23歳フリーターは正社員になれる?就職成功の方法をご紹介!

23歳フリーターは正社員になれる?就職成功の方法をご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・23歳なら若さが武器になるのでフリーターでも就職のチャンスは十分ある
  • ・23歳フリーターが就職できないのは、基本的なマナーや将来ビジョンが不十分のため
  • ・25歳を過ぎると就職できる可能性は下降するので1日でも早く行動を起こす
  • ・フリーターと正社員は収入や福利厚生で大きな差が生まれる
 

フリーターとして働く方のなかには、非正規ならではの自由さや気楽さが気に入っているという方は多いようです。しかし、フリーターのまま年齢を重ねると将来の生活は厳しくなると予想できます。また、就職したいけどうまくいかない、なかなか就職できないとお悩みの方もいるでしょう。このコラムでは、主に23歳のフリーターの方に向けて、就職のコツを解説しています。コラムを参考に、内定獲得を目指しましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

23歳ならフリーターから正社員就職のチャンスがある

結論から述べると、「23歳のフリーター」は正社員就職のチャンスが十分にあります。
正社員を求める企業の多くは、年齢が若い人材を求めています。年齢が若い人材のメリットを以下にまとめました。

 

・将来性がある
・長く働く可能性が高い
・柔軟性がある
・覚えるのが早い
・新しいことを受け入れる能力が高い

 

大学新卒の年齢が22歳とすると、23歳は十分に若い年齢。高卒でフリーターになった場合でも、社会人としては「若い」と判断されるので、正社員になるチャンスは大きいといえるでしょう。

 

学歴・性別は関係なし!高卒や女性の方も諦めないで

正社員就職と聞いて、「学歴に自信がないから不安」「資格がないから不利」「性別で差がつくのでは?」と考える方もいるようです。
確かに、新卒採用しか実施していない企業や大手・人気企業に就職するのは難しいでしょう。しかし、学歴や経歴、性別を問わずに募集採用を行う企業は多くあります。中小企業や人手不足の業界を中心に探すのがポイントです。
資格の有無も、未経験者を対象とした選考なら問題ないことがほとんど。むしろ、「資格をとってから就活しよう」と考えて年齢を重ねてしまうほうが不利になる可能性が高まるでしょう。
また、男女雇用機会均等法により、募集や採用において性差を理由とした扱いは禁止されています。求人に特定の性別だけを募集する旨を掲載するのはもちろん、選考において一方の性別を優先させたり、辞退を促す内容の説明をしたりするのも違法です。

 

学歴や性別を理由に就職を先延ばしにすればするほど、内定をもらえる確率は低くなります。労働政策研究・研修機構が実施した調査による、フリーターを含む非正規から正社員になった人の年齢別の割合は以下のとおりでした。

 

15~19歳:29.9%
20~24歳:32.7%
25~29歳:25.5%
30~34歳:18.1%
35~39歳:15.5%
40~44歳:15.6%

 

調査結果から読み取れるように、25歳を境に正社員移行率は大きく減少。正社員就職において、年齢がいかに重視されているかが分かります。

 

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
資料シリーズNo.217『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3―平成29年版「職業構造基本調査」より―

23歳フリーターの就活がうまく行かない4つの原因

就活を行っているのに結果が伴わない原因として考えられるのは、「将来のビジョンが定まっていない」「ポテンシャルだけを重視している」「書類の作成が不十分」「マナーができていない」です。それぞれ以下で詳しく確認しましょう。

 

1.目的意識や将来のビジョンが明確になっていない

「なんとなく応募した」「とりあえず正社員になりたい」など、就職に対して目的意識が低かったり、将来のビジョンが定まっていなかったりすると就職を成功させることは難しくなります。
また、単に「知っている会社だから」「自分にも出来そうな仕事だから」という理由もよくありません。仕事に対して熱意を感じられず、採用メリットがない人材と評価されます。
これまでの就活がうまくいかなかったなら、なぜ正社員になりたいのか、正社員になってどうなりたいのか、◯年後の目標はなにか、といったビジョンを明確にしましょう。

 

2.ポテンシャル採用を過信している

前項で「23歳には将来性(ポテンシャル)がある」とお伝えしましたが、このポテンシャルを過信するのも失敗のもと。
もちろん年齢が若いぶん将来性も大きいですが、「ポテンシャルだけで採用される」と考えてはいけません。ポテンシャルはあくまでも評価材料の1つ。たとえ高いポテンシャルがあっても、ほかの部分で企業の採用基準を満たせなければ内定を得ることはできないでしょう。

 

3.応募書類の完成度が低い

23歳でフリーターをしている方のなかには、「就活」をしたことがない方も。アルバイト面接と同じように応募書類を作成しても、書類選考を通過することはできません。正社員とアルバイトの選考を同じに捉えている限り、就職は難しいといえます。書類を送付するまえに、改めて「正社員就職の書類の作成方法」を確認しておきましょう。

 

4.面接のマナーに問題がある

将来のビジョンを明確に持ち、応募書類もしっかり作成できていても、面接のマナーに問題があれば採用は遠のきます。言葉遣いや姿勢、身だしなみといった基本はフリーターや正社員を問わずに「社会人」として当たり前のこと。自分では気づきにくい癖にも注意が必要です。

正社員になると自由がなくなるってホント?

正社員になるからといって自由がなくなるわけではありません。近年では多様な働き方が認められていますし、有給休暇を活用する方法もあります。

 

フレックスや在宅など柔軟な働き方も可能

正社員に対して「常に会社にいる」「仕事ばかりでプライベートの時間が取れない」というイメージを抱く方もいるでしょう。たしかに、フリーターに比べると会社からの制約が厳しい側面もあります。しかし近年ではフレックスや在宅勤務、サテライトオフィスといった制度を導入する企業が目立っており、働き方によってはフリーターより自由になる例も見受けられます。

 
フレックス制度とは

始業や終業の時間を労働者が自由に決められる制度のこと。フレックスタイム制度においては、「1日8時間、週40時間」の法定労働時間の概念がなくなり、会社が定めた期間内の契約時間を超えなければ法定労働時間を超えることが可能です。つまり、会社が1週間の契約時間を40時間と定めれば、月曜日は9時~14時、火曜日は10時~21時、水曜日は9時~19時…と40時間のなかで1日の労働時間を自由に設定してOK。企業によっては、必ず勤務しなければいけない「コアタイム」や、出勤そのものと出勤時間を自由に選べる「フレキシブルタイム」を設けています。

 
在宅勤務とは

企業に雇用されている人が自宅で業務を行うこと。完全在宅で出社の必要がない例もあれば、企業や労働者が定めた日・時間のみ在宅勤務する例もあります。「在宅ワーク」と混同されやすいですが、こちらは自営型。企業に属す人が自宅などで業務を行う雇用型を、在宅勤務と称します。

 
サテライトオフィスとは

本社や本拠地から離れた場所に設置されたオフィスのこと。本来の勤務地と同等な業務が出来るよう、設備や通信環境が整っています。「都市型」「郊外型」「地方型」と分類することができ、通勤コストの削減によるワークライフバランスの確保や、地方創生が主な目的。近年では複数の企業が共同運営したり、専門会社が設置するシェアオフィスも増えているようです。

 

有給休暇を活用しよう

正社員は勤務先が定める日時で労働しなければいけないため、フリーターのように仕事の休みを自由に決めることは基本的にはできません。しかし、2019年4月に施行された「働き方改革関連法案」により、年間10日以上の有給休暇付与者は年間5日の取得が義務付けられました。規定の休日に加えて有給休暇を利用すれば、長期の休みを作ることも可能です。

フリーターから正社員になる4つのメリットを知ろう

正社員就職に対してなかなか前向きになれなければ、就職のメリットを考えてみましょう。正社員になることで安定した雇用と収入が期待できます。

 

1.収入が上がる

厚生労働省が実施した「賃金構造基本統計調査」によると、正社員以外の労働者の平均賃金は21万1200円でした(男女計)。正社員の平均賃金は32万5400円なので、10万円以上の差があることが分かります。男女計・年齢別の賃金は以下のとおりです。

 

〈正社員以外〉
20~24歳:18万800円
25~29歳:19万8900円
30~34歳:20万4700円
35~39歳:20万7600円
40~44歳:20万8200円

 

〈正社員〉
20~24歳:21万4600円
25~29歳:24万9500円
30~34歳:28万4800円
35~39歳:31万7100円
40~44歳:34万4400円

 

結果から、20代のうちは給与差は少なくても、年齢を重ねるごとに差は大きく広がることが分かります。これは、フリーターはあくまでも臨時採用でありスキルアップの機会がなく昇給が少ないことや、どれだけ長く働いても職歴にならず転職が難しいことなどが要因でしょう。

 

参照
厚生労働省 - 令和元年賃金構造基本統計調査

 

2.企業によっては充実した福利厚生がある

福利厚生とは、会社が従業員に対して実施する賃金以外の報酬のこと。一般的には企業が提供したり、外部サービスを利用したりして提供する「法定外福利厚生」を指します。
法定外福利厚生は企業によって異なりますが、各種手当や家賃補助、各種サービスの優待理由などが代表的。内容によっては非正規社員でも利用できますが、正社員はすべての福利厚生を利用出来るのがメリットでしょう。

 

3.基本的に雇用は安定している

正社員の雇用は基本的に終身。つまり、会社が倒産したり本人から退職を申し出たりしない限り解雇される可能性は低いです。一方、フリーターは非正規雇用のため、経営状況や方針によっては解雇の可能性も。さらに、給与に関しても正社員は毎月決まった額を支給される月給制や年俸制が多いのに対し、フリーターは働いた分だけ支給される時給制が主流。働けなくなれば収入も減るので、不安定といえます。

 

4.社会的信用を得られる

フリーターは自由である一方、前述のとおり雇用や収入が不安定。そのため住宅や車など高額のローンが通りにくく、クレジットカードや賃貸契約ができないこともあるようです。
また、「フラフラしている」「将来を考えてない」などネガティブな印象も抱かれやすいため、職業を聞かれたときに不利益を被る可能性もあるでしょう。

23歳のフリーターが就職を成功させる4つの方法

23歳から就職を目指すなら、早めの行動と企業研究、経験に基づくアピールが重要です。

 

1.早めに行動する

最初の項目で説明したように、未経験者の就活は年齢がポイントになります。不安や悩みもあるでしょうが、就職したいと思ったときがタイミング。考えるより行動したほうが解決につながることもあります。

 

2.企業についてよく調べておく

「どこでも良いから採用されないかな」と考えて、やみくもに応募しても負担が増えるだけ。自己分析だけでなく企業研究も十分に行って、自分の考えやビジョンと一致する企業を見つけましょう。選考では「数ある企業のなかで、なぜその会社を選んだか」を問われます。その企業ならではの理由や、その企業でなければならない理由を自身の経験に紐づけてアピールするのがポイントです。

 

3.フリーター経験からアピールポイントを探す

未経験者を採用する場合、仕事に対する熱意や意欲を重視されます。自己アピールで「アルバイトを頑張った」と述べる方が多いですが、これでは「アルバイトのなにを、どんなふうに頑張ったのか」が分からず説明が不十分です。フリーターとして過ごしたなかで、どんな課題に直面してどのように解決したのか、そこから得たものはなにかを明確にしましょう。さらに、具体例や数字を交えると相手に伝わりやすくなり好印象です。

 

4.就職支援サービスを利用する

1人で就活するのが不安なら、就職支援サービスを利用してみましょう。スタッフが企業の選び方や書類の書き方、面接のポイントなどを細かにサポートしてくれます。
支援サービスのなかでも、ハタラクティブは20代フリーターにおすすめ。若年層に特化しているので、扱う求人も未経験歓迎や学歴不問が多いのが特徴です。
さらに、ご紹介する企業はすべてスタッフが訪問調査を実施。文字だけでは分からない社内の雰囲気や勤務実態を細かく把握出来るので、初めての就職も安心です。正社員になりたいけど何をしていいか分からない、自分なりに就活しているけど結果が出ないなど、どんなことでもご相談ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細を見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細を見る
  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細を見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細を見る
  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細を見る
  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細を見る
  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細を見る
  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細を見る
  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細を見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細を見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A