未経験のフリーターでも正社員に就職できる?おすすめの業界や職種を紹介!

フリーター、未経験でも入れる会社は?

フリーター生活5年。未経験のフリーターでも応募できる会社はあるのでしょうか?飲食や販売、イベントなどのバイトを転々としてきました。長続きした仕事がなく、自分に何ができるかわかりません。未経験者歓迎の求人にはどのようなものがありますか?

正社員未経験でフリーターを続けていると、いざ就職しようと思ったときに「何ができるかわからない」「何もできることがない」と感じてしまいがちです。しかし、「何もできない」というのは思い込みといえるでしょう。フリーターで社会人未経験でも、正社員就職への道は開かれています。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

未経験のフリーターでも正社員に就職できる?おすすめの業界や職種を紹介!

「フリーターで社会人未経験だけど、正社員になれるのかな?」と不安な方もいるでしょう。
結論から言うと、職種を選べば就職できます。このコラムでは、社会人未経験のフリーターが就職しやすい業種・業界を詳しくご紹介。また、フリーターが就活でアピールすべきポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験フリーターを雇う人事担当の気持ちになってみる

条件欄に「未経験者歓迎」「経験不問」と記載されている求人は、ゼロではありません。企業側は「できれば未経験者よりも経験者の方が良い」と考えている場合もあります。就職活動に取り組むときは、求人を出している企業の人事担当が未経験のフリーターに対面したとき、どのように考えるか想像してみましょう。

希望する職種のほかに今までどんな経験をしてきたか?

応募する求人の職種が未経験であれば、人事はそれ以外にどのような仕事を経験してきたのかをチェックする傾向にあります。まったくの異業種であっても、今までどのような働きをしてきたのかは重要なポイントです。フリーターで社会人の経験がなくとも、「バイトリーダーを務めていた」「自分がメインで担当しているコーナーや業務があった」といった経験があれば、「自ら考え動ける人」という印象を与えられる可能性があります。

未経験の仕事に取り組む素直な姿勢はあるか?

社会人未経験者には、これから新しい仕事に取り組むに当たって「一から勉強していこう」という素直な姿勢が欠かせません。企業の方針や上司の指示に対して素直に応えられることが大切です。しかし、会社にすべてを教えてもらおうという考え方では、意欲が足りないと捉えられてしまう可能性もあります。人事は、「業務内容について下調べをしている」「業務に必要な技能の勉強を始めている」というように、自分から学ぶ姿勢を見たいと考えることが多いようです。また、フリーターから正社員になるという決意の大きさもチェックされるでしょう。

この仕事に対する適性はあるか?

希望の職種があっても、人事が「この人はこの職種に向いていない」と判断すれば、採用に至らなかったり、別の部署に回されてしまったりという結果につながる恐れもあります。
優れた人材であっても、仕事に対する適性がなければ能力を十分に発揮できません。たとえば、接客や販売といったお客様と直接対面する仕事では、笑顔で対応できる能力が必要です。営業なら、元気で明るい印象を与えられる人が向いているでしょう。コミュニケーション能力や臨機応変な対応、ひとつの仕事に対する粘り強さが重視される職種もあります。未経験のフリーターに関係なく、自分の適性に合った仕事を選ぶことが重要です。
「自分に合った仕事が知りたい!適性検査って具体的にどんなことをするの?」といった疑問がある方は、就職適性検査の意味ややり方を解説したコラム「就職活動における適性検査とは?内容や種類を解説!対策方法も知ろう」を参考にしてください。

未経験のフリーターにおすすめの仕事

ここでは、社会人未経験のフリーターも就職が可能な未経験募集や、求人が多い職種をご紹介します。ぜひ職種選びの参考にしてください。

接客スタッフ

飲食店やコンビニエンスストア、ホテル、アミューズメント施設(遊園地、パチンコ店)などの接客スタッフは、未経験者歓迎の求人が多く見られます。主な業務内容は、お客さまの案内や会計、サービスの説明、問い合わせや電話対応などさまざまです。フリーターでも、「接客ならアルバイトで経験した」という方も多いでしょう。

正社員

店長候補

  • 月給 300万円 ~ 420万円

接客スタッフに向いている人

接客スタッフはお客さまへのおもてなしの精神が求められるため、人と関わることが好きで、臨機応変な対応が得意な人におすすめです。また、立ち仕事が基本になるため、体力に自信があったほうが良いでしょう。

販売員

携帯ショップやアパレルショップで商品を売る販売職も、フリーターを歓迎している職種です。必要な知識は取り扱う商品によって異なりますが、何かしらの販売経験があればスキルを活かして就職できます。

正社員

携帯販売スタッフ

  • 月給 288万円 ~ 403万円

販売員が向いている人

販売員も人と接することが多い仕事のため、人とコミュニケーションを取ることを楽しめる人に向いているでしょう。また、お客さまの悩みやニーズを理解し、解決に向けて努力できるフリーターにもおすすめです。

営業職

営業職は、自社の商品やサービスを顧客に紹介し購入を促す職種。未経験者を歓迎している求人も多く見られるので、フリーターにおすすめです。幅広い業界に広く存在する職種のため、経験を積んでしっかり実績を出せば、将来転職する際にも有利になるでしょう。

正社員

営業職

  • 月給 240万円 ~ 384万円

営業職が向いている人

営業職は人と関わるのはもちろん、相手のことを理解することも求められるため、コミュニケーション能力がある人や、情報収集が得意な人に向いています。サービスや商品の魅力を伝えるプレゼンテーション力に自信がある人にもおすすめです。また、ノルマがあったり、お客さまに断られたりすることもあるため、精神的なタフさがあると良いでしょう。

一般事務職

一般事務職も社会人未経験のフリーターが就職しやすい職種です。また、雇用や求人が安定しているのも魅力の一つといえます。事務職には経理事務・貿易事務・営業事務などがありますが、そのなかでも経験不問で就職しやすいのが一般事務です。
一般事務は基本的な事務作業で、データ入力や社内外で必要な書類の作成・準備を行います。特別な資格が必要なわけではないので、基本的なパソコンスキルがあれば社会人未経験でも歓迎されやすいでしょう。

正社員

一般事務

  • 月給 290万円 ~ 331万円

一般事務が向いている人

一般事務は最前線で働く人をサポートする仕事なので、裏方で人を支えるのが好きな人に向いています。また、書類の整理やファイリングなど、地道さと正確さが求められる作業を行う必要があるため、コツコツとした仕事が苦にならない人にもおすすめです。

プログラマー・エンジニア

プログラマーやエンジニア職も、社会人未経験のフリーターにおすすめの職種です。また、需要の高まりから慢性的な人手不足でもあるので、しっかり給与をもらいたい人にも向いているでしょう。
エンジニア職のなかでもインフラエンジニアの場合は、資格さえあれば未経験でも就職が可能です。インフラエンジニアとは、企業の情報システムの設計・構築・運用を担う職種。就職には、ITパスポートや基本情報処理技術者といった資格が必要ですが、将来的に大幅な年収アップも期待できる仕事です。

正社員

未経験エンジニア

  • 月給 310万円 ~ 479万円

プログラマー・エンジニアが向いている人

IT系の仕事は感情よりも数字のような明確な根拠をもとに仕事を進める必要があるため、物事を論理的に考えるのが得意なフリーターに向いています。また、ITは常に進化していく特性があることから、新しい分野を積極的に学び、吸収する姿勢があると良いでしょう。

フリーターも就ける仕事をもっと詳しく知りたい人は、フリーターの採用を積極的に行っている業種や、未経験でも就職しやすい業界をまとめたコラム「フリーター対象求人ー未経験OKの仕事」を参考にしてください。

フリーターや未経験で就職するのが難しい仕事

未経験のフリーターにおすすめの仕事」で未経験のフリーターでも就職しやすい仕事や業界を解説しましたが、反対に就職するのが難しい業界も存在します。それぞれ仕事の特徴や、なぜ就職するのが難しいかを見ていきましょう。

クリエイティブ系

Webデザイナーや企画系のクリエイティブな仕事は、新卒採用でも人気のある職種です。そのため、未経験の枠はほぼ新卒採用で埋まってしまいます。また、中途採用を受けるとなっても、過去の実績や高いスキルを求められることから、社会人未経験のフリーターで就職するのは難しいといえるでしょう。
また、デザインや企画力以外にも、市場のリサーチ力などのマーケティングスキル、サービスの魅力を伝えるプレゼンスキル、チームでプロジェクトを完遂するコミュニケーション能力などがあり、総合的に高いスキルを求められます。

理系の仕事

基礎研究や技術開発、機械・電子機器設計などの理系の仕事は、社会人未経験での就職がほぼ不可能といえるでしょう。技術職や研究職は新卒採用しか行っていない場合も多く、中途採用も専門性の高いスキルを要求されます。そのため、未経験のフリーターから就職するのは難易度が高いです。
「理系の仕事はどんなものがある?」「理系出身のフリーターが就ける理系職は?」といった疑問には、理系に人気の職業や理系の就職事情を解説したコラム「理系出身者に人気の職業とは?就職事情について解説」がおすすめです。ぜひあわせて参考にしてみてください。

フリーターや未経験からアピールできる強みは?

就活でアピールできるのは同業種での経験や、社会人経験、持っているスキルだけではありません。未経験やフリーターの方は、アルバイトで努力してきたこと、仕事以外で頑張ったことなど、自分をPRできる経験があれば積極的にアピールしましょう。
ここでは、フリーターや未経験から就活をする方が就活でアピールできる強みについて、詳しく解説します。

アルバイト経験

自分がこれまでやってきたアルバイト経験を一度振り返ってみましょう。
フリーター期間が長く、さまざまなアルバイトを転々としてきたのであれば、「経験値」として面接でアピールできます。たとえ勤務期間が短くても、そのなかで身についたことやそれぞれの現場で経験したことは、就職先で役立つはずです。今まで培ってきた経験を自分の強みとして面接官に伝えられるよう、整理しておきましょう。

努力してきたこと・自信があること

仕事の経験以外に、努力してきたことや自信があることをアピールしましょう。
たとえば、「タイピングゲームが趣味で、世界ランキングに載ったことがある」「小さい頃から病弱な妹を世話してきたので、人のために何かをしたいという気持ちが強い」というような、自分の人生の中で人より優れていると言えるものがあるなら、それが強みになります。就職に有利な資格や留学経験など、就活で目を引きやすいトピックではなくても、自信を持って話すことができるなら十分なアピール材料になるでしょう。

素直に頑張る姿勢

「未経験だけど積極的にコミュニケーションを取って仕事を覚えたい」「フリーター生活が長かったけれど、絶対に正社員になりたい」というように、就職に対する強い思いをアピールしましょう。
「立派な経験や学歴がないからどうせ就職できない」という後ろ向きな気持ちのままでは、面接で自信のなさが伝わってしまいます。明るくポジティブな意志が伝わるよう、面接はまっすぐな気持ちで挑むことが重要です。

フリーターが未経験でも正社員を目指す3つのメリット

ここでは、未経験のフリーターが正社員として働くメリットを3つ解説します。「フリーターのままでも生きていける」と感じている人は、以下を参考にして正社員のメリットを知りましょう。

未経験フリーターから正社員を目指したい方向けの

求人一覧はこちらから

収入が安定する

正社員になると、フリーターよりも収入が安定します。フリーターの場合、働いたら働いた分しか給与がもらえません。長く働けば正社員より稼げる場合もありますが、将来的にも安定した収入を得られるのは正社員といえるでしょう。
厚生労働省が発表した「令和3年賃金構造基本統計調査 (6) 雇用形態別にみた賃金」をみると、年齢が上がるにつれて、正社員とフリーターで賃金の差が大きくなることが分かります。

年齢階級別賃金および雇用形態別賃金格差(男女計)
年齢 正社員・正職員 正社員・正職員以外
~19歳 18万3,900円 16万7,900円
20~24歳 21万6,600円 18万3,000円
25~29歳 25万900円 20万4,900円
30~34歳 28万3,700円 20万7,600円

引用元:厚生労働省「第6-1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金及び雇用形態間賃金格差

また、正社員なら昇給が見込めるのもポイントの1つです。さらに、企業によってはボーナスの支給があるため、フリーターよりも確実に収入が安定するでしょう。

参照元
厚生労働省
令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況

雇用が安定する

正社員は、一度採用されるとトラブルや例外が起きないかぎり解雇されません。また、雇用期間の定めもないため、毎月安定した収入が得られます。日々の生活や将来の貯蓄面といった悩みが軽減されることから、フリーターよりも精神的な不安を抱えずに仕事を行えるでしょう。

社会的信が得られる

正社員はその安定した収入面から、社会的信用を得やすくなります。正社員になると返済能力があると判断されることから、クレジットカードやローンの審査に通りやすいのも特徴の1つ。将来的にマイホームや車などの購入を検討しているなら、フリーターを続けるよりも正社員を目指すのが無難です。

未経験のフリーターから正社員として就職する方法

社会人未経験のフリーターから正社員就職を目指している方は、ハローワークや就職・転職サイト、エージェントといった就職をサポートするサービスを活用してみると良いでしょう。以下でそれぞれの詳細について解説するので、参考にしてみてください。

ハローワークを活用する

社会人未経験のフリーターから正社員になりたい方は、ハローワークの利用を検討してみるのも1つの方法です。ハローワークは国が運営する就職支援機関で、全国500カ所以上に設置されています。地方の求人も豊富なため、地元で働きたい方にもおすすめです。また、セミナーや職業訓練も受けられるので、就職に関する知識をつけたい方や、スキルアップしたい方は相談してみると良いでしょう。

就職・転職サイトを利用する

社会人未経験のフリーターが正社員を目指すには、就職・転職サイトも便利です。就職・転職サイトは求人が掲載されているWebサイトを指します。希望に合った求人をパソコンやスマートフォンで検索できるため、スキマ時間に仕事探しができるでしょう。ハローワークやエージェントのように就職の相談はできないため、自分のペースで就活したい方や、自分で求人を探したい方におすすめです。

エージェントに相談する

1人での就活に不安がある方は、就職・転職エージェントに相談してみましょう。就職・転職エージェントは、アドバイザーがマンツーマンで求人紹介や就職に関するサポート、入社後のアフターフォローなどを行う民間の支援サービスです。また、就職関連の悩み相談にも対応しているため、「周囲に相談できる人がいない」「疑問や不安はあるけど今さら人に聞きにくい」という方も安心して利用できるでしょう。

フリーターや社会人未経験といった経歴に不安を感じている方は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。
ハタラクティブでは、あなたのお悩みに寄り添いながら就活を全力でサポートします。専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、一人ひとりの希望や適性に合った求人情報をご紹介。未経験者歓迎の求人にも自信を持って挑戦できるようになります。また、履歴書の書き方や面接対策も行っているので、初めての就活でも安心です。
サービスの登録・利用料はすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

フリーターや社会人未経験の就職に関するQ&A

フリーターや社会人未経験からの就職を考えているものの、不安を抱いている方もいるでしょう。ここでは、就職を目指すフリーターや社会人未経験の方のお悩みにQ&A方式でお答えします。

フリーターと正社員の違いとは?

収入の違いが代表的です。正社員は昇給や賞与で収入が上がるのに対し、フリーターは基本的に給与に大きな変化がありません。そのため、年齢が上がるにつれて正社員とフリーターの収入差は開いていきます。詳しくは、「フリーターと正社員の収入の違いはどれくらい?就職のためのコツも解説」でも説明しているので、参考にしてみてください。

フリーターが正社員になるのは難しい?

正社員になれる可能性は十分にあります。自己分析や企業研究を行い、自分や志望先の企業についてきちんと知っておくことが大切です。また、フリーターになった理由についてもきちんと説明できるようにしましょう。「フリーターから正社員になった人の特徴!就職できた人の成功ポイントとは?」のコラムでは、フリーターから正社員になった人の特徴や、就職のためにやるべきことをご紹介しているので、あわせてごご覧ください。

社会人未経験のフリーターからなれる職業はある?

営業職や飲食店スタッフ、IT関係の仕事などがおすすめです。未経験歓迎の求人が多い傾向にあるため、フリーターからの正社員就職を目指しやすいでしょう。「フリーターから正社員を目指そう!採用されやすい職業と就活のコツを解説」では、ほかにも未経験のフリーターから就職しやすい職業をご紹介しているので、こちらもご一読ください。

高卒フリーターでも就職を目指せる?

可能です。年齢が若ければ学歴や経験を問わず就職のチャンスがあるので、早めに就活を始めましょう。高卒フリーターの就職については、「高卒フリーターは就職できる?不利といわれる理由と正社員になる方法を解説」もあわせて参考にしてみてください。 「就職したいけれど、自分の学歴や経歴が不安」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ