明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. IT業界への就職が未経験におすすめな理由とは?業務内容も詳しく紹介!

IT業界への就職が未経験におすすめな理由とは?業務内容も詳しく紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・急速なIT技術の普及でIT業界は人手不足に陥り、就職のチャンスが多くある
    ・若手人材を求めるIT企業は多く、未経験者でも就職可能
    ・IT企業に就職すれば、働きながらスキルを身につけられる
    ・IT系職種の代表例はシステムエンジニアやプログラマー、ネットワークエンジニアなど
    ・未経験求人をよく調べ、自分に合ったIT企業に応募する

パソコンやプログラミングが好きな方は、IT業界で活躍できるチャンスがあります。現在、急速なIT技術の普及に伴い、IT業界は常に人材不足にある状況。少しでもIT関連の仕事に興味がある方は、たとえ未経験者だとしても、IT業界で就職し活躍できる可能性が大いにあるでしょう。
本コラムでは、IT業界の代表的な職種や、就職のためのIT知識を学ぶ方法を詳しく紹介。今こそ、IT分野であなたの力を試してみませんか?

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

未経験者にIT業界への就職をおすすめする理由

IT業界は未経験者にもおすすめの業界といえるでしょう。その理由を詳しくみていきましょう。

IT業界は人材不足ゆえ、未経験でもチャレンジしやすい環境だから

現在、IT業界の人材不足は深刻。近年では、あらゆる業界や企業でIT技術を導入しており、IT業界は常に人手不足の状況にあります。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、日本全体の人口減少に伴い若年人口が減少することから、IT人材確保は年々厳しさが増していくと予想され、2030年には約59万人までIT人材の不足規模が拡大すると推測されています。
そのため、若手人材を求める企業は多く、企業のなかには「未経験OK」や「学歴不問」の求人を出しているとこも多くあるのが現状。
以上のことから、ITは未経験者にもチャレンジしやすい業界であることが分かるでしょう。

参照元
経済産業省
IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

働きながらスキルを身につけることができるから

IT系の仕事は、「知識がなければ働けない」というイメージがありますが、未経験者を歓迎する企業では入社後の教育体制を整えている場合も多く、職場によっては働きながらスキルを身につけることが可能です。また、就活前に独学である程度勉強しておけば、面接で即戦力をアピールできます。
IT技術は日々進歩しているので、IT業界では仕事に慣れてからも新しい知識や技術を学ぶ姿勢が求められるのは間違いありません。「大変そう」と思うかもしれませんが、一方では常にスキルが磨ける分野であり、スキルがあれば学歴に関係なくキャリアアップや昇給が可能です。

IT業界の職種

IT業界には、具体的にどんな職種があるのでしょうか。ここでは代表的なIT系の職種をご紹介していきます。

システムエンジニア

システムエンジアは顧客の希望を丁寧にヒアリングし、最適なシステムを提案するのが仕事。開発の現場ではシステム設計を担い、予算や納期に合わせスケジュールを管理します。顧客へのヒアリングやニーズを分析する「要求分析」、顧客の要求をもとにシステムの概要を考案する「要求定義」も、システムエンジニアの大切な仕事の一つです。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアがつくったシステム設計をもとに、プログラミングを行う仕事です。プログラミングとは、コンピューターに指示を出すための「プログラミング言語」を利用し、システムやソフトウエアをつくる作業のことを指します。
プログラミングの対象は、Webページや家電製品のプログラム、スマートフォンのゲームなどさまざま。システムエンジニアになる前にプログラマーとして経験を積むのが一般的なキャリアの流れです。

Web系

Web系とは大まかな括りで、企業コーポレートサイトやポータルサイト、スマホアプリ、ECサイトなどさまざまなWebシステムの制作を担う仕事です。例えばWebサイトをデザインする「Webデザイナー」や、Webページのプログラムをコーディングし、Webサイトとして仕上げていく「Webコーダー」、Web全体の進捗管理をし、詳細設計書などを作成する「Webディレクション」など、さまざまな職種があります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの構築や設計、保守を行う仕事です。施設の電源容量やコストを考えた上でサーバーの必要台数を決める、設置したサーバーの監視やバックアップ、ウイルス対策を行うなどの業務があります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークのネットワークシステム構築や保守管理などを行う仕事です。主な役割としてネットワーク設計、構築、監視・運用の3つに分かれます。ネットワーク設計の際には、特に提案能力やヒアリング力、プロジェクト推進能力なども必要になるでしょう。

このほかにも、IT業界には「セキュリティエンジニア」や「データベースエンジニア」など、数多くの仕事があります。求人を見たり仕事の内容を調べたりして、自分にあった職種を探してみましょう。

未経験者がIT業界に就職するためにすべき4つのこと

先ほど、ITは未経験者にも間口が広い業界だとお伝えしました。しかし、だからといって何も準備せずに就職できるわけでありません。最低限のIT知識を学んだり、未経験者を受け入れている求人を探したりする必要があります。IT業界へ就職するためにするべきことを理解し、IT職として活躍するための一歩を踏み出しましょう。

1.最低限のIT知識を学ぶ

IT業界にチャレンジするには、ITに関する最低限の知識はあった方が良いでしょう。ITに関して少しでも知識があると入社後の業務に慣れるのが早く、職場に馴染みやすいというメリットがあります。また、学習を通して自分がIT系の仕事に向いているかどうかを判断できるでしょう。

例えばプログラマーを目指すのであれば、何らかのプログラミング言語を習得していると就職に有利です。経済的な余裕があるならば、プログラミングスクールに通っても良いですが、あまりお金がかけられないのであれば、独学で学ぶこともできます。他のIT職種でも同様に、自分自身で学び、知識を深めましょう。以下、自分自身でITを学べる方法を挙げました。

本を使って学ぶ

初心者向けのIT教本を読み、ITの基礎知識を学んでみましょう。書店や図書館を利用し、分かりやすく書かれているものを探すと良いです。

インターネットで学ぶ

インターネット上で学習できるサイトや通信教育などもあるので、予算と自分のスタイルに合わせてネットでの学方法を探しましょう。

業界雑誌を読んで学ぶ

IT業界の専門誌を読むというのも一つの手です。毎月発行される業界雑誌であれば、IT業界の最新動向を掴むことができるでしょう。

2.就職に役立つ資格を取得しておく

余裕があるのであれば、IT業界での就職や就活に役立つ資格やスキルを身に付けておくと良いでしょう。IT業界の就職において、資格やスキルは必須ではありません。しかし、資格があればもちろん採用評価の対象になり、他の応募者と差をつけることも可能でしょう。就職後、IT業界の現場で役立つ資格も多数ありますので、ぜひ資格を取得し、自信を持った状態で選考を突破しましょう。

下記、就活に役立つIT関連の資格をまとめました。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは、主にワード、エクセル、パワーポイントのスキルが十分に身に付いていることを証明できる資格です。特に上級を取得しておくことで、即戦力としてのアピールができるでしょう。

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

P検は、「ICT活用」の知識や問題解決力をアピールできる資格で、パソコンのスキルやIT知識も示すことができます。

PMP

PMPは、「Project Management Professional(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)」の略で、プロジェクトマネジメントのプロフェッショナルであることを表す国際資格。マネジメント能力や、プロジェクト運営能力をアピールできるだけでなく、IT業界でチームリーダーとしての資質を示すことができるでしょう。

システム監査技術者

情報システムなどにおける監査能力を示す資格。監査を行うのみならず、監査指導を行うための資格でもあり、こちらもチームリーダーの資質をアピールできます。

3.未経験を受け入れている企業の求人に応募する

IT企業に未経験者が就職するには、未経験者を受け入れている企業に応募することが近道。求人サイトやハローワークを利用し、「未経験者歓迎」「未経験者OK」などの条件で探します。その中で、働き方の条件や適性に合うと思った企業に応募しましょう。

こんな企業には要注意!

一般的に、常時求人を出している企業や、規模に対して多くの人数を募集している企業は警戒すべきといわれています。求人が出続けている企業は、離職率が高く常時人手が足りていない可能性があるからです。また、新規事業などの理由もなく大量募集をする企業では、労働環境の厳しさから社員が一定のペースで辞め続けている可能性があります。しかし、IT業界は先述のとおり、需要が高く常に人材不足の状況なので、優良企業でありながらも常に求人を出し続けている可能性も高いです。一方、客先常駐や多重下請け、長時間残業などの問題もあり、「ブラック」と言われてしまうようなIT企業も一定数存在するのが現状です。長く働ける仕事に就くには、入社前に応募先の企業についてよく調べ、納得して働ける環境を見定めることが大切です。

4.就職・転職エージェントを利用する

「未経験OKのIT企業がなかなか見つからない…」「求人サイトで企業の内情を知るには限界がある…」という方は、就職・転職エージェントを利用しみてはいかがでしょう。就職エージェントとは、仕事を探す求職者と人材を求める企業をマッチングするサービスのことです。具体的なサービス内容はカウンセリングや求人提案、面接対策などで、面接日程をはじめとする企業との交渉を全て代行してもらえます。
エージェントでは専任の担当者がつき、内定までの一貫したサポートを受けられるのが心強いポイント。就職活動が初めての方におすすめです。

信頼できる企業に就職するなら、若年層の就職・転職に特化したハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人のみをご紹介するため、求人の信頼性が高く、IT企業の場合でも、仕事内容や職場の雰囲気など、求人サイトでは知り得ない詳しい情報をお伝えできます。
求人提案のほかにも、面接対策や履歴書の添削などを行うので、就活が初めての方でも安心。
不安があればすぐに専任のアドバイザーに相談できる環境が整っています。悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?