大学中退からSEを目指す

学歴や職歴を不問と記載する求人が多く見られるSEは、正社員を目指す大学中退者にオススメの職種です。

近年は文系の方でもSEとして就職する方がよく見られ、多くの方にチャンスがある仕事と言えます。
就職先候補の職場はどのような企業があるか、具体的な仕事内容はどのようなものか、選考で有利な資格は何か、向いている人はどのようなタイプかなど、大学中退からSEを目指す方のお役立ち情報をまとめました。

SEの職場一覧

SE業界は学歴・職歴を問わず幅広く募集されています。
その主な理由は、現代のインターネット社会で人々が求めるサービスを実現するには日本の技術がまだまだ追いついていないためです。

より多くのアイディアを募るために常に正社員求人は多く出ています。
なので就職活動で大学中退やフリーターの経歴が比較的ネックになりにくい職種と言えます。

SEが活躍する業界はWEB系やゲーム系、基幹系など数多くあります。
募集がある業界の種類だけでも豊富な上に各業界に属している企業の数もかなり多いので、求人選びで迷ってしまうことがあるかもしれません。
なので自分がどのような環境で仕事をしたいか、あらかじめ大体の見当をつけておく必要があるでしょう。

SEの仕事内容

SEの主な仕事はどの業界でも基本的には同じで、システムを設計することやエラーを修正することです。

システム設計の完成締め切りは必ず守らなければならず場合によっては徹夜で作業することもあり得ます。
かなり集中力を求められる仕事なのであらかじめある程度の体力があったほうが良いでしょう。

世の中のニーズを常に把握しておくことと顧客が自分たちの企業にどのようなことを求めているのかを正確に理解することが重要なので正社員になる前にコミュニケーション能力を身につけておいたほうが就職してからSEの仕事がしやすくなります。

大学中退者やフリーターでも求人の選択肢が数多くある職種ですが、自分の志望する業界の中でも企業によって仕事のやり方が異なる場合があるので、あらかじめ求人をよく確認することをオススメします。

就職に有利な資格

SEの正社員の募集要項には『資格不問』と記載されている求人は多くありますが、自分の志す業界が定まっているのであればその業界の仕事で役立つ資格を取得しておいたほうが就職活動を始めたときに有利でしょう。

SEやプログラマーなどIT業界の技術職を目指すならプログラミング言語を取得することをオススメします。
プログラミング言語には多くの種類があり、業界によって需要が異なります。WEB系の企業を目指すならPHP、ゲーム系ならJavaなどが代表的です。

これらの言語はほとんど受験資格を問われないのでプログラミング未経験の大学中退者やフリーターでも受験可能です。しかもいずれも独学で取得を目指せるものなので、コツコツ努力できるというPRが就職活動でできるでしょう。

SEに向いている人のタイプ

SEは理系の男性というイメージが強いですが、求人の募集条件の幅が広いため近年では文系の方や女性で就職する方も増えてきています。

大学中退やフリーターにもオススメできる正社員職種として紹介されるように、SEには経歴や性別を問わず色々な方がいますが、SEに向いているのはどのようなタイプの人なのでしょうか。
仕事は体力的に厳しい面があるので、体力がある方に向いています。

体力以外にも集中力が不可欠なので粘り強い性格の方にもピッタリでしょう。
また常に世の中のニーズをいち早くキャッチして応える仕事なので、流行に敏感な方もSEに向いています。

そして何より、顧客の求めるものの本質を見抜く力がある方はどの業界でも需要があるのではないでしょうか。
今後求められる人材は、以上の4点に加えて新しいアイディアを生み出せる方と他のSEよりも特化した専門領域を持つ方でしょう。

SEは募集対象が幅広いため、就職活動で大学中退という経歴はあまりネガティブな影響を及ぼさないでしょう。

しかし業界も求人もあまりに多いので、どこが自分に合っているかわからなくなってしまうことがあるかもしれません。

ハタラクティブにご相談いただければアナタに合った求人をコンサルタントがご紹介いたします。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

SEは常に正社員求人が多く出ていて、募集対象も広いので大学中退者やフリーターが就職しやすい職種と言えます。

働く業界は多くありますが、基本的な仕事内容はシステムの設計や修正です。
選考に有利な資格は独学で取得できるものが多くあります。

今後SEには斬新な発想や他のSEに負けない強みが求められるでしょう。

ページトップへ