アルバイト経験のみの人は職務経歴書をどうする?書き方の見本をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 職務経歴書コラムTOP
  4. >
  5. アルバイト経験のみの人は職務経歴書をどうする?書き方の見本をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就業経験がアルバイトのみでも職務経歴書に記載しよう
    ・応募企業で活かせる経験やスキルはアルバイトのみでもアピールできる
    ・就業経験がアルバイトのみの人は、職務経歴書で正社員への適性を示そう
    ・職務経歴書は適度な改行や箇条書きで読みやすく仕上げよう
    ・面接でフリーターになった理由を聞かれたら正直に答えよう

アルバイト経験のみの人は職務経歴書をどうする?書き方の見本をご紹介の画像

働いた経験がアルバイトのみだと、職務経歴書の書き方に迷う人が多いでしょう。
職務経歴書には正社員経験を書くのが普通ですが、フリーターの人はアルバイトの経歴を書いてOK。雇用形態がアルバイトでも、応募企業で活かせるスキルは積極的にアピールできます。
このコラムでは、職務経歴書でのアルバイト経験の伝え方や、履歴書の職歴欄の書き方を解説。応募書類の書き方を知って、就職への第一歩を踏み出しましょう!

就業経験はアルバイトのみ!職務経歴書に書くべき?

アルバイトしか就業経験がないフリーターは、職務経歴書にアルバイト経験を書きましょう。
企業の採用担当者は、職務経歴書から応募者がどんな仕事をしてきたのか、仕事を通してどんなスキルを身につけたのかを読み取ろうとしています。アルバイト経験から企業が求めるスキルや人柄があると分かれば評価のされるので、アルバイト経験は積極的にアピールしましょう。


アルバイト経験を書いた方が良い場合

フリーター期間が長い人

何の職務経歴もないと、「何もしていなかったのでは?」と思われてしまいます。フリーター期間が長く正社員経験がない人は、アルバイト経験を使ってスキルをアピールしましょう。


正社員退職後の離職期間が長い人

基本的に、正社員経験がある人はアルバイトの職歴を記載する必要はありません。ただ、退職後の離職期間が3ヶ月以上あると、「ブランクの間に何をしていたのか?」と思われます。退職後にアルバイトをしていた方は、その旨を記載した方が良いでしょう。


アルバイト経験を書かない方が良い場合

正社員から正社員にブランクなく転職する場合、過去のアルバイト経験を書く必要はありません。また、新卒の職歴欄にもアルバイト経験は書かないのが一般的です。
新卒でアルバイト経験をアピールしたい場合は、自己PRや「学生時代に頑張ったこと」の質問で回答するようにしてください。


職務経歴書の項目

フリーターが職務経歴書を書く場合も、記載する項目は正社員と同様です。職務経歴書の形式は自由ですが、以下の内容は基本項目として盛り込みましょう。


職務要約

今まで経験した仕事について大まかに記載する項目。職務経歴書の冒頭に職務要約を入れることで、面接官は応募者のプロフィールを簡単に理解できます。
1日に多くの応募書類を読む面接官は、職務要約を読んでその後の内容を読むか判断することもあるようです。


職務経歴

在職した会社や自分が担当した業務、在職期間について詳しく書きます。実績は数字を使うと分かりやすく説明できるでしょう。


資格・スキル

志望企業の業務で活かせる資格やスキルを書きます。
資格名は「英検」などの略称ではなく、正式名称で書くのがルールです。語学試験を受けていない人は、「ビジネス会話ができるレベル」というように、具体的なレベルが伝わるように書くと良いでしょう。
事務職ならパソコンスキルが有効ですがが、こちらも「Word(ビジネス文書作成)」「Excel(基本的な関数の使用、表やグラフの作成)」という具合に、何がどれくらい使えるのかを示してください。


自己PR

応募企業で活かせるスキルや経験をアピールしましょう。強みがいくつかあるときは、それぞれに見出しをつけると読みやすくなります。
アルバイト経験を通して得たスキルや仕事への姿勢が伝われば、雇用形態に関係なく企業の評価を得られます。


志望動機

なぜ志望業界や企業を選んだのかを記載します。志望動機は他社でもいえる内容では熱意が伝わらないので、応募企業だからこその理由にすることがポイント。
企業の事業内容や特徴を理解し、どこに魅力を感じたのかを洗い出しましょう。また、競合他社を調べることでも、応募企業の独自性や業界での立ち位置が分かります。


職務経歴書で自己PRするときのポイント

職務経歴書で自己PRするときは、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?


正社員の適性を示そう

社員経験がない人が自己PRするときに意識したいのが、正社員の適性を示すこと。フリーターは「仕事への責任感がない」「物事が長く続かない」という先入観を持たれがちなので、自己PRを通して仕事への意欲を伝えましょう。
仕事の意欲や責任感をアピールするには、アルバイト中にしていた自分なりの工夫や仕事に対するスタンスを説明するのが効果的。企業側も、「アルバイトに一生懸命取り組んでいた人なら、正社員になっても活躍する可能性が高い」と感じられるでしょう。


結論から書き、具体的なエピソードを入れる

自己PRは「結論→理由(具体的なエピソード)→まとめ」の流れで作成しましょう。最初に結論(私の強みは〇〇です)を持ってくると、読み手がその後の話を想像しやすく、文章の理解が深まります。
結論の後には、結論を裏付ける具体的なエピソードを入れてアピールに説得力を持たせてください。
最後のまとめでは、強みを活かしてどのように貢献していきたいのかを述べたり、1日も早く戦力になりたいと意欲を示したりするのが効果的です。


応募先で活かせる経験をアピールする

企業が求める人物像を把握したうえで、「私の〇〇の経験を活かせます」とアピールしましょう。自分が強みと思う要素でも、応募企業で活かせないことは響かないので注意が必要です。
たとえば、リーダーシップがある人材を求める企業に、「縁の下の力持ちとして仲間を支えられる」とアピールしても効果的ではありません。営業職ならコミュニケーション能力、事務職なら正確に作業する力という風に、職種に合った強みを伝えます。
企業のニーズを把握するには、求人や公式Webサイトの情報を通して、求められる人物像を推測しましょう。


「これから」の熱意を伝える

企業は正社員経験がない人の採用では、「入社後にどれくらい貢献してくれそうか」というポテンシャルを重視しています。
正社員経験がある人に比べてスキルが未熟なのは仕方がないので、その分熱意や入社意欲が伝わるアピールをしましょう。
たとえば、現時点で業務に活かせる資格がなかったとしても、「〇〇資格に向けて勉強中」と書くことで向上心を示せます。


職務経歴書へのアルバイト経験の書き方見本

フリーターの方は、複数のアルバイトを掛け持ちしたり、今までにいくつかのアルバイト先を経験していることも多いと思います。たくさんのアルバイトを経験してきた人は、勤めていた期間が長かったバイト先や、応募先企業の仕事内容に関連するアルバイト先をピックアップして書きましょう。
具体例は以下の通りです。


職務経歴の例

平成○○年○月~平成○○年○月
株式会社△△ アルバイト
担当業務:ストアスタッフとして接客販売業務を担当。
○年目からは、商品管理や後輩の指導を任されました。
商品に関する知識を積極的に身につけ、接客技術の向上に努めています。

職務経歴書の文章は1文が長くなりすぎず、適度な改行で読みやすく書くのが鉄則です。担当業務や身につけたスキルは箇条書きでもOKなので、読み手の目線になってわかりやすい記述を心がけましょう。


履歴書の職歴欄へのアルバイト経験の書き方見本

一般的には、アルバイトは職歴には含まれません。しかし、職務経歴書と同様に、フリーター期間が長い人や正社員を退職した後のブランクが長い人は、職歴としてアルバイト経験を記載しましょう。


アルバイトだと分かるように書く

履歴書にアルバイトの職歴を記載する際は、アルバイトだと明確に分かるように書きましょう。アルバイトにもかかわらず正社員として働いていたように記述すると、「職歴詐称」と判断される恐れがあります。
職歴詐称は内定取り消しや入社後の処罰につながる可能性があるので、履歴書の経歴は正確に記載するようにしてください。


学生時代のアルバイト経験は書かない

学生時代のアルバイト経験は職歴として書かないのが一般的です。応募企業と関連の深い業種でない限りは記述する必要はありません。

短期のアルバイトを繰り返している場合

すべて記入しても構いませんが、スペースが足りなければ省略してもOK。その場合は、「短期アルバイトとして10社に勤務」などとシンプルに経歴を伝えましょう。
履歴書の職歴欄はぱっと見に分かりやすいことが歓迎されます。アピールしたい業務内容なども、詳細は職務経歴書に記述すると良いでしょう。


履歴書への書き方見本

2015年4月 株式会社ハタラクティブ(アルバイト)入社
2017年8月 株式会社ハタラクティブ 自己都合により退職
2017年9月 短期アルバイトとして10社に勤務

短期のアルバイトを繰り返している人は、「物事が続かない」と思われがちです。そのため、職務経歴書では、アルバイト経験を通して得たスキルや入社意欲、就職への熱意をしっかりと伝えましょう。


応募書類作成の注意点

些細なミスでマイナス評価を受けないためにも、履歴書・職務経歴書を作成する際は以下の項目に気をつけましょう。

・誤字脱字に注意
・修正液は使わない
・紙にシワがないか確認する
・丁寧な字で書く
・空欄をつくらない
・文末表現は統一する
・西暦、和暦は統一する


書き終わった応募書類は必ず読み直し、誤字脱字をチェックしましょう。誤字脱字が多いと、「仕事でもミスが頻発するのでは?」と思われ評価が下がってしまいます。応募書類は修正液を使わないのがマナーなので、間違いがあれば新しい用紙に1から書き直してください。
また、紙にシワや汚れがあると「マナーが悪い」「自社への意欲が低い」と捉えられます。紙を汚してしまった場合も同様に書き直しが必要です。


応募書類は面接官が読みやすい丁寧な字で書くことも大切です。よく、「字が下手で…」と自信をなくす人がいますが、応募書類の文字は達筆でなくても丁寧に書けば大丈夫。雑に書くと読みにくいばかりか、「入社意欲がない」と思われるので気をつけましょう。
空欄の項目も入社意欲を疑われる原因になるので、応募書類の項目はすべて埋めるようにしてください。記載する内容がない項目は、書き忘れと思われないように「特になし」と書きましょう。履歴書の本人希望欄は、希望がない場合は「貴社の規定に従います」と書けばOKです。


応募書類の語尾は「である調」と「ですます調」のどちらでもか構いませんが、履歴書と職務経歴書で統一しましょう。
また、日付欄や学歴・職歴欄は和暦・西暦のどちらを使っても良いですが、こちらも応募書類全体で統一するように気をつけてください。


面接で正社員を選ばなかった理由を聞かれたときの答え方

フリーターの就職活動では、面接で正社員を選ばなかった理由を聞かれることがあります。企業がこの質問をするのは、「自社で長く働いてくれる人材か」を確かめるため。
以下で紹介するポイントに気をつけて回答を考えましょう。


事情を正直に説明する。

正社員が大変だからという理由でフリーターになった人は、「企業に伝えにくい…」と思うでしょう。嘘の理由を答えたくなる気持ちも分かりますが、面接では正直に話すことをおすすめします。
なぜなら、その場限りの嘘はすぐに見破られますし、回答を深堀りされたときに矛盾が生じてしまうからです。特にベテランの面接官は、応募者の嘘やごまかしにすぐ気づくでしょう。


反省すべきところは素直に反省する

フリーターになった理由に反省点があると感じる人は、素直に反省を述べるましょう。特に、「何となくフリーターになった」という人は、過去の反省を示すことが大事。そのうえで、今は就職の意思があることをアピールしましょう。
面接では嘘をついてごまかすよりも、素直に反省していると話すことで誠実な印象を与えられます。


これからの目標を語る

企業は応募者の過去よりも、「これからどうしたいのか」「入社後にどのように活躍してくれそうか」というポテンシャルに注目しています。
面接では、過去を取り繕うよりも今後の目標や展望を語ることが大切。これからどんな風に働きたいのか、何を努力していきたいのかを述べましょう。


フリーターから正社員を目指すには、就職エージェントの利用がおすすめです。
内定率80.4%(2015年7月)のハタラクティブでは、企業別にポイントを押さえた応募書類の作成や面接対策に取り組んでいます。
専門アドバイザーが親身になってサポートしており、就活に関する悩みや相談にも対応。求人サイトには掲載していない非公開求人を多数取り揃え、あなたの希望に合った仕事をご紹介させていただきます。
ハタラクティブを活用し、正社員として新しいキャリアを築いていきましょう!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ