IT業界への未経験転職は可能?志望動機の例文やおすすめの資格を紹介!

IT業界への未経験転職は可能?志望動機の例文やおすすめの資格を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • IT業界未経験の20代はポテンシャル採用を狙える
  • IT業界の未経験者は客先常駐で働くのが一般的
  • 未経験から挑戦できるIT業界の職種は「IT事務」「プログラマー」「SE」など
  • IT業界を含む情報通信業の平均年収は約624万円
  • IT業界に未経験転職したい方には、基礎知識の学習やエージェントの活用がおすすめ

「未経験からIT業界へ転職できる?」と疑問を抱えている方もいるでしょう。IT業界は、IT技術の急速な発展によって年々需要が拡大し、人手不足の状態が続いているので、未経験者を積極採用する企業が増えています。そのため、未経験からの挑戦は十分に可能です。このコラムでは、IT業界の分類やおすすめ職種、内定を得るコツなどをまとめています。IT業界への参入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

IT業界に未経験で転職することは可能?

IT業界への未経験転職は可能です。就職・転職市場では年齢が若いほど採用されるチャンスが多いため、できるだけ早めに行動を起こしましょう。以下で、20代と30代の転職事情を解説しているので参考にしてみてください。

20代はポテンシャル採用を狙える

未経験でIT業界に転職する20代は、ポテンシャル採用を狙うのがおすすめです。ポテンシャル採用とは、人柄や将来性など、スキル・経験以外の面が重視される採用方法を指します。ポテンシャル採用に年齢制限はありませんが、若いほうがより将来性を期待されやすいようです。
ポテンシャル採用に興味がある方は、「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」のコラムもチェックしておきましょう。

未経験者は客先常駐で働くのが一般的

IT業界未経験の場合は、基本的に客先常駐で働くことになるようです。客先常駐とは、所属企業から顧客企業の現場に出向いて働くことを指します。常駐先からの指示を受けて下流工程の業務に従事するのが一般的なので、上流工程で技術を磨きたい場合はギャップを感じてしまうことも。一方で、「常駐先ごとの幅広いメソッドが身につく」「常駐先が変わればその分人間関係も広がる」といったメリットもあります。客先常駐のメリット・デメリットをさらに知りたい方は、「社内SEってどんな仕事?普通のSEとどう違う?」も要チェックです。

30代以降は経験やスキルを求められやすい

30代以降はある程度の経験やスキルが求められるようになるので、IT業界への未経験転職は20代のときよりも難しいのが実情です。そのため、事前学習をしたり、企業の求める人物像と自身の強みを照らし合わせたりして、採用するメリットを感じてもらえるようにアピールしましょう。未経験分野への転職を考えている方は、「30代の未経験転職は厳しい?成功のコツやおすすめの職種・資格をご紹介」のコラムもご一読ください。

ポートフォリオがあると有利になる場合がある

未経験からIT業界に挑戦する場合、ポートフォリオがあるとプラスに評価してもらえることがあります。転職活動におけるポートフォリオとは、自分の作品をまとめたもの(=作品集)です。IT業界への転職の場合は、Webサイトやオリジナルのスマホアプリなどをポートフォリオとして提出すると良いでしょう。ポートフォリオについては「クリエイティブ職の適性とは?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介」でも触れているので、チェックしてみてください。

未経験者は転職前にIT業界への理解を深めよう

未経験者は転職前にIT業界への理解を深めようの画像

この項では、IT業界の定義や主な分類、人材の過不足状況などについて解説します。IT業界への未経験転職を考えている方は、事前にチェックしておきましょう。

IT業界とは

IT業界とは、コンピュータやネットワークを活用した技術でサービスを展開している業界です。職業情報提供サイト(日本版O-NET)の「IT業界の特徴」には、「生活やビジネスのさまざまな場面において、情報技術(IT)を活用したサービスや仕組みを作っているのがIT業界です。現代生活に欠かせないPCやスマートフォンなど身近なものから企業で使われる大規模なシステムまで幅広い範囲をカバーしています。」との記載があります。

参照元
職業情報提供サイト(日本版O-NET)
ITの仕事

主な5つの分類

IT業界の主な分類は、「インターネット・Web業界」「情報通信業界」「情報処理サービス業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」です。以下でそれぞれの特徴を解説します。

1.インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、Webに関するサービス開発やWebサイトの構築に携わる業界です。検索エンジンやソーシャルゲーム、SNS、インターネットショッピングなど、幅広いサービスを展開しています。

2.情報通信業界

情報通信業界は、「通信業界」および「インターネット業界」の総称です。経済産業省の「2021年情報通信業基本調査(2020年度実績)の結果を取りまとめました」には、「情報通信業とは、電気通信業、放送業、放送番組制作業、インターネット附随サービス業、情報サービス業、映像・音声・文字情報制作業です。」との記載があります。通信業界については「通信業界の仕事」でも詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

参照元
経済産業省
2021年度 3月一覧

3.情報処理サービス業界

情報処理サービス業界は、企業から依頼を受けてシステムの構築・開発・運用を実施する業界です。ソフトウェアとハードウェアを用いて、顧客のニーズに合ったシステム構築を行うことを「システムインテグレーション(SI)」、SIを行う企業を「SIer(エスアイヤー)」と呼びます。

4.ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、「パソコンやスマートフォン、各種電子機器などの内部で制御を行うプログラム」を開発する業界です。企業の依頼内容に合わせたソフトウェアを制作したり、独自のパッケージを開発・販売したりします。

5.ハードウェア業界

ハードウェア業界は、パソコンやスマートフォン、各種電子機器などを開発する業界です。ソフトウェアとは違い、目に見える商品を製作します。

IT業界に関する情報は、「IT業界の仕事」のコラムでもまとめているので、あわせてご覧ください。

人材の過不足状況

IT業界は、IT技術の急速な発展により人材不足の状態にあるといわれています。厚生労働省の「労働経済動向調査(令和4年8月)の概況(9p)」によると、IT業界を含む情報通信業で人材不足を感じている企業の割合は41%です。半数近くは人手不足を感じていることが分かります。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(令和4年8月)の概況

平均年収

国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査(18p)」によると、IT業界を含む情報通信業の平均年収は624万円です。全体平均は443万円とされているので、情報通信業の年収は高い水準にあることが分かります。

参照元
国税庁
標本調査結果

IT業界未経験者が挑戦しやすい7つの職種

IT業界未経験者が挑戦しやすい7つの職種の画像

未経験から挑戦しやすいIT業界の職種は、IT事務やプログラマー、ネットワークエンジニアなどです。以下では、それぞれの職種の特徴を解説するので、自分の適性・希望に応じた職種を選択しましょう。

1.IT事務

IT事務は、開発現場における事務作業を担当します。顧客先に常駐して業務に携わるのが一般的です。具体的な業務内容は、データ入力やネットワーク設定、書類作成、顧客対応などが挙げられます。専門的なIT知識を有しているほうが優遇されることもありますが、経験不問の求人も多数展開されているので、未経験者も挑戦しやすいでしょう。

正社員

IT事務・ITエンジニア・テクニカルサポート職

  • 月給 235万円 ~ 363万円

2.IT営業

IT営業は、社内で取り扱うWebサービスやシステムを販売したり、顧客の課題に対する解決方法を提案したりします。顧客と契約を結ぶうえでは信頼関係が重要なので、未経験者のなかでもコミュニケーション能力に自信がある方におすすめです。IT営業に興味がある方は、「技術営業とはどんな仕事?向いている人の特徴や将来性を解説!」も参考にしてみてください。

3.プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアがつくったシステム設計をもとにプログラミングを行います。プログラミングとは、コンピューターに指示を出すための「プログラミング言語」を利用し、システムやソフトウェアをつくる作業です。プログラミング言語にはいくつかの種類があるので、未経験から目指す方は、自分が身につけたい言語を選ぶことから始めてみましょう。「プログラマーを未経験から目指すための4つの方法」では、未経験からプログラマーになるポイントを紹介しているので、あわせてご覧ください。

正社員

プログラマー・システムエンジニア

  • 月給 269万円 ~ 416万円

4.システムエンジニア

システムエンジニアの仕事は、顧客の希望を丁寧にヒアリングし、最適なシステムを提案することです。開発の現場ではシステム設計を担い、予算や納期に合わせてスケジュールを管理します。顧客のニーズを分析する「要求分析」や、顧客の要求をもとにシステムの概要を考案する「要求定義」も、システムエンジニアが担う業務です。具体的な業務内容は「SEの仕事内容とは」で紹介しているので、未経験からシステムエンジニアを目指す方はチェックしておきましょう。

正社員

システムエンジニア

  • 月給 265万円 ~ 410万円

5.ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムの設計・構築・運用・保守を行う職種です。顧客が求めるシステムを提供するために、徹底したヒアリングとプロジェクトの進行管理を実施します。また、システムに障害が生じたときに復旧作業を行うのもネットワークエンジニアの仕事です。ネットワークエンジニアに挑戦したい未経験者は、「高卒で目指すネットワークエンジニア」もご参照ください。

正社員

ネットワークエンジニア

  • 月給 264万円 ~ 408万円

6.Webデザイナー

Webデザイナーは、顧客の要望に合わせてWebサイトのデザインを行う職種です。職場や案件によっては、Webサイトの企画やコーディングに携わることもあります。未経験からWebデザイナーを目指す方は、「【職種別】未経験からの就職を狙う!デザイナーの仕事」も参考にすると、業務内容や適性についてより深く理解できます。

7.Webマーケター

Webマーケターとは、Webを通じて、集客や売上拡大のための販売戦略を行う人のことです。主な施策としては、SEOやSNSの活用、広告の管理などが挙げられます。Webマーケターに必須の資格はないので、未経験からIT業界に転職したい方も挑戦しやすいでしょう。Webマーケターの目指し方は、「未経験からWebマーケティング担当になる方法」で詳しく解説しています。

IT業界未経験者の志望動機の例文

IT業界未経験者の志望動機の例文の画像

IT業界の未経験者が志望動機を書くときは、「希望する仕事に就きたい理由」や「応募先企業を選んだ理由」を明確にしましょう。企業側は、「就業意欲があるか」「未経験者としてどのように貢献していくのか」などを志望動機から判断しているからです。以下では、IT業界未経験者向けの例文をご紹介するので、志望動機の書き方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

「私が貴社を志望したのは、○○というサービスに興味を惹かれたからです。○○のサービスを導入している企業はほかにもありますが、○○と△△を組み合わせた独自のシステムで顧客の課題解決をしているのは、貴社だけの強みだと思っています。IT業界への参入は初めてですが、前職で身につけた○○を△△の場で活かして、業務に貢献したいと考えております。また、現在は、ITパスポートの取得に向けて勉強中なので、そこで得た知識も業務で発揮できるよう努めてまいります。」

IT業界の志望動機に関する情報は、「SEの志望動機を作成する際のポイントを解説!役立つ例文も紹介」にも載せているので、あわせてご覧ください。

IT業界未経験者におすすめの3つの資格

IT業界未経験者には、MOSやITパスポート、基本情報技術者試験などの資格がおすすめです。それぞれの資格の特徴を以下で解説します。

1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、WordやExcel、PowerPointなどの利用スキルを証明できる資格です。書類の作成やデータの集計といった業務に活用できるため、仕事の効率性を上げられます。「未経験からIT業界の事務や営業として活躍したい」と考えている方におすすめです。

2.ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する基礎知識があることを証明できる国家資格です。ITの新しい技術や手法、経営戦略、プロジェクトマネジメントなどの幅広い分野を身につけられます。IT業界に必要な情報を総合的に学習できるので、未経験者におすすめです。ITパスポートの取得を検討している方は、「ITパスポートで就職が有利になる?資格や試験の概要を詳しく解説!!」のコラムもあわせてご参照ください。

3.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアとして活躍するための基礎を身につけられる資格です。資格取得を通じてシステムの設計や開発、セキュリティなどへの理解が深まります。「未経験からIT業界に入って、プログラマーやシステムエンジニアとして活躍したい」という方に向いている資格です。

IT業界で求められる能力

IT業界では、学び続ける力やコミュニケーション能力などが求められます。IT技術は日々発展していくため、入社後も最新技術を常に吸収し続ける姿勢が必要だからです。また、IT業界ではチーム単位で一つのプロジェクトを進めることも多いので、チームの仲間と円滑なコミュニケーションを取れるかどうかも重視されます。「IT業界未経験で、スキルに自信がない…」という方は、能力面でのアピールも検討してみてください。

IT業界への未経験転職を成功させる3つのコツ

IT業界への未経験転職を成功させる3つのコツの画像

未経験者がIT業界に転職するコツは、「ITに関する知識を身につける」「未経験者を歓迎している求人を探す」「転職エージェントを活用する」の3つです。それぞれのポイントを押さえ、IT業界への転職を実現させましょう。

1.ITに関する知識を身につける

未経験者がIT業界にチャレンジする際は、ITに関する最低限の知識を身につけておくと、選考で評価してもらえる可能性があります。知識を身につける方法は、「プログラミングスクールに通う」「独学」「ハローワークの職業訓練を受ける」などです。自分のペースで学びたい方は独学、カリキュラムに従って勉強を進めたい方は、プログラミングスクールやハローワークの職業訓練を選ぶと良いでしょう。「ハローワークの職業訓練を受けるには?コースの種類や申し込みの流れを解説」のコラムも参考に、自分に合った方法を選んでみてください。

2.未経験者を歓迎している求人を探す

未経験からIT業界に参入する場合、未経験者を受け入れている企業に応募するのが近道です。転職サイトやハローワークで「未経験者歓迎」「未経験者OK」といった条件を提示している求人を探し、そのなかから働き方の条件や適性が合う企業へ応募してみましょう。仕事の探し方は、「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・新卒・転職など状況別に解説!」で詳しく紹介しています。

未経験からIT業界を目指す方向けの

求人一覧はこちらから

ブラック企業に注意しよう

IT業界への未経験転職を考えている方は、ブラック企業に注意してください。ブラック企業とは、長時間労働やサービス残業などが常態化している、劣悪な職場環境の企業を指します。離職率が高過ぎる・給料が異様に高いなど、求人を見て少しでも怪しいと感じたら、その企業で働いていた人の口コミを確認したり、応募を避けたりするのが得策です。ブラック企業の見極め方は「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」でも確認できます。

3.転職エージェントを活用する

IT業界への転職を成功させたい方は、転職エージェントを利用するのも一つの手です。転職エージェントは、求職者と企業のマッチングを行います。主な提供サービスは、ヒアリングや求人紹介、選考対策などです。また、面接日程の調整や労働条件の交渉といった、企業とのやりとりも代行してもらえます。専任のアドバイザーがつき、相談から内定まで一貫したサポートを受けられるのがエージェントの魅力です。

「未経験からIT業界に挑戦したい」「自分らしく働ける環境を見つけたい」と考えている方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど、若年層に特化した就職・転職支援を行っているのが特徴です。アドバイザーが丁寧にカウンセリングを行ったうえで、求職者一人ひとりに合った求人をご紹介します。応募企業に合わせた選考対策を行うので、転職活動が初めての方も安心です。サービスは無料で利用できるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

IT業界を目指す未経験者向けのQ&A

この項では、「IT業界に未経験で挑戦するのは厳しい?」「未経験者が企業を選ぶときのコツは?」などの疑問にお答えします。未経験からIT業界への参入を考えている方は、ぜひお役立てください。

IT業界に未経験で挑戦するのは厳しい?

未経験からIT業界に挑戦することは可能です。ただし、IT技術は日々進化しているため、常に新しい知識を吸収する努力は必要といえるでしょう。IT業界に未経験で挑戦するときのポイントは、このコラムの「IT業界への未経験転職を成功させる3つのコツ」で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

ITに関する知識を勉強する方法は?

ITに関する知識を身につけるには、プログラミングスクールに通ったり、ハローワークの職業訓練を受けたりするのが効果的です。自分のペースで学習したい場合は、独学を選ぶと良いでしょう。「未経験からプログラミングを学ぶ3つの方法」では、プログラミングスクールの選び方を紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

未経験者が企業を選ぶときのコツは?

「未経験者歓迎」の求人を選ぶことです。未経験者を歓迎している企業は、入社後に人材を育成する前提で採用するのが一般的なので、教育制度が充実している傾向にあります。着実なスキルアップを目指したい方は、資格取得支援制度を導入している企業を選ぶのも手です。未経験者向けの求人の見極め方は、「仕事探しで迷わない!自分に合った求人の選び方や失敗しないポイントを解説」でも詳しくご紹介しています。

IT業界未経験者の志望動機のポイントは?

「IT業界を目指す理由」や「応募先の企業を選んだ理由」を明確にして志望動機を書くのがポイントです。目標や企業への熱意を十分にアピールすれば、就業意欲を評価してもらえたり、将来性を期待してもらえたりする可能性があります。志望動機の書き方に不安がある方は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用も検討してみてください。ハタラクティブは、応募書類の作成を含む就職活動を全面的にサポートします。

この記事に関連するタグ