就職・転職しやすい未経験OKの求人の真相

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職・転職しやすい未経験OKの求人の真相

2014/12/02

【このページのまとめ】

  • ・未経験者歓迎求人の「未経験者」には「社会人経験未経験者」「業界未経験者」「職種未経験者」の3パターンある

    ・「未経験者歓迎求人」には間口を広げて応募者数を増やしたい、幅広い人材を募集したいなどの企業の意図がある

    ・企業によっては、企業内研修などの教育制度により、人材を1から教育したいという狙いがある

就職・転職しやすい未経験OKの求人の真相の画像

求人広告で見かける「未経験者OK」「未経験者歓迎」といった言葉を見て、本当なのだろうか…?と疑問に思ったことはありませんか?

このコラムでは、未経験者歓迎求人につて、本当に未経験でも仕事ができるのか、どんな求人内容なのか、企業側の意図は何なのかについて、詳しく解説していきます。

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

◆未経験者歓迎求人とは?

就職や転職を考えるとき、求人サイトなどを見ていると、「未経験者OK」や「未経験者歓迎」といったフレーズをよく見かけることがあります。 

一見すると、仕事のハードルが低そうに見えるこのキャッチフレーズ。 

しかしながら、求人の中には「専門知識や技術が必要なのではないか?」と思うような職種があることも。

 

未経験者歓迎求人には、いくつかのパターンが存在しています。

ひと口に「未経験者」と言っても、大きく分けて以下の3つのタイプに分かれているので、求人を探すときは注意して見てみましょう。

 

・仕事の経験が1度もない人

・業界未経意者…ある業界では経験者だが、応募する業界での仕事経験がない人

・職種未経験者…ある職種では経験者だが、応募する職種での仕事経験がない人

 

「仕事の経験が1度もない人」とは、業界、職種共に全くの未経験者ということです。

新卒者やフリーターのように、そもそも社会人そのものの経験がない方が、これに当てはまります。

 

「業界未経意者」は、なんらかの職種経験があり、異業種への転職を考えている人のこと。

例えば、旅行会社で営業職に就いていた人が、同じ営業職で食品メーカーへの転職を希望する場合などが、これに当てはまります。 

「職種未経験者」は、職種が変わるものの、同じ業界での転職を考えている人のことです。 

例えば、不動産業界の経理部門から営業職への転職を希望する場合などは、職種未経験者となります。 

◆なぜ企業は求人に「未経験者歓迎」と書くのか

なぜ企業は求人に「未経験者歓迎」と書くのかの画像

企業が求人広告などに「未経験者歓迎」「未経験OK」などと記載するのは、次のような意図があります。

 

・間口を広げて応募者数を増やしたい

企業によっては、事業拡大や人材不足などの理由により、1度に多くの人材確保が必要になることも。

働く意欲のある人をできるだけ多く集めたい企業は、間口を広げるために「未経験者歓迎」といった求人を出す傾向があります。

この場合、実際には「未経験者でも可能」というのが企業側の実情で、応募者の中に経験者がいればそちらが優遇されることも考えられます。

転職を希望する人にとっては有利ですが、その企業の質や労働条件などをよく確認する必要があるでしょう。

 

・初心者でも始めやすい仕事なので幅広く募集したい

専門的な知識や技術、資格、職務経験などがなくてもできる仕事の場合、「初心者でも始めやすい仕事」という意味で「未経験者歓迎」と記載することが多くあります。 

単純作業や雑務、簡単な事務や接客などを任される事が多く、飲食店や販売職、肉体労働などの求人で多く見られるようです。

選考の際は、まじめにきちんと仕事と向き合う姿勢をアピールすることがポイントとなるでしょう。

 

・業界・職種未経験者を募集したい

この場合は、すでに正社員経験がある人を対象としていることが多く、企業側が求めているのは「前職の経験を活かせる人」です。 

業界経験はゼロでも、業界内でのネットワークを持っていたり、前職での経験や実績、ノウハウやスキルを生かした仕事のできる人材として期待されます。 

 

・研修制度など、サポート体制がしっかりある

企業によっては、ポテンシャル採用といって、知識やスキルよりも、人間性や価値観を重視して採用するところも。

採用後は、企業内研修などにより、1から人材を教育したいという企業の狙いがあります。

また、このような企業には、教育制度やサポート体制が充実している傾向があるため、たとえ未経験者であっても着実に仕事を覚えていくことができるでしょう。 

応募する際は、意欲的に学ぼうとする姿勢や仕事に対する積極性などをアピールすると良いでしょう。 

 

「未経験者歓迎求人」を掲載する意図が分かると、企業が「どのような人材を必要としているのか」が見えてきます。

企業のニーズを見極めた上で、効果的な自己PR、志望動機を考えることが大切です。

◆未経験者向けの求人を探すには?

たくさんある求人の中から「未経験者歓迎求人」を探し、さらに自分に合った仕事を見つけるのは意外と大変。

 

そんなときは、就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、若年層向けに、希望に沿った求人紹介をしています。

また、専任の就活アドバイザーが、個々に応じた書類作成のアドバイス、相談、面接のスケジュール調整、面接対策など、求職活動をフルサポート。

やりがいのある仕事探しのお手伝いをしています。

1人での求職活動が不安、という方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ