ですが、15歳から34歳のパートやアルバイトで働く人を若年層とし、35歳以上のパートやアルバイトで働く人が中年フリーターと呼ばれているようです。
2009年のパート・アルバイト及びその希望者数は、15歳~34歳は約177万人、35歳~44歳は約43万人いたところ、2019年では、15歳~34歳は約138万人、35歳~44歳は約53万人。若年層のフリーターは約39万人減っていることに対し、中年フリーターは約10万人増加しています。
実際には44歳以上の非正規雇用者も存在するので、フリーターの人口は総務省統計局の労働力調査の結果よりも多くの割合を占めるでしょう。

 

参照元
総務省統計局
労働力調査(詳細集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要

フリーターになった理由とその割合

フリーターには、「仕事よりもしたいことがある」「就きたい仕事の勉強や資格取得のため」「自由に働きたい」などのさまざまな理由があり、それは大きく4つの類型に分類されます。

 

フリーター類型  

フリーターになった理由の類型を「フリーター類型」といいます。フリーター類型は、夢追求型・モラトリアム型・やむを得ず型・ステップアップ型の4つ。
以下のような理由で分類されます。

 

・夢追求型…仕事のほかにやりたいことがある
・モラトリアム型…正社員になりたくない、やりたいことを探している
・やむを得ず型…正社員になれなかった、家庭の事情で就職できない
・ステップアップ型…目指している仕事の勉強や準備、修行期間などのため

 

以下では、厚生労働省の所管する労働政策研究報告書より、性別や学歴によるフリーター類型の割合や傾向を解説します。

 

性別による類型の割合

フリーターになった理由の中で多くの割合を占めるのは、やむを得ず型です。モラトリアム型とステップアップ型は25%ほどで、最も低いのが夢追求型となっています。
やむを得ず型は、25~29歳ではそれほど男女差が見られませんが、30~34歳では男性よりも女性のほうが多くなっているのは、ライフコースの違いや結婚、育児などの家庭の事情が影響しているといえるでしょう。

 
夢追求型

25~29歳男性→12.0%
30~34歳男性→19.8%
25~29歳女性→14.8%
30~34歳女性→14.9%
合計→15.3%

 
モラトリアム型

25~29歳男性→24.8%
30~34歳男性→32.7%
25~29歳女性→23.7%
30~34歳女性→16.8%
合計→23.1%

 
やむを得ず型

25~29歳男性→34.6%
30~34歳男性→21.6%
25~29歳女性→34.7%
30~34歳女性→44.6%
合計→35.7%

 
ステップアップ型

25~29歳男性→28.6%
30~34歳男性→25.9%
25~29歳女性→26.7%
30~34歳女性→23.8%
合計→25.8%

 

また、25歳~29歳の2011年と2016年のフリーター類型の分布を比較すると、男女ともにやむを得ず型とステップアップ型が増加しています。

 
夢追求型

2011→男性:18.5%、女性:12.3%
2016→男性:12.0%、女性:14.8%

 
モラトリアム型

2011→男性:28.2%、女性:35.2%
2016→男性:24.8%、女性:23.7%

 
やむを得ず型

2011→男性:30.1%、女性:31.5%
2016→男性:34.6%、女性:34.7%

 
ステップアップ型

2011→男性:23.1%、女性:21.0%
2016→男性:28.6%、女性:26.7%

 

就職難でフリーターになった人や、就きたい仕事の内定を獲得するためにスキルアップを図る人が増加したことが要因といえるでしょう。

 

学歴による類型の割合

男女ともに高学歴のフリーターの場合、年齢が上がるほど夢追求型が増加しています。モラトリアム型は男女ともに非大卒の方が多い結果に。やむを得ず型とステップアップ型においては、学歴に関わらず30代以上で減少傾向にありますが、非大卒女性のみ約16%も増加しています。

 
夢追求型

非大卒男性→25~29歳:8.1%、30~34歳:18.0%
大卒以上男性→25~29歳:17.2%、30~34歳:22.6%
非大卒女性→25~29歳:17.6%、30~34歳:13.2%
大卒以上女性→25~29歳:10.3%、30~34歳:17.9%

 
モラトリアム型

非大卒男性→25~29歳:33.8%、30~34歳:39.0%
大卒以上男性→25~29歳:13.8%、30~34歳:22.6%
非大卒女性→25~29歳:29.7%、30~34歳:18.4%
大卒以上女性→25~29歳:12.6%、30~34歳:14.3%

 
やむを得ず型

非大卒男性→25~29歳:33.8%、30~34歳:19.0%
大卒以上男性→25~29歳:36.2%、30~34歳:25.8%
非大卒女性→25~29歳:33.1%、30~34歳:49.5%
大卒以上女性→25~29歳:37.9%、30~34歳:35.7%

 
ステップアップ型

非大卒男性→25~29歳:24.3%、30~34歳:24.0%
大卒以上男性→25~29歳:32.8%、30~34歳:29.0%
非大卒女性→25~29歳:19.6%、30~34歳:18.9%
大卒以上女性→25~29歳:39.1%、30~34歳:32.1%

 

特にフリーターの女性はステップアップ型の大卒、非大卒の差が顕著に表れています。

 

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
記者発表「第4回 若者のワークスタイル調査」

労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―」

フリーターと正社員の3つの違い

ここでは、フリーターと正社員の3つの違いについて解説します。フリーターを続けていくことに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

生涯年収に差が生まれる

フリーターと正社員のもっとも大きな違いは、生涯年収に差があることです。正社員の場合、年齢を重ねていくことで昇給や昇進の機会に恵まれやすく、そのたびに給与アップが見込めます。実力主義の会社であれば成果に応じた報酬にも期待ができるでしょう。
一方、フリーターは長く勤めたとしても収入に変化がないことがほとんどで、時給アップしたとしても、数十~数百円単位と少額であることがほとんど。また、多くの場合、フリーターはボーナスの支給対象に含まれていません。フリーターを続けながら、順調に年収を上げていくのは難しいでしょう。

 

社会保障面・福利厚生面が弱い

正社員の場合、健康保険や厚生年金に加入するため、所得税や住民税といった支払いは毎月給与から天引されます。病気や怪我のときには、傷病手当がついたり有給を使ったりすることで、生活が保障されるでしょう。その点、フリーターは個人で国民健康保険に入るなど、自ら手続きを進めなければなりません。福利厚生面の保障も正社員に比べて少ないため、何らかの事情で働けなくなった場合、無収入になるリスクもあります。正社員に比べて、いったいざというときの「備え」が弱いことは覚えておきましょう。

 

スキルが身につきにくい

フリーターはスキルが身につきにくいと言われています。なぜなら、正社員のような研修制度を受けられることは少なく、業務内容は単純な作業が多いためです。そのため、スキルアップだけでなくキャリアアップも難しいといえるでしょう。

フリーター期間と就職できる割合

フリーター期間が長引くほど、就職できる割合は低下していくといえるでしょう。
2012年に行われた労働政策研究・研修機構の調査によると、フリーター期間が6ヶ月以内の就職率は64.0%、7ヶ月~1年では58.3%、1~2年は52.2%と徐々に低下しています。その後、フリーター期間が2~3年になると58.9%と一度上昇し、3年以上になると再び48.9%と低下。2年~3年の間で就職率は上昇しますが、3年以上になると6ヶ月以内と比べて15%も下がってしまうことが分かります。

 

フリーターの年齢別の就職割合

平成29年版「就業構造基本調査」によると、パートやアルバイトから正社員に移行した割合は、15~19歳は29.9%、20~24歳は32.7%、25歳~29歳は25.5%、30歳~34歳は18.1%、35歳~39歳は15.5%、40歳~44歳は15.6%です。
20代の就職率が高く、徐々に減少していきます。30代後半から40代前半にかけては割合の変化がほとんどなくなっていくため、20代のうちに就職活動を始めておくと良いでしょう。

 

フリーターの男女別の就職割合

フリーターが正社員に移行した男女別の割合は、男性が35.0%、女性は16.0%です。男性は女性の2倍以上の割合が正社員になっています。このことから、男性の方が女性よりも就職が有利といえるでしょう。

 

フリーターから正社員を目指すなら若いうちが有利

正社員を目指すなら、若いうちに行動しましょう。近年、若い世代の人手が足りず、正社員経験がなくても積極的に若年層を採用しようという企業が増えています。
また、世間的にネガティブなイメージの強いフリーターですが、「一から仕事を教えたい」「ほかの企業の癖がついていない方が教えやすい」と考える人事も多いです。特に未経験歓迎の求人の場合はそういった傾向が強く、スキルのないフリーターが採用されるケースも珍しくありません。

 

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
労働政策研究報告書 No.148「大都市の若者の就業行動と意識の展開-「第 3 回 若者のワークスタイル調査」から-」

資料シリーズNo.217『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3―平成29年版「職業構造基本調査」より―』

フリーターが就職するためのポイント

フリーターが就職するためには、新卒の就職活動のポイントとは異なる点に注意する必要があります。

 

フリーター歓迎の求人に応募する

フリーター歓迎やフリーターOKと求人に記載されている企業に応募しましょう。
フリーターが受ける中途採用枠では、社会人経験のある人材も多く応募してきます。即戦力を求めている企業も多いため、フリーターは不利になることもあるでしょう。フリーター歓迎やフリーターOKと記載されている企業に応募することで、選考のハードルを下げることができ、内定獲得に近づきやすいといえます。

 

中小企業や知名度が低い優良企業を狙う

中小企業や知名度が低い優良企業は、人材が集まりにくい傾向があるので、フリーターも正社員になれるチャンスが多い企業といえるでしょう。
中小企業は教育制度が充実していることが多く、新たなスキルの獲得も狙えます。ほかにも、B to Bの企業などは表に出ない分、知名度がさほど高くないことが多いため、そのぶん競争率が低いといえるでしょう。

 

インターンシップに参加する

インターンシップに参加することで、企業に仕事ぶりをアピールできます。また、自身も企業のことをよく知ることができるので、積極的に参加してみると良いでしょう。場合によっては、インターンシップ終了後に正社員採用につながることもあります。

 

面接対策を徹底的に行う

フリーターの面接対策は空白期間の答え方について徹底的に行いましょう。
空白期間があると採用担当者に「遊んでいたのではないか」と思われ、マイナスな印象を与えてしますこともあります。そのため、空白期間はポジティブな内容を明るくハキハキと伝えましょう。
また、就職活動を始めた理由についても伝えることで、働く意欲があることをアピールすることも重要です。

 

ハローワークや就職転職エージェントを利用する

ハローワークには地域密着型の求人が数多く集まっているので、地元で働きたい方や転勤をしたくない方に合った求人が見つかるでしょう。また、就職・転職エージェントではフリーター歓迎の求人や希望の条件に絞って求人を探せます。オンラインでの相談や面接も行っているので、効率的に就活を進められるでしょう。

 

フリーターの就職率は若いほど高くなっています。早めの就職活動が正社員への鍵となるでしょう。
就職・転職を考えている方はハタラクティブにご相談ください!
転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒の就職・転職をサポートしています。プロのアドバイザーがあなたに合った求人をご紹介。書類選考対策や面接対策、社後のアフターフォローも万全です。
ぜひお気軽にご連絡ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    フリーターの現状と正社員になれる割合

  • image

    大卒フリーターの割合は?就職できる?奨学金返済や扶養控除も解説!

  • image

    世界と比較!日本のニート率は高い?低い?

  • image

    中卒者の就職率はどれぐらいなのか?

  • image

    フリーターは一人暮らしできる?税金も払うべき?将来考えられるリスクとは

  • image

    大学卒業後のフリーター生活から抜け出す方法!男女で就職成功率は異なる?

  • image

    内閣府『子ども・若者白書』のデータから紐解く若年層の就業状況

  • image

    20代フリーターが安心する月収は21~30万円。性別、1人暮らしで意識格差

  • image

    仕事を辞めてから転職活動した人の割合は?就業までの期間も解説!

  • image

    フリーターの末路…就職を目指すべき理由とは

  • image

    フリーターから就職を目指す!女性や高卒でも大丈夫?年齢別の注意点とは

  • image

    新入社員が辞めた理由と離職率の傾向

  • image

    ニート人口はどれくらい?ニートについての疑問を解説

  • image

    実は企業から人気者? 「20代フリーター」の今どき就職事情

  • image

    大卒でニートになる割合は?就職できる?

  • image

    高卒フリーター女性が就職活動で気をつけるべきことは?おすすめの職種も

  • image

    フリーターはアメリカにもいる?外国の働き方とは

  • image

    年収300万円の割合や手取りは?

  • image

    高卒の就職割合はどのくらい?就活は早めがいい理由も解説

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる