1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 20代後半フリーター、就職は難しい?

20代後半フリーター、就職は難しい?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

フリーターのまま20代後半になってしまった。このまま就職は難しいのでしょうか?

はじめての就職は20代前半までが有利というのは事実です。しかし、20代後半になってしまったら就職ができないというわけではありません。早く正社員を目指した方がいいのは間違いないですが、20代後半の就活のポイントについてお伝えします。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

20代後半フリーターの就活事情

20代後半フリーター、就職は難しい?

フリーターが20代後半で就活する際のポイント20代後半になると、30代を目の前にフリーターとしての生活を続けていくことに不安を感じ、就活を考え出す人は少なくありません。

転職市場では、数年の職務経験があり、さらにこれからの成長に期待できる20代後半という年齢は武器になります。
しかし、フリーター生活が長く、まったくの未経験からの就職であれば話は別。

「20代後半よりも、もっと年齡が若いほうが仕事の飲み込みが早いだろう」
「もう少し若い方が先輩社員も指導しやすいのではないか…」という風に考える企業が多い傾向にあります。

25歳を越えると、企業によっては職場のリーダーとしての業務を任される人が出てくるので、それ以上の年齡の人を新人として迎えると、リーダーが年上の人を部下にしなくてはならないという点を懸念され、人事担当も採用しにくくなるという背景があります。
その結果、一般的に大卒者が社会人3年を迎える25歳位までの方が、就職や転職に有利だと言われています。
さまざまな職種にチャレンジできる可能性が高いのもこの年齢までと言えるでしょう。

就活をスタートするにあたって、まずはこれまで自分がしてきたことを整理してみましょう。


学生時代に経験したことや、アルバイト・ボランティアなどで学んだこと、趣味や特技などを思いつくまま全て紙に書き出します。その経験をもとに、どんな職種に就きたいか考えてみましょう。

例えば人と接することが好きで接客系のアルバイトをしていた場合、その経験を活かして営業職やアパレル業界の販売スタッフにチャレンジするなど、共通点のある職種を選んだ方が採用に繋がる可能性は高くなります。
会社によっては、アルバイトの経験を職歴として見てくれることもあるので、就活時にはアルバイトで学んだことを具体的にアピールすることがポイントです。
軽作業など、コツコツした業務のアルバイトをしていたのであれば製造業へチャレンジしたり、趣味でPCを組み立てたことがあれば、エンジニアにチャレンジするのも良いかもしれません。

今までの経験で培ったことや興味のある分野から仕事を選ぶことが難しい場合、積極的に採用を行っている業界や職種を選ぶのも一つの手。
成長を続けるIT業界や、人手不足が続いている建設業界、接客販売系などは、採用の年齢層を広めに受け入れている傾向にあるので、狙い目です。

次に、どんな業界や職種があるのか知ることをはじめましょう。
就活を成功させるには、早い段階で自分がどんな職種に就きたいのか方向性を絞っていく必要があります。しかし、ほとんどの人は、業界や職種に対して漠然としたイメージしか持っていません。
業界ごとの特徴や市場の動き、今後の将来性について詳しく調べ、採用状況を把握しましょう。
その際、気になる業界だけに絞って業界研究をするのは選択肢が狭くなるのでNG。幅広く情報を集めることがポイントです。
自分が求める条件や希望と照らし合わせ、気になる業界を選んでみましょう。

定年までの長い労働期間と比べたら、20代後半はまだまだ若手。正社員になるのをあきらめるには早過ぎます。
しかし、先ほどお伝えしたように専門的なスキルや経験がない限り、若ければ若いほど就活に有利なのが現状です。
正社員になりたいのなら、少しでも早く就職活動をはじめることをおすすめします。
ぜひ、就活の第一歩を踏み出してください。

20代後半フリーターのためのお悩みQ&A

ここでは、20代後半フリーターの方向けに質問をまとめました。Q&A方式で分かりやすく回答しているので、ぜひ就活のご参考にしてください。

20代後半フリーターが正社員になるには?

求人の希望条件は減らし、職種の幅は広げましょう。
求人を探す際の希望条件は「これだけは譲れない」というものに絞り、それ以外は妥協しましょう。また、職種自体を最初から1つに絞ってしまうと、可能性を狭めてしまうことになりかねません。正社員のチャンスを掴むためには、希望条件を減らし、幅広い職種から視野を広げて探すことが大切です。詳細は「職歴なしの20代が正社員になるための方法」をご覧ください。

30代のままフリーターでも就職できますか?

20代と比べると求人の選択肢が狭まる可能性も。
ポテンシャルを見込まれる20代のうちは、比較的業界を問わず求人が多い状態です、しかし、企業が30代を中途採用で迎える場合は経験者を求めていることが多いので、30代でフリーターの場合、求人も減少していくでしょう。そのため、就活をするなら20代のうちがおすすめです。
詳しくは「将来を考えると就職?30歳フリーターの就職観と現状」をご参考にしてください。

20代後半フリーターのアピールポイントは?

学生時代の活動やアルバイト経験をアピールしましょう。
まずは学生時代の経験や、アルバイト、ボランティアなどで学んだことを思いつく限り書き出します。その数々の経験のなかで、自分が就きたい職種・企業にアピールできるものを抜き出して効果的な自己PRを考えてみましょう。
また、会社によってはアルバイト経験を「職歴」として見てくれることもあるので、アルバイト経験をアピールすると効果的な場合もあります。

20代後半職歴なしでも就職できますか?

可能です。
30代の就活では、実績や職務などをシビアに判断されることも多いですが、20代の場合、企業との相性や入社意欲によって採用が決まるケースもあります。現在20代後半で就職を悩んでいるなら、チャンスが多く与えられているうちに行動に移しましょう。就職への不安がある方は、就職エージェント「ハタラクティブ」を利用してみてはいかがでしょうか。専任アドバイザーがマンツーマンで面談を実施し、あなたの適性や性格に合った求人をご紹介します。すべて無料のサービスなので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    28歳での就職は難しい?職歴なしやフリーターから正社員になる方法とは

  • image

    将来を考えると就職?30歳フリーターの就職観と現状

  • image

    職歴なしの20代が正社員になるための方法

  • image

    フリーターの割合とは?年齢・男女別の就職率を解説!

  • image

    26歳はすぐに就職すべき?ニート・フリーターから脱却した方が良い理由

  • image

    27歳の女性フリーターが正社員を目指すには?

  • image

    早めの行動が吉!フリーターの男性が正社員を目指すには

  • image

    安定の正社員と楽しいフリーター!どちらを選ぶべき?

  • image

    25歳で職歴なし!それでも就職はできる?

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる