21歳フリーターは就職できる!成功のコツとポイントを解説

21歳フリーターは就職できる!成功のコツとポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • 21歳のフリーターはポテンシャル採用で就職できる
  • フリーターから正社員になることで経済的、社会的メリットがある
  • 21歳のフリーターが正社員になるには、明確な考えを持つことが大切

21歳でフリーターを続けていると、周りの友人をみて「就職しようかな…」と考える機会が増える人も多いでしょう。21歳は柔軟性や将来性に期待できる年齢のため、しっかり対策すれば十分に就職可能です。このコラムでは、21歳のフリーターが正社員への就職を叶えるためのコツをご紹介。企業から見た21歳フリーターの印象や自分をアピールする方法も解説します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

21歳フリーターは就職できる!

21歳のフリーターは就職できます。20代の正社員への就職は、経験やスキルよりも意欲やポテンシャルが重要です。若さや将来の成長への意欲は、採用担当者にとって魅力的なポイントとなります。ただし、フリーターから正社員への転職には、適切な準備と努力が必要です。自己PRや履歴書を充実させること、適切な求人情報を探すこと、面接でアピールすることなど就職活動をしっかりと行っていきましょう。適切な準備と意欲を持って取り組むことで、21歳のフリーターも正社員としての就職を実現できます。

未経験OK多数!求人を見てみる

21歳フリーターがすぐ就職するメリット

21歳フリーターがすぐ就職することには、経済的な安定感の確保やキャリアのスタートを早める、経験と実績の蓄積、将来の選択肢の幅を広げるなど、多くのメリットがあります。

生涯賃金がアップする

早期に就職することで、生涯賃金がアップしやすくなります。早くから正社員として働き始めることで、経験やスキルを積み重ねる機会が増えるからです。経験を積み重ねることで、将来的により高い給与水準のポジションを担える可能性が高まります。また、正社員になることで、昇給やボーナスを貰える機会が増え、フリーターより収入が高くなる可能性も。さらに、定期的な給与収入を得ることができるので、貯金や投資などの資産形成も早めに始められるでしょう。
正社員の給料やフリーターとの収入の差については、「正社員の平均給料はどれくらい?フリーターとの差は?年齢別の給与も紹介」で詳しく取り上げているので、参考にしてみてください。

キャリアのスタートを早められる

キャリアのスタートを早めることは、今後の成長に繋がります。正社員として働く経験を積むことで、専門的なスキルや知識を磨け、将来的なキャリアの発展や成長の機会が広がるでしょう。また、仕事で成果を出すことは、より上位のポジションや責任を担う機会も得られる自己成長を促進するだけでなく、将来の転職やキャリアのチャンスを広げることに繋がります。経験を積みながら、他の業界や職種へのチャレンジもしやすくなります。

21歳は大卒より若い!

21歳は新卒の正社員より若いです。高校卒業後から働いている方は社会人3年目、大学生であれば3年生になります。21歳で正社員になるということは大卒の人たちより早く正社員になれるということです。若さは就職時に重要な要素になります。企業は採用においてスキルだけでなく、ポテンシャルを重視し、意欲や向上心、柔軟性、コミュニケーション能力などを重視しているからです。若さは未来への可能性を秘めたポテンシャルのかたまり。若さを活かし、将来を見据えたキャリアを築くために、積極的な就職活動に取り組みましょう。

21歳フリーターが抱える不安

21歳になると、周囲の友人がすでに正社員として働いていたり就活を始めたりと、焦りを感じることが増えてきます「このままフリーターを続けて行けるのだろうか」と将来に不安を覚えることも少なくありません。ここでは、21歳のフリーターがどのようなことに不安を感じているのかを知っておきましょう。

将来への不安

フリーターは、雇用形態が一時的であり、長期的に安定した職業やキャリアパスがないことから、将来への不安を感じることがあります。フリーターは正社員と比べて、キャリアアップが難しく給料が上がりづらかったり、解雇される可能性が高かったりする傾向にあります。収入やキャリアの発展について将来を明確にすることが難しい不確実性が心配材料となるでしょう。
将来への不安は、結婚や出産など人生のライフプランにも影響を与えることがあります。フリーターの結婚については、「フリーターは結婚できない場合がある?実態を知って後悔しない選択をしよう」のコラムで詳しく説明しているので参考にしてください。

社会的な不安

21歳のフリーターは、同じ年齢の正社員と比べて自分の社会的地位が低いことに不安を感じているようです。雇用が保障され、安定した収入がある正社員は、ローンを組んで家を購入したり、結婚して家庭を築いたりと将来を見据えた人生設計が実現可能。一方、フリーターは雇用が安定していないことで信用が得られず、車や家を購入したいときにローンの審査に通らないことがあります。また、友人や同級生が進学や就職している中で、自身の立場に対する焦りや孤立感をおぼえることもあるかもしれません。将来の選択肢を狭めないためには、若いうちに正社員を目指したほうが良いといえるでしょう。

経済的な不安

21歳のフリーターの給料では、一人で生活するのが精一杯であることが多いといえます。職種によって差はありますが、一般的にはフリーターよりも仕事の責任が大きい正社員のほうが給料が高額です。正社員は基本給以外に昇給やボーナス、各種手当が付くので給料が増えやすく、勤続年数や業務成績次第で昇格も見込めます。役職に就けば給料の上がり幅が大きくなり、貯金しながら家族を養うこともできるでしょう。
時給制で働くことが多いフリーターは、怪我や病気で働けなくなるとに収入が得られず、生活が苦しくなってしまいます。最悪の場合、家賃が支払えずに強制退去になることも。収入が安定している正社員であれば、貯金はもちろん、結婚しても家族を養えるだけの金銭的余裕がもてます。

スキルや経験の不安

フリーターは定期的な職場環境やトレーニングの機会に恵まれないことが多いため、スキルや経験の不足を感じることがあります。将来の就職やキャリアアップの際に不利になる可能性も。正社員経験を積んでおくことで、今後のキャリアアップ時に、スキルや経験の不安を解消できるかもしれません。

就活そのものに対する不安

「正社員になりたい」と考えているものの、どのように就活を始めれば良いのかわからず挫折してしまうことがあります。とはいえ、それを理由にずっとフリーターを続けるのは良い選択とはいえないでしょう。学生であれば学校で就職支援を受けられますが、21歳のフリーターは自分から行動しなければいけません。何から始めたら良いか分からないという人は、まずは両親や友だちといった身近な人への相談から始めてみると良いでしょう。
フリーターの就活の流れがわからない人へ!手順や就職成功のコツを解説」では、フリータの方が就職活動する基本的な流れについて説明しています。「就活の流れがわからない」と疑問に感じている場合はあわせてご覧ください。

21歳フリーターが正社員になるメリット

21歳フリーターが正社員になると、「正社員」としての雇用形態が持つメリットを得られます。収入の安定や、福利厚生の充実、社会的安定性などメリットはさまざまです。

収入が安定する

正社員として働くことで、安定した収入を得ることができます。正社員であれば、ほとんどが月給制で毎月一定の収入が保証されていることが、安定しているといわれる大きな要因です。各種手当も出るので、金銭面では長く安定します。定期的な給与支払いがあることで、生活費や将来の計画に対する不安を軽減できるでしょう。

社会保険や福利厚生の充実

正社員になると厚生年金に加入しやすく、会社が保険料を支払ってくれるなど、福利厚生が充実します。ほかにも、企業によっては、資格取得支援制度やキャリアアップ支援制度、退職金制度などが用意されていることも。提携先の宿泊施設をはじめとした会社が定めたいろいろな手当てを受けられるメリットもあります。「フリーターが厚生年金に加入する条件とは?メリット・デメリットも解説」では、フリーターが厚生年金に加入するメリットやデメリットを紹介しているので、参考にしてみてください。

キャリアの発展

このコラムの「キャリアのスタートを早められる」でも紹介しましたが、正社員になると、キャリアの発展が望みやすくなります。企業内での昇進やスキルの習得、専門知識の獲得など、自身の能力や経験を積み重ねることで、将来の職務や収入の向上も。正社員の経験やスキルは、転職する際のアピールポイントになるので、将来さらにキャリアアップの可能性も広がるでしょう。

社会的安定性

正社員になると、社会的な安定感をもたらします。正社員は、雇用や収入が安定しているため、フリーターよりも社会的信用が高いです。そのため、高額な買い物をするときにローンを組みやすくなります。また、周囲の人々や家族からの評価や支持を得ることができ、自己肯定感や生活の安定感が向上するでしょう。

21歳フリーターが企業から思われがちな印象

21歳のフリーターは、企業によってはマイナスの印象を持たれることもあります。「同じ21歳なら新卒を採用したい」と考える企業も少なくありません。不利な状況の中でも内定をもらうには、どのような印象を持たれているのかを把握して、挽回する必要があります。

即戦力とはいえない

どのような企業でも、21歳の若者が即戦力として働けるとは考えていません。社会経験が浅く、役立つスキルが十分に身に付いていないうちに求められるのは「将来性」です。このように、将来性を見込んで行う採用を「ポテンシャル採用」といいます。ポテンシャル採用の特徴は、現在のスキルに関係なく、数年後に戦力になる人材だと判断されれば内定をもらえる可能性があること。ポテンシャル採用において好まれるのは、素直で柔軟性に優れており、就業意欲もやる気もある若者です。また、入社後にほかの社員と上手くやっていけるか、面接のやり取りの中で確認する企業もあります。正しい言葉遣いとはっきり話すことを意識して、コミュニケーション能力をアピールしましょう。
ポテンシャル採用については「ポテンシャル採用とは?何歳まで適用される?重視されるポイントを解説」で紹介しています。「どんなポテンシャルが正社員就職につながるんだろう」と疑問に思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに辞めないか不安

21歳ならアルバイト探しに困ることもなく、いつでもフリーターに戻れてしまうため、採用担当者は「不満があればすぐに辞めるかもしれない」と不安を抱くことも。正社員で働きたいという熱意を伝えるためにも「長く働かせていただきたいです」と一言添えると、フリーターを採用することへの不安を払拭し、採用担当者からの信用を得られるでしょう。

計画性がない

フリーターを選んだ理由は人それぞれですが、就職においては計画性がないとみなされ、採用担当者に「問題を先送りしている」「考えが甘い」と厳しい目で見られることも。好印象を与えるには、具体的な内容で計画性をアピールしましょう。フリーターになったきっかけや、21歳まで就職していない理由によっては反省も大切です。たとえば「なんとなくで21歳までフリーターを続けてしまったが、今回の就活においては期限を決めてチャレンジしている」というように、反省を踏まえて努力していることを伝えましょう。ほかにも、就活をする中でどのように企業を選んで分析したのか、今後のキャリア形成をどう考えているのかを伝えるとしっかり考えて行動していることが伝わります。

責任感がない

アルバイトは正社員のように責任を負うことが少ないため、フリーターに対して「責任感がないのでは?」と考える採用担当者もいます。しかし、21歳のフリーターも責任がある役職についたり、きちんと仕事をこなした経験はあるでしょう。たとえば「バイトリーダーとして、後輩の育成や時間帯責任者を任されていた」といった実績をアピールすれば、責任感を持って仕事に取り組んできたことを証明できます。今までの経歴をアピールしつつ、好印象に繋げられるでしょう。

責任感って何?

「責任感」とは、自分のやるべきことに対して責任を果たそうという気持ちを持ち、自分の言動と結果について自分で始末をつけること。約束や時間を守ったり、やるべきことを最後までやり切ることで、周囲の人達から信頼されるようになります。他人に厳しく強制するとなると短所になる場合もありますが、「責任感がある」ことは自己PRになるので、実際の仕事でどのように活かせるかしっかり述べるようにしましょう。

21歳フリーターから正社員を目指しやすい仕事

21歳のフリーターが正社員就職を考えるなら、未経験・フリーター歓迎の求人を探すことをおすすめします。大手企業は新卒の大学生を中心に採用しているため難易度は高めですが、フリーター採用に積極的な企業なら正社員就職を成功させやすいでしょう。
なかにはブラック企業もあるため、求人選びは慎重に行う必要がありますが、以下のような職種は未経験・フリーターを歓迎していることが多いです。

営業職

自社の商品やアイデアを売り込む営業職は、コミュニケーション能力や言葉遣い、ビジネスマナーが求められます。保険などの専門的な分野でなければ資格は必要ないため、21歳で業界未経験でも就職しやすい職業です。社会人としての常識が身につくだけでなく、営業成績次第で収入を上げることもできます。

ITエンジニア

IT業界は人気が高く、難易度が高そうなイメージがあるかもしれませんが、人材確保のために未経験やフリーターを採用しているところもあり、知識やスキルを身につければ正社員になれる可能性があります。特にプログラマーは学歴不問の求人もあり、21歳のフリーターの方も目指しやすいでしょう。就職後に資格を取れることもありますが、やる気をアピールするために「ITパスポート」や「基本情報技術者」といった資格を取得するのもおすすめです。

介護職

高齢者の身体介助や生活の手助けを行う介護職は、高齢化が進んでいることで需要が高まり、フリーターも正社員を目指しやすい業界です。介護の仕事は体力が必要なので、21歳という若さは強みになるでしょう。資格なしでも働けますが、本格的に介護の現場で頑張りたいなら実務経験を積んで資格を取ることも可能です。

接客業

飲食やアパレルなど販売を伴う接客業は、特別な資格は必要ありません。営業職のように言葉遣いやビジネスマナーに気をつける必要がありますが、よりお客さんに寄り添った接客ができるかどうかのほうが重要視されることもあります。アルバイトで接客を経験したことがあるフリーターなら、なじみがあって経験も活かせるため、正社員を目指しやすいでしょう。

事務職

事務職は人気が高く、基本的なPCスキルがあれば就職できることが多いです。資格がなくても働ける職種なうえに、服装や髪型が自由な職場もあります。未経験のフリーターも正社員を目指しやすく、接客や力仕事が苦手な方にもおすすめ。しかし、人気の仕事のため求人倍率は高くなりがちです。事務職で正社員を目指すなら、希望条件を少し緩めて探すと良いでしょう。

コンテンツ制作者

コンテンツ制作は需要が高いため、フリーターから正社員も目指しやすいです。インターネットやメディア業界では、Webコンテンツの制作や編集の仕事があります。文章力やクリエイティブな思考が求められますが、コンテンツ制作に興味があるなら挑戦してみましょう。

21歳フリーターが正社員就職を叶えるコツ

企業からマイナスな印象を持たれる場合がある21歳のフリーターも、就活のポイントを押さえれば正社員就職は難しくありません。21歳はまだ学生も多い年齢で、いくつかのコツを掴めば就活をスムーズに進めて内定を狙えます。フリーターから正社員就職を実現させたいなら、以下のコツを押さえて効率よく就活を進めましょう。

基本的なビジネスマナーを押さえる

敬語の使い方や礼儀作法といった基本的なビジネスマナーは必ず押さえましょう。基本ができていればそれだけで好印象を持ってもらえることがあります。ほかにも、応募書類は書き損じがないものを提出したり、身だしなみに気を使ったりするなど、普段から小さなことにも注意を払うようにしましょう。

正社員になりたい理由を明確にする

面接において採用担当者は「なぜフリーターを続けてきたのに、正社員になろうと思ったのか?」と疑問に思います。きちんと考えがあっての選択だと伝わるように、理由を明確にしておきましょう。ネガティブな理由で21歳までフリーターを続けていたのなら、「まずはアルバイトで幅広い仕事に挑戦したかった」など、ポジティブな言い回しを選ぶと過度なイメージダウンを避けられます。

自己分析を行う

正社員になりたい理由を明確にするために、自己分析を行うことをおすすめします。自己分析は、自身の興味や価値観、能力、性格などを客観的に把握すること。自己分析を行うことで、自分と同じ価値観や考え方の企業を選びやすくなるのがメリットです。価値観や大切にするものが同じ企業なら、入社後の活躍も期待できます。また、企業名や知名度ではなく自己分析の結果から就職先を探すことで、自分では候補に入れなかった業界や企業を見つけることもできるでしょう。自己分析を行わないまま就活を始めると、条件やイメージだけで就職先を選んでしまい、採用されても、「思っていた仕事と違った」などミスマッチを起こしやすく、早期離職につながる可能性もあります。「フリーターが自己分析するのは何のため?やり方が分からない方へのヒント集」では、フリーターの自己分析のやり方についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーターで培った経験をアピールする

フリーターとして働くなかで身につけた経験やスキルを履歴書や面接でアピールし、あなたの強みをしっかり伝えましょう。たとえば、飲食店で働いていれば気配りや臨機応変な対応が身につき、アパレルならプレゼン能力やコミュニケーション能力が鍛えられます。イベントの設営で体力に自信があるといったこともアピールポイントです。「アルバイトだからアピールできることなんてない…」と考える方もいますが、応募先の企業に活かせそうな経験であれば、伝えておいたほうが、内定の出る可能性が高くなるでしょう。

目標から逆算して行動する

就職を決意したら始めに期限を設定しましょう。設定した目標に合わせて計画を立てれば、だらだらとフリーターを続けてしまうことを防ぎやすくなります。期限から逆算していつまでに面接を受けるのか、求人を探すのかを決めることで、モチベーションを維持しながら就活を続けられるでしょう。

積極的に情報収集を行う

就活を行ううえで、積極的に情報収集を行うことは大切です。求人をネット上や雑誌で探したり、実際に働いている人の口コミを読んだりすることで、自分に合った企業を見つけやすくなります。情報を集めていけば企業分析もはかどり、面接対策や逆質問の内容も考えやすくなるでしょう。自分だけでは不安な場合は、就職支援サービスで相談してみるのも一つの方法です。

エージェントに相談する

1人で自己分析をして正社員になりたい理由を明確にしたり、就職の情報を得るのは意外と難しいです。「漠然と正社員になりたいけど何をしたら良いんだろう」と悩みがある方は転職エージェントに相談することがおすすめ。エージェントは就職活動や人材紹介の専門家です。業界の動向や求人情報に詳しく、フリーターから正社員への転換において有益なアドバイスを提供。自身では得られない情報やノウハウを持っているため、より効果的な就職活動ができるでしょう。履歴書や職務経歴書などの応募書類作成はもちろん、面接対策などのサポートをしてくれます。自身の経歴やスキルを最大限に引き出し、魅力的なプロフィールを作る支援を受けてみましょう。

初めての就職活動は何をしたらいいのか分からず難しく感じるかもしれませんが、正社員で働くほとんどの人が通ってきた道です。中には自分の力だけで就活を成功させる方もいますが、サポートしてくれる人や場所があったほうが安心して正社員を目指せるでしょう。
21歳フリーターから正社員就職を叶えたいなら、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは20代のフリーターや既卒、第二新卒向けの正社員就職支援サービスです。プロの就職アドバイザーがあなたの希望を聞いて、条件に沿った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策もサポートします。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

この記事に関連するタグ