新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験からデザインの仕事に就ける?職種や目指し方を解説!

未経験からデザインの仕事に就ける?職種や目指し方を解説!

公開日:

未経験からデザインの仕事に就ける?職種や目指し方を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・未経験からデザインの仕事に就くことは可能だが、一定の努力は必要
  • ・デザインの仕事の種類は多岐に渡るため、未経験者はどの職種を目指すか十分検討する
  • ・デザインの仕事を目指す場合、未経験者でも最低限の知識は身に付けておくのが良い
  • ・未経験者がデザインの仕事を目指すなら、WebやDTPに関する資格の取得がおすすめ
  • ・未経験者がデザインの仕事を探すなら、SNSや就職エージェントの活用が効果的

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

デザインの仕事に興味があるものの、「未経験から就職できるのか?」「専門知識がないと採用されないのでは?」と不安に思う方も多いでしょう。たしかに、デザインの仕事で活躍する人材には専門知識を備えた人が多く見られます。しかし、未経験者向けの求人もあり、努力次第では十分就職可能です。
このコラムでは、デザインの仕事の種類や未経験者の就職方法を解説します。就職を目指すための参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

未経験からデザインの仕事に就くことは可能?

未経験からデザインの仕事に就くことは可能です。一般的に、デザインの仕事に求められるのは感性やセンス。また、デザイナーになるための必須資格は特にないので、未経験からでも挑戦できるといえます。実際、未経験者向けの求人も少なくありません。企業から適性があると判断されれば十分採用される可能性はあるでしょう。

努力なしでの就職は難しい
未経験からデザインの仕事への就職を成功させるには、一定の努力が必要です。専門知識や経験が問われない場合でも、最低限のスキルは身に付けておかなければ就職は厳しいでしょう。また、就職後は専門知識を持つライバルたちと競い合わなければなりません。憧れだけでは仕事が続かない可能性もあることは、念頭に置いた方が良さそうです

未経験からデザイナーの就職を目指す際に必要なスキルは「デザイナーとして就職したい!未経験だと厳しい?代表的な仕事内容も紹介」で紹介しています。参考にしてみてください。

未経験からどれを目指す?デザインの仕事の種類

一口にデザインの仕事といっても、その種類は多岐にわたります。漠然と「デザイナーになりたい」と考えている未経験者は、以下のデザインの仕事の種類を確認し、どの職種を目指すのか明確にしましょう。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーとは、洋服や靴、バッグなど服飾品をデザインする仕事です。個人の注文を受けてデザインを行う「オートクチュールデザイナー」もいますが、未経験者であればアパレル・繊維メーカーに就職し、「企業デザイナー」として働くのが一般的でしょう。多くの場合、入社後はアシスタントとして経験を積んでからデザインに携わるようです。

流行を先読みする力が必要
ファッションデザイナーには基本的なセンスのほか、流行を先読みする力が求められます。何シーズンも先のアイテムをデザインし、それをヒットさせるには、市場の動きや流行の変化を分析しなければなりません。必ずしも自分の好きなファッションをデザインできるとは限らないことや、マーケターといった他職種との連携が欠かせないことは覚えておきましょう。

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーとは、世の中のあらゆる「モノ」をデザインする仕事です。生活用品や家具・家電、自動車などをデザインするため、見た目だけでなく使いやすさも考慮する必要があります。
機械製品のデザインをメインに行うのはインダストリアルデザイナー、家具のデザインをメインに行うのはインテリアデザイナーなど、さらに呼称が細かく分類される場合も。未経験者が求人を探す際は、何をデザインしたいのか明確にしたうえで求人を探しましょう。

商品の企画から完成までの流れを理解する必要がある
プロダクトデザイナーは営業や技術者と協力し、流通や製品の設計にも携わりながらデザインを行います。そのため、センスだけで勤まる仕事ではなく、マーケティングや製造技術などの幅広い知識が求められるでしょう。
商品の企画から製造、完成までの流れを理解したうえでデザインを行えるようになるには、相応の時間が必要です。未経験者から一人前を目指す場合は、数年かかる可能性もあることは理解しておきましょう。

グラフィックデザイナー/DTPデザイナー

グラフィックデザイナーとは、商品のパッケージや雑誌・新聞の広告、ポスターなどの印刷物をデザインする仕事です。近年では、同じく出版物・印刷物をデザインするDTPデザイナーと同義で捉えられる場合もあります。人々の視覚に訴えるデザインを生み出す仕事であるため、ここで紹介している職種のなかでは特に美術的センスや独創性が問われる仕事といえるでしょう。未経験者のなかでも、独自のセンスに自信がある方におすすめです。

他職種との連携が欠かせない
グラフィックデザイナーは、デザインする印刷物によっては、コピーライターやイラストレーターとの連携も必要です。そのため、美的センスや独創性はもちろん、イメージを言葉にして相手とすり合わせるコミュニケーション力も求められるでしょう。自分の意見を押し通すばかりでなく、他者の視点をうまく取り入れられる人に向いているといえます。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、その名のとおりWebサイトをデザインする仕事です。見やすさ・使いやすさにこだわるのはもちろん、そのWebサイトのコンセプトや目的に合わせたデザインを行う必要があります。また、Web業界は技術や流行の変化のスピードが非常に速いため、常に最新の知識を吸収する学習意欲が求められるでしょう。

特に需要が高まっているWebデザイナー
近年、社会のIT化に伴ってWeb関連の仕事の需要は急速に高まっています。そのため、Webデザイナーは特に求人を見つけやすいデザインの仕事といえるでしょう。経験やスキルを持っているに越したことはありませんが、未経験者を一から育てる企業も多く見られるため、デザイナーデビューを目指す方は注目してみるのがおすすめです。

上記のほか、建築デザイナーやゲームデザイナーなど、デザインの仕事は数多く存在します。なかには、採用枠が少ない職種や未経験者から目指すにはやや難しい職種もあるでしょう。自分が何のデザインに携わりたいのか、就職活動から入社後まで諦めずに努力できるのかをよく考えたうえで仕事を選ぶのが賢明です。
就活アドバイザーが教える!デザイナーのお仕事」では、デザイナーの経験者の声を紹介しているので、あわせて参考にしてください。

未経験からデザインの仕事へ就職するには?

先述のとおり、未経験からデザインの仕事へ就職することは十分可能です。しかし、全くデザインの仕事を理解しておらず、一切の知識や経験がなければ、すぐに採用されることは難しいでしょう。
ここでは、未経験者がデザインの仕事を目指す際に準備しておきたいことを解説します。

仕事に対する適性を理解する

未経験者はデザインの仕事を探す前に、デザイナーに求められる適性を正しく理解しましょう。
一般的に、デザイナーに求められるのは柔軟性です。センスや感性はもちろん大切ですが、流行や市場の動向、クライアント・他のスタッフからの要望も取り入れながらデザインを行う必要があります。自分の価値観に固執しすぎたり、流行に興味がなかったりする人は仕事がうまくいかないことも。憧れや自分のイメージだけでデザインの仕事への就職を目指すのは避けた方が良いでしょう。

通学や独学で最低限のデザイン知識を身に付ける

未経験者向けのデザインの仕事に応募する場合も、最低限の知識は身に付けておくのがベターです。同じ未経験者でも、スキルや知識が全くない人より、基礎知識を備えている人の方が採用されやすく、学習意欲も認めてもらいやすいでしょう。
デザインの基本や仕事で使用するパソコンソフトの操作方法などはあらかじめ勉強しておくのがおすすめ。独学でも習得可能ですが、より幅広く仕事で通用する知識を備えたいのであれば、専門学校やオンラインスクールへの通学を検討しましょう。

クラウドソーシングを活用して仕事の経験を積む

少しでも「仕事」としてデザインをした経験を積んでおきたい方は、クラウドソーシングを活用するのも手です。クラウドソーシングサイトで未経験者歓迎のデザインの仕事を見つけ、積極的に受注してみましょう。現在、別の仕事に就いている方も在宅で対応できるので、空き時間を活用しながらデザインの仕事の経験が積めます。

ポートフォリオが用意できるとベター
デザインの仕事の経験を積み、「ポートフォリオ」が用意できれば、未経験者の就職活動に有利に働くでしょう。
デザイン業界におけるポートフォリオとは、いわゆる「作品集」のこと。これまでデザインしたものをまとめ、仕事の実績や自分のセンス・力量をアピールするのに使用します。デザインの仕事に応募する際は、履歴書や職務経歴書とともに提出を求められることが多く、重要な応募書類の一つといえるでしょう。
未経験者向けの求人であればポートフォリオの提出は不要な場合もありますが、用意しておけば大きな強みになるはずです。

デザインアシスタントとして就職する

未経験からデザイナーを目指す方は、まずデザインアシスタントとして就職するのも良いでしょう。アシスタントであればより未経験者向けの求人が多く、いきなりデザイナーとして就職を目指すよりも内定率が高まるはずです。また、学校に通わずとも、働きながらデザインの知識やスキルを学べるのもメリットといえます。

クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介」では、デザイナーを含むクリエイティブ職への就職のポイントをご紹介。先述のポートフォリオの作成方法についても触れているので、あわせてご一読ください。

未経験者に有効なデザインの仕事に役立つ資格

デザイナーになるための必須資格は存在しません。しかし、未経験からデザインの仕事を目指すのであれば、知識や学習意欲をアピールするために資格を取得しておいて損はないでしょう。ここでは、デザインの仕事に役立つ資格を4つ紹介するので、スキルアップの参考にしてみてください。

1.ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省の指定を受けた国家資格です。その名のとおり、Webのデザインに関する知識や技能などを証明する資格であるため、Webデザイナーを目指す方には特に有効といえます。
未経験者は、最も難易度が低い3級から挑戦しましょう。なお、2級と1級は受検条件に一定の実務経験が設けられているため、仕事を始めてからにキャリアアップを図る際に目指すのがおすすめです。

2.Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験はWebサイトの制作能力を測る資格で、「世界標準に対応した初めての試験」といわれています。取得すれば、Webデザインやコーディングなどの知識・スキルが証明できるでしょう。
等級はエキスパートとスタンダードの2つで、いずれも受験資格はありません。未経験者も挑戦しやすい資格といえます。

3.Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、コンセプトメイキングから運用まで、Webサイト制作の一連の流れを学べる資格です。デザインだけでなく、企画やWebサイト完成後の運用法まで把握しておきたい未経験者におすすめの資格といえます。
等級はエキスパートとスタンダードの2つ。エキスパートの出題内容はより専門性が高いため、未経験者はベーシックから挑戦するのが良いでしょう。

4.DTPエキスパート

DTPエキスパートは、グラフィックデザイナーなど印刷物のデザインに携わりたい方におすすめの資格です。印刷技術や色彩、マーケティングと印刷物の関係など、DTP制作に関する知識を幅広く身に付けることができます。受検資格は特に設けられていないため、デザインの仕事が未経験の方も挑戦してみましょう。
なお、資格の取得後は2年に1度の更新が必要です。定期的に最新の知識を取り入れる必要があることは覚えておきましょう。

ほかにも、色彩検定や仕事で使用する画像編集ソフトに関する検定などは勉強しておいて損はないといえます。未経験からデザインの仕事を目指す方は、志望職種にどの資格が有効なのか確認したうえで挑戦してみましょう。

未経験から就けるデザインの仕事を見つけるには

未経験から就けるデザインの仕事を見つけるには、求人サイトを利用するのが一般的です。しかし、SNSを活用するのも有効な手段の一つといえます。
近年では、ブログやSNS上で自身の作品を公開し、仕事の依頼を呼びかけるデザイナーも少なくありません。未経験者であってもセンスや力量が認められる場合があるので、積極的に情報発信してみましょう。仕事の依頼を受けられる可能性があるうえ、企業の採用面接ではポートフォリオとともに自身のアピール材料になります
自分に合った仕事が見つからない、SNSがうまく活用できないといった方は、就職・転職エージェントにサポートしてもらうのも良いでしょう。プロのキャリアアドバイザーが相談者の希望に合わせて求人を紹介してくれるため、初めてデザインの仕事を探す方にとっては頼もしい存在となるはずです。

デザインの仕事を探すために就職・転職エージェントの利用を検討している方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、主に若年層を支援しているエージェントです。未経験者向けの求人を数多く取り揃えており、専任のアドバイザーが相談者一人ひとりに合った案件をご紹介します。
また、面接対策や応募書類の添削といった就活サポートも実施。なかなか選考の通過ができないと悩んでいる方にも安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ