1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退からプログラマーへ!仕事内容と就職までの道とは

大学中退からプログラマーへ!仕事内容と就職までの道とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学中退者もプログラマーになることができ、活躍の場が広げられる
    ・プログラマーにはコミュニケーション能力や探求心、根気強さが求められる
    ・プログラマーになるには専門学校や職業訓練校などでの学習が必要
    ・大学中退で未経験からプログラマーになってもキャリアアップできる
    ・大学中退者はプログラミングスクールの年齢制限や採用面接での回答に注意する

大学中退からプログラマーへ!仕事内容と就職までの道とはの画像

プログラマーは未経験者歓迎の求人が多く、将来の安定性も期待できる仕事。そのため、大学中退後に就職を目指す方も多いのではないでしょうか?このコラムでは、プログラマーの仕事内容や向いている人、キャリアアップ例についてご紹介。大学中退でもプログラマーになれるのか不安に思っている方のために、プログラミングの学習方法も解説します。学歴に縛られることなく、専門的な知識やスキルを磨いていきましょう。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

プログラマーとは

プログラマーとは、主にプログラミング言語を用いてコンピュータのプログラムを作成する職業のことです。プログラマーの業務内容は、通信システムの整備やゲーム・スマートフォンアプリの制作、ソフトウェアの開発など多岐にわたります。知識とスキルがあれば最終学歴は問われず、経験と実力次第で活躍の場が広げられる仕事です。
IT市場が拡大している中、その作り手は不足している傾向にあるためプログラマーの需要は年々高まってきています。プログラム未経験者でも積極的に採用しようとする会社が多いのは、この人材不足を解消するためです。

プログラマーに向いている人

プログラマーに向いている人の画像

プログラマーは理系の仕事だとイメージしている方や、学歴がないと就職できない仕事だと思っている方もいるのではないでしょうか?実際には、文系や最終学歴が中卒・高卒の人も数多く活躍しているのがプログラマーの世界。会社がプログラム未経験者を採用する場合は、これまでの学歴よりも、その人の素質を重視する傾向があるようです。ここでは、どんな人がプログラマーに向いているかをご紹介します。


コミュニケーション能力がある人

プログラマーはパソコンに向かって黙々と作業をするイメージが強い仕事ですが、実はコミュニケーション能力が求められます。一人きりでの作業はほとんどなく、チームを組んでプロジェクトを進めるのが一般的なため、メンバーとの情報共有は欠かせません。相手の意図を把握し、自分の役割を判断して行動できる方に向いているでしょう。
チームのメンバー以外にも、クライアントや協力会社など社外の人と接することもあります。幅広い現場で活躍するプログラマーを目指すには、コミュニケーション能力を高めることが必要です。


探求心がある人

新しいことを積極的に学んだり、問題解決に向かって思考を巡らせたりすることが好きな方もプログラマーに向いています。
プログラマーを目指すために勉強するのはもちろんですが、プログラマーになった後も、日々進化するITの知識を積み重ねていくことは欠かせないでしょう。
またプログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書を元にプログラミングを行います。しかし、設計書には必要最低限の情報しか記載されていないため、プログラマーは自ら考えシステムを組み上げていかなければなりません。システムエンジニアが求める動作を実現するためにはどうすればよいのか、最適な答えを導き出す必要があります。


根気強く物事に取り組める人

プログラミングはコーディングと動作確認を何度も繰り返しながら進めていくので、試行錯誤をしながら作業するのが得意な方に向いています。
納期までにシステムを完成させたり、膨大なコードの中からバグの原因を見つけたりと、集中して作業に取り組まなければいけない局面も数多く出てくる仕事です。根気のある方であれば、自分が作り上げたシステムが無事に動いた喜びにやりがいを感じ、より前向きに仕事に取り組めるでしょう。

大学中退からプログラマーになる方法

大学中退からプログラマーを目指すには、まずプログラミングの知識を深めましょう。
プログラミングに関する基礎的な知識を身につけておいた方が、企業への採用率が上がる場合も。ここではプログラミングについて学ぶ方法をご紹介します。


専門学校へ通う

大学中退後、プログラミングを学べる専門学校に入学しなおす方法です。
学校や学科によって学べる内容が異なるので、あらかじめ資料を確認したり、自分がどんなシステム構築に携わりたいのかを考えたりして慎重に入学先を選びましょう。専門学校の受講期間には、短期で学べる1~2年制の学科や、通常の大学と同様4年制の学科があります。初年度納付金が100万~150万円ほどかかる学校が多いので、経済面でも通い続けられるかどうかを判断したうえで入学しましょう。


公共職業訓練

ハローワークの職業訓練校に通うのもプログラミングを学ぶ一つの方法です。
名称は様々ですが、どの地域の職業訓練校にもITに関する学科が設置されています。受講期間は6カ月の場合が多く、受講料が無料であることがメリットとして挙げられるでしょう。教材代を支払うこともありますが、1万円以下に収まるケースがほとんどです。条件を満たせば職業訓練期間中に給付金を受け取れることも考えると、最も低コストでプログラミングを学べる方法といえます。


参照元
厚生労働省
職業訓練受講給付金(求職者支援制度)


独学

プログラミングは独学で学ぶことも可能です。基本的な知識と経験だけ身に付け、研修制度が整っている企業に就職して早めに実践を重ねたいという方にとっては有効な方法の1つ。ただし、独学のみでプログラマーとして仕事が出来るだけの知識を得るには1000時間の学習を必要とするともいわれています。つまづいてしまった場合に相談する相手がおらず挫折してしまう人も少なくないので、根気強く取り組む覚悟が必要です。
書籍をじっくり読み込むのも良いですが、学習用のウェブサイトやスマートフォン向けアプリも公開されています。テキストより動画を見て学びたい方、実際にプログラミング作業をしてみたい方にはこちらがおすすめです。多くは無料で利用することができ、有料の場合でも月額1000円以内に収まるサービスがほとんどであるため、うまく活用すれば安価で知識を得ることができます。


プログラミングスクール

専門学校とは別に、プログラミングスクールも数多く開講されています。
どのくらいの期間に何回レッスンを受けるのかはスクールによってさまざま。通信制か通学制かは、きちんと卒業まで受講でき、就職を目指せるカリキュラムを選びましょう。また、学べるプログラム言語が限られているスクールもあります。言語の種類や、それらがどのように活かせるかが分からない場合は、スクールのカウンセリングや体験授業でプロに相談するのがおすすめです。


ここまでプログラミングを学ぶ方法についてご紹介しましたが、「勉強よりもとにかく実践経験を積みたい」という方は、プログラマーのアルバイトをしてみるのもおすすめです。全くのプログラム未経験者でも積極的に採用している企業も多く、勤務状況がよければそのまま正社員として雇用される場合もあります。数は限られますが、求人が出ているか探してみてもよいでしょう。

未経験からプログラマーになった後のキャリアアップ例

未<p>経験からプログラマーになった後のキャリアアップ例の画像

単にプログラマーとして就職するだけではなく、就職後のキャリアについても考えておきたいという方もいるはず。ここでは、プログラマー未経験者がどのようにキャリアアップしていくのか、一例をご紹介します。将来、自分がどのようにIT業界で活躍していきたいか考えてみましょう。


プログラマーの中にもステップがある

一口にプログラマーと言っても、その中には未経験者でも対応できる業務から、ある程度知識と経験を積まないと携われない業務までさまざまなものがあります。会社や人材の適正によって流れは異なりますが、一般的なプログラマーのステップアップの順序と業務内容をご紹介します。


テスト工程

未経験からプログラマーになった人の多くは、まずこのテスト業務を経験します。その名のとおり、プログラムが正常に作動するか、バグがないかを検証する作業です。


運用、保守

運用はシステムが最適な状態で作動するよう維持する作業、保守はトラブルや故障が起こった際に問題解決に当たる作業です。テスト工程同様、経験の浅いプログラマーがキャリアアップするために必ず通る業務といえます。


構築

運用・保守を経験したのち、いよいよプログラミング言語を用いてコードを書いていきます。プログラム未経験者が、いきなりこの業務を担当することはほとんどありません。この仕事が出来るようになったところで、ようやく一人前のプログラマーとしての一歩を踏み出せると言われています。


設計

この段階まで行くと、プログラマーではなくシステムエンジニアと呼ばれるようになります。すべてのシステムの元である設計にミスがあるとすべての作業が無駄になってしまうため、大変責任のある業務です。ある程度の経験・知識が求められることもあり、システムエンジニアとして就業している人の平均年齢は38.8歳(2019年時点)とやや高めになります。


プログラマーになった後のキャリアアップの流れ

ほとんどのプログラマーは上記の流れで経験を積んでいき、システムエンジニアを目指すことが多いようです。システムエンジニアになるとマネジメントを担当することもあるため、年収も大幅にアップします。
システムエンジニアになったあとは、プロジェクトマネージャーを目指すことも可能。プロジェクトマネージャーは開発現場全体の責任を負い、人員配置や開発予算、納期までのスケジュールを組み立てるため経営に近い仕事です。技術力やマネジメント力はもちろん、判断力や決断力も求められるため容易に務めらるものではありませんが、活躍の場は圧倒的に広がります。
また、近年では社内で昇格せず、フリーランスで活躍する人も増えています。会社に縛られることがないため、自分の得意な工程に集中的に携わったり、自由に勤務時間や勤務日数を調整したりすることができるようです。また、うまくスケジュールを組み継続的に仕事を獲得できれば、会社に勤めるよりも高収入を得られる可能性もあります。ただし、経験値や技術力がものをいう世界なので、常にスキルを磨き、日々更新される情報を学び取る姿勢は忘れないようにしましょう。


参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種

大学中退後の就職活動で気を付けるポイント

プログラマーは学歴よりも経験や知識が問われる仕事。大学を中退していても、学歴を理由に企業に採用してもらえなかったり、キャリアアップしにくくなることはほとんどないでしょう。
とはいえ、いくつか注意しなければいけないこともあります。大学中退からプログラマーを目指す際には、以下のポイントに気をつけましょう。


プログラミングスクールによっては入学条件がある

プログラミングスクールでは専門学校よりも短期間で学ぶことができますが、受講料が無料のスクールには入学条件が設けられている場合がほとんどです。
特に注意しなければいけないのが年齢制限。多くは18歳以上であれば入学可能ですが、中には22歳以上でないと入学できないスクールもあります。また上限は30歳以下としているところがほとんど。大学中退後、フリーター期間が長かった人は注意が必要です。年齢が上がるほど卒業後の就職も難易度が高まりますので、早めの受講をおすすめします。


面接で中退理由を聞かれやすい

プログラマーに限らず、どの仕事の面接でも、大学の中退理由について質問されることが予想されます。この質問にうまく答えられず、就職活動に苦労する方も多いようです。
多くの企業の採用担当者は「大学を中退したように、仕事もすぐに辞めてしまわないだろうか」と不安を抱いているため、それを払拭しなければ内定を勝ち取ることは難しいでしょう。「授業がつまらなかった」「勉強をおろそかにしてしまって留年してしまった」など、相手にマイナスイメージを与えるだけの回答は避け、中退の反省を活かす前向きな姿勢や、働くことへの熱意を示すことが重要です。


プログラマーとして就職したいのに自分に合った企業が見つからない、なかなか面接がうまくいかず内定が出ないという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、大学中退者を応援する就職エージェントです。丁寧なカウンセリングにより希望条件を伺い、あなたに合った企業をご紹介します。また、応募書類の添削や面接対策など、就職活動に必要な準備をすべて無料でサポート。プログラマーとして活躍できるよう、一緒に就職活動を成功させましょう。

大学中退者向け!プログラマーに関するお悩みQ&A

ここでは、大学中退者向けのプログラマーに関するお悩みをQ&A方式で解決します。


未経験からプログラマーになれますか?

未経験者にもチャンスはあります。
プログラマーは、理系向きの仕事で専門知識が必要なイメージがありますが、未経験でも採用されやすい仕事です。近年、急速なIT分野の発展とそれに伴うIT人材需要の増加で、IT人材が不足している状況。そのため、多くのエンジニアやプログラマーを必要とする企業では、未経験であっても人材を確保し、自社で1から育てようという場合も少なくありません。詳細は「プログラミング未経験…それでも就職のチャンスはある!」をご覧ください。

大学中退からプログラマーになる方法は?

まず、プログラミングに関しての知識を深めましょう。
就職活動前に、プログラミングの書籍や講座を参考に勉強することをおすすめします。数は限られますが、プログラマーの短期アルバイトをして知識を深める方法も。アルバイトでも研修制度が充実している企業もあり、基礎からプログラミングを学びたい人はぜひチェレンジしてみましょう。詳しい方法は、このコラムの「大学中退からプログラマーになる方法」をご参考にしてください。

大学中退者の就活方法は?

大学中退者は基本的に中途採用枠での応募になります。
大学中退者の場合、新卒ではなく中途採枠の求人に応募しましょう。また、最終学歴は「高卒」になるので、「高卒歓迎」と書かれている求人は受かりやすい傾向にあるといえます。中途採用枠の場合、若さの他に「即戦力」が求められるので、プログラマーになりたいならある程度知識を深めておく必要があるでしょう。大学中退者の求人に関しては、「大学中退者向けの求人とは」で詳しく説明しています。ぜひチェックしてみてください。

なるべく低コストでプログラミングを学ぶ方法は?

公共職業訓練の受講をおすすめします。
ハローワークで実施している公共職業訓練では、低コストでプログラミングを学ぶことが可能。科目は、IT、事務、医療、介護、建築、デザイン系など幅広く展開されています。基本的に受講料無料で、給付を受けながら受講できるメリットがあります。受講方法やコースの詳細などについては、「公共職業訓練とは?」のコラムをご確認ください。

フリーター歓迎求人紹介

インフラエンジニア

仕事内容

社員全員が自立したエンジニアになってもらうため、まずはエンジニアとしての基盤づくりからしっかり行います。入社前に 「CCNA」 という国際IT資格取得のための宿泊研修( 約1ヶ月 )を行います。同期と一緒に研修を受けるため、わからないところは教え合い、支え合いながら学生時代にタイムスリップしたかのように成長できる環境です。研修費用、宿泊費用 ( 水道光熱費含む ) は会社が全額負担!食事も会社が (一部) 提供します。専任の講師陣が全力であなたのエンジニアデビューをサポートします!


求める人物

★学歴不問!!エンジニアとして⼿に職をつけていきたい⽅歓迎★ ・まじめにコツコツと前向きに取り組める方! ・ワンマンではなくチームで仕事に取り組みたい方! ・周りと明るくコミュニケーションが取れる方!


給与

月給:193,000円 〜


勤務地

東京都


勤務時間

8:30~17:30


休暇・福利厚生

通勤手当・扶養手当・資格手当・健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・年末年始休暇・慶弔休暇

ハタラクティブ利用者の体験談

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    名前:Iさん 年齢:27歳 性別:男性
    学歴:大卒 職業:エンジニア

    before

    警備・イベント運営(アルバイト)

    after

    エンジニア

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    名前:Yさん 年齢:26歳 性別:男性
    学歴:大卒 職種:ネットワークエンジニア

    before

    ホール・キッチンスタッフ

    after

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    大学中退からSEを目指す

  • image

    既卒者がプログラマーになるには

  • image

    未経験からプログラマーになるには

  • image

    プログラマーの仕事の種類はどんなものがある?についてのページ

  • image

    プログラマーの仕事に役立つ資格とはについてのページ

  • image

    高卒の正社員プログラマー

  • image

    プログラマーについてのページ

  • image

    プログラマーは未経験でもなれる!その理由を解説!

  • image

    プログラマーって未経験でもなれる?

  • image

    未経験からプログラマーを目指せる?主な仕事内容とは

  • image

    第二新卒で正社員プログラマーへ

  • image

    大学中退就活のお役立ちコラム

  • image

    プログラミング未経験…それでも就職のチャンスはある!

  • image

    大学中退から目指すWEBデザイナー

  • image

    大学中退者向けの求人とは

  • image

    未経験からプログラマーを目指すにはについてのページ

  • image

    ニートからプログラマーへ就職することはできる?

  • image

    就活アドバイザーが教える!プログラマーのお仕事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる