プログラマーに未経験でなるのは厳しい?目指す方法や注意点を解説

プログラマーに未経験でなるのは厳しい?目指す方法や注意点を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・プログラミングスキルを身につければ未経験でも挑戦できる求人はある
  • ・近年のIT化に伴い人材が不足しているため、未経験でもプログラマーを目指せる
  • ・プログラマーにはWeb系やゲーム系、制御系などさまざまな種類がある
  • ・未経験者がプログラマーになるにはスクールなどに通うのがおすすめ

未経験でプログラマーになれるのだろうか?とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。向上心があり、プログラミングスキルを身につける学習意欲さえあれば、未経験から目指すことは可能です。プログラマーにはWeb系やゲーム系、制御系などさまざまな種類があります。ここではそれぞれの仕事内容や使用する言語、必要な知識・スキルなどを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

プログラマーは未経験でもなれる?

未経験でも、プログラマーになることは可能です。必須の資格などもありませんが、プログラミングスキルは必須。自分から積極的に学ぶ特性、粘り強い根性があれば、プログラミング言語を修得することが可能です。プログラミング言語は1つ習得して基礎を身につければ、ほかの種類の言語も覚えやすくなります。個人差はありますが、資格試験の勉強など、コツコツ継続して努力した経験があれば能力を身につけやすいでしょう。
また、近年の急速なIT化の進展と人口減少により、IT業界は人材が不足している傾向が続いています。そのため、未経験であっても人材を確保したいと考える企業も多いようです。未経験でプログラマーを目指す方は、「プログラマーは未経験でもなれる!その理由を解説!」にてプログラマーへの転職を有利にする方法やプログラマー未経験者に求められることなどを紹介していますので、ぜひご一読ください。

未経験プログラマーの求人はある?

未経験でも応募できるプログラマーの求人は存在します。厚生労働省のプログラマーの職種紹介によると、プログラマーとして実際に働いている人の28.8%が「実務経験は特に必要ない」と考えているようです。

参照元
厚生労働省職業情報提供サイト

ITエンジニア職では、プログラマーは入門的な職業。そのため、未経験可の求人を出している企業もあります。ただし、プログラマー経験のある人も応募してくるため、未経験の人は実務経験以外での自己PRが必要です。未経験可の求人では、プログラミングを学ぼうという学習意欲や向上心、積極性などを成長性などのポテンシャルが評価されるため、それらをアピールすると良いでしょう。

未経験でも目指せるプログラマーの種類

ここでは未経験でも目指せるプログラマーの仕事の種類を紹介します。
いずれも社会的に需要の高い職種ですが、近年はスマートフォンの市場が急速に拡大していることもあり、人手が追いついていない状況です。プログラム言語を習得し、専門的な知識や技術を身につけることができれば、比較的就職しやすい業界といえるでしょう。
あわせて、各種類で使用されるプログラミング言語も紹介しますので、就きたい仕事がある方はぜひ参考にしてください。

Web系

Web系プログラマーは、SEの設計案を基に、インターネットサービスを行うためのプログラムを開発します。通販サイトやブログ作成サービスなどで活躍し、現代のネット社会において、人々の快適な生活をサポートする大事な仕事です。使用するプログラミング言語は、Java、PHPなどです。

ゲーム系

ゲーム系プログラマーは、プロデューサーが作成した企画書を基に、ゲーム開発を行います。ゲーム企画内容をふまえつつ、キャラクターのアクションやステージ選択を行えるようにするなど、ゲーム全体の動きをつかさどる仕事です。ゲーム専用機器のみならず、近年ではPCや携帯など、活躍の場が広がっています。使用するプログラミング言語は、C、C++、Javaなどです。

アプリ系

アプリ系プログラマーの主な仕事内容は、スマートフォンやタブレット端末、PC向けのアプリを開発です。開発作業のなかには、プログラムの記述だけではなくテストとその結果起こったエラーの修正などの作業も含まれます。アプリの内容はSNSなどに限らず、ビジネスに使えるものやショッピングサイトなどさまざま。使用するプログラミング言語は、Java、C#、Swiftなどです。

汎用系

汎用系プログラマーは、銀行や企業の基幹システムを構築します。膨大な量のデータの管理をしつつ、コンピューターに動作の命令をするプログラムを作成する、安全性と信頼性が問われる仕事です。使用するプログラミング言語は、COBOL、FORTRAN、PRGなどです。

制御系

制御系プログラマーは、設計書に基づいて、テレビやエアコン、カメラ機器など、日常生活で使う機械にプログラムを組み込む作業を行います。人々の毎日の暮らしに欠かせない仕事です。使用するプログラミング言語は、アセンブラ、C、C++などです。

組み込み系

組み込み系プログラマーの主な仕事内容は、電子機器が正常に作用するように開発する業務です。電子機器というのは、電子レンジや体温計、DVDなど、日常的に使うことの多い身近なものが多く、人々の暮らしを支えている実感を抱きやすい仕事だといえるでしょう。使用するプログラミング言語は、C、C++、Javaなどです。
プログラマーの仕事の種類については、「プログラマーの仕事の種類はどんなものがある?」でも解説していますので、さらに多くの仕事を知りたい方はぜひご覧ください。

未経験プログラマーに必要な知識・スキル

プログラマーに必要なのは、プログラミング言語に関する知識だけではありません。ほかにもさまざまなスキルが必要です。ここでは未経験のプログラマーにも求められる知識やスキルを解説します。

システム開発手法に関する知識

システム開発手法とは、一般的にシステムの開発工程を構造化し、計画・制御するための枠組のことを指します。開発手法は、ウォーターフォールモデルやアジャイルモデル、スパイラルモデルなどさまざま。プロジェクト計画に携わる場合、これらのなかからプロジェクトの種類や状況に応じて、適切な選択する必要があります。また、プロジェクトの全体像を把握するためにも、システム開発手法への理解は必須です。

ソフトウェアの仕組みに関する知識

プロジェクトの最終目標は、ソフトウェアの開発をすることです。したがって、ソフトウェア開発を正しく行うために、エンコードや処理プロセスなどプログラムが動く仕組みとなるソフトウェア開発への理解が必要になります。

プログラミングスキル

企業によって求められるスキルレベルは異なりますが、プログラミング言語のスキルは必要不可欠です。未経験可の求人では、一般的に基礎レベル程度のスキルを求められていると考えられます。基礎レベル程度のスキルというのは、言語の基本構文を習得していることなど。また、一口にプログラミング言語といっても種類が豊富で、分野によって使う言語も異なります。

単体テストスキル

単体テストとは、プログラミングを終えたあと、そのプログラムのソースコードを1行ずつ実行して期待した動作をしているかチェックする工程を指します。開発工程で行う作業ですので、プログラミングスキルと併せて身につけておきましょう。

未経験者がプログラマーになるにはどう勉強する?

ここでは、プログラマーになるために必要な知識とスキルを習得するための勉強方法をご紹介しますので、自分に合った方法を見つけるための参考にしてください。

スクールや通信講座

スクールでは、講師の指導を受けつつ学べます。わからないことや行き詰まったことがあれば直接質問することができるため初心者におすすめです。未経験者でも最短2ヶ月程度でプログラミングスキルを習得できる講座もあるほか、インターネット上でプログラミングを教えてくれるオンラインスクールも開講されています。転職保証付きプログラミングスクールもあり、転職できなかった際には受講料を返金してもらえるものもあるようです。

独学

独学は時間に余裕がない方や、経済的に余裕がない方など学習コストをおさえて学習したい方に向いています。学習コストが低い一方で、不明点があっても自己解決する必要があるため、学習ハードルはやや高いといえるでしょう。

学校に入り直す

経済的・時間的な余裕がある方は学校に入り直すのもプログラマーを目指すための学習方法の1つです。大学や専門学校に入り直すことで、高額な費用はかかりますが、効率よく学習できるほか、就職でも有利に働くと考えられます。進学先を検討する際には、自分がどのようなプログラマーになりたいのか、分野などをできるだけ具体的に考えたうえで学校を選ぶようにしましょう。まずは学校の資料を取り寄せ、自分の目指すものに合った学校を選ぶことをおすすめします。

未経験からプログラマーを目指す際の注意点

ここでは未経験からプログラマーを目指す際に、注意しておくべきポイントを紹介しています。採用の際に企業がどのようなポイントをチェックしているかについても触れていますので、ぜひご確認ください。

大手企業はへの就職はハードルが高い

未経験でもプログラマーとして就職可能ですが、大手企業は難しい傾向があります。大手企業の場合、新卒採用で十分な人数を確保しているため、第二新卒など中途採用を行っていない場合も。募集があったとしても採用人数が少なかったり、応募者が多く倍率が高くなりがちです。したがって、経験者で採用枠が埋まってしまう可能性が高く、ハードルが高いと考えられます。
大手企業を目指すのであれば、プログラミングスキルはもちろんそのほかプログラマーに必要なスキル、社会人として必要なヒューマンスキルなどを身に着けておくと良いでしょう。

中途採用は社会経験が求められる

中途採用で欠かせないのは、社会経験です。プログラマー未経験可の求人であっても「働いていれば身につくであろう能力」は必須。これは仕事を円滑に進めるうえで必要な「上司や先輩への報告や連絡、相談の仕方」や「不明点があった際の質問の仕方」などを指します。企業によっては新卒研修で学ぶこともありますが、中途採用ではこれらのスキルを身に着けている前提です。社会人経験が一切なく、これらの能力も見についていないという場合は、内定獲得のハードルはぐっと上がってしまいます。
しかし、社会人スキルもプログラミングと同じように、学べば身につけられます。書籍やスクール、勉強会などさまざまな手段で学ぶチャンスがありますので、自分の社会人スキルに自信がない方は学習を検討してみてはいかがでしょうか。

熱意が重視される

プログラマー経験者の応募もあるなか、未経験という不利な立場でアピールするべきは「プログラマーになりたい」という熱意です。熱意を見せるためには、どれほど努力をしているか採用担当者など他者から見てもわかるような成果を示すと効果的。成果というのは、プログラマーになるために取得した資格や、身につけたプログラミングスキルを活かして作成したアプリなどを指します。
ただ「勉強をした」「本を読んでいる」「セミナーに参加した」など、それらの知識が身についたかわからないような報告では、採用担当者の意識には残りません。

スキルを身に着け、熱意もあるもののどのように採用担当者にアピールして良いのか分からない、という方も多いでしょう。そのような方は、就職支援サービスや人材紹介サービスを利用することをおすすめします。
プログラマーの仕事にはたくさん種類があるので、求人の概要をしっかり理解して応募することが肝心です。「自分で求人を選ぶのは不安」「自分のスキルでどんな仕事ができるかわからない」そんな方は、アドバイザーに相談しながら就職・転職活動を進められる就職支援サービスを活用するのがおすすめ。
若年層に特化した就職支援サービスのハタラクティブでは、20代を中心とした若者向けの就職サポートを実施しています。
「自分の適性に応じた仕事探しのアドバイスが欲しい」「未経験から正社員を目指したい」そんなお悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION