フリーター、未経験でも入れる会社は?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーター、未経験でも入れる会社は?

公開日:

最終更新日:

フリーター、未経験でも入れる会社は?

フリーター生活5年。未経験のフリーターでも応募できる会社はあるでしょうか?飲食や販売、イベントなどのバイトを転々としてきました。長続きした仕事がなく、自分に何ができるかわかりません。未経験者歓迎の求人にはどんなものがありますか?

正社員未経験でフリーターを続けていると、いざ就職しようと思った時に「何ができるかわからない」「何もできることがない」と感じてしまいがちです。でも、「何もできない」というのは思い込み。まだ正社員就職への道は開かれています。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

■まずは未経験のフリーターを雇う人事担当の気持ちになってみましょう

フリーター、未経験でも入れる会社は?

条件欄に「未経験者歓迎」とある求人は、全くないわけではありません。しかし、できれば未経験者よりも経験者の方がいいと考えるのは自然なことです。まずは、求人を出している企業の人事担当が未経験のフリーターに対面した時、どう考えるか想像してみましょう。

・「希望の職種は未経験のようだけど、ほかに今までどんな経験をしてきたのだろうか?」
応募する求人の職種が未経験であれば、人事はそれ以外にどんな仕事を経験してきたのかをチェックするでしょう。まったくの異業種であっても、今までどんな働きをしてきたのかは重要なポイントです。正社員就職の経験がなくとも、バイトリーダーをやっていた、自分がメインで担当しているコーナーや業務があった、というような経験があれば、自ら考え動ける人だという評価を得られると思われます。

・「未経験の仕事に取り組む素直な姿勢はあるだろうか?」
未経験者には、これから新しい仕事に取り組むに当たって「一から勉強していこう」という素直な姿勢が欠かせません。企業の方針や上司の指示に対して素直に応えられることが大切になってきます。しかし、会社にすべてを教えてもらおうという考え方では意欲が足りないと捉えられてしまう可能性があります。人事は、「業務内容について下調べをしている」「業務に必要な技能の勉強を始めている」というような、自分から学ぼうという姿勢が見たいと考えるのではないでしょうか。
また、フリーターから正社員になるという決意の大きさも試される場面だと言えます。

・「この仕事に対する適性はあるか?」
接客や販売などお客様と直接対面する仕事では、笑顔で対応できる能力が必要です。営業なら、元気で明るい印象を与えられる方が向いているでしょう。コミュニケーション能力や、臨機応変な対応、ひとつの仕事に対する粘り強さが重視される職種もあります。優れた人材であっても、仕事に対する適性がなければ能力を十分に発揮することはできません。希望の職種があっても、人事が「この人はこの職種に向いていない」と判断すれば、採用に至らなかったり、別の部署に回されてしまったりという結果になるでしょう。

■未経験層を雇う業界、職種の特徴とその仕事内容

・接客
飲食店、コンビニエンスストア、ホテル、アミューズメント施設(遊園地、パチンコ店)などでは、未経験の求人が多く見られます。お客様のご案内や会計、サービスの説明、問い合わせや電話への対応などが主な業務。フリーターでも、「接客ならアルバイトで経験した」という方も多いでしょう。

・販売
携帯ショップやアパレルショップなどで商品を売る販売職。こちらもフリーターに経験者が多い職種です。必要な知識は取り扱う商品によって違いますが、何かしらの販売経験があればスキルを生かして就活できます。

・営業
営業職は、自社の商品やサービスを顧客に紹介し購入を促す職種。未経験者を歓迎している求人も多く見られるので、フリーターにおすすめです。さまざまな業界に広く存在する職種なので、経験を積んでしっかり実績を出せば将来転職する際にも有利になるでしょう。

■「何もできない」と思っている人は、何をアピールすべきでしょうか?

・アルバイト経験
5年間フリーターで、さまざまなアルバイトを転々としてきたとのことですが、まずは飲食や販売、イベントの仕事経験を一度振り返ってみてはいかがでしょうか。期間は短くても、その中で身についたこと、前に経験した業務が次のアルバイトで役立ったことなどがあるはずです。

・努力してきたこと、自信があること
仕事の経験以外に、努力してきたことや自信があることはありませんか?「タイピングゲームが趣味で、世界ランキングに載ったことがある」「小さい頃から病弱な妹を世話してきたので、人のために何かをしたいという気持ちが強い」というような、自分の人生の中で人より優れていると言えるものがあるならそれを話題にしてみるのがいいでしょう。「就職に有利な資格」や「留学経験」のような就活で目を引きやすいトピックではなくても、自信を持って話すことができるなら十分にアピール材料になります。

・素直にがんばる姿勢
「立派な経験や学歴がないからどうせ就職できない」という後ろ向きな気持ちで面接に臨んでは、人事にもあなたの自信のなさが伝わってしまいます。「未経験だけど積極的にコミュニケーションを取って仕事を覚えたい」「フリーター生活が長かったけれど、絶対に正社員になりたい」という強い思いを持ってアピールしましょう。


「何もできない」と初めから決めつけてしまっては、正社員就職への道は遠くなるばかり。自分ができそうなことをひとつひとつピックアップして取捨選択し、会社や求人、何をアピールすればいいのかを絞り込んでいきましょう。未経験者歓迎の求人に自信を持ってチャレンジできるようになれますよ。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ