CADオペレーターの仕事

CADオペレーターの仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

CADオペレーターとは

CADオペレーターとは、設計士やデザイナーによって描かれた設計図の修正や仕上げを、CADソフトを使用して行う仕事です。建築をはじめ機械、服飾などあらゆる分野でCADの図面が用いられているため、活躍の場は多岐にわたります。

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事は、CADを操作して設計士やデザイナーが作成した図面を修正や調整すること。CAD操作は専門的な仕事に分類されます。

具体的な業務内容

設計図の修正や調整、仕上げ

ものづくりを進めるうえで、例えばそれが家であれば「窓の位置を変える」、「廊下の幅を広げる」など、様々な変更箇所が出てきます。CADオペレーターはその都度、設計士の指示に従って設計図の修正を繰り返しながら正確な図面に仕上げます。何を設計するかによって構造図、平面図、詳細図といった図面の種類や枚数が異なるため、一つずつ確認しながら進めることが重要です。

図面に記号を書き込む

実際に作業する人にもわかりやすくするために、記号を書き込むことも大事な仕事です。加工方法を指示する記号を書き込む場合には、加工方法についての知識も求められます。同じCADオペレーターという仕事であってもどの分野に進むかによって必要な知識は異なります。

設計図の印刷

CADで作成した図面を印刷するには、縮尺を合わせたり、印刷範囲を指定したりといった手間がかかります。場合によっては印刷にかなりの時間を費やすことも。優先順位を付け、印刷の合間にほかの仕事を同時進行で行うことができれば効率良く業務を進められるでしょう。

CADオペレーターが活躍する場

設計事務所や建設会社、住宅メーカー、電気機器メーカー、自動車メーカーのほか、服飾や家具などを扱う会社など、CADオペレーターとして活躍できる場所は幅広くあります。

CADオペレーターのやりがい・大変なところ

CADオペレーターが活躍する分野は多岐にわたりますが、どの分野においても自分がCADで作成した図面から建物や電気機器、洋服といった"形"になることが一番のやりがいといえます。また、何度も修正を繰り返しながら納期内に無事に納品できたときにも大きな達成感を得られるでしょう。

正確性を求められるため神経を使うことがあったり、長時間パソコンに向かって作業をするため肩こりや腰痛に悩まされたりといったことが、CADオペレーターとして働く上で大変だと感じる部分だと考えられます。

CADオペレーターの年収

厚生労働省が実施している賃金構造基本統計調査によると、CADオペレーターが含まれる機械技術者の収入は368.700円(※1)でした。一般労働者の平均が307.700円なので、平均より高い収入が期待できるでしょう。
※1…男女計、41.2歳、企業規模10人以上。各種手当を含み、控除前の金額

CADオペレーターは専門的な技術が求められる仕事なので、経験を積みスキルを磨くことで年収アップを目指すこともできるでしょう。

なお、企業規模が1,000人以上になると、収入も393.500円と大きくアップします(40.5歳の収入)。
スキルを身に着けて大企業に転職するのも、年収アップを叶える方法として考えられます。

参照元
e-Stat政府統計の総合窓口
令和2年賃金構造基本統計調査
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

CADオペレーターの将来性

IT化や電子化の影響により多くの業界でCADソフトが導入されています。また、従来の2DCADから3DCADへの移行も見られるため、CADオペレーターは今後も需要が見込まれるでしょう。

CADオペレーターのニーズ

CADオペレーターは、建築や機械、アパレルなど多種多様な業界で必要とされる職業です。CADソフトの進化に伴い、様々な分野でCADを使う機会は増えています。CADオペレーターのニーズは高まっているといえるでしょう。

キャリアアップ

CADオペレーターとして高い技術を身につけるほど、良い待遇の職場で働けたり大きな仕事を任されたりすることにつながります。また、CADの操作以外に、業界ならではの知識を学んだり資格を取得したりすることで、キャリアアップを目指せるでしょう。高いレベルのスキルや意欲を持ち、独立を視野に入れてキャリアを積んでいる方もいるようです。

CADオペレーターに必要な資格

CADオペレーターとして働くにあたって、必要な資格はありません。CADオペレーターは資格よりも技術やスキルを重視する傾向の強い仕事です。しかし、資格があれば知識や技術を具体的にアピールできるでしょう。
CADの資格は数多くあります。ここでは、知名度の高いものをいくつかご紹介します。

・CAD利用技術者試験
・CADトレース技能審査
・建築CAD検定試験

業界によって求められる能力にも違いがあるため、どのような仕事をしたいかということに照らし合わせて資格の取得を検討すると良いでしょう。

CADオペレーターになるには

CADオペレーターとして働くには、CADでものづくりを行っている企業に就職してCADオペレーターを目指すのが一般的。未経験の場合はモデラやアシスタントとしてCADの知識を学びながらステップアップを目指しましょう。経験やスキルがあればCADオペレーターとしてはじめから転職も可能です。

就業までの流れ

建設会社や電気機器メーカー、アパレル会社など幅広い業界で使用されているCAD。そのため、CADオペレーターとして仕事を始めるには、これらの企業に就職することになります。
学歴は問わないといった企業が多く、専門学校やパソコンスクールでCADを学んだという人もいれば、高校や大学を卒業後に就職した企業で業務を通してCADの技術を身につけたという人もいるようです。
そのほか、アルバイトとして経験を積んでから転職するという手段も考えられます。
また、派遣社員として活躍するCADオペレーターの方も少なくありませんが、より安定した環境を望むのであれば正社員として就職するのがおすすめです。

プラスになるスキルや要素

CADオペレーターの求人は、基本的にCADソフトが使えることを前提としています。
未経験からスタートできる企業もありますが、CADの技術や設計に関する知識があれば即戦力として活躍できるため、スキルを身につけておくとプラスになるでしょう。

CADオペレーターの志望動機

CADオペレーターの志望動機では、仕事に対する熱意や意欲だけでなく、仕事への適性をアピールするのが重要となります。

CADオペレーターが向いている人

CADオペレーターに向いているのは、細かい作業やコツコツと進めることが苦ではない人。また、数ミリのズレも許されないため、几帳面な人にも向いています。

黙々と着実に仕事を進められる人

CADオペレーターの仕事は設計図の修正といった細かい作業が多いため、地道にコツコツ取り組める集中力が必要です。
間違いがあるとその修正をするために更なる時間がかかるうえ、大きな問題に発展する可能性もあります。間違いに気づくことができる注意力があれば、失敗を回避できるでしょう。

几帳面な人

納期を守り物事を正確に行える几帳面な人は、CADオペレーターの適性があります。ものづくりにおいて、「納期」はとても重要とされています。そのためスピードが求められますが、ミスなく作業することも必要なため、設計士やデザイナーの指示をしっかり把握し正確に実行できる几帳面な人がCADオペレーターに向いているでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

CADオペレーターに対して、パソコンに向かっている時間が長くあまり人と関わらないというイメージを持つ人も少なくないようです。しかし実際には設計士やデザイナーに確認しながら進めなければいけないことも多く、コミュニケーションスキルは必須。細かく打ち合わせや確認を行うことは、ミスのない作業につながります。

未経験者の志望動機

なぜCADオペレーターの仕事をしたいのか、仕事に対する熱意を込めて伝えましょう。粘り強いといったCADオペレーターに向いている性格をアピールするのもおすすめです。
また、幅広く活躍の場所があるなかで、なぜその業界を選んだのかを伝えることも忘れずに行いましょう。

例文

「私が貴社を志望した理由は、創造性の高い業務を行い社会に貢献したいと思ったからです。
専門学校で建築関連の授業を受け、製図や設計に深い興味を抱いてきました。設計に携われる仕事はないかと仕事を探していたところ、貴社の求人を拝見しました。
これまでも何度かCADオペレーターさんと関わる機会があり、独学でCADについて勉強を始めております。
まだまだ不慣れではありますが、現在はCAD利用技術者試験を受験すべく勉強中です。採用していただいたなら、先輩方のご指導から多くを学び、技術者としてお役に立てるよう努力していきたいと思います」

経験者の志望動機

CADオペレーターの経験があるなら、具体的にどのような技術や経験があるかをアピールすると良いでしょう。また、スキルアップのために勉強していることや業界の魅力などを盛り込むことで、熱意や意欲が高評価につながると考えられます。

例文

「ずっと形に残る建物の設計に携わりたいと思い、貴社を志望しました。前職では設計事務所に勤務し、CADオペレーターとして4年間の経験があります。他のオペレーターにAutCADの操作を教える立場も任されており、複雑な製図の作成も担当してきました。正確さだけでなく、スピード感のある仕事で、お客様から直接指名していただいたこともあります。
CADオペレーターとしてのスキルはもちろん、今後は設計の知識も必要だと思い、独学ではありますが設計の勉強をはじめています。CADオペレーターとして活躍した先に、設計士へのキャリアアップの道があるという点でも貴社に魅力を感じております。
採用していただいた暁には、誠心誠意頑張らせていただきますので、何卒ご検討のほどよろしくお願いいたします」

CADオペレーターに関するFAQ

ここでは、CADオペレーターに関する質問をQ&A形式でまとめています。仕事選びや就職で悩んだときの参考にご活用ください。

CADオペレーターになるには資格が必要ですか?

無資格でも働けます。資格よりも実務を重視されやすい傾向です。 CADオペレーターの仕事は、資格よりもこれまでの経験やスキルを重視されやすいといわれています。ただし、スキルの証明として資格取得を目指すのもいいでしょう。「CADオペレーターの仕事に役立つ資格とは」のコラムで、CADオペレーターに役立つ資格をご確認ください。

CADオペレーターとCADエンジニアの違いは?

「どんなものを作るかを考える」のがCADエンジニアです。 CADオペレーターは、設計者やCADエンジニアが作成した設計図を図面にするのが仕事。それぞれの違いは「就活アドバイザーが教える!CADエンジニアやオペレーターのお仕事」のコラムもご覧ください。

CADオペレーターとして働くのにおすすめの業界は?

CADオペレーターの活躍先は多いため、興味のある業界を選ぶのがおすすめです。 特に思い当たらなければ、「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」のコラムを参考に将来性のある業界を選ぶのもいいでしょう。

CADオペレーターの志望動機が作れません

企業がなぜ志望動機を聞くのか、考えてみましょう。 志望動機を考えるときは、「なぜ志望動機を聞かれるのか」を考えるのがポイント。志望動機を作る意味や目的を理解することから始めてください。「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」のコラムを参考にしたり、ハタラクティブに相談したりするのもおすすめです。

職種一覧

営業

販売・サービス

事務・アシスタント

不動産・建設

IT・機械

医療・福祉

物流

工場・製造

企画・管理

クリエイティブ

専門

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

食品

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽

物流・運送

衣料・装飾

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧