未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・未経験からリモートワークに挑戦するのは厳しいのが実情
  • ・リモートワークを叶えるには、ある程度の信頼と実績が求められる
  • ・未経験でリモートワークに挑戦するなら、WebライターやITエンジニアがおすすめ
  • ・未経験なら、副業や学校に通って経験を積んでからリモートワークに挑戦しよう

未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とはの画像

感染症の拡大やワークライフバランスの観点から、注目を浴びるリモートワーク。本コラムは、リモートワークを導入しやすい仕事の特徴や具体的な職種を紹介しています。いわゆる「在宅ワーク」のアルバイトではなく、正社員として就職したうえで業務を自宅で行う「リモートワーカー」に興味のある方は、参考にしてください。

未経験からリモートワーク正社員は叶うか

結論から述べると、未経験の仕事をいきなりリモートワークで行うのは難しいでしょう。
コロナウイルスや新型インフルエンザといった感染症の流行、労働者のワークライフバランスの重視など、さまざまな理由で導入する企業・注目する人が増えているリモートワーク。制度はあっても、適用されるのは経験者であることが一般的です。


全くの未経験だと難しい

リモートワークの対象となる仕事に就いても、その仕事が未経験だとリモート許可が降りないことが多いようです。
未経験者は、仕事の概要や目的、進め方、使用ツールなどの理解が不十分。この状態でリモートワークにしても、会社が求めるパフォーマンスは発揮できませんし、満足な研修が実施できず教育が行き届かない可能性もあります。


スキル不足になる可能性が高い

リモートワークは、1人で業務を進めるのが基本。疑問や質問が発生したときに周囲に聞けない/聞きづらい環境であり、スキル不足の未経験者は業務遂行が難しいのが実情でしょう。


仕事内容やスキルによっては可能

簡単な研修だけで実施できる業務内容であれば、未経験でもリモートワークが叶う可能性があります。
また、異業界で業務の経験があり、ある程度のスキルを持っている場合もリモートワークを行えるでしょう。


実績が重視される

前述したように、リモートワークは周囲の目がないため人によっては成果や生産性が下がることも。企業はそれを危惧して、ある程度の実績を重視します。実績があれば信頼を得やすいでしょう。
また、仕事の進み具合や取り組み方、勤務態度が不明確になるため、リモートワーク時の評価は実績や成果が大きく影響すると覚えておいてください。

リモートワークの概要

リモートワークとは、オフィス以外の主に自宅で業務を行う働き方のことです。在宅勤務やテレワークともいわれ、以下の4種類に分類されます。

1.フルタイム型
会社が決めた勤務時間のすべてをリモート業務とする働き方。働く場所がオフィスから自宅に変わっただけで、所定労働時間や休憩時間は同じです。リモートだからといって、自由に業務を中断することはできません。

2.成果型
所定労働時間がなく、決められた業務の成果をもって勤務を終了とする働き方。フルタイム型と違い、成果があれば働く時間に制限はないので、業務の合間に家事や育児を挟めるのが特徴です。

3.混合型
上記2つが完全リモートワークなのに対し、混合型は週/月で出社する日が設けられています。企業によっては、1日の業務のなかで必要な分だけリモート対応ができるなど、柔軟な対応を実施しているようです。

4.アウトソーシング型
外部契約者として、契約先の企業の業務をリモートワークで行う働き方。個人事業主やアウトソーシング会社の社員など、さまざまな形があります。


リモートワークのメリットとデメリット

メリットに目が行きがちなリモートワークですが、デメリットも存在します。


メリット

大きなメリットとなるのが、従業員の通勤時間が削減されること。満員電車に乗らなくて済むのは大きな利点です。企業にとっても、支給する交通費の削減につながります。
子育てや介護、けが、病気といった通勤が困難な方が就業できるのもメリット。自宅から通勤するのが難しい距離にある会社へ就職できるなど、仕事の選択肢が広がるのもポイントです。


デメリット

デメリットとして挙げられるのは、周囲の目がなくなるため生産性の低下が起こり得ること。自宅で業務を行う場合、運動不足から不健康になる可能性も考えられます。また、オフィスでは周囲との会話から情報を得られますが、リモートでは自ら情報収集をする必要があるでしょう。

リモートワークに対応しやすい5つの仕事

リモートワークの向き不向きは職種によって決まります。未経験からリモートワークをな望むなら、以下の5つの仕事を視野に入れてみてください。


1.Webライター

リモートワークの代表格ともいえるのがライター業です。執筆内容によっては、資料集めや現地調査・取材が必要になりますが、業務の中心となる執筆はリモートで行えます。


2.ITエンジニア

ITエンジニアは、パソコンとインターネット環境があれば場所や時間を問わないことがほとんど。業務中のやり取りもすべてオンライン上で完結できるため、リモートワークに向いている仕事といえるでしょう。


3.マーケター

マーケターとは、マーケティング業務を行う人のこと。具体的には、市場調査やコンセプト決め、販売方法の確立、広告対策などを行います。
そもそもの業務内容に外回りが多いため、移動中や顧客先で業務を行う「モバイルワーク」が最適です。


4.事務

もともとパソコン業務が多い事務も、リモートワークに向いている仕事の1つ。ただし、領収証のやり取りが必要だったり、個人情報・社外秘書類を扱ったりする場合はその限りではありません。


5.デザイナー

デザイナーも、完成した作品が成果となるため、リモートワークを実施しやすいでしょう。ただし、勤務先やクライアントとは頻繁なやり取りが発生するため、Web会議システムやチャットツールの活用は必須です。

未経験からリモートワーク正社員になる方法

職種や業務内容次第では、未経験からリモートワークが叶うことも。しかし、実際には実績や経験を重視されるため、厳しいのが実情でしょう。リモートワークを叶えるには、まずは業務経験を積むことが大切。以下に、現実的に考えられる方法を挙げたので、参考にしてください。


経験を積んで今の会社の制度を使う

現在働いている会社にリモートワークの制度があるなら、このまま経験と実績を重ねてリモートワーカーになるのがおすすめです。前述したように、リモートワークを成功させるには会社からの信頼が大切。真摯に業務に打ち込んで、リモートでも同等の生産性を保てることをアピールしてみましょう。


経験を積んで転職する

現在の勤務先にリモートワークの制度がなかったり、ほかの職種でリモートワークを目指したりするなら、経験を積んでから転職するのが現実的です。経験の積み方は、学校に通ったり副業を行ったりするのが一般的。職種に関わらず、とにかくリモートワークを希望するなら、本コラムで紹介した「リモートワークに向いている仕事」から選ぶのもいいでしょう。


希望に合う転職ならエージェントを利用しよう

「どの企業にどんな制度があるのか」は自力で調べられても、「実際に制度は運用されているのか」はなかなか分からないもの。そんなときに活用できるのが、企業情報に長けた転職エージェントのハタラクティブです。
ハタラクティブでは、扱うすべての企業に対して訪問調査を実施。資料からは読み取れない社内の雰囲気や制度の活用程度、社員の傾向などをご案内できるのが強みです。
さらに、若年層特化型のエージェントなので未経験歓迎求人が多いのも特徴。研修制度が整った会社をご紹介できるので、初めての仕事でも安心して就職できます。転職に関する不安をお持ちなら、ぜひご相談ください。ご利用料は無料です。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ