アルバイトとフリーターの違いは?正社員になるメリットも解説!

アルバイトとフリーターの違いは?正社員になるメリットも解説!の画像

この記事のまとめ

  • アルバイトとフリーターに法律上の違いはない
  • 企業が求人を出す際に、便宜上「フリーター」と「アルバイト」を使い分けている
  • 「アルバイト」は放課後に短時間で働く学生を指す傾向にある
  • フリーターと正社員は、収入や雇用期間の定めの有無などに違いがある
  • フリーターと正社員は、社会的信用度や受けられる福利厚生にも違いが出てくる

アルバイトとフリーターの違いを疑問に思う方もいるでしょう。アルバイトとフリーターに明確な違いはありませんが、言葉の使われ方にちょっとした違いがあります。
このコラムでは、アルバイトとフリーターがどのように使い分けられているのかを具体的に解説。また、パートや正社員、ニートなどとの違いにも触れています。自分にとってどのような働き方が合っているのか考えたい方は、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • ホワイト企業の見分け方は?
  • 受かりそうな求人は?
不安な仕事探し、私たちが0からサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

アルバイトとフリーターの違いとは?

アルバイトとフリーターの違いとは?の画像

アルバイトとフリーターに法律上の違いはなく、どちらも「パートタイムで働く従業員」として区分されます。企業が求人を出す際に、積極的に採用したい層へ訴えかけられるよう、便宜上使い分けられる場合が多いようです。また、アルバイトとフリーターの雇用形態はどちらも「非正規雇用社員」です。

詳しくは、「フリーターとパート・アルバイトの違いは?社会保険についても解説!」で解説しているので、あわせてご覧ください。

35歳以上の場合は呼び方が変わる

一般的にフリーターは、パートタイムで働く従業員のなかでも15~34歳の若年者を指すことが多いようです。パートタイムで働く35歳以上の人や、本業とは別にパートタイムとして副業をしている人は、「非正規労働者」といった呼び方でフリーターと区別されることもあります。

未経験OK多数!求人を見てみる

企業はアルバイトとフリーターをどう使い分けている?

企業はアルバイトとフリーターをどう使い分けている?の画像

ここでは、一般的な「アルバイト」と「フリーター」の定義とあわせて、企業が両者をどう使い分けているかを解説します。また、主婦や学生向けの求人でよく見かける「パート」についても見ていきましょう。

フリーター

先述したように、フリーターとはアルバイトで生計を立てている人のなかでも若年者を指すことが多いようです。ただし、若者であっても、学生や正社員の本業がある人は含まれません。

フリーターの特徴は、学生に比べてシフトの融通が効きやすく、フルタイムで長期勤務が可能なこと。若い人材を安定的に確保したい企業にとって、採用ニーズが高い傾向にあります。また、アルバイトで働く人材はシフトに入る回数や契約期間の自由度が高い働き方ができるため、あえて「フリーター」という言葉を使用する企業もあるようです。

アルバイト

アルバイトという言葉は、学生をメインとした若者を対象に使うことが多いようです。ただし、正社員として働いている人が副業でアルバイトをする場合もあるため、学生だけでなく幅広い範囲での短時間労働をイメージして使用されているといえます。
アルバイトはあくまで本分を優先し、限られた時間内で働くことが多いでしょう。

パート

パートは、その名のとおり「パートタイム従業員」の略称で、アルバイトとほぼ同義で使われます。パートの特徴は、平日の昼間に時短勤務を希望する人が多いほか、家族の扶養内で働きたいと考える人が多いことです。そのため、短時間の労働を希望する主婦・主夫層を採用したいときに用いられる傾向があります。
また、主婦・主夫がパートタイムで働く場合は家族が出かけたあとの日中9時〜16時ごろまで働く場合が多いようです。

アルバイト・フリーター・パートと正社員の違い

アルバイトやフリーター、パートはいずれも企業と非正規雇用契約を結んでいる人です。正規雇用契約を結んでいる正社員とは、給与面、待遇面、社会的信用度、雇用の安定性など、さまざまな面で違いがあるでしょう。

非正規雇用社員は、正社員と比べてシフトの融通が効きやすく、自由に働けるのがメリットです。その反面、雇用が不安定なことや社会的信用度の低さ、正社員と比較したときの収入の低さなどがデメリットといえます。長い視野で考えると、フリーターやアルバイトのまま生活するリスクはそれなりに大きいでしょう。
フリーターを続けるリスクについては「フリーターのままだとどうなる?悲惨な末路を回避するには就職がおすすめ!」で詳しく解説しています。

一方、正社員はアルバイトやフリーターと比べて仕事の自由度は低いものの、収入が多かったり福利厚生や各種手当を受けられたりするメリットがあります。アルバイトやフリーターに適用される福利厚生や手当もありますが、正社員限定のものも少なくありません。
また、昇給やキャリアアップ、スキルの向上が望めるのもフリーターと正社員の違いです。社会的信用も得られるので、人生設計を立てやすいのも正社員のメリットといえます。

正社員とフリーターの違いについては、「正社員との差って?フリーターとその他の雇用形態の違い」のコラムもあわせてご覧ください。

フリーターと正社員の収入の違い

フリーターと正社員の収入の違いの画像

厚生労働省の「令和5年賃金構造基本統計調査」によると、正社員・正職員以外の平均月収は22万6,600円であるのに対し、正社員の平均月収は33万6,300円でした。

 正社員非正規社員
男女計33万6,300円22万6,600円
男性36万3,600円25万5,000円
女性28万1,800円20万3,500円

※年齢計
引用:厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査(6)雇用形態別にみた賃金

上記より、正社員と非正規社員の収入には10万円前後の開きがあることが読み取れます。フリーターと正社員の給与の違いについて詳しく知りたい方は、「フリーターと正社員の収入の違いはどれくらい?就職のためのコツも解説」をチェックしてみましょう。

参照元
厚生労働省
令和5年賃金構造基本統計調査 結果の概況

フリーターを続けるのがつらいなら正社員がおすすめ

フリーターを続けるのがつらいなら正社員がおすすめの画像

フリーター生活に不安を感じていたり、アルバイト先の仕事と相性が悪かったりする場合は、正社員になることを検討してみるのがおすすめ。フリーターやアルバイト、パートから正社員を目指すことは可能ですが、年齢を重ねるごとに就職は難しくなる傾向があります。正社員になりたい方は、1日でも早く就職活動をスタートすることが大切です

正社員就職の方法や仕事探しについては、「フリーターから正社員になるには?就職活動の基本や受かりやすい職業を紹介」で詳しくご紹介しています。

アルバイトやフリーターから正社員になる6つのメリット

アルバイトやフリーターから正社員になる6つのメリットの画像

働く方のなかには「フリーターで何が悪いの?」と疑問に思う方もいるでしょう。「フリーター・アルバイト・パートと正社員の違い」でも触れたとおり、正社員にはフリーターにはないいくつかのメリットがあります。ここでは、アルバイトやフリーターから正社員になる6つのメリットをご紹介するので、現在フリーターとして働いている方は参考にしてみてください。

アルバイトやフリーターから正社員になるメリット

  • 収入が大幅に上がる
  • 雇用が安定する
  • スキルが身につく
  • 正社員限定の福利厚生を受けられる
  • 入居審査やローン審査にとおりやすくなる
  • 責任のある仕事ができるようになる

1.収入が大幅に上がる

フリーターから正社員になると、収入が大幅に上がるのがメリットの一つです。「フリーターと正社員の収入の違い」で紹介しましたが、正社員と正社員以外の平均月収には約10万円の差があります。

また、前出の厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査(6)雇用形態別にみた賃金」によると、20~24歳時点での正社員と非正社員の収入はそれぞれ22万8,700円と19万4,800円と差があまりない一方、55~59歳になると40万4,800円と22万1,700円という結果に。年齢が上がるにつれて、正社員と正社員以外の賃金格差が広がっていることが分かるでしょう。
給与が少ないことに悩んでいるフリーターの方は、正社員になることも検討してみてください。

参照元
厚生労働省
令和5年賃金構造基本統計調査 結果の概況

2.雇用が安定する

正社員は雇用期間に定めがないため、原則的に定年まで安定して働き続けられるのもフリーターやアルバイトとの違いです。よほどのことがなければ解雇されないので、経済的に安心して生活することができるでしょう。

3.スキルが身につく

フリーターやアルバイトと比較すると、正社員は専門的な仕事や責任のある仕事を任せられやすいといえます。そのため、仕事をしていくうちにスキルが身につき、よりやりがいのある仕事にチャレンジすることもできるでしょう。また、企業によっては正社員向けに資格取得支援制度や特定の業務の研修制度が用意されているため、さらなるスキルアップも目指せます。

4.正社員限定の福利厚生を受けられる

フリーターやアルバイトから就職すると、正社員だけの多種多様な福利厚生を受けられるのも大きなメリットです。どのような福利厚生があるかは企業によって異なりますが、住宅手当や施設利用の割引、社内のサークル活動などさまざま。フリーターやアルバイトに適用される種類もあるものの、正社員と比較するとその範囲は限られています。

5.入居審査やローン審査にとおりやすくなる

正社員になると社会的信用度が高くなり、入居審査やローン審査にとおりやすくなる傾向があります。また、毎年のおおよその年収が予測しやすくなるため、家や車の購入、結婚など、まとまった費用の掛かるライフプランの予定を立てやすくなるでしょう。

6.責任のある仕事ができるようになる

正社員になると、アルバイトよりも責任のある仕事を任されるようになります。そのため、アルバイトよりもやりがいのある仕事ができるようになることがメリットです。責任のある仕事を任されるとそのぶんスキルも上がるため、収入アップにもつながるでしょう。

正社員になるデメリットはある?

正社員になるデメリットは、基本的にフルタイム勤務を求められることや、仕事の責任が大きくなることなどが挙げられます。「働き方を自由に決めたい」「縛られたくない」という方にとっては、息苦しさや苦痛を感じてしまうこともあるでしょう。しかし、これらのデメリットを考慮しても、正社員になるメリットのほうが大きいといえます。
また、近年は働き方の多様化が進み、フルリモート勤務や時短勤務、週4勤務など自分に合った働き方を選べる企業も。「週4勤務の正社員になれる?メリット・デメリットや求人の探し方をご紹介!」のコラムで週4勤務の正社員について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ハタラクティブキャリアアドバイザー後藤祐介からのアドバイス

自分に合った働き方が分からない場合には、就職支援サービスに相談してみるのも手です。就職エージェントのハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職支援を行っています。経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンであなたの希望や適性をヒアリングし、一人ひとりに合った求人紹介や仕事探しのサポートを行います。履歴書作成のアドバイスや面接対策なども行っているので、就活が初めての方も安心です。所要時間1分程度でできる、性格を分析して適性を明らかにする適職診断もおすすめ。働き方に迷いのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

アルバイトとフリーター関するFAQ

ここでは、アルバイトとフリーターの方が抱きやすい不安や疑問をQ&A方式で紹介します。

アルバイトはフリーターと一緒ですか?

フリーターとアルバイトはほとんど同じ意味で使われます。強いて言えば、フリーターは「アルバイトで生計を立てている若者」、アルバイトは「フリーターに含まれない学生や社会人の副業など」をイメージして用いられる場合が多いようです。
詳しくは、このコラムの「企業はフリーターとアルバイトをどう使い分けている?」をご覧ください。

フリーターとニートの違いは?

フリーターとニートという言葉には、法的な定義があるわけではありません。ただ、フリーターは「15〜34歳の若者で、アルバイトによって生計を立てている人」を指すのに対し、ニートは「15~34歳の若者で、仕事や家事、通学をしていない人」を指すのが一般的なようです。詳しくは、「ニートとフリーターの違いとは?就職に向けてできることと行動を起こすコツ」でまとめているので、チェックしてみましょう。

フリーターとフリーランスの違いは?

フリーターとフリーランスは働き方に違いがあります。フリーターは企業と有期雇用契約を結ぶのに対し、フリーランスは企業や組織などと雇用契約を結びません。どちらも、自由度の高い働き方のイメージがありますが、雇用契約の有無という違いを把握しておきましょう。
フリーランスとして在宅で稼ぐ方法を紹介するコラム「知りたい!自宅で稼ぐ方法と注意点」もあわせてご参照ください。

フリーターを続けるとどうなりますか?

フリーターの場合、年齢を重ねても年収が横ばいといわれています。そのため、社会的信用を得るのが難しく、結婚や出産、子育てといったライフイベントのタイミングで正社員への就職を検討する方が多いようです。これから就職するか悩む場合は、就職支援サービスに相談してみるのがおすすめ。ハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーが仕事探しの手厚いサポートを行っています。求人探しをはじめ履歴書の作成や面接など、就活に不安のある方もぜひご利用ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ