新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. アルバイトスタートの正社員ってアリ?

アルバイトスタートの正社員ってアリ?

公開日:

内定通知書(採用条件通知書)の内容が正社員じゃなくてアルバイトスタートだった場合どうすればいいか?

フリーターから就活をして、念願の内定通知書をいただきました。しかし雇用形態はアルバイトと記載されています。面接官は「ほとんどの方が正社員になっている」と言っていましたが、心配です。アルバイトスタートでも正社員になれるのでしょうか?

契約社員から正社員になる場合はよくあります。しかしアルバイトから正社員になれることはあまりないのが現状です。採用担当者に正社員登用の実例を確認してみてください。また、内定を受けるにあたってのチェックポイントを頭に入れておくのもおすすめです。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

【契約社員やアルバイトからスタートさせる企業の事情】

アルバイトスタートの正社員ってアリ?

正社員登用制度を謳っている企業には、3つの傾向があるといえるでしょう。

◆企業にとって必要な人材かを見極めたい

フリーターや高卒、既卒から正社員への入職に留まらず、第二新卒からの転職であっても「自分に合わない」「やりたいことと違う」という理由で1年も経たないうちに辞めてしまう方が多くいます。企業からすると、人材育成にかけた時間と労力、コストなど全てが無駄になる、避けたい事例といえるでしょう。損失を出さないよう「会社に合っているか」「正社員になったらどんな活躍をしてくれるのか」と時間をかけて見極めているのです。

◆職種などによっては経験を必要としています

業種や職種によっては、アルバイトを中心に運営している企業もあります。特に、サービスや販売、飲食系などは、アルバイトとして現場職の経験を積んでから正社員に配置していることも多々あるようです。現場で業務内容や来店する顧客の傾向、知識などを学ぶことで、そのノウハウを活かして働いてほしいといった希望があるからといえるでしょう。

◆コスト削減の場合も?

下記でもふれていますが、実例確認や職場見学の依頼に対して、あまり良い反応を示さない場合は、人件費を抑える目的で「アルバイトスタートの正社員」としているケースも考えられます。

【アルバイトから正社員を目指してと言われたらどうしたらいいのか?】

採用条件で「まずはアルバイトから」と言われた場合どうすればいいのか、確認しておきたいポイントを見ていきましょう。

◆実例を確認する 

採用担当者に、正社員登用制度が適用される条件と、過去の事例を確認しましょう。
中には「10年前に1名、正社員登用制度を活用した」という企業が応募者を増やすために正社員登用制度を謳っていたり「現在活躍している正社員が退職したら」という時にしか適用されない場合もあります。
「実際に何人がアルバイトで採用され、入社してからどれくらいの期間を経て正社員になったのか」という質問をしてみてください。具体的な数字の回答があれば、制度を活用している可能性が高いといえるでしょう。

◆職場見学を依頼

契約前に職場見学をお願いしてみるのも、1つの判断材料になります。
どんな職場で、どんな人たちが、どんな姿勢で仕事に取り組んでいるのかを見学してみることで、より具体的に就職後のイメージを膨らませることができるからです。
その際に、実際に正社員登用制度を利用した人の話や、正社員登用制度の詳細を聞いてみたいと打診してみてはいかがでしょうか。

◆やりたいこと、身につくスキルなどをチェック

上記を確認した上で、自分が本当にその会社で働きたいのか、もう一度検討してみてください。
「どうしてこの求人を選んだのか?」「アルバイトとしてでも、この会社でその仕事をしたいのか?」「もし正社員になれなかった場合のプランはあるのか?」という点は特に重要です。
アルバイトとして長期期間勤務しても、キャリアには反映されません。
万が一、3年後に転職したくなったら…ということを考えたら、他社や社会に通用するスキルが必要となってくるでしょう。アルバイトでも、専門性の高いスキルや資格を取得することは可能です。しかし、それはその会社内だけで通用するレベルで、いざ就職活動をする場合には、年齢と経験に見合ったより高いスキルを求められることもあります。
「この企業のアルバイトで身につくスキルは、他社でも通用するのか?」という部分にも注目してみましょう。

◆正社員同様の働きが必要

正社員登用制度を活用している企業が見ているのは、正社員と同様、もしくはそれ以上の働きをしているか、という点。
「アルバイトとして入職した」「責任のある仕事が振られない」とアルバイトの意識で働いていては、正社員になることはできないでしょう。
自ら率先して仕事に取り組んだり、コミュニケーションをとったり、意見を交わしたりと、積極的に動いていく姿勢が必要です。

【他の企業を受けてみるのもあり】

仕事に対する姿勢が評価されて適用されるのが正社員登用制度。責任のある仕事に携われないアルバイトは、評価対象に含まれないことが多いといえるでしょう。
正社員募集だったのに、採用条件通知書でアルバイトスタートとしている企業は、少し不審な点があるのは否めません。
もし、その企業にどうしても入職したい、という理由がなかったら、他の企業の求人募集の中から検討してみるのもいいでしょう。


内定通知書を出すと、大きな理由がない限り企業側から内定を取り下げることはありません。フリーターから脱却したい、と焦らず、しっかり自分の意思ややりたいことを明確にした上で、その会社で仕事を続けるのか検討してみてください。


関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました…

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?