清掃業界の正社員を目指すには?仕事内容や転職時のポイントも紹介

清掃業界の正社員を目指すには?仕事内容や転職時のポイントも紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・清掃業界は求人が安定していて、経験や資格がなくても正社員を目指しやすい
  • ・清掃の仕事には、一般住宅の清掃やビルの窓拭きなど多数の種類がある
  • ・清掃業のやりがいには、社会貢献できることやお客さまから感謝されることなどがある
  • ・清掃業の正社員に応募する場合、適性や体力面をアピールするのがおすすめ
  • ・清掃業の正社員は採用率が高く、資格を取得すれば年収アップが期待できる

「清掃業で働いてみたいけど、どんな業務があるの?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。職場は一般住宅やビル、病院などさまざま。業務内容は清掃する場所により異なります。このコラムでは、清掃業の具体的な仕事内容や正社員の応募時に役立つポイントをご紹介。また、取得することで役に立つ資格や、清掃業に向いている人・向いていない人の例も挙げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

清掃業界は安定した求人数から正社員を目指しやすい

清掃業とは、決まった場所や時間、作業する手順によって、効率良く清掃する仕事です。
特別なスキルは必要なく、一般的な清掃の知識があれば問題ありません。現場ではOJT研修を導入しているところが多く、チーム体制で作業を行うため、未経験の方や女性でも正社員として就職しやすいでしょう
清掃業は、人が生活しているかぎりニーズがあるため、求人数に安定感のある業界です。最近は共働き家庭や高齢化率の増加により、一般家庭でも浴室や換気扇などの掃除を外部委託する場合があります。そのため、今後も清掃業の求人需要が高まることはあっても、縮小していくことは考えにくいでしょう

清掃業の業務内容

清掃の仕事内容は勤める職場によってさまざまです。この項目では、清掃業が活躍する現場と具体的な業務について解説します。

一般住宅の清掃

一般のご家庭に伺い、居宅内の清掃を行います。依頼者の要望に基づいて、キッチンや風呂場などの水周り、エアコンのクリーニングを行うことも。また、庭木の補修や害虫駆除などのサービスを提供する清掃会社もあり、サービスの多様化が進んでいます

ビルの窓拭き

ビルの窓や外壁の清掃をする仕事です。ビルによっては足場となるはしごや脚立、専用のゴンドラを使用して作業を行います。チームで作業することが多く、入社後は先輩スタッフの補助を中心に作業し、経験を積んでいくのが一般的です。ゴンドラ操作は、学科・実技をあわせた合計9時間の講習を受ける必要があります。

ビル内清掃

ビル内清掃の現場は主にオフィスビルや店舗で、フロアやトイレの清掃が中心の業務。高度なスキルがなくても務まる仕事が多いので、初心者でも安心して取り組めます
大きな会社や商業施設の場合には固定して派遣されることが多いようです。小規模な店舗の場合は、派遣先が多岐にわたることがあります。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは清掃だけでなく、電気や水道、空調などを点検する管理業務も対応します。設備内に不具合があった場合は、テナントやビルの管理人との仲立ちをすることも。清掃スキルと併せて、ある程度のコミュニケーションスキルも必要となります

乗り物の内部の清掃

清掃業は航空機や列車といった乗り物内での仕事もあります。利用客が乗車するまでの短時間内で作業する場合が多く、スピード感が重要になる現場です。新幹線の場合、1チーム約20名ほどで構成され、1人1車両を担当。座席やテーブル、窓などの客席だけでなく、トイレの清掃も行います。

病院の清掃

清掃業務のなかでも、病院は特に衛生管理に気をつけなければならない場所。勤務する職員による清掃ではなく、清掃業者に委託しているところも多いようです。床やドア、待合室の椅子、病室、診察室、トイレなどの清掃を行います。また、清掃前には除菌洗剤できちんと手を洗い、うがいをしてから作業に入るのが基本。自分が感染源にならないよう体調管理も必要です。

ホテルの清掃

共有部分担当と客室担当と分かれて業務を行います。共有部分の担当場所はロビーやエレベーターホール、駐車場など。客室担当は、備え付けのバスやトイレを含めた客室全体が掃除範囲です。また、アメニティグッズの交換作業も清掃内に含まれます。
お客様が快適に過ごせるよう徹底した仕上がりが求められるので、効率良く作業できる手順を身につける必要があるでしょう

イベント会場の清掃

コンサートなどのイベント終了後の会場の清掃は、広範囲に渡って作業をします。基本的な業務内容はゴミ収集や座席の清掃、椅子や机の撤去など。お客様が退席したあとに作業をするため、清掃時間は深夜にわたることもあります

レジャー施設の清掃

映画館、パチンコ店などの施設を対象とした掃除は、館内の床やシートの拭き掃除、トイレ掃除などがメインです。飲食物のゴミも多いので、食べかすや飲みこぼしによる付着物などをチェックしながら作業を進めます。施設によっては営業時間中に作業を行うこともあるので、お客様の邪魔にならないような清掃が求められます

特殊清掃

亡くなった方のお部屋やごみ屋敷などをクリーニングするのが特殊清掃です。多くの場合、害虫駆除も行います。一般的な清掃業にはない専門性のあるスキルが身につくものの、人によっては精神的な負担を感じる場面があるでしょう

清掃業の正社員に資格は必要?

一般的な清掃業の正社員では、特に資格は必要ありません。ただし、高所作業車やゴンドラなどを操作する特殊な清掃を行う場合は、それに関連する資格を取得する必要があります
これらの資格は、技能講習や教育などを受けることによって取得できるため、比較的難易度は低いといえるでしょう。また、清掃会社によっては入社後に費用を負担してくれる資格取得支援制度を設けているところもあるので、求人を探す際にチェックしてみるのがおすすめです。

清掃業でキャリアアップが期待できる資格

無資格・未経験でも仕事が始めやすい清掃業ですが、資格を持っていれば就活を有利に進められますし、給与アップにもつながります。キャリアアップを目指せる資格にはどんなものがあるか解説します。

ハウスクリーニング技能士

一般住宅における清掃スキルを証明する国家資格です。公益社団法人全国ハウスクリーニング協会が行っているハウスクリーニング技能検定を合格すると取得できます。
検定は学科・技能が実施され、どちらも正解率60%以上で合格です。椅子やテーブルのクリーニングやレンジフード洗浄などの技術が試されます。なお、受検に際しては実務経験が3年以上必要です。

ハウスクリーニングアドバイザー

掃除に関するプロの知識を持ち、的確な判断やアドバイスができるスペシャリストです。日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格の一つで、通信講座を利用して在宅学習を行うのが一般的。受験はインターネットから申し込み、試験も在宅で受けられるところがポイントです。清掃のプロが使用するツールや洗剤の知識が求められます。
ハウスクリーニングアドバイザーが活かせる仕事は、清掃業や不動産業、リフォーム業などです。資格を取得することで、スクールや自宅での講師活動をすることが可能になります。

ビルクリーニング技能士

ビルの委託清掃作業における技能を評価する国家検定資格です。公益社団法人全国ビルメンテナンス協会が主催しています。
ビルクリーニング技能検定には、等級が3級・2級・1級とあり、2級以上の受検には実務経験が必要です。また、外国人技能実習生向けの基礎級も用意されています。
資格を取得することによって清掃作業監督者を志すなど、キャリアステージを構築していけるのが特徴です。

清掃作業監督者

建築物清掃業の登録を行うための人的要件である清掃作業の監督を務める人です。作業員への指示出しや作業の工程管理、掃除の最終チェックなどを行います。
公益財団法人日本建築衛生管理教育センターが実施している講習を受けることが必要です。「1級ビルクリーニング技能士」または「建築物環境衛生管理技術者」の資格を取得していることが受講条件で、2日間の講習会を受けて理解すれば、ほぼ100%の確率で合格できます。

建築物環境衛生管理技術者

ビルの全体を管理する職業です。「ビル管理士」や「ビル管理技術者」と呼ばれています。公益財団法人日本建築衛生管理教育センターの主催する資格です。ビルに対して1人の管理士の設置が必要なため、需要の高さがあります
受講条件となる資格は、医師免許や一級建築士、特定の部門の技術士。資格以外の受講条件を満たすのは、指定の学校・学科を卒業し、かつ建築物の維持管理に関する実務経験を積んだ方のみです。
資格を取得するには、試験に合格する方法と、講習会を受講して取得する方法があります。

病院清掃受託責任者

病院が清掃業務を外部に委託する際に必要とされる人です。公益社団法人全国ビルメンテナンス協会が主催する講習では、医療法施行規則にある「受託責任者の病院清掃に関する知識」を学ぶことができます。
医療機関の清掃業務に3年以上携わっていることが受講条件です。講習は2日間で、その後の審査に合格することで取得できます。

清掃業のやりがいと魅力

人々の生活を支える清掃業には、以下のようなやりがいと魅力があります。

社会貢献できる

汚れているところを掃除したり、ごみを回収したりする清掃業は、人々が健康に毎日を過ごすために必要不可欠な仕事です。社会貢献度が高く、「人々の役に立っている」という誇りを感じられるでしょう。

達成感がある

「汚れを落としてきれいにする」という清掃業の仕事は、成果が目に見えて分かりやすく、達成感を味わえるのが良いところです。

日常生活に役立つ清掃スキルが身につく

清掃業の仕事で身につけた掃除スキルは、日常生活にも役立ちます。整理整頓する習慣や効率の良い手順、普段は手の届かないところの掃除のコツなどを身につけることが可能です。

感謝の言葉が仕事の励みになる

ハウスクリーニングやビル内清掃など、お客さまとコミュニケーションを取る機会がある職場の場合、感謝の言葉を直接かけられることが多いようです。「自分の仕事が誰かの役に立っている」という実感を得られるのは、清掃業の大きなやりがいの一つだといえるでしょう。

清掃業が向いている人・向いていない人

清掃業務にも向き・不向きがあります。下記を読んで、清掃業への就職を検討する際の参考にしてください。

清掃業に向いている人

清掃業に向いている人は、掃除が好きな人や黙々と仕事をこなせる人などです。

整理整頓が好きな人

日頃から整理整頓が好きな人は、清掃業の仕事が向いています。自宅の掃除が苦にならない人は清掃業に適しているでしょう。

単純作業が好きな人

清掃業は、同じ作業を繰り返し行うことも多く、単純作業を黙々とこなせる人が向いています。

人の役に立ちたい人

ゴミを回収したり、汚れをきれいにしたりする清掃業の仕事は、人の役に立つ仕事です。

清掃業に向いていない人

以下に当てはまる人は、清掃業に向いていない可能性があります。

片付けられない人

自分の家が散らかっていたり、汚れていたりしても気にならない人は、清掃業に向いていないでしょう。

潔癖症すぎる人

清掃業の仕事は潔癖すぎる人だと、汚れているものに触れない場合があるので向いていないようです。

朝が苦手な人

清掃業の現場によっては早朝に勤務することもあるので、朝が弱い人にも向いていないといえるでしょう。

仕事の向き・不向きを知ることは、就活をするうえで大切なポイント。「自分の適性に合った仕事の探し方」の記事では、仕事選びで適性を知る重要性について解説しています。ぜひチェックしてみてください。

清掃業のメリットとデメリット

ここでは、清掃業のメリットやデメリットを紹介します。良い点・悪い点を理解したうえで、清掃の仕事をやりたいかどうかを考えてみましょう。

清掃業で働くメリット

清掃業のメリットには、以下のようなものがあります。自分の能力や性格、求める労働条件と照らし合わせてみてください。

経験がなくても仕事が始めやすい

清掃業は「年齢不問」や「未経験OK」といった求人が多く、学歴も問われないことから、異業種から転職する人も。フリーターの人も挑戦しやすいでしょう。

人と接する仕事が苦手でも働きやすい

清掃業は黙々と一人で作業することがほとんどなので、コミュニケーションが得意ではない人でも働きやすいでしょう。「接客業が苦手…」という方にも適しています。

ダブルワークができる

清掃業の場所によっては、勤務時間が早朝や夜の求人もあり、短時間の作業になることも。一日のうちに空いた時間ができるため、ほかの仕事をすることができます。「ダブルワークをして稼ぎたい!」という人にもおすすめです。

清掃業で働くデメリット

デメリットには、業務内容に関わるものが挙げられます。自分に合わない仕事は早期離職につながりますので、清掃業の大変なところを理解したうえで転職を検討しましょう。

仕事内容が多岐にわたる

勤務場所によって異なりますが、業務の内容が多岐にわたることがあります。たとえば、病院の清掃業務では、医療器具の処分も仕事の一環です。その場合には定められた処分方法があるので、病院の指示に従うことが必要になります。また、ビルメンテナンスの仕事では、蛍光灯の交換をすることもあるでしょう。

衛生面の不安

ときにはしつこい汚れにも向き合うことがある清掃業。衣服や肌に汚れが付着したり、ホコリを吸い込んだりすることもありえます。清掃の仕事では作業員の衛生面に配慮がなされていますが、現場によっては病弱な人や潔癖な人はきついと感じることもあるでしょう

体力的な負担が大きい

清掃業は、業務内容によっては体力を使うこともあります。たとえば、同じ体勢で作業したり、立つ・しゃがむという動作を繰り返して作業したりすることも。大きな商業施設での掃除は、長い廊下をモップで掃除することもあり、体力的な負担がかかる場合もあります。

清掃業界で働きづらい人の特徴は、「清掃業に向いてない人とは?意外と知らない業務内容を理解しよう」の記事でもご紹介しているので、あわせてチェックしてみましょう。

清掃業の正社員に応募する際のポイント

求人数が安定しているぶん、比較的内定がもらいやすい清掃業ですが、正社員に応募する場合は自分の強みをしっかりとアピールすることが重要。ここでは、応募する際のポイントについて解説します。

清掃業に対する興味や適性を伝える

これまでに得た経験や知識などから、清掃への興味や自分に適性があることを伝えましょう。
たとえば、「集中力を活かして、短い時間で素早い掃除ができる」「黙々と作業を進めるのが得意なので、DIYを趣味にしている」など、自分の特技や好きなことと合わせた内容をアピールできると良いでしょう。また、現場によってはスタッフだけではなく、ビルや施設の管理人や居住者との交流も重要になります。そのため、コミュニケーション能力に長けていることも伝えられると、より効果的です

体力や健康面に自信があることを伝える

清掃業は身体を使って行う力仕事でもあるため、自分の体力や健康面に自信があることを伝えましょう。「学生時代は運動部に所属していた」「建設や介護の仕事をしていた」などの経験は、体力面をアピールしやすい材料となります。また、「週末に野球をしている」「毎日早朝にウォーキングをしている」など、日頃から運動をする習慣がある場合は、「基礎体力がある」と同時に、健康を維持するための「自己管理ができる」と採用担当者に好印象を与えることも。身近なことからアピールできる要素を見つけてみましょう。

清掃業の正社員になるための志望動機の例文

清掃業界で正社員を目指す場合の志望動機は、どのようなものが効果的か、未経験・経験者別に例を挙げます。

清掃業の経験がある場合

「貴社を志望したのは、去年祖母が入院したことにより、病院の清掃に興味をもったことがきっかけです。多くの病院から委託を受けている貴社で働きたいと思いました。私はこれまで、同じ清掃業界に2年携わってきました。ハウスクリーニングアドバイザーの資格を保有し、ハウスクリーニングを専門に行っていました。前職での経験を活かしつつ新たな技術を身に付け、患者さまが笑顔でいられる環境づくりに努めたいです。経験を積んで、ゆくゆくは病院清掃受託責任者の資格にチャレンジしたいと思っています。」

経験や資格があれば、即戦力で働けるという大きな強みをアピールできます。
また、「なぜ前職を辞めて転職しようと思ったのか」という理由を志望動機に含めると、説得力が増すでしょう
さらに、「患者さまを笑顔にしたい」といったような清掃業のやりがいにあたることを伝えることにより、その企業への志望度の高さを示すことができます

清掃業が未経験の場合

「清掃の仕事を志望した理由は、掃除をすることが好きだからです。掃除を好きになったきっかけは、子どもの頃に掃除の手伝いをして家族に褒められたことが嬉しかったからです。ある日、頑固な汚れがあって「どうやったら落ちるのか」と考えていたところ、祖母が「重曹を使うといい」とアドバイスしてくれて、古くからの知恵に感動しました。歴史のある貴社で、新しい清掃方法と古くからある清掃方法をさらに学んでいきたいと思っています。清掃業の仕事は初めてですが、体力には自信があります。学生時代の部活では陸上をしており、今でも毎朝のランニングを欠かさずしています。」

清掃業は縁の下の力持ちといった職業で、業務もハードです。未経験でも「清掃業をやりたい」という気持ちや体力があることを伝えることができれば、採用担当者に「仕事を続けてくれそうだ」と思ってもらえるでしょう。また、掃除に関する知識やスキルがある場合はぜひ伝えてください。
清掃業の面接について知りたい方は、「清掃員として正社員を目指すなら?仕事内容やメリットをご紹介」の記事でポイントをご紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

清掃業で年収アップを目指すなら正社員がおすすめ

清掃業は、「仕事内容がきつい」「給料が低い」といった印象を受けがちですが、資格を取得したり、現場経験からスキルを身につけたりすることで、年収アップも可能です。また、「清掃」は生活に必要不可欠であることから、正社員採用も比較的多く見受けられるのがポイント。清掃業に就きたい方はもちろん、フリーターから正社員を目指している方にも就職しやすい仕事といえるでしょう。

若年層の正社員就職をサポートするハタラクティブでは、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングをしたうえで、あなたに合った求人をご提案します。また、履歴書やエントリーシートの添削も行っているので、書類作成が苦手な方にも安心です。そのほか、面接練習やお悩み相談など、就職活動に関するあらゆるサポートをご用意。清掃業に興味がある方はもちろん、ほかの仕事を検討したい方にもおすすめです。サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION