CADオペレーターの仕事職種図鑑

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターとは、CADソフトを使用して設計士やデザイナーによって描かれた設計図の修正や仕上げを行う仕事です。建築をはじめ機械、服飾などあらゆる分野でCADの図面が用いられているため、活躍の場は多岐にわたります。

【業務内容】

・設計図の修正や調整、仕上げ

ものづくりを進める上で、例えばそれが家であれば「窓の位置を変える」、「廊下の幅を広げる」など、様々な変更箇所が出てきます。その都度、設計士の指示に従って設計図の修正を繰り返しながら正確な図面に仕上げます。何を設計するかによって構造図、平面図、詳細図といった図面の種類や枚数が異なるため、一つずつ確認しながら進めることが重要です。

・図面に記号を書き込む

実際に作業する人にもわかりやすくするために、記号を書き込むことも大事な仕事です。加工方法を指示する記号を書き込む場合には、加工方法についての知識も必要となり、同じCADオペレーターという仕事であってもどの分野に進むかによって必要な知識は異なります。

・設計図の印刷

CADで作成した図面を印刷するには、CADの知識が必要です。縮尺を合わせたり、印刷範囲を指定したりといった手間がかかる上、場合によっては印刷にかなりの時間を費やすこともあるのです。優先順位を付け、印刷の合間にほかの仕事を同時進行で行うことができれば効率良く業務を進められるでしょう。

CADオペレーターが活躍する分野は多岐にわたりますが、どの分野においても自分がCADで作成した図面から建物や電気機器、洋服といった"形"になることが一番のやりがいと言えます。また、何度も修正を繰り返しながら納期内に無事に納品できたときにも大きな達成感を得られるでしょう。

正確性を求められるため神経を使うことがあったり、長時間パソコンに向かって作業をするため肩こりや腰痛に悩まされたりといったことが、CADオペレーターとして働く上で大変だと感じる部分だと考えられます。

納期が迫っている時には職場の雰囲気がピリピリすることもありますが、納期を守りさえすれば自分のペースで仕事ができるという点は良いポイントだと言えるでしょう。

CADオペレーターの給与年収待遇

CADオペレーターの平均年収は、およそ300~400万円と言われています。雇用形態や経験などによって差があり、中には500万円以上の年収を得ている人もいるようです。

専門的な技術が求められる仕事であるため、経験を積みスキルを磨くことで年収アップを目指すこともできるでしょう。

また、CADオペレーターとして働くために資格がなければいけないということはないものの、企業によっては資格手当を支給しているケースもあります。

CADオペレーターの求人を探す際には、資格手当の有無に着目してみるのも良いかもしれません。

CADオペレーターになるには

【就業するまでの流れ】

建設会社や電気機器メーカー、アパレル会社など幅広い業界で使用されているCAD。そのため、CADオペレーターとして仕事を始めるには、これらの企業に就職することになります。

学歴は問わないといった企業が多く、専門学校やパソコンスクールでCADを学んだという人もいれば、高校や大学を卒業後に就職した企業で業務を通してCADの技術を身につけたという人もいるようです。

そのほか、アルバイトとして経験を積んでから転職するという手段も考えられます。

また、派遣社員として活躍するCADオペレーターの方も少なくありませんが、より安定した環境を望むのであれば正社員として働くのが向いていると言えるでしょう。

【プラスになるスキルや素養】

CADオペレーターとして働くために、無くてはならない資格というものは特にありません。しかしながら、一般的にはCADソフトが使えることを前提としています。

未経験からスタートできる企業もありますが、CADの技術や設計に関する知識があれば即戦力として活躍できると考えられるため、スキルを身につけておくとプラスになると考えられます。スキルの証明として資格があると、説得力が増すでしょう。

CADの資格は数多くあります。ここでは、知名度の高いものをいくつかご紹介します。

・CAD利用技術者試験

・CADトレース技能審査

・建築CAD検定試験

業界によって求められる能力にも違いがあるため、どのような仕事をしたいかということに照らし合わせて資格の取得を検討すると良いでしょう。

CADオペレーターの将来性

【業界や職種のニーズ】

CADオペレーターは、建築や機械、アパレルなど多種多様な業界で必要とされる職業です。CADソフトの進化に伴い、様々な分野でCADを使って設計図を描くことが当たり前のようになって来たため、CADオペレーターのニーズは高まっていると言えるでしょう。

【活躍できる場所】

設計事務所や建設会社、住宅メーカー、電気機器メーカー、自動車メーカーのほか、服飾や家具などを扱う会社など、CADオペレーターとして活躍できる場所は幅広くあります。

【キャリアアップするには】

CADオペレーターとして高い技術を身につければつけるほど、良い待遇の職場で働けたり大きな仕事を任されたりすることにつながります。また、CADの操作以外に、業界ならではの知識を学んだり資格を取得したりすることで、キャリアアップを目指せるでしょう。高いレベルのスキルや意欲を持ち、独立を視野に入れてキャリアを積んでいる方もいるようです。

CADオペレーターの志望動機例

【企業が求める人物像】

・黙々と着実に仕事を進められる人

CADオペレーターの仕事は設計図の修正といった細かい作業が多いため、地道にコツコツ取り組める集中力が必要です。

間違いがあるとその修正をするために更なる時間がかかる上、大きな問題に発展する可能性もあります。間違いに気づくことができる注意力があれば、失敗を回避できるでしょう。

・納期を守り物事を正確に行う几帳面な人

ものづくりにおいて、「納期」はとても重要とされています。そのためスピードが求められますが、ミスがなく作業することも必要なため、設計士やデザイナーの指示をしっかり把握し正確に実行できる几帳面な人がCADオペレーターに向いているでしょう。

・コミュニケーションスキルが高い人

CADオペレーターの仕事には、パソコンに向かっている時間が長くあまり人と関わらないというイメージを持つ人も少なくありませんが、実際には設計士やデザイナーに確認しながら進めなければいけないことも多く、コミュニケーションを図ることでスムーズに仕事を進められると考えられます。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

なぜCADオペレーターの仕事をしたいのかといった自分の気持ちを、熱意を込めて伝えましょう。粘り強いといったCADオペレーターに向いている性格をアピールしても良いかもしれません。

また、幅広く活躍の場所がある中、なぜその業界を選んだのかということを、併せて考えておく必要があると言えます。

・経験者の場合

具体的にどのような技術や経験があるかをアピールすると良いでしょう。また、スキルアップのために勉強していることや業界の魅力などを盛り込むことで、熱意や意欲が高評価につながると考えられます。

CADオペレーターに必要な資格

CADオペレーターになるにはどんな資格を有していたら良いのだろうと思ったことはありませんか?

こちらのページでは数ある資格の中でも「CAD利用技術者試験」「建築CAD検定試験」「CAD実務キャリア認定制度」について紹介します。

それぞれの資格の概要や試験内容について触れていますので、是非チェックしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ