フリーターは未経験から正社員に就職できる?おすすめの仕事や求人を紹介!

フリーター歴が長いのですが、正社員未経験からできる仕事はありますか?

フリーター生活5年。正社員未経験のフリーターも応募できる会社はあるのでしょうか?飲食や販売、イベントなどのバイトを転々としてきました。長続きした仕事がなく、自分に何ができるか分かりません。未経験者歓迎の求人にはどのようなものがありますか?

正社員未経験のままフリーターを続けていると、いざ就職しようと思ったときに「何ができるか分からない」「何もできることがない」と感じてしまいがちです。しかし、たとえアルバイトであっても立派な経験。「何もできない」というのは思い込みといえるでしょう。フリーターで正社員未経験の場合も、就職への道は開かれています。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

フリーターは未経験から正社員に就職できる?おすすめの仕事や求人を紹介!

「フリーターも正社員になれるのかな?」「未経験の業界には就職できない?」と不安な方もいるでしょう。結論としては、自分の状況や適性に合った仕事を選べば、フリーターからの就職は可能です。このコラムでは、正社員未経験のフリーターが就職しやすい仕事を詳しくご紹介します。また、フリーターが就活でアピールすべきポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

就職未経験のフリーターにおすすめの職種6選

ここでは、正社員未経験のフリーターが就職するのにおすすめの仕事をご紹介します。職種や業種によっては、正社員経験のないニートやフリーターを歓迎するものや、学歴不問の求人も多くあるため、ぜひ仕事の探し方の参考にしてみてください。

1.接客スタッフ

飲食店やコンビニエンスストア、ホテル、アミューズメント施設などの接客スタッフは、フリーターや業界未経験者を歓迎する正社員求人や、学歴不問の求人が多く見られます。仕事内容は、お客さまの案内や会計、サービスの説明、問い合わせ対応などさまざまです。「接客をアルバイトで経験した」というフリーターの場合、就職活動でのアピール材料にできるでしょう。

正社員

店舗スタッフ・店舗管理職

  • 年収 307万円 ~ 429万円

  • 未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり

接客スタッフに向いている人

接客スタッフはお客さまへのおもてなしの精神が求められるため、人と関わることが好きで、臨機応変な対応が得意なフリーターの方におすすめです。また、立ち仕事が基本になるため、体力に自信がある方は、接客系の職種が未経験であっても歓迎されやすいといえます。

2.販売員

携帯ショップやアパレルショップで商品を売る販売職も、フリーターから正社員を目指しやすい仕事です。取り扱う商品によっては勉強が必要なこともありますが、必要な知識は基本的に働きながら学べることが多いので、未経験歓迎や学歴不問の求人も多いのが特徴。フリーター生活のなかで何かしらの販売経験があれば、就職してからスキルを活かすことも可能でしょう。

正社員

携帯販売スタッフ

  • 年収 288万円 ~ 403万円

  • 賞与あり,昇給あり,未経験OK,諸手当あり

販売員が向いている人

販売員も人と接することが多い仕事のため、他者とのコミュニケーションを楽しめる方に向いているでしょう。また、お客さまの悩みやニーズを理解し、解決に向けて努力できるフリーターの方にもおすすめです。

3.営業職

自社の商品やサービスを顧客に紹介し購入を促す営業職も、未経験から始められる仕事です。正社員経験のないフリーターを歓迎している求人や、学歴不問の求人も多く、初めて就職する方におすすめといえます。業種を問わず幅広く存在する職種のため、経験を積みしっかりと実績を出せば、将来転職する際にも有利になるでしょう。

正社員

営業職(キャリアコーディネーター)

  • 年収 300万円 ~ 480万円

  • 未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,学歴不問,産休/育休

営業職が向いている人

営業職は人と関わるのはもちろん、相手のニーズを理解することも求められます。そのため、コミュニケーション能力がある方だけでなく、情報収集が得意な方に向いているでしょう。サービスや商品の魅力を伝えるプレゼンテーション力に自信があるフリーターの方にもおすすめです。また、営業の仕事にはノルマがあったり、ときにはお客さまに断られたりすることもあるため、精神的なタフさがあると良いでしょう。

4.一般事務職

事務職には経理事務・貿易事務・営業事務などがありますが、そのなかでもフリーターや未経験から就職しやすいのが一般事務です。一般事務は基本的な事務作業を担う仕事で、データ入力や社内外で必要な書類の作成・準備などを行います。未経験歓迎・無資格OK・学歴不問の求人もあり、基本的なパソコンスキルがあればフリーターから正社員を目指しやすい職種といえるでしょう。また、営業職と同様に多くの業界で求人募集される職種のため、アルバイトをしたことがある業界の事務職では過去の経験が仕事に役立つ可能性もあります。

正社員

一般事務

  • 年収 315万円 ~ 360万円

  • 昇給あり,諸手当あり

一般事務が向いている人

一般事務は最前線で働く方をサポートする仕事なので、裏方で人を支えるのが好きなフリーターの方に向いています。また、書類の整理やファイリングなど、地道さと正確さが求められる作業を行う必要があるため、コツコツとした仕事が苦にならない方にもおすすめです。

5.プログラマー/エンジニア

プログラマーやエンジニアといったIT関連職も、業界未経験の方や就職したことのないフリーターにおすすめの仕事。一見「未経験だと就職は難しそう…」と思われがちな職種ですが、IT関連職は需要の高まりから慢性的な人手不足の傾向にあり、未経験者歓迎や学歴不問の求人も見られます。プログラマーやエンジニアになりたいフリーターの方は、ITパスポートや基本情報技術者試験の資格を取得したり、IT関連の基礎的な知識を身につけたりすると、就職の可能性を高められるでしょう。

正社員

ITエンジニア職・ヘルプデスク職

  • 年収 328万円 ~ 506万円

  • 大手企業,安定的な仕事,未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ,プライベート重視

プログラマー/エンジニアが向いている人

IT系の仕事は明確な根拠をもとに仕事を進める必要があるため、物事を論理的に考えるのが得意なフリーターの方に向いています。また、ITは常に進化していく特性があることから、新しい分野を積極的に学び、吸収する姿勢があると良いでしょう。

6.介護職

業界未経験の方やフリーターが就職しやすい職種では、介護職もおすすめです。介護職は、IT関連職と同様に人手不足の傾向が強い職種。人手不足の原因、日本における少子高齢化社会の加速からきています。介護職の主な仕事は身体介護や生活援助といった、高齢者さまのサポート。特別な資格や学歴、経験などが不問で介護職を募集していることも多いので、熱意やポテンシャルをアピールできれば就職は十分可能です。

正社員

介護職

  • 年収 297万円 ~ 351万円

  • 大手企業,安定的な仕事,未経験OK,賞与あり,昇給あり,残業少なめ,諸手当あり

介護職が向いている人

介護職は、基本的に高齢者さまと接する機会の多い仕事です。そのため、目上の方とのコミュニケーション能力に自信がある方や、相手への気配りができる方が向いているでしょう。また、介護の仕事は体力勝負の一面もあるので、健康や体力に自信がある方も介護職への適性があります。

フリーターから就ける仕事について詳しく知りたい方は、フリーターの採用を積極的に行っている業種や、未経験で就職しやすい業界をまとめたコラム「フリーターから目指せる未経験OKの仕事3選」も参考にしてください。

フリーターや未経験からの就職が難しい傾向にある仕事

前項で紹介したように、フリーターから就職しやすい職種がある一方、業界未経験であったり正社員としての経験がなかったりする方の就職は難しい仕事も存在します。それぞれの仕事の特徴や就職が難しいとされる理由について、以下で確認してみてください。

クリエイティブ系の仕事

Webデザイナーや企画系などのクリエイティブな仕事は、業界での経験や正社員経験がないフリーターから就職するにはハードルが高いでしょう。クリエイティブ系の仕事は、経験者だけでなく新卒にも人気のある職種です。未経験者の枠は新卒採用で埋まる傾向にあるため、新卒と同じ未経験者枠を争うフリーターが就職するのは難しい傾向にあるようです。
また、クリエイティブ系の仕事には、デザインや企画力以外にも、市場のリサーチ力といったマーケティングスキル、サービスの魅力を伝えるプレゼンスキル、チームでプロジェクトを完遂するコミュニケーション能力などが問われます。クリエイティブ系の仕事へ就職を目指すのであれば、総合的なスキルの高さをアピールすることが重要といえるでしょう。

理系の仕事

基礎研究や技術開発、機械・電子機器設計といった理系の仕事も、フリーターや業界未経験からの就職は難しい傾向にあるようです。技術職や研究職は新卒採用しか行っていない場合が多く、中途採用を狙う場合も専門性の高いスキルを要求されます。そのため、フリーターから理系の仕事に就職するのは難易度が高いといえるでしょう。
「理系の仕事はどんなものがある?」「理系出身のフリーターが就ける理系職は?」といった疑問がある方には、「理系出身者に人気の職業とは?就職しやすい業界について解説」のコラムがおすすめです。ぜひあわせて参考にしてみてください。

フリーター・未経験から就職するのにおすすめな求人の特徴

フリーター・未経験から正社員を目指す際は、「フリーター歓迎」「学歴不問」といった文言がある求人を中心に探すのがポイントです。以下で詳しく見ていきましょう。

「フリーター歓迎」

就職未経験で職歴がない方は、フリーターを歓迎している正社員求人を探してみましょう。「フリーター歓迎」「ニートOK」など、正社員経験のない人材を歓迎している企業は少なくありません。このような求人を出している企業は、職歴よりも本人のやる気や人柄を重視してくれる可能性が高いでしょう。

「未経験OK」

未経験OK・未経験者歓迎の求人に着目するのもおすすめです。未経験者を積極的に採用する企業には、入社後のフォロー体制や研修が充実している特徴が見られます。「やったことのない仕事は不安」「未経験の業界に興味があるけど、フリーターは雇ってくれなさそう」など、就職に不安を抱えている方がチャレンジしやすいでしょう。

「学歴不問」

学歴と職歴の両方に不安があるフリーターの方は、学歴不問の正社員求人がおすすめです。フリーターのなかには、「大学を中退してしまった」「高卒がネックになっている」など、学歴に自信がなく就職できないと考えている方もいるでしょう。学歴不問の企業の面接でも最終学歴や中退の理由などを聞かれる場合はありますが、正直に答えて就職への熱意を伝えれば、フリーターからの正社員採用は難しくありません。「学歴がないから...」とあきらめず、一度転職エージェントに相談してみましょう。

「必須資格なし」

フリーターでスキルに自信がない方の場合、「資格不要」「必須資格なし」の求人が狙い目です。資格を問わない求人は専門的な知識・スキルの有無に関係なく就ける仕事が多いため、未経験からの就職におすすめ。もちろん、後から仕事に役立つ資格の取得を目指すこともできるので、「仕事に慣れてからスキルアップやキャリアアップを目指したい」と考えるフリーターの方にも向いているでしょう。

未経験から目指しやすい仕事については、「未経験でもできる仕事は?正社員として就職しやすいおすすめの業種・職種」のコラムで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

フリーター・未経験から正社員を目指す3つのメリット

ここでは、フリーターから正社員になる3つのメリットを解説します。「正社員未経験のままフリーターを続けていいのかな?」と悩んでいる方は、以下を参考に自身の今後について検討してみましょう。

1.収入が安定する

一般的にフリーターから正社員になると、収入が安定します。フリーターの多くは時給制のため、働いた時間分しか給与がもらえません。長時間働くことで正社員より稼いでいる一部のフリーターの方もいますが、将来的には正社員のほうが多くの収入を得られる可能性が高いでしょう。
厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査の概況」をみると、年齢が上がるにつれて、正社員とフリーターで賃金の差が大きくなることが分かります。

年齢正社員・正職員正社員・正職員以外
~19歳18万5,000円17万100円
20~24歳22万1,000円19万6,200円
25~29歳25万5,900円21万2,300円
30~34歳28万8,400円21万5,500円

引用:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査の概況(第6-1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金及び雇用形態間賃金格差)

正社員の場合、昇給が見込めるのもポイントの一つです。さらに、企業によってはボーナスの支給があるため、フリーターよりも高収入を狙えるようになるでしょう。

2.雇用が安定する

正社員は雇用期間の定めがないため、一度採用されればトラブルや例外が起きない限り解雇されません。雇用が安定することで、日々の生活や将来の貯蓄面といった悩みが軽減されるのが就職するメリットです。正社員はフリーターと比べて、仕事を行ううえで雇用や収入に不安を抱えにくいでしょう。

3.社会的信用が得られる

正社員は雇用や収入が安定していることから、社会的信用を得やすくなります。正社員なら返済能力があると判断され、クレジットカードやローンの審査に通りやすいのもメリットの一つ。将来的にマイホームや車などの購入を検討しているなら、フリーターを続けるよりも正社員を目指すのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

フリーター・未経験から正社員として就職する方法

「フリーターから正社員になるのは難しいのでは...」と悩んでいる方は、ハローワークや就職・転職サイト、エージェントといった就職をサポートするサービスを活用してみると良いでしょう。以下でそれぞれの詳細について解説するので、参考にしてみてください。

ハローワークを活用する

フリーターで未経験から正社員になりたい方は、ハローワークの利用を検討してみるのも一つの方法です。ハローワークは国が運営する就職支援機関で、日本全国に500ヶ所以上に設置されています。ハローワークは地方の求人も豊富なため、地元で就職したいと考えるフリーターの方におすすめです。また、就活セミナーや職業訓練も受けられるので、就職に関する知識をつけたい方や、スキルアップしたい方は相談してみると良いでしょう。

就職・転職サイトを利用する

就職未経験のフリーターが正社員を目指すには、就職・転職サイトも便利です。就職・転職サイトは求人が掲載されているWebサイトを指します。希望に合った求人をパソコンやスマートフォンで検索できるため、スキマ時間に仕事探しができるでしょう。ハローワークやエージェントのように就職の相談はできないため、就職・転職サイトは自分のペースで就活したい方や、自分で求人を探したい方におすすめです。

就職・転職エージェントに相談する

1人での就活に不安がある場合は、就職・転職エージェントに相談してみましょう。就職・転職エージェントは、民間の就職支援サービスです。アドバイザーがマンツーマンで付き、求人紹介や就職に関するサポート、入社後のアフターフォローなどを行います。また、エージェントでは就職や転職関連の悩み相談にも対応。就活の基本的なポイントや面接を乗り切るコツも教えてもらえます。「周囲に相談できる人がいない」「疑問や不安はあるけど今さら人に聞きにくい」など、就活未経験のフリーターの方におすすめです。

未経験のフリーターに企業が確認したい3つのこと

就職活動では、企業側の視点やニーズを踏まえて選考対策を行うことが大切。「未経験者歓迎」「経験・学歴不問」といった求人を出している企業の採用担当者が、未経験のフリーターに対して、どのようなことを確認したいと考えているのかを以下で押さえておきましょう。

1.これまでどのような仕事を経験してきたか?

採用担当者は、求職者が「これまでにどのような仕事を経験してきたのか」をチェックする傾向にあります。特に業界未経験の仕事に就きたい場合は、前職が異業種であっても、今までどのような働きをしてきたのかが重要なポイントです。フリーターで正社員経験がないときは、「バイトリーダーを務めていた」「自分がメインで担当しているコーナーや業務があった」などの実務経験をアピールすれば、「主体的に仕事をしてくれそう」と好印象を与えられる可能性があるでしょう。

2.この仕事に対する適性はあるか?

企業は応募職種に向いている人材を採用したいと考えるのが一般的です。そのため、正社員就職を目指すフリーターの方は自分の適性に合った仕事を選び、自身の強みを採用選考でしっかりとアピールすることが重要です。どれだけ優れた人材であっても、仕事への適性がなければ能力を十分に発揮できません。採用担当者に「この人はこの職種に向いていない」と判断されれば、内定が遠のく可能性もあるでしょう。自分に合った仕事を探すコツは、「自分の適職がわからない…向いている仕事を見つける方法とは?」のコラムを参考にしてみてください。

3.明確な志望動機や仕事への意欲はあるか?

志望動機も企業が応募者に聞く定番の質問です。「なぜこの会社に応募したのか」「なぜこの仕事に就職したいのか」を、自分にしか表現できない言葉で伝えましょう。採用担当者を納得させる志望動機にするには、応募先の会社だからこそできることや、応募した仕事で活かしたい自分のスキルなどを挙げるのがコツです。
また、フリーターで未経験の場合、正社員になるうえでの決意の固さもチェックされるでしょう。「業務内容について下調べをしている」「業務に必要な技能の勉強を始めている」のように、仕事への意欲や自分から学ぶ姿勢を示すと、採用担当者からの評価を高めやすいのでおすすめです。

フリーターや未経験者がアピールできる強みは?

ここでは、フリーターからの正社員就職や未経験の業界への就職を目指す場合に、面接でアピールできる強みを詳しく解説します。フリーターの方は、アルバイトで努力してきたこと、仕事以外で頑張ったことなど、自分をPRできる経験があれば積極的にアピールしましょう。

アルバイト経験

就職未経験の場合は、自分がこれまで携わってきたアルバイト経験を一度振り返ってみてください。フリーターとしてのアルバイト歴は、「仕事の経験値」として面接や応募書類でアピールできます。たとえ勤務期間が短くても、そのなかで身についたことやそれぞれの現場で経験したことは、就職先で役立つことが多いもの。フリーター期間に培った経験やスキルを整理し、自分の強みとして採用担当者に伝えられるようにしておきましょう。

努力してきたこと・自信があること

フリーターや未経験から正社員を目指す方は、仕事の経験以外に、努力してきたことや自信があることをアピールしましょう。たとえば、「タイピングゲームが趣味で、世界ランキングに載ったことがある」「小さいころから病弱な妹を世話してきたので、人のために何かをしたいという気持ちが強い」など、自信を持って話せることなら、就職活動における自分の強みになります。

仕事に対する素直さや前向きな姿勢

「未経験だからこそ積極的にコミュニケーションを取って仕事を覚えたい」「フリーター期間を経て、△△の仕事で正社員になりたい気持ちが強まった」のように、就職活動では仕事への素直な姿勢や前向きな思いをアピールしましょう。「立派な経験や学歴がないから正社員にはなれないかも…」と後ろ向きな気持ちを抱えていると、面接で自信のなさが伝わってしまいます。面接官に「この人を採用したら活躍してくれそう」とポジティブな印象を持ってもらうためにも、前向きな気持ちで就職活動に挑むことが大切です。

自分の強みが分からない場合はエージェントに相談するのがおすすめ

就活で「自分をどのようにアピールしたら良いか分からない…」と悩んでいるフリーターの方は、就職・転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。就職・転職エージェントでは、経験豊富なアドバイザーがキャリアカウンセリングを行ったうえで、あなたの強みを見出すサポートをしてくれます。応募先企業の傾向や採用ニーズに沿った選考対策のアドバイスももらえるため、就活の進め方や未経験職種への就職に悩む方におすすめのサービスです。

「フリーターが正社員になるのは難しそう…」「業界未経験の職種には就職できない?」と不安を感じている方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブがおすすめです。
ハタラクティブでは、あなたのお悩みに寄り添いながら就活を全力でサポートいたします。専任のキャリアアドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、一人ひとりの希望や適性に合った求人情報をご紹介。未経験者歓迎や学歴不問の求人も多数取り扱っています。また、自信を持って選考に挑戦できるよう、履歴書の書き方や面接対策のアドバイスも行っているので、初めて就活するフリーターの方も安心です。1分間で行える適職診断も含め、サービスの登録・利用はすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

フリーターや正社員未経験の就職に関するQ&A

フリーターや正社員未経験からの就職を考えているものの、不安を抱いている方もいるでしょう。ここでは、就職を目指すフリーターや正社員未経験の方のお悩みにQ&A方式でお答えします。

フリーターとは何ですか?

フリーターは、正社員以外の雇用形態で働く15歳〜34歳の若年層を指す言葉です。契約社員や派遣社員もフリーターに定義することもあります。「フリーターとは?一人暮らしは実現できる?正社員就職のポイントも解説」のコラムではフリーターの定義や正社員を目指すコツを解説しているので、こちらもぜひご覧ください。

フリーターが正社員になるのは難しいですか?

フリーターが正社員になれる可能性は十分にあります。自己分析や企業研究を行い、自分や志望先の企業についてよく知っておくことが大切です。「フリーターから正社員になった人の特徴!就職できた人の成功ポイントとは?」のコラムでは、フリーターから正社員就職するためにやるべきことをご紹介しているので、あわせてご覧ください。

フリーターは未経験職種の正社員になれないですか?

正社員経験のある人や業界経験者より多少難易度は上がるものの、フリーターが未経験職種の正社員になることは不可能ではありません。未経験から就職しやすい職種や業界については、「未経験から就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムを参考にしてみてください。

30代のフリーターも就職を目指せますか?

30代のフリーターも就職も転職も目指せます。30代フリーターの就職については、「30代フリーターは正社員に就職できる?成功に近づく方法や体験談をご紹介」もあわせて参考にしてみてください。 「就職したいけれど、自分の学歴や経歴が不安…」という方には、就職・転職エージェントのハタラクティブがおすすめです。就活ノウハウをもつキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ