自分が何がしたいのかわからない方に向けて!やりたいことの見つけ方を紹介

自分が何がしたいのかわからない方に向けて!やりたいことの見つけ方を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・自分が何がしたいのかわからない人は、気持ちを見失っている状態
  • ・視野が狭いままだと、自分が何がしたいのかわからない状態になりやすい
  • ・自分が何がしたいのかわからない人は、他人の意見に影響されてしまう
  • ・自分が何がしたいのかわからない人は、自信を付けるための行動をすると良い
  • ・自己肯定感を高めると、自信が付いてチャレンジしやすくなる

「自分が何がしたいのかわからない…」と悩む人は多いでしょう。やりたいことがハッキリしないと他人の意見に流されやすくなったり、空回りな行動を取ったりします。このコラムでは、やりたいことの見つけ方を紹介。また、自分が何がしたいのかわからないという状態に何故陥るのかを解説しています。やりたいことを仕事にできれば、人生はより豊かなものになるでしょう。自分の軸を持ちたい人はぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

自分が何がしたいのかわからないとはどのような状態?

自分が何がしたいのかわからないのは、自分自身を見失い、視野が狭くなっている状態です。また、気力が湧かないときも、やりたいことが見えづらくなるでしょう。

自分自身を見失っている

自分自身の気持ちや考えを見失ってしまっている人は、自分が何がしたいのかわからない状態になりやすいようです。ぼんやりと「やりたい」と考えているものについて改めて深く考えてみると、本当にしたいことなのか確信が持てず、混乱するのでしょう。日々忙しく生活していると、自分を見つめ直す機会はなかなか持てません。そのため、自分の本当の気持ちを見失い、何がしたいのかわからなくなります。自分の軸をしっかり持つには、まず自分自身をよく知ったうえで、望むものを見極める力を鍛える工夫が必要です。

目の前のことで精一杯になっている

目の前のことで精一杯になり、余裕がなくなっている人は、「自分が何がしたいのかわからない」と悩んでしまいがちです。やりたいことをじっくり考える時間やこころの余裕がない状態といえるでしょう。特に仕事に関しては、日々こなさなければならない業務に追われ、自分の本当の気持ちに向き合う時間を持てない人はとても多いようです。このような状態のときは、まず目の前の仕事の進め方を見つめ直し、気持ちに余裕を持てる環境を整える必要があります。

気持ちや時間に余裕を持つには?
気持ちや時間の余裕を持ちたい、自分が何がしたいのかわからない状態から脱したいという方には「TODOリスト」の作成がおすすめです。TODOリストとは、タスクに優先順位をつけて書き出したリストを指します。TODOリストを作ると、やるべきタスクが可視化されるため、効率良く仕事に取り組めるようになるでしょう。作り方は紙に書き出す方法のほか、スマートフォンやパソコンのメモ機能を用いたり、専用のアプリを利用したりといった方法があります。

何もしたくない気持ちになっている

自分が何がしたいのかわからない人のなかには、そもそも何もしたくない気持ちになっている人もいるでしょう。すべての人が日々意欲的に活動できている訳ではありません。仕事や生活に疲れ、無気力な状態になっている人もいます。そのようなときに、やりたいことを探すといったエネルギーが必要な行動をするのは大変なこと。何もする気力がないと感じる人は、まず休息を取り、心身をしっかり休めることに徹しましょう。

働きたくない…何もしたくないと思うのは甘え?」のコラムでは、何もしたくないと感じたときの対処法を紹介しているので、参考にしてください。

自分が何がしたいのかわからなくなるのはなぜ?

自分が何がしたいのかわからない気持ちになるのは、視野が狭かったり、強みが見つけられていなかったりするのが原因です。また、興味のあることが多過ぎてやりたいことが絞れない人もいるでしょう。

視野が狭い

視野が狭まっていると、自分が何がしたいのかわからない状態になりやすいでしょう。視野の狭さはそのまま選択肢の狭さに繋がります。詳しく知らない仕事に就こうとする人はいません。たとえば、保育士や看護師など、どのような仕事内容かが分かりやすい職業は、自分が心惹かれれば目指しやすいといえます。しかし、「デバッカー」や「デコレーター」といった、聞いただけでは内容が分かりにくい珍しい仕事は、視野を広げないとなかなか見つけられません。なお、デバッカーはゲームの不具合を見つける仕事で、デコレーターは、店舗のディスプレイや装飾を行う仕事です。このように、視野を広げてみると、世の中にはさまざまな仕事があることが分かるでしょう。視野の狭いままでは、目標が定められず迷ってしまう原因になります。

得意なことがないと思っている

何がしたいのかわからないという人は、自分に得意なことがないと思っている可能性があるでしょう。大抵の人は、自分の得意分野からやりたいことを見つけます。苦手でやりたくないと思っているものを、自ら仕事に選ぶ人はなかなかいません。そのため、自分には得意なものがないと思っている場合、仕事選びが難しくなります。賞を取ったり、人から褒められたりといった明確なものは得意なものとして見つけやすいでしょう。しかし、そこまで明確に得意といえるものがない場合、自分を見つめ直す機会を持たないと、強みはすぐには見つかりません。

興味があることが多過ぎて定まらない

興味があることが多過ぎて、もっともやりたいことを決められない人は、自分が何がしたいのかわからない状態になりがちです。「あれもしたい」「これもしたい」と1番にやりたいことを決められず、なかなか仕事を決められなくなります。何もしたくないという状態よりは良いように感じますが、実際は1つを選べばほかのやりたいことを諦めなくてはいけなくなるため、葛藤のある状態といえるでしょう。

自信がない

自分に自信がなく「どうせ無理だろう」と思っている人は、自分が何がしたいのかわからない状態になりやすいでしょう。本当はやりたいことがあるものの、その仕事に就く難易度が高かったり、競争率が高かったりするため、目指す前に諦めてしまうのです。また、失敗を恐れる気持ちが大きく、安全な道を選ぼうとした結果、目標を見失った状態になります。

自信を持つ方法は?
自分に自信を持つために、他人と比べるのをやめましょう。自分より優れた人の能力と比べてしまうと、どうしても自信を失いやすくなります。そのため、比較することをやめて、自分のすべき行動に集中しましょう。

自分が何がしたいのかわからないとどうなる?

ここでは、自分が何がしたいのかわからないとどうなるかを解説します。自分の軸がぶれてしまうため他人の意見に流されやすくなったり、空回りしたりする可能性があるでしょう。また、仕事を選ぶ際のミスマッチにも繋がります。

他人の意見に流されやすくなる

自分が何がしたいのかわからない人は、考え方の軸がしっかりしていないことから、他者に影響されやすくなります。自分の目標がしっかりしていれば、他者の意見に振り回されることはないでしょう。しかし、自分自身をよく理解できていない人は、人から意見を言われたら「もしかしてそうかもしれない」「自分もそう思ってきた」と考えが変わってしまうことがあります。他者の意見に流されやすくなっている状態は、自分も混乱してしまい好ましくありません。まずは、自分の考えをしっかり持てるようになりましょう。

突発的な行動をしてしまう

突発的な行動をしてしまうのも、自分が何がしたいのかわからない人の特徴です。やりたいことが定まっていないため、衝動的に行動してしまいます。突然海外に旅立ったり、何かに熱狂的にハマったりするといった、周囲を驚かすような行動をしてしまうことも。もちろん、さまざまな経験を積むのは悪いことではありません。しかし、自分が何がしたいのかハッキリしていれば、効率良くやるべきことだけに取り組めるでしょう。

空回りしてしまう

自分が何がしたいのかわからない人は、空回りしがちです。やりたいことが定まっていないため混乱してしまうのでしょう。具体的には、資格をたくさん取得したり、セミナーや講演会に連日参加したりといった行動が挙げられます。資格取得や講演会への参加は、たくさん行えば良い訳ではありません。自分の夢や目標を叶えるために適切な内容のものを選んでこそ、効果を発揮するといえます。そのため、無計画に行動している姿を見た周囲の人は「空回りしている」と感じる場合があるでしょう。

資格の的確な取り方
資格は、やりたいことが定まってから取るのが良いでしょう。資格を多く取得するのは悪いことではありません。また、趣味の幅を広げるために取る資格も、人生を豊かにするためには必要です。しかし、資格のなかには取得に費用が多くかかるのにも関わらず、就職で活用しづらいもあります。まずは、自分のやりたいことを定めたうえで、取るべき資格を選びましょう。

自分に合わない仕事に就いてしまう

自分が何がしたいのかわからない人は、仕事とのミスマッチが起こやすい傾向にあります。自分自身を理解しきれていないため、特性や強みを活かしきれない仕事に就いてしまいがちです。その結果、仕事が上手くいかなくなったり、職場の人間関係が悪くなったりして悩みを抱えてしまいます。自分が何がしたいのかが明確に理解できていれば、自分に合った仕事を見つけられる可能性が高まるでしょう。

詳しくは「転職したいけど何がしたいかわからない!自分に合った仕事の見つけ方」のコラムも参考にしてください。

自分が何をしたいのかわからない人がやるべきこと

ここでは、自分が何がしたいのかわからない人に向けて、やりたいことを見つける方法を紹介します。まずは、小さなことから始め、自分自身を的確に理解できるようにしましょう。

少しでもやりたいと思ったことはやる

自分が何がしたいのかわからない人は、少しでも興味が湧いたら勇気を出してチャレンジしてみるのをおすすめします。始めたときはあまりこころを動かされなくても、続けていくうちに良さが分かり熱中できるものに変わる場合も。「途中で辞めても良い」程度の気持ちで、気楽にチャレンジしてみましょう。

目標を立てて達成まで頑張ってみる

成功体験を味わうのは、自分が何がしたいのかわからない人に有効な方法です。大きな目標でなくても構いません。細かく目標を立てて、達成する喜びを何度も味わうことにより「自分には無理だ…」といった諦めの気持ちが減り自信が持てるようになるでしょう。人は自信がつくと、ポジティブになれるもの。今までは無理だと思っていた高い目標にも、チャレンジできる可能性が高まるでしょう。

視野を広げるために読書をする

自分が何がしたいのかわからない人は、まず視野を広げる工夫をしてみましょう。視野を広げるには、読書がおすすめです。仕事に関する本だけではなく、旅や暮らしに関するエッセイも視野を広げるのに役立ちます。「やりたいことを見つけるため」と固くならずに、作者を変えてさまざまな本を楽しんでみましょう。読書は作者の視点をとおして物事を見られる行為です。人の考え方や価値観を知る機会はなかなかありません。通勤や家事の合間の時間に、読書を取り入れると視野が一気に広がります。

いろいろな人と会話をして知見を広げる

年齢や仕事の異なるさまざまな人の話を聞くと、知見が広がります。そのため、自分が何がしたいのかわからない人は、たくさんの人と会って話を聞いてみましょう。特に、人生経験の豊富な年上の人や、珍しい体験をした人の話を聞くのは有効です。直接会話をするのが難しければ、インターネットの掲示板や交流サイトを活用してみましょう。インターネット上であれば、海外に住んでいる人の話も聞けます。

自分に自信がつくような行動をする

自分に自信がつくと、自分が何がしたいのかわからない状態から抜け出せる可能性も。人から褒められたり、認められりすると自信が付きます。そのためには、自分の得意なことから重点的に行動してみましょう。賞を取ったり、1位になったりといった明確な得意なことでなくても構いません。たとえば、掃除が得意な人であれば、普段より念入りに掃除して褒められることで気持ちが前向きになります。料理が得意な人の場合は、手の込んだ料理を家族や友人に振る舞って「美味しい」と言ってもらえれば、自信が得られるでしょう。

やりたいことをリスト化する

自分が何がしたいのかわからない人は、思い浮かんだやりたいことをリスト化してみましょう。「やりたいことリスト」や「TODOリスト」とも呼ばれ、夢を叶えるために有効な方法です。やりたいことリストの作り方は、まず深く考えずに少しでもやりたいと思ったことを書き出していきます。そのあと、優先順位を付けてリスト化していくと、自分の考えが可視化されるため思考が整理しやすくなるでしょう。なお、リストは定期的に見直し、どの程度達成できているかをチェックします。

自分の性格や考え方を見つめ直す

自分の性格や考え方も見つめ直すのも、何がしたいのかわからない人には必要でしょう。自分を見つめ直す行為は「自己分析」といい、就職活動でもよく用いられる手段です。時間を取って自分と向き合うと、今まではよくわからなかったやりたいことが見えてくる可能性があります。

自己分析はどう行う?
自己分析は、生まれてから今までの自分の振り返りから始めます。今までした経験や出来事から自分の特徴を掴み、長所や得意なことを探していくのが一般的なやり方です。紙に書き出していく方法のほか、インターネット上の自己分析ツールやアプリを利用する方法もあります。自分の行いやすい方法で実践してみましょう。

小さいことから始めてみる

自分が何をしたいのかわからない場合は、目の前の小さなことから始めていくのをおすすめします。やりたいこと探しというと、何か大きなアクションを起こさなければと思いがちです。しかし、そもそも何がしたいのかわからない状態では、大きな行動を起こすのは難しいでしょう。そのため、まずは焦らずに目の前のことから手を付けてみましょう。たとえば、部屋を掃除といった簡単なものからで構いません。目の前のやるべきことに取り組むことですぐに行動する癖が付き、いざやりたいものが見つかったときにすぐに取り組めるようになります。

やりたいことを見つける方法とポイントをご紹介」のコラムでは、自分が何がしたいのかわからない人に役立つ内容が紹介されているので、参考にしてください。

【仕事編】何をしたいかわからない人がやるべきこと

ここでは、自分が何がしたいのかわからない人に向けて、仕事でやるべきことを紹介します。仕事の取り組み方を変えると、やりたいことが見えてくる可能性もあるので、参考にしてください。

新しい仕事に積極的に挑戦する

自分が何がしたいのかわからない人は、新しい仕事をする機会があれば積極的に関わってみましょう。新規事業や新規部署の立ち上げがあれば、挑戦してみるのをおすすめします。同じ会社でも、行う業務が違うだけで心持ちが変わります。転職といったリスクのある行動より、失敗する可能性が少ないのもメリットです。新しい場所でなら、自分のしたいことが見つかる可能性があるでしょう。

成果を出して自己肯定感を高める

自分が何がしたいのかわからない人は、自信がない場合が多い傾向にあります。そのため、仕事の成功体験を積み重ね、自己肯定感を高め必要があるでしょう。自己肯定感とは、自分自身を受け入れ肯定する感情のことです。自己肯定感が高いとは自信に満ちあふれている状態を指し、低いとは自分に自信がなく好きになれない状態を指します。仕事で明確な成果を出し周囲から評価されるというのは、自己肯定感がもっとも高まる出来事です。「本当にやりたいことでない」といった考えは一旦忘れ、誠実に仕事に向き合うようにしましょう。

自己肯定感の高める考え方
自己肯定感を高めるには、人と比べる気持ちを忘れる必要があります。いくら仕事で評価されても、自分より優れた人と比較ばかりしていては自信を持つのは難しいもの。「自分なんて」と考えずに、自分の出した成果にだけ向き合い、素直に受け止めましょう。

目の前の仕事に集中して取り組む

自分が何がしたいのかわからない人は、まず目の前の仕事に集中して取り組んでください。今の仕事がやりたいこととはいえない場合もあるでしょう。それでも、目の前の仕事に集中することで見えてくるものもあります。そのうえで、どうしても合わないと思ったら転職や異動といった環境を変える方法を検討するようにしましょう。

自分がしたいことを仕事にしたい人は、ハタラクティブを利用してみませんか?
若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、就活アドバイザーと自分に合った仕事を相談しながら探せます。ご紹介する企業の詳しい仕事内容や職場の雰囲気などもお伝えできるため、入社後のイメージがしやすいのがポイントです。
自分に合ったお探しの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION