単純作業とは?向いている人の特徴や仕事を楽しむコツを紹介

単純作業とは?向いている人の特徴や仕事を楽しむコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 単純作業とは、作業の流れがある程度固定化された仕事のこと
  • 単純作業の仕事には、工場での検品や組み立てなどがある
  • 単純作業は業務内容が覚えやすいこと、一人で集中してできることがメリット
  • 単純作業は、飽きやすかったり成長につながりにくかったりするのがデメリット
  • 単純作業は、集中力と忍耐力がある人や作業の効率化を考えられる人に向いている

単純作業の仕事について興味があり、詳しく知りたいという方もいるのではないでしょうか。仕事の流れややり方がある程度決まっている単純作業は、人によって向き不向きがあります。このコラムでは、単純作業の仕事の種類やメリット・デメリットを紹介。仕事を楽しいと思えるコツもまとめています。単純作業の仕事への就職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

単純作業とはどんな仕事?

単純作業とは、業務の流れが決まっていたり作業工程が固定されていたりする仕事です。ルーティンワークともいわれており、工場の組み立て作業や加工業務などが該当します。専門的な知識や技術は必要ない場合が多く、やり方さえ分かれば誰もが取り組みやすい仕事のため、アルバイトや派遣社員が単純作業に従事する場合も多いようです。しかし、なかには一定の経験やスキルを求められる作業もあり、正社員が単純作業を行うときもあります。
単純作業についてさらに詳しく知りたい方は、あわせて「ルーティンワークの意味とは?仕事内容や向いている人の特徴を紹介!」にも目を通してみましょう。

単純作業は根気が必要な仕事

「単純作業」と聞くと「誰でもできる」「創造性がない」などのネガティブなイメージをする人もいるようです。しかし、単純作業は同じ工程を繰り返し行う根気や、高い集中力が必要な仕事であるため、単純作業しかできないことをネガティブに捉えることはありません。単純作業しかできないことも、才能の一つであるといえるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

単純作業の種類

単純作業の仕事は、製造業とそれ以外の仕事に大きく分けられます。具体的な業務内容を以下で紹介するので、就職を検討している方はチェックしてみましょう。

製造業における3つの単純作業

製造業の単純作業は、主に「軽作業(仕分け・梱包)」「組み立てや組み付け・加工」「検査・検品作業」の3つです。

1.軽作業(仕分け・梱包・商品管理)

軽作業は、物流倉庫に到着した商品を分類して仕分ける単純作業です。仕分け作業はピッキングともいい、適切に整理・管理する能力を問われます。また、工場ではでき上がった製品を配送するための梱包作業も発生するので、素早く丁寧に荷造りを行いましょう。力仕事は多くありませんが、梱包した荷物を運ぶことがあるので、ある程度体力が必要になります

2.組み立て・組み付け・加工

製造業では、工場内で製品を組み立てたり加工したりする単純作業も行われます。図面どおりに部材を組み立て、機械を使って決まった形状に加工するのが主な仕事です。ライン作業ともいわれるこの仕事はそれぞれ担当を分けているため、自分の業務だけに集中して取り組めます。作業によっては電気工事士などの資格が必要ですが、未経験者を歓迎する現場では資格は問われないことも。組み立て・加工する製品は、飛行機や自動車、電子部品などさまざまで、工場によっては食品の加工を行う場合もあります。ライン作業は一つひとつの仕事は難しくありませんが、一人がミスをすると全体に影響が出ることもある責任重大な仕事です。一人が複数のラインを掛け持ちで作業する場合もあるので、従事する際は責任感を問われます。

3.検査・検品作業

でき上がった製品に問題がないか、出荷前に目視で確認する作業です。ライン作業の最終工程に検査・検品が行われるため、見落としがあるとトラブルの原因になります。そのため、検査・検品作業に従事する人は高い集中力が必要です

工場で単純作業に就きたい方向けの

求人一覧はこちらから

製造業以外の4つの単純作業

製造業以外の業種では、「データ入力業務」「トラックドライバー」「施設内の清掃や洗浄」「内職」の4つが単純作業として挙げられます。

1.データ入力業務

データ入力は、手書きの顧客データや売上伝票などをパソコンに入力する単純作業です。ミスなくデータを打ち込む正確さを求められるので、集中して黙々と作業できる人に向いています。職場によっては、データ入力以外に電話対応やファイリングといった事務作業も求められるでしょう

2.トラックドライバー

決まった配送先に商品を運ぶ「ルート配送」のトラックドライバーの仕事は、単純作業と捉えられます。ただ、単純作業とはいっても、ドライバーは道路状況に応じてルートを変更するなど、自分で考えて工夫できるやりがいがあるでしょう。ドライバーは取引先と会話をする場面がありますが、一人で運転している時間が長い仕事です。人付き合いが苦手な場合、職場の人間関係に煩わされないことはメリットといえます。トラックドライバーの仕事については、「トラック運転手になるには?仕事内容や年収・おすすめの求人をご紹介」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ドライバーとして働きたい方におすすめの

求人一覧はこちらから

3.施設内の清掃・洗浄

商業施設やオフィス、病院、列車などの掃除を行う仕事です。細かな手順があるので慣れるまでは大変ですが、慣れれば体が自然と動くようになります。清掃は単純作業の要素がありながらも、汚れによって使う洗剤を変えたり、効率の良い方法を考えたりと工夫を求められる仕事です。体を動かす仕事なので、じっとしているのが苦手な人や体力がある人に向いています。清掃業について詳しく知りたい方は、「清掃業の仕事内容とは?メリット・デメリットと向いている人もご紹介」こちらを参考にしてみてください。

4.内職

内職とは、在宅で作業を行う仕事のことを指します。シール貼りやダイレクトメールの封筒入れ、商品を梱包する箱を組み立てる作業など、さまざまな業務内容があり、最近ではデザインや講演のテープ起こしなどのパソコンを使った内職も増えています。労働時間を気にせず、自分のペースで働けるといったメリットがあるでしょう。「在宅ワークでニート卒業を目指す!おすすめの仕事や失敗しないコツを解説」では、内職や在宅ワークについて詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

単純作業の仕事に就く5つのメリット

単純作業の仕事は、「業務内容が覚えやすい」「自分のペースで働ける」などのメリットがあります。以下で詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.仕事が覚えやすい

単純作業の仕事は専門的なスキルを必要としないことが多く、覚えやすいのがメリットです。もちろん、単純作業といっても効率よく仕事をこなすために、一定のスキルを身につける必要はあります。しかし、慣れてしまえばあとは決まった作業を繰り返すことが主な業務になるため、新しい手順を覚える必要はありません。頻繁に新しいことを覚えるのが苦手な場合は、単純作業の仕事が合っているでしょう

2.コミュニケーションスキルをあまり求められない

単純作業は周りとコミュニケーションをとることが少なく、一人で集中して進めるのが基本です。そのため、単純作業はコミュニケーションスキルに自信がなくても働きやすい仕事といえます。接客業や営業職にはコミュニケーション能力が必要ですが、単純作業は目の前の仕事に集中できれば問題ありません。人付き合いが苦手な場合も抵抗なく取り組めるのは、単純作業のメリットといえます。

3.女性も働きやすい

基本的に仕事の正確さや器用さ、丁寧さが求められることが多い単純作業は、女性も働きやすい仕事といえます。荷物の運搬や整理の際に力仕事が必要になるときもありますが、業務の比重としては多くないため、単純作業は女性にもおすすめの仕事です。

4.深夜手当が期待できる

製造業や施設内の清掃や洗浄作業、トラックドライバーなどは夜間の勤務も多く、深夜手当が期待できるメリットもあります。労働基準法の第37条により、雇い主は労働者に対して午後10時から翌日午前5時までの深夜帯に関して、賃金を割増して支払うのが義務です。単純作業は賃金が安いと思われがちですが、深夜手当がつけば十分な賃金が期待できるでしょう。

参照元
e-Gov 法令検索
労働基準法 第三十七条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)

5.自分のペースで仕事ができる

単純作業の仕事は、基本的に誰かとチームを組んでともに作業することはありません。「あなたはこの仕事をやってください」というように仕事を割り振られるため、自分のペースで働けるのがメリットです。自分のペースを守りつつ、ある程度は自己判断で裁量を決めながら仕事ができるのは単純作業の魅力といえます。
人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!」では、単純作業以外にも人と関わらない仕事を紹介しています。

単純作業の仕事に就く5つのデメリット

単純作業は仕事を覚えやすく働きやすい一方、人によっては業務が単調で飽きやすかったり、成長を感じにくかったりといったデメリットもあります。あらかじめデメリットを把握し、自分の性格に合うかどうかを照らし合わせ、仕事選びの参考にしましょう。

1.単純作業は飽きやすい

単純作業は同じ動作の繰り返しになるので、どうしても飽きやすい面があります。特に、一つの場所にとどまって手先だけで行う作業は、体を動かすことがなく飽きてしまいがち。仕事に慣れた状態で長時間同じ作業をしていると、眠たくなってしまうこともあるようです。しかし、職場によっては交代制や兼務などの働き方を採用している職場もあるため、仕事選びの際にそのような会社を探してみるのもおすすめです。

2.単純作業は成長ややりがいを感じにくい

単純作業は基本的に毎日同じことを繰り返すので、新しいスキルを身につける機会がほとんど得られず成長を実感しにくいといえます。また、仕事の成果を評価される機会が少なく、達成感が得られにくい面も。新しいことにチャレンジするのが好きな方や成長意欲が強い方にとって、成長ややりがいを感じにくいことはデメリットになるでしょう。単純作業の仕事にもやりがいを見つけたいという方は、「仕事のやりがいとは?見つける方法や面接で聞かれる理由も紹介」のコラムをぜひ参考にしてみてください。

3.作業内容によっては体に負担がかかる

単純作業の仕事は、立ちっぱなしで働いたり重い荷物を運んだりすることがあるため、業務によっては体に負担が掛かることがあります。筋肉痛や肩こり、腰痛といった症状に悩まされるリスクがあるのはデメリットといえるでしょう。業務の内容については、事前に求人内容をしっかり読んだり、面接官に仕事内容を事前に確認したりして、体力が求められる仕事かどうか確認しておくことが必要です。

4.単純作業だと人との関わりが少ない

社交的な人にとっては、人とのコミュニケーションが少ない単純作業の現場はつまらないと感じることも。単純作業のコミュニケーションの少なさは、人によってメリットにもデメリットにもなることを覚えておきましょう。特に、会話もなく黙々と作業を続ける職場は、人と話すのが好きな方にとってはストレスになる可能性があります。

5.AIやロボットで代替可能になる可能性がある

業務内容によっては、将来的に単純作業がAIやロボットに置き換わることで、失業が懸念されます。AIやロボットの普及が進み、数十年後に単純作業の需要が減る可能性を考えると、就職の際は長期的に仕事をしていくことが可能かどうかを判断する必要が出てくるでしょう。

単純作業の仕事に向いている人の6つの特徴

単純作業を楽しいと思える人には、集中力や忍耐力がある人、丁寧で作業が早い人などの特徴があります。ここでは、単純作業向きな人の特徴を紹介するので、仕事への適性があるか知りたい方は参考にしてください。

1.集中力がある

単純作業は基本的に同じことの繰り返しなので、一定の時間集中力を切らさずに作業を続けられる人に向いています。自分の集中するまでに掛かる時間や持続力、集中力の深さを加味して、単純作業に向いているかどうかを考えてみましょう。なお、単純作業の場合は瞬時に集中し、長い間ほどほどの深さで集中力を維持することが求められます
集中力を上げる方法が知りたいという方は、「仕事に集中できない原因は?心がけたい3つのこと」こちらのコラムを参考にしてみてください。

2.忍耐力がある

前述したように単純作業は変化が乏しく飽きやすいため、途中で仕事を投げ出したり適当に済ませたりしない忍耐力がある人が向いています。忍耐力がある人は、モチベーションの波に左右されにくく、常に同じクオリティで業務に取り組めるため、自分の仕事を全うできるでしょう。

3.作業の効率化やスピード感を意識できる

自発的に作業効率の改善を意識できる人は、単純作業に向いています。単純作業は工程は簡単ですが、やり方によって掛かる時間や手間が変わることも。「作業に合わせて最適な方法を見つけ出せる」「スピードを意識して取り組める」といった人は、単純作業を楽しみつつ効率的に仕事を進められるでしょう。
仕事を効率化させるには?改善方法をご紹介します」では、仕事を効率化させる方法について詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

4.手先が器用である

単純作業では部品の組み立てをはじめとする細かい作業を求められることがあるため、手先が器用な人も向いているといえます。不器用な人にとって単純作業はストレスがたまる可能性がありますが、細かい作業が好きで手先が器用な人は楽しみながら仕事に従事できるでしょう。

5.観察力がある

観察力が長けている人も、単純作業に向いているといえます。たとえば、データ入力なら入力内容にミスがないかどうかをチェックする必要があり、検品作業なら多くの部品の中から不適合品をはじかなければなりません。正確さを求められるミスが許されない作業には、優れた観察力が必要不可欠です

6.一人の作業が苦にならない

単純作業は一人で黙々とする作業が多いため、一人で作業することに抵抗がない人にとってはうってつけの仕事といえるでしょう。人見知りが原因で転職を躊躇している方にも、単純作業の仕事はおすすめです。会話が苦手な場合、他人と接すること自体がストレスになる場合もあるため、マイペースに働ける環境が整った単純作業の仕事は向いているといえます。
単純作業の仕事のなかでも工場勤務に興味がある方は、「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」も参考にしてください。主な仕事内容や就職のメリットをまとめています。

単純作業の仕事をつらいと感じやすい人の特徴

人と関わるのが好きな人やスキルアップを目指したい方は、単純作業の仕事は向いていない可能性があります。ここでは、単純作業の仕事に就くことで「つらい」と感じてしまいやすい人の特徴を紹介するので、就職後に後悔しないように目を通してみてください。

1.ルーティンワークが苦手

「同じことの繰り返しが苦手」「ある程度仕事を覚えたら新しい作業にチャレンジしたい」といった人は、単純作業に向いていない傾向にあります。自分のアイデアを活かして仕事をしたいクリエイティブ気質の人も、作業手順が決まった単純作業は合わないでしょう。

2.じっとしているのが苦手

工場で行う単純作業は、決まった場所に立ったまま、あるいは座ったまま行うことが多くなります。そのため、一つの場所でじっとしているのが苦手な人にとってはきついと感じてしまう可能性があります。動き回って働くのが好きな人には、外回りの営業職などの仕事が合っているでしょう。

3.にぎやかな職場が好き

単純作業は、基本的に黙々と目の前の作業に集中して一人で行う仕事です。そのため、周りとコミュニケーションを取りながら働きたい人、にぎやかな職場で働きたい人には向いていない可能性が高いといえます。

4.スキルアップしたいと考えている

単純作業の業務は、同じ作業を連続して行う性質上、スキルアップしたいと考えている人には不向きです。単純作業に必要以上のスキルアップは求められていない場合が多いので、ほかの仕事を検討したほうが得策といえるでしょう。

単純作業の仕事を楽しむための3つのコツ

単純作業を楽しいと思うには、仕事に対する目標を持ち、積極的に業務に取り組むことが大切です。具体的には、「目標を設定する」「単純作業の仕事が何のためになるのか考える」「工夫しながら作業する」といった3つのコツが挙げられます。

1.目標を設定する

単純作業の仕事に刺激を与えるには、目標を設定するのがおすすめです。自分のなかでその日のノルマを決めて取り組むと、集中して作業に取り組めます。ノルマを達成したときは達成感があり、達成できなかったときも反省点を考えて次に活かせるでしょう。
目標設定について詳しく知りたい方は、「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」をご覧ください。

2.何に役立つ仕事なのかを想像する

単純作業の仕事のモチベーションを高めるには、「自分の作業によってどのような製品が出来上がるのか」「自分の仕事が誰の役に立つのか」を想像するのも有効な方法です。自分が携わる製品やサービスを必要とするユーザーを思い浮かべることで、仕事の意味が明確になり、より質の高い仕事をしようという意識が高まるでしょう。たとえば、データ入力の業務であれば「その成果を誰が見るのか」「入力した内容が何の役に立つのか」を考えると仕事の価値を見出しやすくなります。

3.改善点を見つけて工夫しながら作業する

単純作業は基本的にマニュアルや指示のとおりに進めますが、取り組んでいるうちに工夫できる点が見つかることがあります。「マニュアルよりも効率化できる作業工程がないか」「ミスを防ぐためにできることはないか」といった改善点を考えれば単調な仕事のなかに変化が生まれ、やりがいにもつながるでしょう。単純作業を楽しんでこなしたい方は、日々の業務で改善できる部分がないかをどうかを探してみるのもおすすめです。

単純作業も視野に入れて自分に合った仕事を選ぼう

まずは、自分の特性を欠点と思わず「長所」と思うことが仕事探しのスタートです。自分に適した仕事が見つかれば、長く働き続けられるでしょう。もし、一人では分からないことがあって心細い場合は、就職・転職を支援するサービスを活用するのがおすすめです。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専属のアドバイザーが一人ひとりに合った仕事を見つけるためのサポートをしています。カウンセリングをもとに求人紹介を行うほか、応募書類の添削や面接対策も実施。就職に関するお悩み相談にも対応しています。仕事探しで悩んでいる方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。あなたの就職活動をマンツーマンで手厚くサポートします。

単純作業の仕事について知るQ&A

ここでは、単純作業の仕事に興味がある方に向けて、具体的な仕事の種類や向いている人の特徴をお伝えします。適職の探し方もアドバイスするので、就職を検討している方はチェックしてみてください。

単純作業ができる仕事はある?

工場での加工・組み立て作業や、倉庫での梱包といった仕事があります。ほかには、清掃やデータ入力も単純作業の要素がある仕事です。単純作業の仕事は、未経験も応募できる求人が多いため、挑戦しやすいでしょう。「単調な仕事をしたい!どんな仕事があるの?」では、詳しい職種の例をご紹介しているので、こちらも参考にしてください。

単純作業の仕事に飽きそうになったら?

「今日はここまで終わらせる」と目標を決めて取り組んだり、改善点や工夫できることを考えたりすると、単純作業を楽しめるようになります。このコラムの「単純作業の仕事を楽しむための3つのコツ」でも、単純作業を楽しくこなすコツを紹介しているので、飽きずに仕事をしたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

自分が単純作業に向いているか知りたい

1つのことに長時間取り組む集中力がある人や、作業効率を意識して物事を進められる人は、単純作業に向いています。反対に、同じことを続けていると飽きてしまう人や、人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが好きな人は、単純作業向きの性格とはいえないでしょう。自分の適性を確かめたい方は、このコラムの「単純作業の仕事に向いている人の6つの特徴」も参考にしてください。

自分に合った仕事を探す方法は?

自分の得意分野や人から褒められたことを思い出し、強みを活かせる仕事を探しましょう。苦手な事柄やしたくないことを洗い出して、適職を絞り込んでいく方法もあります。1人で仕事探しを行うのが難しい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用がおすすめです。カウンセリングの結果をもとに、一人ひとりに合った仕事を紹介し就職・転職をサポートします。

この記事に関連するタグ