デザイナーに未経験で就職は厳しい?グラフィックやWebに関わる仕事とは

デザイナーに未経験で就職は厳しい?グラフィックやWebに関わる仕事とはの画像

この記事のまとめ

  • 未経験からデザイナーへの就職は不可能ではないが、一定以上のスキルを求められる
  • 未経験からデザイナーに就職するには、まず自分がデザインしたいものを決める
  • デザイナーへの就職には知識やスキルだけでなく、コミュニケーション能力も必要
  • 未経験であっても想像力が豊かな人、流行に敏感な人はデザイナーへの適性が見られる

「デザイナーに就職したい」と思っていても、未経験であることから応募をためらってしまう人もいるのではないでしょうか。未経験者がデザイナーに就職するのは難しい傾向にあるものの、役立つスキルをアピールすれば就職も夢ではありません。このコラムでは、未経験からデザイナーに就職する具体的な方法をまとめました。Webデザイナーやグラフィックデザイナーなどの業務内容や就職先、必要なスキルについてもあわせてご確認ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • どの求人に応募すればいい?
  • 受かりそうな求人はどれ?
  • 希望に合う求人の探し方がわからない・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

デザイナーに未経験で就職するのは厳しい?

デザイナーに未経験で就職するのは厳しい?の画像

結論からいうと、業界未経験の方がデザイナーになることは可能です。ただし、デザイナーは専門性のある分野のため、求められるスキルが高かったり、未経験者にとって労働環境が過酷に感じたりする可能性があるでしょう。

未経験でデザイナーへの就職は厳しい傾向がある

デザイナーは企業や商品、サービスなどの「顔」「窓口」となるようなものを作るのが主な仕事です。「ターゲットにとって魅力的である」「購買・登録意欲が湧く」「使いやすい」など、見る人・使う人が魅力を感じられる作品をつくる必要があります。そのため、求人募集では求められるスキルが高い傾向にあり、未経験者は選考で不利になりやすいでしょう。また、就職できても人手不足で仕事が忙しかったり、逆にできることが少なくデザインの業務に携われなかったりする場合もあるようです。そうならないために、応募の際はしっかり企業研究を行っておきましょう。

未経験者歓迎のデザイナー求人もある

デザイナーとして就職するには、専門的な知識やスキルを求められるのが一般的ですが、企業や職種によっては未経験者歓迎の求人もあります。デザイナーに必要なスキルを入社後の研修制度で学べる職場もあるので、就職活動の際は気になる企業の人材育成に関する取り組みについて事前に調べておくと良いでしょう。
未経験者歓迎の場合は、スキルではなくポテンシャルを重視される傾向にあります。ただし、未経験者を積極的に採用する企業であっても、中途半端な気持ちで内定を得るのは難しいでしょう。面接では高確率で「どうして自社でデザイナーとして働きたいのか」という質問をされます。デザイナーに興味を持ったきっかけやその企業を選んだ理由、仕事への意欲などを簡潔に伝えることが大切です。

デザイナーへの就職に役立つスキルはアピールしよう

デザイナーの仕事自体が未経験であっても、デザイナーの仕事に役立つ知識・スキルがあるときは積極的にアピールしましょう。美術・デザイン系の大学、専門学校などを卒業している方は、学校で身につけた知識や活かせる技術を伝えれば、「即戦力になる」と判断され採用につながることも。趣味でデザインのスキル・知識を培ってきたという場合も、経験を活かして会社に貢献できるアピールの材料になります。

未経験OK多数!求人を見てみる

未経験からの就職でデザイナーになるには?

未経験からデザイナーに就職するには、自分がデザインしたいものを把握し、それを実現できる企業を探すのが大切です。以下で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分がデザインしたいものや分野を決める

まずは自分がどのような分野で、どのようなデザインをしていきたいのかを決めると、未経験で就職先を探す際に役立つでしょう。デザイナーと一口にいっても、「Webサイト」「広告やポスター」など、業界によって目指す就職先は異なります。さらに、「ゲーム会社でデザインをしたい」と思っても、その会社が得意とするジャンルや重宝しているデザインがあり、自分の思うようなデザインができないことも。企業や自分が担当する業務の内容によっても、デザイナーとしてできることは変わります。「自分がやりたいデザイン」を叶えられる企業に就職するためにも、ぶれない軸を持っておきましょう。

最低限のデザインの知識を身に付けておく

未経験者を歓迎している求人でも、面接までに最低限の知識を身に付けておくのがおすすめです。先述したとおり、未経験者はポテンシャルを重視される傾向があります。しかし、基本的な知識を身に付けていると「仕事に対する意欲が高い」と評価されやすく、採用につながる可能性が高くなることも。独学での習得も可能ですが、専門学校やオンラインスクールへ通学すると、より幅広い知識を得られるでしょう。

デザインの方向性に合った企業を探す

デザインの方向性を決めて基本的な知識を得たら、その分野で活躍できる企業を探します。詳しくは後述しますが、たとえば、グラフィックデザインに携わりたいなら「デザイン事務所」、アニメ制作に関わりたいなら「アニメ会社」というように絞って探すと良いでしょう。デザイナーとして十分な収入を得るには、実績や人脈が必要だといわれています。ゆくゆくはフリーランスを目指したいという未経験者の方も、まずは企業に所属し、実績を積むのが無難です。

センスがないとデザイナーになれない?

デザイナーになるには、必ずしもセンスがないといけないわけではありません。創造力を活かして作品を作る芸術家とは異なるため、センスの有無がデザイナーとしての成果に直結するとはいえないのが実情です。もちろんセンスや豊かな感性があれば仕事に活かせますが、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。

【職種別】未経験からの就職を狙う!デザイナーの仕事

【職種別】未経験からの就職を狙う!デザイナーの仕事の画像

ここでは、「未経験からデザイナーに就職したいけど、目指したいものが分からない」という方に向けて、各職種の仕事内容、代表的な就職先、必要なスキル、持っていると便利な資格について解説します。一口にデザイナーといっても、職種は多種多様。以下を参考に、なりたいデザイナーの種類や就職先を考えてみましょう。

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインを作成することがメインです。クライアントの目的・ニーズに沿いつつ、ユーザーの視点に立った見やすいWebサイトをつくります。場合によってはデザインだけでなく、コーディングに携わることもあるようです。

代表的な就職先

Webデザイナーの就職先は、Web制作会社やアプリ開発会社などが代表的です。一般企業でもオウンドメディアの運用や、Webサイトの制作を社内で行っている場合に募集をかける傾向があります。

必要なスキル

Webサイト作成ソフトウェアの「Dreamweaver」、Webデザインソフトウェアの「Illustrator」、「Photoshop」などを扱うスキルが必要です。コーディングを行う場合は、ソースコード(プログラミング言語で記述するテキスト)をつくる必要もあるため、下記の知識が求められるでしょう。

・HTML(Hyper Text Markup Language)
・XHTML(Extensible Hyper Text Markup Language)
・CSS(Cascading Style Sheets)

HTMLとXHTMLはWebサイトの構成に必要な言語で、CSSは文字の色や大きさ、レイアウトなどを指定するために必要です。また、Webサイトを制作する際には、進行管理はWebディレクター、記事作成はライター、プログラミングはプログラマー、というように作業内容で担当する職種が異なります。それぞれの意見をすり合わせたり、クライアントとも関わったりするので、知識やスキルだけでなくコミュニケーション力も必要な職種だといえるでしょう。

持っていると良い資格

Webデザイナーに必須の資格はないものの、「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」といった色彩に関する資格を取得しておくと、実務に活かせるでしょう。色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会が実施する試験です。色の知識や配色技法のスキルを証明する役割があり、UC級・3級・2級・1級の4つのレベルがあります。カラーコーディネーター検定は色の性質・特性などの知識が求められる試験です。東京商工会議所が実施しており、スタンダードクラス・アドバンスクラスの2段階に分かれています。
Webデザイナーの仕事内容に興味がある人は「大学中退フリーターでもWEBデザイナーになれる?未経験から転職する方法」をご覧ください。

Webデザイナーの需要が増えている

インターネットが普及したことで、Webサイトを作成する企業が増えました。それに伴って、Webデザイナーの需要も増加傾向にあります。また、昨今はAIの普及により、働き方や業務内容などの変化が懸念されていますが、Webデザイナーは影響が少なく雇用が安定しているといえるでしょう。なぜなら、デザイナーは多職種であり、クライアントとのやりとり・調整が欠かせないためです。さらに、パソコンとインターネット環境さえあればどこでも業務を進められることから、ライフステージの変化に対応しやすいので人気の職種ともいわれています。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、雑誌・新聞の広告やポスター、書籍などのデザインを行うのが仕事です。仕事の流れとしては、まずクライアントの要望に基づいたデザインを制作します。そのデザインをクライアントに共有したら、要望を基に修正を繰り返して完成させていきます。1人で仕事を行うこともあれば、コピーライターやイラストレーター、フォトグラファーなどと協力して作業を進めることもあるようです。

代表的な就職先

グラフィックデザイナーは、広告代理店や制作会社、デザイン事務所などが主な就職先です。一般企業においても企業の宣伝部、商品開発部などで活躍できます。

必要なスキル

クライアントの要望に沿うデザインを作成するには、ニーズを的確に把握する力が求められます。修正を繰り返し行う場面もあるため、根気強く作業に取り組む姿勢も大切です。また、グラフィックデザインを行ううえで、IllustratorやPhotoshopなどの知識は必須となります。DTPソフトウェアの「InDesign」についても知っておくと、仕事に活かせるでしょう。

持っていると良い資格

グラフィックデザイナーの場合、「DTPエキスパート」や色彩検定、カラーコーディネーター検定を取得しておくと役立つでしょう。DTPエキスパートは公益社団法人日本印刷技術協会が実施。DTPや色、印刷技術、情報システムなどの知識を証明できます。

CGデザイナー

CGデザイナーは、CG作成ソフトを用いて2D・3Dのデザインをしたり、グラフィックを描いたりするのが仕事です。画像だけでなく動画、アニメーションの作成も担います。

代表的な就職先

CGデザイナーはゲーム制作会社のほか、アニメ制作会社や不動産会社、映像制作会社、広告代理店などさまざまな業界・分野に就職先があります。知名度の高い企業からの求人募集も期待できるでしょう。

必要なスキル

CGデザイナーは、パソコンを使って地道に作業を進めるため、集中力や根気が求められる職種です。チームメンバーと協力して仕事をする場面もあるので、コミュニケーション能力や協調性も重視される傾向があります。

持っていると良い資格

CGデザイナーに活かせる資格は、「CGクリエイター検定」や「Photoshopクリエイター能力認定試験」などがあります。CGクリエイター検定はCG-ARTS協会が実施している試験。アニメーションやCM、映画などの制作において、一定のCGソフトウェアスキルや映像表現技術、CG理論の知識などを証明することが可能です。検定にはベーシックとエキスパートの2種類があり、後者は専門的な知識と応用力が求められます。Photoshopクリエイター能力認定試験は、Photoshopによる画像加工や調整などの編集能力を測る試験です。サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の試験であり、こちらの認定基準もスタンダードとエキスパートの2種類に分かれています。

上記で解説した職種は、デザイナーのごく一部です。「未経験からデザインの仕事に就ける?職種や目指し方を解説!」では、デザイナーの職種について、さらに詳しく解説しているので、あわせてチェックしましょう。

デザイナーの仕事に適性がある人の特徴

デザイナーの仕事に適性がある人の特徴の画像

ここでは、デザイナーの仕事に適性がある人の特徴を解説します。未経験からデザイナーに就職するために大切なのは、知識やスキルだけではありません。物事を柔軟に考えたり、新しいことに興味を抱いたりするクリエイティブな感性を養うこともポイントの一つです。詳しくは以下をご覧ください。

発想力や想像力が豊かな人

発想力や想像力が豊かな人は、デザイナーの仕事に適性があるでしょう。デザイナーはゼロからイチを生み出すクリエイティブな仕事なので、発想力や想像力が豊かなことが求められます。そのため、人とは違う斬新な発想を持った人材は、デザイン業界で重宝されるでしょう。また、発想力が豊かだと、就職先でクライアントの要望に多角的な視点で応えられる可能性が高く、成果物に対する満足度も上がることが期待できます。

流行やトレンドに敏感な人

未経験からデザイナーに就職するにあたって、流行やトレンドに敏感な人も適性が見られるでしょう。デザイナーへの就職を目指すには知識やスキルだけでなく、新しい情報に敏感であることも大切です。最新の流行やトレンドを取り入れた成果物は、就職先でクライアントに喜ばれる傾向があります。また、流行やトレンドに敏感で自ら情報収集を行う人は、「努力家で向上心がある」と面接で判断してもらえることも。そのため、デザイナー未経験であっても、市場価値の高い人材になれる可能性があるでしょう。

コミュニケーション能力や言語化力がある人

優秀なデザイナーになるには、コミュニケーション能力や言語化力も求められます。なぜなら、デザイナーはデザインを作成するだけではなく、クライアントの細かな要望や潜在的なニーズを引き出すのも仕事だからです。また、クライアントに提案する際には、頭の中に思い描いているデザインを言語化して伝える必要もあります。そのため、コミュニケーション能力の高い人もデザイナーへの適性があるといえるでしょう。
未経験でデザイナーに就職するのにコミュニケーション能力を高めたい人は、「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」を参考にしてみてください。

未経験のデザイナー就職はエージェントを活用しよう

「未経験から応募できるデザイナーの求人を探したい」「就職先が決まるか不安」という方は、就職エージェントに相談してみるのがおすすめ。就職エージェントは、転職を検討している求職者へ条件に合った企業を紹介する機関です。登録すると求人紹介のみではなく、応募書類の添削や面接対策などのさまざまなサポートを受けられます。年代や業界を限定してサービスを提供するエージェントもあるので、自分の状況に合うものを選びましょう。

未経験の職種にチャレンジしたい方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、希望する条件や適性に合ったお仕事をご紹介します。ほかにも、応募書類のアドバイスや模擬面接などのサポートをマンツーマン体制で実施。就職活動が初めての方や、未経験の職種にチャレンジしたい方も安心です。未経験OKの求人も多数ご用意しているので、ぜひお気軽にご利用ください。

未経験でデザイナーに就職したい人向けのQ&A

ここでは未経験でデザイナーに就職したい人に向け、よくある質問と回答をご紹介します。

デザイナーの労働環境は?

一般的にデザイナーの労働環境は、「残業や休日出勤が多い」といわれています。それは、デザインに明確なゴールはなく、どこまでもこだわれる仕事だからです。また、最終的にOKを出すのはクライアント側なので、クライアントから何度も修正を依頼されると、残業や休日出勤が発生する場合もあります。「定時で帰りたい」「休日出勤はしたくない」という方にとっては、苦痛に感じる可能性があるでしょう。

デザインの仕事は在宅でもできますか?

在宅でデザイナーとして働くことは可能です。ただし、在宅勤務OKのデザイナー求人は、既に仕事の実績やデザイナーとしてのスキル・経験がある人に応募資格が限定されていることが多いでしょう。そのため、経験者にとっては在宅勤務のデザイナーとして働きやすい反面、未経験から在宅でデザイナーに就職するのは狭き門であるといえます。

デザイナーの仕事をまずはアルバイトから始めたいです

非正規雇用のデザイナーを募集している求人もあるので、「いきなり就職するのはちょっと…」と悩んでいる方は、アルバイトから始めるのもおすすめです。デザイナーのアルバイト求人は正社員求人よりも未経験者歓迎の企業が多かったり、応募するための必須条件が少なかったりすることも。そのため、「デザイナーとしての実務経験はないけどやってみたい」という方に向いているといえるでしょう。デザイナーの面接に応募したい方は、「デザイナーを目指したい!職務経歴書の書き方とは?」も参考にしてみてください。

新卒未経験からデザイナーになれますか?

新卒未経験からデザイナーになることも可能です。企業研究や業界研究、自己分析などをしたうえで、なぜデザイナーになりたいのかを深掘りしていくことが大切。面接対策もしっかり行いましょう。就職エージェントのハタラクティブのでは、丁寧かつカウンセリングであなたのお悩みに向き合います。就職についてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ