自宅でできる仕事とは?雇用形態や職種をご紹介

自宅でできる仕事とは?雇用形態や職種をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 自宅でできる仕事は雇用形態も職種もさまざま
  • 自宅でできる仕事は、自由度の高さが大きなメリット
  • 自宅でできる仕事はオンオフの切り替えや確定申告が大切
  • 代表的な自宅でできる仕事は、ECサイトの運営やWebライターなどがある
  • プログラマーや人事など、正社員でも自宅でできる仕事はある

自宅でできる仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

このコラムでは、自宅でできる仕事の具体的な業務内容や働き方についてまとめています。自宅でできる仕事は自由度が高い一方で、収入が不安定になりやすい、時間のコントロールが難しいなどのデメリットもあります。近年では正社員として在宅ワークができる仕事も増えているため、自分のライフスタイルに適した仕事を見つけましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

自宅でできる仕事の形態は主に3つ

自宅でできる仕事は雇用形態がさまざまで、大きく下記の3つに分けられます。

・企業に所属して、正規もしくは非正規で在宅ワーク
・フリーランスの業務委託契約での仕事
・個人事業主

以下で詳しく解説します。

自宅でできる仕事1:企業に所属しての在宅ワーク

正社員やアルバイトなど、会社に雇用される形で自宅で働く在宅ワークがあります。かつては、自宅でできる仕事といえば「内職」と呼ばれたシール貼りやデータ入力などの簡単な仕事をするアルバイトがメインでした。

しかし、近年は正社員でも在宅ワークを推奨する企業が増えています。なかには、フルリモートで出社の必要がない契約で働ける正社員求人もあるようです。

在宅ワークの仕事や見つけ方については「未経験からリモートワークに挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは」のコラムもご確認ください。

自宅でできる仕事2:フリーランスの業務委託

企業に属さずに自宅でできる仕事もあります。フリーランスとして、業務委託契約を締結して働きます

業務委託とは、雇用関係を結ばない企業から仕事を委託され、実施することで報酬が発生する働き方のことです。業務単位で契約を結ぶことから、ビジネスパートナーとしての関係性のみで、福利厚生や待遇の統一などはありません。近年は副業として業務委託契約を結び、フリーランスとして活躍する人もいます。

業務委託について詳しく知りたい場合は「業務委託とは?派遣や個人事業主との違いはある?簡単にわかりやすく解説!」のコラムもご覧ください。

自宅でできる仕事3:個人事業主

自分で会社を興して個人事業主となれば、働き方は自由です。自宅でできる仕事を事業の軸にすることもできるでしょう。ただし、事業が軌道に乗るまで時間がかかるため、はじめは業務委託や副業から始めるのがおすすめです

個人事業主の詳細は「自営業とは?新卒でもなれる?個人事業主との違いや年収をチェックしよう」のコラムでもご紹介しています。

ひとくちに自宅でできる仕事といっても、雇用形態はさまざまです。自分のライフスタイルやキャリアプランにあわせて選択しましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

自宅でできる代表的な仕事

ここでは、自宅でできる仕事を具体的に8つ紹介します。自宅でできる仕事は、パソコンやインターネットを利用するものが多いです。

インターネットショップ運営

ECサイト運営は、注文の処理作業や商品の発想手配、質問への対応といったお客さま対応をはじめ、顧客管理、サイトの更新といったサイト運用、在庫や入金の確認などの管理業務があります。インターネットショップで運営の仕事をするなら、まずはネットショップの構築が作業の第一歩です。

独自のサイトを立ち上げてアイテムの販売を行うか、規模の大きなインターネットショッピングモールにおいて店舗を構えるかの方法から選択しましょう。近年は、インターネットショップ運営のノウハウを提供するセミナーやテキストが多く販売されているため、信頼できるものを参考にすると見通しを持てます。

Webライター

Webライターは、主にブログやSEO関連のコンテンツ作成、口コミや体験談などをライティングする仕事です。一文字や1件あたりに単価が決められているものが多く、なかには、指定文字数がある記事を数件まとめて納品することで報酬額が支払われるものもあります。

たとえば、「お金に関する記事作成を10記事で30,000万円」「1文字1円で3,000文字の執筆」などの募集が行われます。

企業と直接やり取りを行うほか、クラウドソーシングサイトを利用して自分の生活スタイル、ペースに合う案件ごとに取り組んでいる人もいるようです。

動画編集

動画編集は、動画メディアやSNS人気にともなって需要が高まっている仕事です。対象の動画に対して、文字(テロップ)や効果音をつけて見やすくなるように編集します。

デザイナー

Webデザイナーは、Webページの作成・運営を行う職業です。全体のデザインはもちろん、コーディングやWebページに必要なアニメーションの制作など、デザイン分野に限らない点が特徴です。

詳しくは「大学中退フリーターもWebデザイナーになれる?未経験から転職する方法」のコラムをご覧ください。

データ入力

データ入力は、パソコンとインターネット環境があれば自宅でできる仕事です。データ入力は納品日までに決められた量のデータをすべて入力することが求められるので、スピード感と正確性が求められます。

しかし、必要な資格やスキルはなく、自宅でできる仕事に初めて挑戦する人に向いているでしょう。

エンジニア・プログラマー

クライアントの要望や方針を聞いて仕様の決定と大まかな設定をするのがエンジニア、プログラミング用語を使ってシステム開発などを行うのがプログラマーです。

求められるのは、クライアントからのヒアリングや情報共有のためのコミュニケーション力、技術の進化に対応する向上心、計画全体を見渡すことのできるマネジメント力など。もちろん、プログラミングスキルやIT知識も必要です。

ハンドメイド販売

ハンドメイド販売は、自分で作った商品をインターネットを通じて販売する仕事です。インターネットオークションサイトやフリーマーケットサイトなどが多く誕生し、個人での商品の売買が簡単に行えるようになりました。また、インターネット上に自身のWebショップを開設して販売するという方法もあります。

そのため、パソコンやインターネット環境さえあれば自宅でできる仕事といえるでしょう。

カスタマーサポートスタッフ

カスタマーサポートスタッフは、顧客対応が主な仕事です。コールセンターやオフィスにて、お客さまから寄せられる要望や意見、感想、クレームなどの対応をします。

カスタマーサポートの仕事内容や詳細については、「カスタマーサポートとは?仕事内容や向いている人の特徴を紹介」をご確認ください。

自宅で仕事をすることのメリットとデメリット

自宅でできる仕事には、下記のようなメリットがあります。

・自分のペースで仕事を進められる
・人間関係や環境の変化に抵抗を感じにくい
・家庭の都合で勤め先への出勤が難しい場合も働ける
・組織に属するより個人で動いた方が良いと考える

業務委託などは「期日までに納品する」方法が主なため、一般的な働き方のように毎日仕事をしなくても問題ないことも。「今日は午前中だけ、明日は休んで明後日は丸一日作業をしよう」など、自分で計画を立てて進められるのは、自宅で仕事をするメリットでしょう

一方、自宅で仕事をすると、仕事とプライベートの線引きが難しくなるデメリットもあります。オフィスで仕事をしていれば、周囲が休憩や退勤するため勤務時間に注意が向きます。また、企業によっては残業を禁止していることもあるでしょう。しかし、自宅で仕事をしていると気づかないうちに長時間労働になるリスクがあります。

人間関係から生じるストレスを感じずに済むというメリットがある反面、人との関わりがなくなるので、仕事の相談ができなかったり励まし合う仲間がいなかったりと、孤独を感じることもあるようです。

自宅でできる仕事には正社員として働けるものも多い

近年、「在宅ワーク」や「在宅勤務」、「リモートワーク」という言葉が定着し、自宅で仕事ができる環境が整っている会社も増えています。もちろん、出社して顔を合わせないとできない仕事もまだまだありますが、働き方改革の影響などから自宅でできる仕事は今後も増加していくでしょう。

ここでは、自宅でできる仕事かつ正社員での雇用が多く見られる仕事を紹介します。

人事

人事が担当する仕事の主なものは、採用活動や社内教育、人事考課などです。これらは、Web会議用ツールを導入すればオンラインでも対応ができる仕事です。

個人情報を扱う機会が多く、情報漏洩には細心の注意が必要。そのため、自宅で仕事を行うためには徹底したルール設定はありますが、仕事内容としては自宅でもできる仕事です。

制作・ディレクター

制作・ディレクター業務も自宅で働くことが可能です。パソコン作業が中心の仕事のため、自宅で行っても問題ないことが多いようです。

共同で制作をしている場合は、情報共有をしたり作業の進捗状況を確認したりする必要があるためコミュニケーションが必要になりますが、Web用会議ツールやチャットツールでのやりとりが多いでしょう。

自宅でできる仕事を探す注意点とポイント

ここでは、自宅でできる仕事を探す方向けに3つの注意点を紹介します。

1.オンとオフの切り替えを行う

自宅でできる仕事は自分のペースで進めやすい反面、過労気味になる可能性もあります。仕事を詰め込み過ぎて、家族との時間が取れなかったり体調を崩したりすることもあるでしょう。

仕事と休憩の時間はオンオフの切り替えをしっかりとし、仕事のエリアを意識的に設けるなどしてメリハリをつけましょう

なお、厚生労働省ではテレワーク増加にともない、ガイドラインが設けられています。一つの基準として活用してみましょう。

参照元
厚生労働省
テレワークガイドラインを改定しました

2.信頼できる企業を選択する

企業での雇用や業務委託を問わず、仕事を行う場合は信頼できる企業を選びましょう。業務を安定して受注できるか、報酬は確実に支払われるかが見極めポイントです。クラウドソーシングサイトやスキルサイトで企業の口コミをチェックすると良いでしょう。

なお、企業に雇用されて自宅で仕事をする場合は、転職エージェントのアドバイスを受けるのもおすすめです

3.確定申告に注意する

フリーランスや個人事業主で仕事をする場合は、確定申告に注意しましょう。企業に所属していると稼いだ金額に合わせて年末調整を行ってもらえますが、それ以外の場合は自分で確定申告を行う必要があります

確定申告については「フリーターは確定申告が必要?やり方や準備すべき書類を紹介」で詳しく解説しています。

自宅でできる仕事を探していてもなかなか希望条件に合う求人が見つからなければ、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、就活アドバイザーがキャリアの方向性や将来の希望などを丁寧にヒアリングし、適性にあった仕事をご紹介しています。あなたにぴったりな求人にきっと出会えるでしょう。

この記事に関連するタグ