未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介

未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・未経験での就職を叶えるには、企業の採用意図を見極めることが大切
  • ・未経験者には「社会人経験なし」「業界経験なし」「職種経験なし」の3種類がある
  • ・未経験者歓迎求人には、間口を広げて人員を確保したいなどの企業意図がある
  • ・未経験者を前向きに採用する企業では、教育制度が充実している傾向にある
  • ・未経験者が就職しやすい業種には、「IT系」「販売」「飲食」などがある

未経験での就職を目指す際に気になるのが、求人要項にある「未経験者OK」「未経験者歓迎」の記載。「本当に未経験者が応募してもいいのかな」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。未経験者を募集する求人には、各企業ごとの狙いがあります。
このコラムでは、未経験者を募集する企業の意図や、未経験者におすすめの職種、求人を探す方法について詳しく解説。求人を見極めるコツを知り、未経験での就職を叶えましょう。

未経験で就職を目指すときのポイントは?

未経験での就職を叶えるには、採用される確率の高い求人を見極めることが大切です。下記で、未経験者が就職しやすい求人の見極め方を押さえておきましょう。

「未経験者OKの求人」を探そう

未経験での就職を目指す方は、「未経験者OK」「未経験者歓迎」と記載された求人を探すのがおすすめです。「未経験OK」とする求人なら、企業が未経験者の採用も視野に入れていると考えられます。そのため、即戦力を期待されやすい中途採用や「経験者優遇」と書かれた求人よりは、就職できる可能性が高いといえるでしょう。

未経験者OKには3つのパターンがある

そもそも、未経験者歓迎求人の「未経験者」とはどのような人を指すのでしょうか。企業の求人広告で使用される「未経験者」には、主に以下の3パターンがあります。自身がどの「未経験者」にあたるのかを把握し、より自分に合った求人に応募しましょう。

1.職種と業界両方の未経験者、正社員就職の未経験者
業界・職種ともに従事した経験がない人を指します。また、正社員として就職した経験を持たない新卒の学生やフリーターなどを含む場合もあるでしょう。

2.その職種の未経験者
業界での正社員経験はあるものの、応募職種において働いた経験を持たない人を指します。たとえば、「医療業界の事務職→同業界の営業職」へ転職するなど、同じ業界内で職種のみを変えるケースがこれに当たるでしょう。

3.その業界の未経験者
職種での正社員経験はあるものの、応募業界において働いた経験を持たない人を指します。たとえば、「保険会社の営業職→メーカーの営業職」へ転職するなど、職種はそのままで業界のみ変えるケースがこれに当たるでしょう。

「未経験者OK」の企業意図とは

企業が未経験者を募集するのには、「人員確保」や「人柄重視」など、採用活動における意図があると考えられます。求人に「未経験者歓迎」「未経験者OK」と記載してあっても、その真偽のほどが掴めず応募を迷う方もいるのではないでしょうか。下記で、詳しい内容を見ていきましょう。

応募しやすい求人にして人員を確保したい

未経験者もOKとすることで、募集可能な応募者の幅を広げて、できるだけ人員を確保しようとする意図があるでしょう。新規や大規模な事業計画がある企業では、「とにかく多くの働き手を集めたい」と経験の有無を問わない大量募集の求人をかけることがあります。また、採用活動を行う企業の中には、知名度が足りなかったり、労働環境がハードだったりして、採用枠を満たす応募者数を集められないところも。そのため、人員確保に苦戦した末に仕方なく「未経験OK」とする企業もあるようです。このような場合、企業の本音が「未経験者でも応募可能だけど、できれば経験者がほしい」という可能性も考えられます。経験を持つ応募者がほかにいる状況下で、「未経験者」であることが不利に働くこともあり得るでしょう。

専門的スキルを問わない業務内容である

仕事が専門的なスキルを問わない業務内容なら、「未経験者歓迎」と記載することもあります。単純作業を繰り返す工場の製造業や、マニュアルの充実度が高めの接客業といった仕事で多いようです。このような求人では、企業が入社後の研修を設けていることも多く、未経験でも充分に仕事をこなせる可能性が高いでしょう。選考の際は、真面目さや粘り強さといった人柄を自己アピールすることで、採用に繋がりやすくなります。

正社員経験のある人を採用したい

正社員としての経験を見込んで採用活動を行う企業が、「業界未経験者歓迎」「職種未経験者OK」などとして未経験者を募集している場合も。社会人経験があると、基礎的なビジネスマナーや仕事への取り組み方を身につけている可能性が高いためです。前職で得た経験やスキルを活かせば、「未経験の仕事であっても早期に即戦力になり得るのでは」と企業側が期待しているといえるでしょう。

経験よりも人柄を重視している

企業によっては、経験や技術よりも、人間性や価値観を重視する「ポテンシャル採用」を採り入れている場合もあります。未経験者を積極的に採用している企業では、新人研修やフォローアップ体制が充実している傾向にあるでしょう。入社後の研修で業務に必要な知識やスキルを身につけられるため、未経験でも仕事をスタートしやすいのが魅力です。 応募する際は、意欲的に学ぼうとする姿勢や仕事に対する積極性などをアピールすると、採用される可能性が高まります。

求人にある「学歴不問」の意味とは?

「学歴不問」とは、「採用する際に学歴は問いません」という意味です。この場合の学歴は、出身校のことではなく、高卒以上や大卒以上といった最終学歴のことを指しています。「学歴不問」は法律用語ではないため、企業によってその解釈や意図が異なる場合もあるでしょう。「未経験者OK」と同じく、「人員を確保したい」「実績や人柄を重視したい」などの企業意図があると考えられます。

「未経験者OK」の求人は積極的採用か見極めが大切

「未経験OK」の求人は、応募要項や企業のWebサイトを確認し、その意図を見極めることが大切です。前項で説明したように、「未経験者OK」の求人を出しているすべての企業が、未経験者を「積極的」に募集しているとは限りません。企業の求人や採用情報に、「未経験者も募集しているが、経験者だとなお良い」といった記載がある場合は、経験者が優遇される可能性が高いと捉えたほうが良いでしょう。一方、教育制度が充実している企業は、人材を育成する土台が整っていると考えられ、未経験者を前向きに採用する傾向にあるといえます。

未経験者が就職しやすいおすすめの業種7選

未経験者におすすめの業種には、「IT系」「美容系」「販売」などが挙げられます。下記をチェックして、仕事を探す際のご参考にしてください。

1.IT系

需要が高まりつつあるIT系は、未経験者におすすめの業種の一つです。IT業界の人材不足は深刻で、「とにかく働き手がほしい」という企業が多く、未経験者の採用を積極的に行うところもあります。今後は求人数の増加も期待されるため、失業リスクも低く、狙い目といえるでしょう。

2.美容、サービス関係

エステティシャン・ネイリストといった美容系や、ブライダルコーディネーターといったサービス職は、未経験者にも人気があり、就職しやすい業種といえるでしょう。美容系の企業では新人教育制度が整っていることが多く、未経験でも挑戦できるチャンスが広がっています。ブライダルコーディネーターについても、必須の資格はありません。ブライダルイベントを扱うホテルや結婚式場などに就職し、経験を積むことで目指しやすい職業といえるでしょう。

3.販売

アパレルショップや本屋、雑貨店などの販売職は、未経験者歓迎の求人が多いです。販売は人と接することが主な業務のため、企業は人柄重視で採用を行う傾向にあります。未経験であっても、人と話すのが好きだったり、取り扱う商品やブランドへの思い入れがあったりすれば、就職できる可能性が高いでしょう。

4.飲食

人手不足に陥りがちな飲食系の業種も、「未経験者歓迎」や「学歴不問」の求人が多く、就職しやすいようです。人手不足の背景として、勤務の不規則さや長時間立ちっぱなしといったハードな労働環境が考えられます。特別な資格は必要ありませんが、体力やコミュニケーション能力を求められる仕事といえるでしょう。

5.運送、配送業

配送・宅配ドライバーや運送業も人手不足や作業の単純さから、未経験者が採用されやすいでしょう。未経験者であれば余計な先入観を持っていないため、「素直に技術や知識を吸収する柔軟性があるのでは」と企業が期待し、ポテンシャル採用されるケースもあり得ます。社内の教育制度が充実している場合も多く、未経験者でも始めやすい仕事の一つです。

6.営業

営業職は経歴や学歴を問わず、人柄や意欲重視で採用する傾向にあるため、未経験者におすすめの職種といえます。個人営業や法人営業、業界や取り扱う商品によって、サービスの規模や手法が異なるため、自分に合った営業は何かを考えることが大切です。傾聴力や会話力に自信のある方に向いています。

7.介護

介護職も社会的需な要度が高いにも関わらず、人材確保に苦労している職種の一つ。そのため、未経験者を歓迎する求人が多く、就職しやすいでしょう。業務内容は就職先によって異なりますが、主な役割は高齢者の日常をサポートすること。介護業界で働きながら、介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得する人も多く、スキルを身につけやすいのも利点といえます。

30代で未経験の仕事に就職できる?

20代より採用ハードルは上がるものの、30代で未経験の仕事に就職することは可能です。ただし、30代における就活は、自身のキャリアビジョンや応募先のニーズを明確にしたうえで進めることが重要といえるでしょう。ポテンシャル採用が期待できる20代に比べて、30代には即戦力を求める企業が多い傾向にあるためです。
自身の将来の方向性や応募先の求める人物像を把握するには、自己分析と業界・企業研究をより深める必要があります。自己分析で自分の強みややりたいことを洗い出し、それらを活かせるような求人を、業界・企業研究を通じて得た情報から探しましょう。就職しやすいおすすめの仕事としては、先述したIT系や営業職、介護職などが挙げられます。これまでの人生経験を棚卸ししたうえで、自身を採用するメリットをいかにアピールできるかが、30代での未経験就職を成功に導くポイントです。

未経験者向け!求人を探す3つの方法

未経験者向けの求人を探すなら、「求人サイト」「企業サイト」「就職エージェント」などを活用する方法がおすすめです。下記を参考に、自分に合った仕事探しの方法を見つけましょう。

1.求人サイトで「未経験者」を指定して検索する

求人サイトで「未経験者歓迎」「未経験者OK」と条件を指定して検索してみましょう。サイトによって取り扱う求人情報は異なるため、自分の志望職種や志望業界が多く掲載されているサイトを選ぶと、より条件に叶う仕事に出会える可能性が高まります。先述したとおり、求人の応募要項などをよく確認し、未経験者が就職しやすい企業なのかを見極めることが大切です。

2.未経験者OKの企業サイトから応募する

自分の志望する業種の中から、未経験者を受け入れている企業に応募する手段もあります。入社したい企業の公式サイトや採用ページを探し、応募要項の詳細を確認してみましょう。求人サイトを利用するよりも検索に手間がかかる一方、より志望度の高い企業に応募できるメリットがあります。

3.就職エージェントを活用する

就職エージェントを活用するのもおすすめです。就活に精通したプロのアドバイザーに自身の悩みや要望を相談でき、それらをもとに自分に合った求人を紹介してもらえます。また、提出書類や面接のアドバイスなど、就職に関わる活動を包括的にバックアップしてもらえるのが魅力。数ある求人の中から「未経験者歓迎」の募集を探し、さらには自分にマッチする仕事を見つけることは大変な作業といえます。自分に合った求人を提案してくれる就職エージェントを利用すれば、よりスムーズに就活を進められる可能性が高いでしょう。

就職・転職サポートサービスを提供しているハタラクティブでは、若年層向けに希望に沿った求人紹介を行っています。また、専任の就活アドバイザーが、個々に応じた書類作成のアドバイスや面接のスケジュール調整、面接対策など求職活動をフルサポート。やりがいのある仕事探しのお手伝いをしているため、1人での就活が不安という方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

未経験の仕事に就職したい人が抱えるお悩みQ&A

ここでは、未経験の仕事に就職したい人のお悩みに回答します。

未経験の仕事に就職することは可能?

未経験の仕事に就職することは可能です。ただし、年齢が上がるにつれて未経験の仕事に就職するのは難しくなっていくとされています。そのため、未経験の仕事に就職したい人は早めに行動を起こしましょう。詳しくは「未経験業種への転職と年齢の壁」をご参照ください。「1人で就職するのが不安」「未経験歓迎の求人を探す方法が分からない」と悩んでいる方は、ハタラクティブに相談するのがおすすめです。
 

未経験でもゲーム会社に就職できる?

未経験でもゲーム会社に就職できます。しかし、人気のゲームソフトを販売したり、テレビCMで宣伝したりしている会社は応募者が集まりやすく、内定倍率が高い傾向にあるようです。未経験でゲーム会社に就職する場合は、プログラミングのスキルを身につけたり未経験者歓迎の求人を探したりするのが良いでしょう。「ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方」も参考にしてみてください。
 

未経験からエンジニアとして就職するには?

未経験からエンジニアとして就職する場合は、事前に「必要なスキルを独学する」「専門スクールに通う」などの方法を取るのが効果的です。企業によっては、入社後に研修を行っている場合もあるので、そういった企業を選ぶのも一つの手段でしょう。未経験からエンジニアになる方法は、「エンジニアとは?その種類や仕事内容などをわかりやすく解説」で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。
 

宅建の資格を持っていれば未経験でも就職できる?

宅建の資格を保有していれば、未経験でも就職で有利に働く可能性があります。宅建は業務独占資格で、宅建の資格を持っている人にしか担当できない業務があるからです。主に、不動産や金融業界への就職で有利になるとされています。ただし、企業によっては資格の有無よりも実務経験を重視する場合があるので注意しましょう。「宅建資格は就職に有利?勉強法や合格後におすすめの業界を紹介!」もあわせてご覧ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION