新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒から総合職の正社員になれるのか?

既卒から総合職の正社員になれるのか?

公開日:

最終更新日:

既卒で正社員になりたいと考え就活をしているみなさん、希望の職種は決まっていますか?仕事を探す中で「総合職」という言葉を聞いて興味を持った方もいるかもしれません。総合職とはいったいどんな仕事なのでしょうか?

【関連記事】
既卒の就活「なぜ新卒で就職しなかったのか?」の上手な答え方と回答例7つ

◆総合職の仕事内容は?

・「総合職」と「一般職」

総合職とは、特定の職種を指す言葉ではありません。営業や企画、人事などさまざまな仕事を経験し、将来的には経営幹部を目指すポジションを総合職と呼んでいます。多くの場合、全国転勤を伴う異動があり、昇給や昇進の幅も大きくなっています。
総合職に対する言葉は、一般職。一般職は、総合職をサポートする事務職などのポジションです。総合職と同じ正社員であっても、仕事内容はマニュアル化されていることが多く、異動もほとんど発生しません。その分、昇給や昇進は総合職と比べてゆるやかなものになっています。
かつては男性と女性で分けられていたこの2つのポジションですが、男女雇用機会均等によって性別で仕事を分けることが禁止されたため、総合職と一般職という呼び名が生まれました。
「総合職」と「一般職」は主に正社員を新卒採用する際に使われる言葉で、転職や中途採用ではこの区分は設けられていないこともあるようです。ただし、若者の転職者を積極的に採用している企業では、総合職と明記された求人を出しているケースも見られます。

・総合職に該当する職種

総合職として採用される職種には、営業や販売、店舗経営などが多くなっています。人事や商品企画などに配属されることもありますが、中途採用の場合は営業や店舗系の職種がほとんどでしょう。求人の段階では総合職というくくりになっていても、就職してしばらくはほぼ営業だけを担当する、ということも少なくありません。

◆総合職に向いている人はどんな人?

バリバリ仕事をこなしていくというイメージの総合職。バイタリティにあふれ、仕事に対する向上心を持った人にぴったりです。営業職が多いので、人と接するのが好きな方やコミュニケーション能力に自信のある方にも向いています。
さらに、総合職には正社員として長期的に会社に貢献することが期待されているため、若さも重要なポイント。25歳程度までなら、第二新卒や既卒を募集している企業も見られます。
また、幹部候補という立ち位置から、学歴を重視する傾向が強いようです。

◆既卒から総合職になるには?

既卒向けの総合職の求人は、営業であれば一定の数が見られます。営業から始めてしっかりキャリアを積んでいく気持ちがある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
既卒でも卒業後3年以内・25歳程度までなら新卒と同等の求人に応募できると言われていますが、実際には卒業から1年以上経っていると空白期間が大きすぎるというイメージを抱かれてしまうことが多いようです。若さが重視される総合職への就職は、早期決断が大切と言えるでしょう。
ただし、海外留学などの事情で既卒になった場合は、新卒と変わらない人材と見なされることもあります。既卒である理由をポジティブに捉えられるなら、自己PRの材料にするのもおすすめです。


新卒向けの求人が多い総合職ですが、既卒にも就職できるチャンスはあります。総合職の正社員を目指している方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。フリーターや高卒、既卒、第二新卒の就職支援を専門に行なっているハタラクティブなら、あなたの就活をプロの目線でサポートすることができます。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ