正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限

公開日:

最終更新日:

正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限の画像

フリーターから正社員へ!ひとつ目の分岐点となる27歳

フリーターが就職活動を行って正社員を目指せるのは何歳まででしょうか?

その答えとして一般的によく言われるのは30歳です。中小企業であれば20代は若手として歓迎してくれるところが多くあるでしょう。

しかし、30歳を越えると正社員として採用される可能性は低くなっていくでしょう。さらにいうなら、できれば27歳になる前に就職を決めておきたいところです。

フリーターが正社員になったとしても、その日からすぐに企業が期待する水準の仕事ができるわけではありません。
一人前になるのに3年かかるとして27歳で入社した場合は30歳を越えてしまいます。採用する側としても30歳までに重要な仕事をまかせられるか、30歳をすぎても教育をしないといけないかで印象がずいぶん変わってきます。
それに、27歳といえば新卒で入社した者はキャリアが5年になり、優秀な人材は何らかの役職に就く時期です。
彼らと比べることで、採用担当者のチェックも厳しくなってしまいます。逆に言えば、26歳までであれば、実績や経験よりもやる気を重視するところも多く、チャンスは大いにあります。

最終ラインの40歳

フリーターから正社員を目指す場合、30代になると格段に就職成功率が低くなってしまいます。

しかし、30代前半ならまだ頑張れば可能性はあります。本格的に厳しくなるのは35歳を越えてからです。

現在は求人広告に理由もなく対象年齢を記載するのは禁止されていますが、現実には多くの企業がキャリア形成を理由に35歳までの年齢制限を設けています。
対象が35歳以上の場合もありますが、それでも上限は40歳まででしょう。

つまり、40歳を過ぎると正社員として採用してくれる会社はほとんどないことになります。会社側としても40代の人にゼロから新人教育を施すのは厳しいと考える傾向にあります。
したがって、「何歳までが正社員を目指せるか」という問いかけに対しては、40歳が最終的な目安といえるのではないでしょうか。

何歳まででも可能性はゼロではないものの20代までに就職を決めるのが理想

もちろん、40歳がタイムリミットだといっても、それは一応の目安にすぎず、その歳を越えるとフリーターが正社員になれる確率がゼロだというわけではありません。

知人や身内の縁という形であれば年齢に関係なく就職は可能ですし、本当に人手が足りない会社であれば40代での正社員採用もありうる話です。極論を言えば、社員になるには何歳までという上限はないとさえいえるでしょう。
その代わり、年齢を重ねるほどに選択肢は少なくなっていきます。特に、35歳を越えれば正社員にさえなれるのならどんな会社でもかまわないという覚悟が必要です。

ある程度広い選択肢の中から自分に合った仕事を選びたいのであれば、やはり20代のうちに就職するほうが良いでしょう。

また、一度正社員の職につけば、たとえ30歳を過ぎて会社をやめることになったとしても、アルバイト経験のみのフリーターと比べると格段に次の仕事が探しやすくなるでしょう。そういう意味でも、20代で正社員になっておいた方が賢明です。

ただ、自分一人でフリーターから正社員を目指すのは難しい面も多いので、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。
特に、ハタラクティブは、20代を中心とした既卒・フリーター・第二新卒の就職支援活動に特化しており、就活アドバイザーがマンツーマン体制でサポートをしています。しかも、サービスはすべて無料です。フリーターから正社員を目指したいという方はお気軽にご相談ください。

正社員の年齢に関する疑問Q&A

正社員になるのに年齢が気になる…という人は多いでしょう。ここでは、正社員の年齢に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

正社員になるのに年齢制限はありますか?

正社員になるのに明確な年齢制限はありません。とはいえ、社会人未経験の場合、ポテンシャル採用のある若いうちのほうが就職しやすいのが現実。30代を超えると経験や能力が採用で重視されるようになります。そのうえ、求人数自体が減少する傾向があるため、できるだけ若いうちに就職活動をしたほうが良いでしょう。詳しくは、「フリーターが就職できる年齢はいくつまで?」をご覧ください。

就職するのに年齢は関係ありますか?

何歳までに就職しなければならないという決まりはありませんが、就活と年齢は全く関係ないとはいいきれません。新卒採用を受ける場合、20代前半であることが一般的。既卒や第二新卒でも25歳前後でしょう。そのため、新卒や既卒、第二新卒向けの求人に30代が応募すると、採用ニーズが合わない恐れがあります。そのほか、就職と年齢の関係を詳しく知りたいなら、「就職に年齢は関係ある?ベストタイミングは?」を参考にしてみてください。

ニートは何歳まで正社員になれますか?

就業経験のないニートの方の場合、30代手前までに就職するのが良いでしょう。就職活動をするのに「◯歳まで」という具体的なルールはありません。ただし、30代を過ぎると経験や能力を評価されるようになります。年齢が上がるにつれ採用ハードルも上がるため、就職活動は厳しいものになると心得ましょう。「ニートからの就職、年齢にリミットはあるの?」からも、ニートの方向けの情報をご覧いただけます。

30代ニートでも正社員就職は目指せますか?

38歳ニートは正社員になれる?就職の方法とポイント」によると、30代のニートの方が就職活動をするのは一定の難しさがありますが、十分目指すことは可能でしょう。就職活動のポイントは、「なぜ30代まで就職しなかったのか」をしっかり説明できるようにするとともに、1日でも早く就職に向けた行動を起こすことです。いますぐ就職活動を始めたい方、プロのアドバイスを聞いてみたい方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ