人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!

人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・人と関わらない仕事でも、多少のコミュニケーションは必要
  • ・人と関わらない仕事に就く場合、専門スキルや難関資格を得るのがおすすめ
  • ・人と関わらない仕事には、webデザイナーや翻訳家などがある
  • ・人と関わらない仕事はストレスを軽減できるが、視野が狭くなる可能性もある

人と関わらない仕事を探している方も多いのではないでしょうか。人と関わらない仕事を探す原因は、人間関係によるストレスを減らしたいといった理由があります。人と関わる機会が少ない仕事を選ぶことで、ストレスが軽減されるでしょう。このコラムでは、人と関わらない仕事の種類や、仕事の探し方について解説します。仕事の人間関係に嫌気が差している方は、参考にしてください。

人と関わらない仕事とは

研究開発やIT関連の仕事など、仕事中に人と会話をする機会が少ない仕事はあります。しかし、仕事の指示を受けたり、分からないことを質問したりすることは、どのような仕事でもあるものです。仕事をする以上、全く人と関わらないのは難しいでしょう。
しかし、「人と深く関わらない仕事」や「特定の人としか関わらない仕事」と考えれば、選択肢は広がります。たとえば、プログラミングや翻訳などの専門スキルがあれば、在宅勤務が可能な企業もあるでしょう。また、人数が少ない部署や、コミュニケーションツールがメールやSNSに統一されている会社であれば、特定の方としか関わらずに仕事ができる可能性もあります。
「人と関わらない」と一口にいっても、人によって許容範囲が違うため、まずは自分のボーダーラインを決めましょう。

人と関わらない仕事に学歴は必要?

学歴に関係なく、人と関わらない仕事をすることは可能です。工場作業員やドライバーなど、学歴を問わず就業できる仕事はあります。
しかし、大卒の場合は大企業や好条件の会社に就職経験がある方も多く、転職先にも同等レベルを求めるケースが少なくありません。一般的な大卒レベルの条件で人と関わらない仕事を探すなら、専門スキルや資格が必要なこともあるでしょう。

人と関わらない仕事は増えている

インターネットやSNSが普及した影響で、人と関わらない仕事は増えています。個人であっても、動画投稿サイトを利用して映像を配信したり、ECサイトを立ち上げて商品を販売したりすることが可能になりました。また、クラウドソーシングサイトを利用すれば、フリーランスでも仕事が探しやすくなっています。
かつては、「企業に就職する」「出社して働く」といった働き方が一般的でした。しかし、IT環境の変化にともない、人と関わらなくてもできる仕事は増えているのです。

人と関わらない仕事8選【在宅ワーク編】

ここでは、在宅でできるおすすめの仕事を8種類を紹介します。いずれも、人と関わらない仕事、もしくは人との関わりが少ない仕事のため、自分のペースでコツコツと仕事ができるでしょう。在宅ワークについては、「自宅でできる仕事を考えてみる」もご覧ください。

1.サウンドクリエイター

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメで使う音楽や効果音を作ったり、イベント用の楽曲を作ったりする仕事です。作曲能力のほか、音源をプログラムに落とし込む技術や、ソフトを扱う知識が必要になります。
クライアントから依頼を受けて仕事をするため、打ち合わせで人と関わる機会はあるでしょう。しかし、音源採集やプログラミング作業といったメインの業務は、基本的に個人で行うため、人と関わらない仕事といえます。
経験がものをいう仕事であるため、まずは企業に所属するのが良いでしょう。主な就職先は、ゲーム会社やアニメ・映像コンテンツの制作会社となります。感性が重要な仕事なので、美大卒や音大卒の方にもおすすめです。

2.Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザインをする仕事です。フリーランスでの仕事も多いので、人と関わらない仕事を希望する方には適しているでしょう。ただし、顧客からの依頼に沿ってデザインを作るため、ヒアリングや打ち合わせとして、人との関わりは発生します。一般的には、メールで依頼を受けることが多いので、直接話す機会は少なめです。
Webデザイナーには、PhotoshopやIllustratorなどの専門知識と技術が必要になります。フリーランスで仕事を受けるには、実績が求められるため、最初は企業に所属するのが無難でしょう。大手の広告代理店の下請けとなれば、高収入も狙えます。

3.Webライター

Webライターは、Web上に掲載される記事を書く仕事です。資格は不要のため、始めやすいものの、SEOの知識や文章力が必要になります。企業に所属するWebライターもいますが、フリーランスでも活躍しやすい仕事です。執筆の依頼をはじめ、依頼主とのやり取りはメールやチャットを利用することが多いため、人と関わらない仕事といえるでしょう。
Webライターが執筆する記事には、ファッションや健康、就職など、多種多様なジャンルがあります。大卒の方なら、大学で研究した分野や得意なことを活かすのも良いでしょう。趣味や特技も活かして書けるジャンルが複数あれば、フリーランスでも仕事を続けやすくなります。

4. アフィリエイター

アフィリエイターとは、ブログやホームページなどのWebサイトを自分で立ち上げ、そこに広告を載せることで、利益を得る仕事です。広告は、企業の商品やサービスなどがあり、広告の表示やクリック数などによって収入が得られます。プロバイダと連絡をする必要がありますが、多くはメールで済むようです。そのため、人と関わらない仕事といえるでしょう。

5.翻訳家

翻訳家とは、外国語を日本語に訳したり、日本語を外国語に訳したりする仕事です。映像の翻訳をはじめ、ビジネスで使う契約書やマニュアルを翻訳する仕事もあります。企業の翻訳部署へ就職する方法もありますが、翻訳会社に登録してフリーランスになる方もいるようです。翻訳家は、一人で作業をする時間が長く、人と関わる機会が少ない仕事といえます。資格は不要ですが、語学力が求められるため、大学の外国語学部を卒業した方や、留学経験がある方には良いでしょう。
翻訳家は一般的なフリーライターに比べて、報酬が高いといわれています。グローバル化の影響で、需要も増えているようです。語学が堪能で、人と関わらない仕事を希望する方におすすめの仕事といえます。

6.ネットショップでハンドメイド作品の販売

ハンドメイド作品をネットショップで販売する仕事は、趣味やスキルを活かせる方と関わらない仕事です。隙間時間に自分のペースで制作でき、好きなことを仕事にできるというメリットもあります。
制作した作品は、ネットショップに出品しましょう。購入された後は、チャットやメールなどでのやり取りが多少発生します。しかし、基本的には人と関わらない仕事です。

7.動画制作

人と関わらない仕事を希望する人には、動画制作もおすすめできます。動画制作は、顧客の要望に沿って動画を作る仕事です。企業に所属すれば、顧客とのやり取りは担当者が行ってくれるので、制作の作業に集中できます。
動画制作には、After EffectsやPremiere Proなど、専門ソフトを扱う技術が必要です。さらに、構図や編集センス、カメラの仕組みなど、さまざまな知識を学ばなければならないでしょう。
高い技術と幅広い知識があれば、大きな仕事を任されることもあります。特に、CGのソフトを扱えるようになれば、映画製作のような大規模な案件に携わることも可能です。

8.プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を用いてシステムやソフトウェアを作る仕事です。金融システムや通信システムなど、ジャンルによって使うプログラミング言語が異なります。また、新しいバージョンが次々に出てくるため、知識の更新が必須です。
プログラマーは人材不足のため、採用されやすい職種といわれています。資格を取れば、転職で有利になることもあるでしょう。実績を積んでフリーランスとして働くこともできるため、人と関わらない仕事をしたい方におすすめです。「未経験からプログラマーを目指せる?主な仕事内容とは」では、プログラマーの仕事内容や、必要なスキルを紹介しています。プログラマーを目指す人は、参考にしてください。

人と関わらない仕事10選【会社員編】

会社員として仕事をするとしても、人と関わる機会が少ない仕事もあります。ほかの人と最低限の接触があるだけで、普段は人と関わらない仕事も多いようです。ここからは、社内で人と関わらない仕事を10種類ご紹介します。

1.システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェアの設計書を作成する仕事です。一人でパソコンに向かって黙々と仕事を行うため、人と関わらない仕事といえます。しかし、クライアントとの話し合いや、オフィスで業務を分業する際などに、コミュニケーションが求められることもあるようです。

2.タクシーの運転手

タクシードライバーというと、乗客と会話をするイメージをもつ人も多いでしょう。しかし、実際にはそれほど会話をしなくても問題はなく、人と関わらない仕事といえます。正社員として就職できるうえ、歩合制が多いため、頑張り次第で高収入を期待できるでしょう。20代で年収が500万円以上という方も、珍しくないようです。
一般的なタクシーだけでなく、介護タクシーや福祉タクシーのドライバーという選択肢もあります。介護タクシーでは資格が必要になりますが、高齢化のため需要が増える見込みがあるでしょう。
最低限、行き先や会計のための会話が必要となりますが、慣れればそれほど苦にはならないと考えられます。

3.新聞配達の正社員

新聞配達の仕事は、人と関わらない仕事です。正社員の募集も多くあります。働く時間帯は、多くの方が起床していない早朝の時間帯や、夕方の時間帯であるため、人と関わらずに働けるでしょう。
新聞配達だけであれば、人と関わらない仕事といえます。しかし、中には営業や集金など、人と関わる仕事が含まれることもあるので、よく確認して就業しましょう。

4.施設の警備

商業施設やオフィスなどの施設の警備も、人と関わらない仕事です。基本的な仕事後は、施設内の巡回や監視となります。担当場所の警備は、一人で任されることが多いようです。警備する際に、ペアを組んで巡回することもありますが、必要最低限の会話となるため、気楽に取り組めるでしょう。

5.ゲームテスター

ゲームテスターとは、リリース前のゲームのバグを見つけたり、動作や操作の確認をしたりする
仕事です。こちらも、人と関わらない仕事といえます。ゲームプレイ中は、誰とも接触せずに仕事を行えるでしょう。しかし、進捗状況や確認したバグの詳細などを、メールでクライアントに報告しなければなりません。ゲーム好きな方や、アプリをよく利用する方には、おすすめです。

6.ガスや電気の検針

ガスや電気のメーターを確認する検針の仕事も、一人で黙々と行うため、人と関わらない仕事といえます。チームで働くことがあれば、ほかの従業員とコミュニケーションを取ることもあるでしょう。しかし、作業中に必要以上に人と関わることはありません。室内よりも、外で仕事がしたい方におすすめです。

7.工場での作業

人と関わらない仕事の中には、工場で働く仕事があります。無資格や未経験でも採用されやすいため、特別なスキルがなくても就職できるでしょう。単純作業の仕事が多いため、コツコツと仕事をすることが好きな方におすすめです。

8.農家

農業は一人で黙々と作業をするため、人と関わらずに作業できます。ただし、ベテランの農家さんから仕事を教えてもらったり、同業者と情報交換をしたりすることはあるでしょう。コミュニケーションが得意である必要はありませんが、全く人と関わらないのは難しいといえます。
農業は、若手の跡継ぎが少なく、就業人口が減っている業界です。収入は天候に左右されやすく、決まった休みもないなど、デメリットもあります。しかし、農機具の導入費用を国が支援しており、農業を守る動きが生まれつつあるようです。全く異なる地域から農家になる若者も増えています。農業は「日本の食を支える」という社会的な意義がある仕事です。人と関わらない仕事を望むものの、社会の役に立ちたいという方にはおすすめできます。

9.経理や会計士

企業や法人のお金を管理する、経理や会計士の仕事には、特定のスキルが必要になるでしょう。会計ソフトをデータに打ち込み、日々のお金の流れをまとめます。企業の経営状態を上層部に伝える仕事や、銀行の担当者との話し合いを任されることもあるでしょう。その際には、人と関わることになります。人と関わらない仕事の中でも、お金や数字を扱うことが求められる仕事です。計算に苦手意識のある方には、向いていないでしょう。

10.ビルの清掃員

ビル清掃の仕事には、床清掃や窓拭き、ごみ捨てなどが含まれます。指定された場所や作業を、一人で行うことが多いため、人と関わらない仕事として人気です。チームでビルの清掃をすることもありますが、その際も、会話をする機会は少ないでしょう。

人と関わらない仕事を選ぶ3つのメリット

人と関わらない仕事には、多くのメリットがあります。人と話すのが得意ではない方や、黙々と働くのが好きな方などにとっては、人と関わらない仕事を選ぶことで大きなメリットが得られるでしょう。ここでは、人と関わらない仕事を選ぶメリットを3つご紹介します。

1.人間関係のストレスが少ない

人と関わらない仕事のメリットは、人間関係のストレスを減らせることです。人間関係のトラブルは、人との関わりが多ければ多いほど増えるものでしょう。営業職のように、多種多様な方とコミュニケーションを取る仕事では、苦手な方とも関わる必要があります。さらに、クレームやノルマなどのストレスも少なくありません。人と関わらない仕事は、そもそもコミュニケーションを取る機会が少ないため、人間関係のトラブルを回避できるのがメリットです。
職場の人間関係が合わないことを理由に退職する方は多くなっています。人間関係を少なくすれば、仕事を続けやすくなる可能性が高まるでしょう。

2.人と関わらないので自由な働き方ができる

人と関わらない仕事をするためにフリーランスになれば、自由な働き方を実現できます。企業で働く以上、働く時間や場所は会社のルールに従わなければなりません。IT関連やクリエイティブ系の仕事なら、フリーランスになって、自分で働き方決めるという選択肢も選べるようになるでしょう。起業やフリーランス化など、独立を考えている方は、「独立して事業を行う自営業、向いているのはどんな人?」もご覧ください。
また、中には自由な働き方を認めている会社もあります。テレワークやスーパーフレックスなどの制度がある会社では、フリーランスと同等に自由な働き方が可能です。いずれにしても、「ネット環境とパソコンがあればどこでもできる仕事」が多いのが特徴といえます。自由な働き方ができることは、人と関わらない仕事のメリットの一つでしょう。

3.ほかの人にペースを合わせなくて良い

人と関わらない仕事であれば、自分のペースで仕事ができるというメリットがあります。誰かに合わせて仕事をする必要がないため、仕事のペース配分は自分基準で決められるでしょう。先述のフレックス制の会社員やフリーランスなら、働き方をライフスタイルに合わせられます。結果、納期や期限などでクライアントと接触するタイミング以外は、自由に仕事ができるでしょう。

人と関わらない仕事を選ぶ4つのデメリット

人と関わらない仕事には、収入が不安定になることや、人脈が減るといったデメリットもあります。
上述のとおり、ストレス軽減や自由な働き方といったのメリットがあるのも事実です。ここでは、人と関わらない仕事のデメリットを詳しく解説します。メリットとデメリットを正しく理解して、自分に適した働き方を選びましょう。

1.収入が安定しない場合がある

人と関わらない仕事には、正社員での求人が少ないものもあります。また、正社員であっても資格やスキルがなければ、収入アップや昇進が見込めない仕事もあるでしょう。そのため、専門スキルや難関資格がないと、大卒レベルの収入は難しいと考えられます。
また、高度なスキルがあってフリーランスになれたとしても、定期的に仕事が入る保証はありません。フリーランスは、固定給がもらえる正社員とは違い、収入面で不安定なことがデメリットです。人と関わらない仕事で大卒並の収入を求めるなら、スキルを身につけるだけでなく、向上し続ける努力も必要といえるでしょう。

2.視野が狭くなる可能性がある

人との関わりを避け過ぎると、人脈が減ったり、情報が入らなかったりして、視野が狭くなる可能性があります。人間関係はストレスになることもありますが、良いことも多数あるものです。特に、仕事では、年齢や職歴が異なるさまざまな方と出会えます。人との出会いから学ぶことや、今まで知らなかった仕事に出合うこともあり、その結果、自分のスキルが高まることもあるでしょう。
自分が希望する働き方を実現するためにも、適度に人と関わるのは必要です。積極的に関わらなくても良いので、あまりにも人を避け過ぎないように気をつけましょう。
プライベートで人と関わる機会が少ない方は、人と関わらない仕事に就いてしまうと、公私問わず孤独を感じることも考えられます。ある程度は、人との接触を保つようにすると良いでしょう。

3.単純作業や肉体労働の仕事が増える

人と関わらない仕事は、肉体労働が多いのが特徴となっています。人と関わらずに黙々と作業できる仕事は、単純作業が多いためです。仕事内容が複雑であれば、従業員同士でコミュニケーションを取る必要があります。人との関わりを避ければ、必然的に単純作業や肉体労働に近づくことは、覚えておきましょう。

4.将来役立つスキルが身につかない

先述のとおり、人と関わらない仕事の多くは単純作業です。そのため、特別な知識やスキルを必要としない仕事となっています。就業のハードルが低い一方で、将来役立つスキルが身につかない、スキルアップに繋がりにくい仕事であることが多いでしょう。将来的なスキルアップや転職を考えると、デメリットといえます。

人と関わらない仕事を選ぶ3つの背景

人と関わらない仕事を選ぶ人が増えている背景には、自分らしさや自由を求める傾向が考えられます。また、IT環境が変化したことによって、選択肢が広がっていることも、背景に含まれるでしょう。

1.インターネットの普及で仕事が増えた

インターネットの普及により、インターネット環境とパソコンがあれば、オフィスや自宅でできる仕事が増えてきました。Webライターやデザイナー、プログラマーなど、パソコン上で完結する仕事も増えています。これらの仕事は、黙々と作業をするため、人との会話は必要最低限となるでしょう。チームメンバーやクライアントと連携を取る必要はありますが、チャットやビデオ電話を利用するため、対面で会うことは少なくなります。「人と関わらない仕事」というよりは、「人と直接関わらない仕事」という意味合いの方が強いようです。

2.仕事の選択肢が広がった

人と関わらない仕事の選択肢が広がってきたことも背景にあります。人との会話が少なくてもできる仕事や、メールなどで打ち合わせをする仕事も増えてきました。そのような仕事の多くは、高い技術や専門知識が必要な仕事も多くあるため、学ぶ意欲のある人には、人気な傾向にあります。

3.働き方改革による労働環境の変化

近年、働き方改革により労働環境に変化が起きています。柔軟な働き方ができる環境設備として、テレワークや副業などの仕事を選ぶことも可能です。また、オフィスに行かなくても、正社員になれる会社も増えてきました。人と関わらない仕事でも、安定した収入が得られることから、こういった働き方を望む人も多いようです。

4.人間関係が苦手な方が増えた

2017年に内閣府が行った調査「 平成30年版 子供・若者白書(全体版)」によると、人間関係を理由に退職する方が多いという結果が出ています。
この調査は、全国の16歳から29歳までの男女を対象に、初めて就職した会社の退職理由を調査したものです。調査の結果、退職理由の1位は「仕事が自分に合わなかった」で、2位が「人間関係がよくなかった」でした。上司や同僚と良い関係が築けず、退職する方が多いようです。
また、同調査のうち、退職後に働いていない理由を「人間関係がうまくいかないから」とする方が17.4%います。2011年の同調査では9.7%だったので、6年間で7.7%も増加しているのです。
この結果から、人間関係を理由に退職後、そのトラウマから就職できない方が一定数いることが読み取れます。
人間関係を理由に退職された方が転職を目指そうとすると、「同じ失敗を繰り返したくない」と考えるのは、自然なことです。人間関係で失敗しないためには、そもそも人と関わらなければ良いと考え、「人と関わらない仕事」を望む人が多いのでしょう。

参照元
特集 就労等に関する若者の意識|平成30年版子供・若者白書(全体版) - 内閣府 図表7 図表8 初職の退職理由参照

人と関わらない仕事の4つの探し方

ここでは、人と関わらない仕事の探し方を4つご紹介します。人と関わらない仕事を探している方は、参考にしてください。

1.転職サイト

人と関わらない仕事を自分で探したい方は、転職サイトを活用しましょう。インターネットで検索すると、さまざまな職種がヒットします。仕事内容や職種、会社の雰囲気などをチェックして、人との関わりが多い仕事か、見極めましょう。転職サイトによっては、社員のクチコミが見られたり、プロによるサポートが受けられたりするサイトもあります。

2.クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、不特定多数の人に、インターネット上で業務を発注する形態の仕事です。条件交渉や打ち合わせの多くは、メールやテレビ電話などのツールを利用するため、オフィスに出向いて仕事をすることは少ないでしょう。未経験や無資格でも応募している案件も多数あるので、スキルの有無にかかわらず、仕事を請け負える可能性があります。仕事内容はもちろん、仕事探しもインターネット上で完結するため、まさに「人と関わらない仕事探し」でしょう。

3.転職エージェント

人と関わらない仕事を自分で探せない方は、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントに登録し、希望条件や経歴、自分の得意な仕事内容などを伝えます。担当のエージェントが、求人紹介から内定までのサポートをしてくれるため、転職活動を効率よく進められるでしょう。エージェントとのコミュニケーションは必要ですが、やみくもに応募してたくさんの面接を受けるよりも、人と関わらない仕事探しの方法です。

4.ハローワーク

全国各地に設けられているハローワークも、仕事探しに活用できます。地元に密着した仕事が多く紹介できる場所で、インターネットや求人誌などに掲載されていない仕事も多数取り扱っているようです。ハローワークでも、「人と関わらない仕事を望んでいる」という希望を伝えることで、適した仕事が見つかるでしょう。

人と関わらない仕事を探すときの注意点
人と関わらない仕事を探すときには、完全に人との関わりを絶った仕事は存在しないことを覚えておきましょう。どのような仕事でも、最低限の人との関わりは発生します。そのため、人との関わりが薄い仕事から探していきましょう。また、自分の適性に合っているかどうかも大事です。営業職や販売職、接客業など、多くの人と関わる仕事を避けて探してみても良いでしょう。

「人と関わらない仕事がしたいけれど、うまく探せない」という方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、プロの就活エージェントが、丁寧にカウンセリングをして、一人ひとりにあった職場選びをお手伝いします。人付き合いが苦手な方にもおすすめです。

人と関わらない仕事に関するお悩みQ&A

「人と関わらずに仕事がしたい」と思っている人は多いでしょう。ここでは、人と関わらない仕事に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

人と関わりたくない心理は何ですか?

空気を読み過ぎてしまったり、自分に自信がなかったりすることで人と関わりたくないと感じてしまうようです。そのような要因から、人と関わると疲れる、面倒に感じるという感情が生まれてしまいます。詳しくは「人と関わりたくない人に適している仕事は?面倒くさいと感じる心理も解説!」でも解説しているので、あわせてご確認ください。

人と関わるのが苦手でも働けますか?

人と関わることが苦手でも働くことはできます。人と接する機会が少ない職種であれば、ストレスを感じることなく働ける可能性があるでしょう。職種によっては、人とあまり接しない仕事もあります。「人と接しない仕事はある?関わりが少ない業務とは」でも、人と関わらない仕事について詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

1人で黙々と仕事がしたいです。

データ入力やライティングなどの仕事は1人で黙々と行うことができます。ほかにも、ドライバーや倉庫内作業なども人とあまり接することなく、同じ作業に集中できる仕事です。「コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」でも、詳しい職種をご紹介しています。

人と関わらない仕事で高収入は得られますか?

1人でできる仕事でも、職種によっては高収入を目指すことはできます。システムエンジニアやWebデザイナーは、一人で作業を進める場面が多く高収入が狙える仕事です。「一人でできる仕事一覧!高収入を狙うコツは?おすすめ資格もご紹介」では、より詳しい職種をご紹介しているので、参考にしてみてください。

正社員で人と関わらない仕事はありますか?

正社員で人と関わらない仕事は、配送ドライバーや倉庫または工場作業員などです。しかし、そのような職種であっても、多少なりとも人と関わる必要があることを念頭に置いておきましょう。「人と関わらない仕事がしたい!求人の探し方や在宅で働ける職種をご紹介」でも詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION