大学中退者の将来はどうなる?その後の進路をご紹介

大学中退者の将来はどうなる?その後の進路をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 大学中退者は、一般的に物事を途中で投げ出す人であると捉えられる
  • 中退後の行動次第では、意欲的な人など良い印象に変えられることもある
  • 大学中退した人は、大学や専門学校に入り直す人と就職する人に大きく分けられる
  • 正社員に就職するには、大学中退の理由がきちんと説明できるかどうかがポイントとなる

大学中退が最終学歴だと就職するのに不利になる、といわれていますが事実なのでしょうか?
このコラムでは、なぜ多くの人が大学中退だと就職に不利になると思うのか、理由を紐解いていきます。大学中退に対するイメージや、大学中退者のその後を確認しながら、正社員を目指す方法をご紹介。このコラムを参考に、正社員就職への一歩を踏み出しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学中退すると将来は暗い?

大学中退をすると、就職に不利になると考えられがちです。
確かに、大学中退をすると最終学歴が高卒になるため、大卒者以上を対象とする求人に応募できないなど、就職が難しくなることは十分にあり得ます。また、一般的には中退をすると「物事を途中で投げ出す人」という印象を与えてしまうことも。いざ正社員の就職活動をするとき、この印象が大きな足枷になってしまうことも考えられるでしょう。

しかし、大学中退者の将来は必ずしも暗いわけではありません。
独立行政法人労働政策研究・研修機構が実施した調査(28p)によると、大学中退者の26.4%が正社員として働いていることが分かります(大学院中退も含む)。

大学を中退した後の進路は人によって大きく異なります。
大学中退に対する「物事を途中で投げ出す」というネガティブな印象も、中退後の行動次第では「意欲的」「行動的」「将来のビジョンをしっかり持っている」などポジティブに変えられるでしょう。

大学中退が改めて将来を考えるきっかけになり、結果的に大卒者よりも進路の幅が広がる人は多いです。大学中退後の未来を明るいものにするためには「中退後に何をするか」が大切。自分自身と向き合って考えてみましょう。

大学中退が就職に与える影響については「大学中退して後悔する理由とは?ポジティブな捉え方や就活への影響も紹介」のコラムも参考にしてみてください。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
調査シリーズNo.138大学等中退者の就労と意識に関する研究

大学中退者の状況と5つの主な中退理由

大学中退の理由は学力不振や学生生活への不適応などが主な原因です。以下、大学中退者の状況について見ていきましょう。

大学中退者の状況

文部科学省の「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生への支援状況等に関する調査(令和3年8月末時点)」によると、令和3年4月から8月にかけての大学中退者の数は1万1862人で、全体の学生数の0.4%です。
この中でもっとも多い理由は経済的理由によるもので20.7%、次に多いのが学生生活への不適応で17.2%、次いで転学、企業・就職と続きます。
ここから、経済的理由を除けば学生生活への不適応が主な原因であることがうかがえるでしょう。

参照元
文部科学省
学校に関する状況調査、取組事例等

大学中退の5つの主な理由

大学中退の主な理由は、以下の5つです。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1.経済的理由

経済的理由は大学中退理由としてもっとも大きな割合を占めます。実家の収入状況の悪化などが主な原因です。詳しくは後述しますが、このように経済的理由で辞めざるを得なかった学生のため再入学制度を設けている大学もあります。

2.学生生活への不適応

次に多い理由は、学生生活への不適応です。「入学後友人ができなかった」などの理由で大学に通うのが苦痛になり、徐々に通わなくなってしまう場合が多いでしょう。

3.他の学校に転学

入学したものの、自分の学びたい学問ではなかった場合や想定していた資格が取れないといった場合には、他の学校への転学を選ぶ人も。他大学の編入試験を受ける、専門学校に入りなおすといった進路があります。

4.就職

大学生として学ぶより働きたいという人や起業のために中退を選ぶ人もいます。中退理由が前向きなため、この場合には就職に不利に働く可能性は低いようです。

5.学業不振

単位が取れず留年してしまったなどの学業不振も中退理由の一つ。友人と一緒に行動できなくなるためにやる気がなくなってしまった、どうしても苦手な科目の単位が取れずに中退を余儀なくされたなどその背景はさまざまです。

大学の中退率について詳しく知りたい方は「大学の中退率は高い?低い?理由や就職に与える影響を解説!」のコラムが参考になるでしょう。

大学中退のメリットとデメリット

大学中退には学費がかからなくなるといったメリットの一方で、奨学金の返済や就職に不利になる可能性があるといったデメリットがあります。以下、詳しく見ていきましょう。

大学中退のメリット

大学中退することによって得られるメリットは、学費がかからなくなること。
大学を中退するとそれ以降の学費がかからなくなるので、経済的負担が少なくなります。また、奨学金を借りている場合も金額が増えないので返済予定額が減るでしょう。社会人になってから奨学金の返済に苦労する場合も多いですが、そのリスクを減らすこともできます。
また、大卒の人より早く社会に出られるのも中退のメリット。
同期の人より早く就職でき、一足先に社会人として経験を積めます。早く働き始めたぶん、同学年の人よりも習熟度が上がっているでしょう。

大学中退のデメリット

大学中退による主なデメリットは、奨学金を借りている場合は返済の必要があること。中退しても借りたぶんの返済義務があります。大卒の資格を取れなくても返済しなくてはならないので、スムーズに就職できなかった場合には返済に困ることもあるでしょう。
さらに、冒頭で述べたように、大学中退という経歴に対し「途中で物事を投げ出す」といった印象をもつ採用担当者は多いので、選考で不利になる可能性も。よって、中退後になかなか就職が決まらない可能性も考えられます。

大学中退者後の主な5つの進路

大学中退の理由は「大学に行く意味を見出せなかった」「他の目標が定まって別の進路を選択した」「経済的な理由などで中退せざるを得なかった」など人それぞれです。なかには遅刻や欠席、勉強不足などの理由で単位が取れず中退に至ったという人もいます。いずれにせよ大学を中退したからといって、そこで人生が終わるわけではありません。大学中退後の主な進路は、以下のとおりです。

1.他の学校に入り直す

別の大学に入り直す人、専門学校で技術を学ぶ人など、他の学校に入り直す選択をする人は少なくありません。特に、中退理由が「ほかにやりたいことが見つかった」という場合はこの進路を歩む傾向があるようです。
大卒・専門卒で就職するのに比べれば年数はかかりますが、自分に必要なスキルや知識を堅実に身につけられる、将来を見据えた勇気ある選択といえるでしょう。

2.就職する

大学中退者のなかには、大卒者よりも一足早く就職活動をするという人もいます。
大学全入時代ともいわれている昨今、とりあえず大学に入ってから進路を決める場合も少なくありません。目的なく大学に進学したものの「このままじゃいけない」と思い立つ人や大学に行く意味が見いだせず働きながら生きがいを見つけることにした人、大学を卒業しなくてもやりたいことはできるという人、経済的理由から早く就職に踏み切った人など、就職を選択する理由はさまざまです。
どのような理由でも、大学を中退して別の道に進むなら自分自身で判断し、責任ある対応を取る必要があります。その覚悟や行動力、責任感は就職活動においても現れるでしょう。

3.公務員試験を受ける

公務員試験には年齢制限があっても学歴は要件に入らないため、勉強をして大卒程度の試験を受けるのも一つの手です。近年公務員試験は人気があり狭き門ですが、時間をかけて勉強し面接や論文対策をすれば、合格する可能性があるでしょう。

4.ニートやフリーターになる

大学中退者に対し、ニートやフリーターといった印象を持つ人も。実際、遅刻や勉強不足によって退学した人に多い選択肢のようです。
目的がなく辞めざるを得なかったため、将来のことだけでなく今したいことや生きがいもはっきりしていないでしょう。

5.資格取得のための勉強をする

目指すものがある場合には、すぐに就職せず資格取得のための勉強をする人もいるようです。就きたい仕事に必須資格がある場合には有効な手段でしょう。しかし、特に目指す仕事もなく漫然とした意識で勉強するなら一刻も早く就活を始めたほうが正社員になれる可能性が高まるといえます。

6.再入学を検討する

どうしても大学を卒業したいのであれば、再入学を検討するのも良いでしょう。経済的理由などやむを得ない事情で中退せざるを得なかった人に向け、大学側は再入学制度を設けている場合があります。再入学制度は中退後数年以内に申請をすると大学に籍を置けるようになるというもので、中退時に取得していた単位を持ち越しできるのが特徴です。できれば復学したいという人は、所属していた大学に再入学制度がないか調べてみるのをおすすめします。

なかには「夢中になっていることがあったため、勉強や通学に割く時間がなかった」という人もいるようですが、実際に関連する仕事に就くことはあまりないようです。また、「アルバイトに夢中で退学してしまった」という人も、大学中退後そのアルバイトを通して正社員になる人は少ないでしょう。
大学進学には広い視野や深い知識を得たり、大学ならではの人間関係を構築できたりといったメリットがあります。しかし、これらにメリットを感じられないのであれば大学に通う意味は見いだせないでしょう。そのとき夢中になっていることに重きを置きたいがために大学を中退しても、前述したように関連する仕事に就く例は少ないもの。いっときの感情や熱意に任せて中退を決意しても、将来につながるとは限りません。大学中退後、やむなくニートやフリーターになってしまった人は、一度将来をじっくり考えてみるのをおすすめします。

大学中退者が正社員を目指すのに必要な3つのこと

大学中退者が正社員を目指す場合はなるべく早く就活に取り掛かったり、採用されやすい仕事を選んだりすると良いでしょう。以下、心がけるべき3つのことをご紹介します。

1.なるべく早く就活を始める

大学を中退したらなるべく早く就活を始めましょう。なぜなら、正社員の採用は年齢が若いほうが有利だからです。一人で就活を進めるのが不安なら、後述する就職支援サービスを利用するのも良いでしょう。「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」では、正社員就職を目指すなら20代のうちを勧めています。詳細はコラムをご確認ください。

2.採用されやすい業界や職種を選ぶ

大学中退した人が就活をする際には、採用されやすいかどうかで業界や職種を選ぶのも一つの手。学歴を重視する企業の求人に応募すると中退にネガティブな印象を持たれやすいからです。よって、「学歴不問」といった記載がある求人を選ぶと良いでしょう。「大学中退からの就職、おすすめの職種は?」のコラムでは、大学中退の方におすすめの仕事を紹介しています。

3.大学中退の理由を明らかにする

前述のように、大学中退後に正社員を目指すという人は多いです。
しかし、大学中退者が就職活動を成功させるには、まず大学中退の理由を明確にしておくことが重要でしょう。大学中退の理由は、面接で必ずといっていいほど聞かれる項目です。また、中退理由を明確にすることで就職に対する強い意思を示せます。中退理由をどう伝えていいか分からなければ、「大学中退理由はどう伝える?嘘はNG?履歴書や面接での説明方法を紹介」が参考になるでしょう。

大学中退者が正社員として就職するコツ

大学中退者が正社員を目指すには「中退理由の伝え方に気をつける」「内定を得るまで諦めない」といったことが必要となるでしょう。以下、詳しくご紹介します。

1.大学中退の理由を前向きに伝える

大学中退はネガティブに取られやすいので、中退理由と就職を選んだ理由の伝え方には工夫が必要です。中退理由の内容がネガティブなものならそこからどう考え、就職しようと思うに至ったかを前向きに説明すると良いでしょう。採用担当者が見たいのは中退した事実よりも「社会人として働く覚悟があるかどうか」です。前向きな内容につなげることで、社会人として働く準備ができていることをアピールしましょう。
大学中退者の就活のポイントについて詳しく知りたい方は「大学中退者の就職はなぜ厳しいのか?理由と就職活動のポイントを解説」のコラムも併せてご覧ください。

2.内定を得るまで諦めない

大学中退者は新卒枠には入れないうえ経験豊富な社会人経験者がライバルになります。また、企業の採用担当者から「すぐに物事を投げ出してしまう」という悪いイメージを抱かれることも。よって、就職活動に苦戦する場合もあるため、しっかりと事前準備を行いましょう。
また、学歴より本人の熱意を重要視する企業は多いので諦めないことも成功の秘訣といえます。

大学中退者が取り組むべき4つの選考対策

大学を中退した人が取り組むべき選考対策は、以下の4つです。時間をかけてじっくり取り組みましょう。

1.自己分析

まずは、自己分析で自分の好き嫌いや得意不得意を見つけます。これまで取り組んできたことを振り返って、箇条書きにして出してみましょう。いくつか出し終わったら、それらが活かせる仕事はどんなものか考えてみてください。自分の知っているものだけでなくできるだけ多くの仕事を検討するのがおすすめです。このとき、仕事だけでなく働き方に着目したりどんな形で携わる仕事が向いているかを分析したりすると、求人を選ぶ際によりミスマッチを防げるでしょう。

2.業界・企業研究

働きたい業界や応募したい企業が決まったら、できるだけそれらについて調べてみましょう。受けたい企業は業界でどんな立ち位置なのか、事業内容にはどんな特徴があるのかなど、できるだけ俯瞰的に見るのがポイントです。また、業界の現状や今後の課題、求められていることなどについても分析しておくと志望動機の作成や面接に役立ちます。

3.履歴書の作成

履歴書を作成する際には、基本的なマナーをひととおり押さえておきましょう。また、中退の場合は学校名のあとに「中途退学」と書きますが、やむを得ない事情や前向きな理由の場合は簡潔な理由を添えておくとネガティブな印象を持たれにくくおすすめです。

4.面接対策

面接対策では、中退の理由やその経験を踏まえてどのように考えたのかなどを明確に答えられるようにしておきましょう。採用担当者が見ているのは、主に「自社でうまくやっていけるか」や「社会人として働く覚悟ができているか」です。よって、採用担当者のそれらの不安を払拭するような内容を考えるのがポイント。また、時間を計りつつ実際話したときのスピードや内容を調整しながら面接練習をするのをおすすめします。その際には、家族や友人に協力してもらうと良いでしょう。

大学中退者の就職活動の進め方

大学中退者の就職活動には、以下の3つの進め方があります。自分に合ったものを選び、正社員就職へ一歩を踏み出しましょう。

1.就職サイトを利用する

就職サイトはすぐに求人を探せるうえに自分の好きなときに利用できるのがメリットです。また、求人数も多いので多くの仕事に出会えるでしょう。デメリットとしては求人数が多いので自分の希望する求人を見つけにくいことや、一人で就活を進めなくてはならないことが挙げられます。一人でマイペースに就職活動を進めたいという人に向いているといえるでしょう。

2.ハローワークを活用する

ハローワークは扱う求人数が多いうえに管轄地域の求人に強いのがメリットです。よって、働きたい地域が決まっている人に向いています。また、無料の就職セミナーや職員による就職相談が受けられるのも魅力です。欠点としては支援対象が幅広いので自分に合った求人に出会いにくい点や、職員が忙しいためあまり頻繁に就職相談を受けられない点が挙げられるでしょう。

3.就職エージェントを活用する

就職エージェントは民間企業の運営する就職支援サービスです。運営企業によって扱う業界や支援対象が異なるので、自分に合ったサービスを選べば希望の求人に出会いやすいのがメリット。また、専任の就活アドバイザーが求人紹介や企業とのやり取り、選考対策まで就職活動を全面的にサポートしてくれるのも嬉しい点でしょう。デメリットを挙げるとすれば就活アドバイザーを通じて活動するため、アドバイザーが紹介する求人でないと応募できない点。しかし、就活アドバイザーはプロの目線で求職者がもっとも受かりやすい求人を選んで紹介しているので、自分で選んだ求人より選考にとおる可能性が高いといえるでしょう。

大学中退をして将来が不安な方は、就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは20代のスキルや経験が少ない方に対し、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人をご紹介しています。大学中退から正社員になりたいという方には専属の就活アドバイザーが最初のカウンセリングを通じてお悩みやご希望を伺い、就職活動のアドバイスを行います。また、就活アドバイザーが求人紹介から起業とのやり取り、選考対策まで全面的にサポートいたしますので就活に不安のある方も安心です。ハタラクティブのご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

大学中退の方の就職に関するQ&A

大学中退の方の就職に関し、よくある質問と回答をまとめました。

大学中退後の主な進路は?

大学中退後の進路には一般企業への就職のほか転学や公務員試験受験、資格取得のために勉強するといったものがあります。就職のために大学を中退した場合は就活への影響はあまりありませんが、ネガティブな理由の場合はある程度就職に不利になるといえるでしょう。大学中退後の進路でお悩みの方には「大学中退後の人生…後悔しないために考えること」のコラムをご参照ください。

大学中退者は正社員になれない?

大学を中退した方も正社員になることは可能です。応募する際には学歴不問やポテンシャル重視といった特徴を持つ求人を選ぶのがポイントといえるでしょう。また、未経験者を歓迎する傾向がある人手不足の業界を選ぶのも手です。大学中退と就職時の評価の関連性については「大学中退の学年で就職時の評価は変わる?」のコラムも参考にしてください。

大学中退者におすすめの仕事は?

大学中退者におすすめなのは、IT業界や介護業界といった未経験を歓迎する企業の多い業界や営業職など実力主義の職業です。どちらも比較的学歴を重視しないので、大学中退をネガティブに捉えられにくいといえます。高収入の仕事について知りたい方は「大学中退後に稼げる仕事とは?高収入を狙える職種をご紹介」のコラムも併せてご覧ください。

大学中退後、就活に踏み出せません…

大学中退後就活に踏み出せないなら、就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。民間企業の運営する就職エージェントでは、専任の就活アドバイザーがカウンセリングや求人紹介、選考対策まで就活を全面的にサポートしてくれるのが魅力です。ハタラクティブでは20代のスキルや経験の少ない方に向けて就職活動のサポートを行っておりますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ