学生と社会人の違いとは?面接で聞かれる理由や回答のコツをご紹介!

学生と社会人の違いとは?面接で聞かれる理由や回答のコツをご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 学生と社会人の違いには、「責任の重さ」や「決断力の重要性」がある
  • 企業は、「学生と社会人の違い」の回答から仕事への意欲や価値観を見ている
  • 回答するときは、「論点をそろえる」「違いをはっきりさせる」ことを意識しよう
  • 面接では学生と社会人の違いを述べるだけでなく、仕事に対して意欲的な姿勢を示そう

面接で聞かれる「学生と社会人の違い」について、明確な回答が思いつかない方もいるでしょう。印象の良い回答をするには、質問の意図を理解することが大切です。このコラムでは、企業が「学生と社会人の違い」を質問する理由を解説します。また、答え方のコツを例文付きでご紹介。このコラムを参考に、自分らしい回答を作成できるようにしましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

学生と社会人の違いとは?主な9つの項目を紹介

学生と社会人の違いとは?主な9つの項目を紹介の画像

学生と社会人の違いは、以下のとおりです。

1.責任の重さ
2.決断力の重要性
3.時間の使い方
4.評価基準
5.人間関係
6.本業の目的
7.お金の使い方
8.求められるマナー
9.学び方

下記でそれぞれについて詳しく解説するので、参考にしてみてください。

1.責任の重さ

学生と社会人の違いとして、個人が背負う責任の大きさが挙げられます。社会人がミスをすると、場合によっては何らかの処分が下される可能性も。また、ただ謝罪するだけでなく、今後同じことが起きないように対策をすることが求められます。学生時代のように親が介入しなくなるため、自分一人で責任を取ることも多くなるでしょう。

2.決断力の重要性

社会人になると、決断力を求められる場面が増えます。学生時代は、親や先生など周囲の大人に決断を委ねられるのが一般的です。しかし、社会人は仕事もプライベートもすべて自分の判断で物事を決める必要があります。

3.時間の使い方

社会人になると1日の大半が仕事で占められるため、限られた時間を上手く管理して自分の時間を捻出する必要があります。また、複数の仕事を振られる場合もあるので、業務中も効率の良い時間の使い方を考えなければなりません。

4.評価基準

学生時代は、試験や課題など、学校から与えられたことをしっかりこなしていれば、自然と評価につながります。しかし、社会人の仕事にはテストのような正解がなく、評価の基準が明確ではありません。ただ与えられた仕事を機械的にこなすだけでは、より良い評価を得るのは難しいでしょう。

5.人間関係

社会に出ると、年代や価値観の異なる人と協力する場面も多くなります。また、学生時代とは違い、自分と気が合う人とだけでなく、苦手な人とのやり取りが必要になることもあるでしょう。好みや親密度に関わらず、大人としての人付き合いが求められます。

6.本業の目的

学生の目的は、知識や経験を修得することです。しかし、社会人が仕事をする目的は、お金や経験を得ること、貢献意識など人それぞれ異なります。社会人としての意識を強めるには、「なぜこの企業で働きたいのか」「働くうえで何を目標としているのか」をじっくりと考えてみましょう。

7.お金の使い方

学生と社会人の違いとして、お金の使い方が挙げられます。学生と社会人では自由に使える金額が異なるため、使い方にも違いが出るでしょう。また、社会人になると生活費や税金なども給与から捻出する必要があるので、学生のときよりもしっかりとお金を管理しなければなりません。

8.求められるマナー

学生と社会人では、求められるマナーが違います。たとえば敬語で話す場合、社会人は「二重敬語を使わない」「意味が似ていても使い分けに注意する」など、正しい使い方を求められることが多くなるでしょう。ほかにも、来客対応や電話・メールのやり取りなど、ビジネスマナーを求められる場面が増えていきます。

9.学び方

学生のうちは授業があるため、学びは受動的ですが、社会人は能動的に学ぶ姿勢が求められます。基本的な仕事の進め方やビジネスマナーは教えてもらえますが、効率の良い仕事の進め方や結果を出す方法は、常に自分で試行錯誤しなければならないでしょう。

学生と社会人の違いに関する情報は「学生と社会人の違いは?企業の質問意図や面接での答え方を例文付きで解説」でもまとめているので、ぜひご一読ください。

企業が面接で「学生と社会人の違い」を聞く3つの理由

企業が面接で「学生と社会人の違い」を聞く3つの理由の画像

面接官は、仕事に対する価値観や意欲、社会人としての自覚を確認するために「学生と社会人の違い」を質問しています。

1.仕事に対する価値観を見るため

応募者の価値観を見るために「学生と社会人の違い」を質問する企業は多いようです。社会人に対する捉え方は、人によって違いがあります。単に給与を得るための作業と捉えているのか、業務を通して企業や社会に貢献したいのか、自分の成長につなげたいのかなど、自分なりの仕事観を明確にしましょう。

2.社会人としての意識や自覚を確認するため

企業側は「学生と社会人の違い」を質問し、その回答から、就活生が社会人としての自覚を持っているか確認していることもあります。就活生は、学生といえども社会人としてのマナーや立ち居振る舞いを求められるもの。学生気分が抜けていないと、「仕事に真面目に取り組まないかも」「採用しても企業貢献は難しいのでは」と判断される可能性があるので注意しましょう。

3.仕事への意欲を見るため

「学生と社会人の違い」を自分の言葉で述べられれば、「社会人として働くイメージができている」と捉える企業もあるようです。特に、未経験者を採用する場合は、ポテンシャルを判断基準とする企業も多いため、仕事に対する意欲は重視されているでしょう。

そのほか、「あなたにとって仕事とは?」という質問も、応募者の価値観を見る目的でよく聞かれます。「「あなたにとって仕事とは」と面接官に聞かれたら?回答の例文と注意点」では答え方のコツを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

面接で学生と社会人の違いを答える3つのコツ

面接で学生と社会人の違いを答える3つのコツの画像

面接で「学生と社会人の違い」を問われたときは、内容だけでなく表現方法や伝え方に気を配ると好印象を残せます。また、内容を1分程度で収めることも大切です。長々と話すと、聞き手が飽きてしまうので注意しましょう。

1.論点をそろえる

「学生と社会人の違い」を話すときは、論点をそろえてください。「学生の仕事は勉強で、社会人は仕事に責任を持っている」というように、回答の論点がずれてしまうと、面接でマイナス評価につながる可能性もあります。「学生の仕事は勉強」なら「社会人の仕事は社会や企業に利益をもたらすこと」のように、対比する内容の論点をそろえれば、相手に伝わりやすくなります。

2.学生と社会人の違いをはっきりさせる

「学生は○○という特徴を持っていて、社会人は○○という特徴があると考えています」のように、最初に両者の違いを明確化するのもポイントです。初めに「学生と社会人の違いは○○です」と述べるよりも、自分なりの考えが伝わりやすく、違いを理解していることのアピールにもつながります。

3.仕事とどう向き合うか伝える

ただ「学生と社会人の違いだけ」を述べるよりも、「違いを理解したうえで業務にどう活かすのか」や「社会人のあり方をどう体現するのか」も伝えるとより効果的です。「学生は○○ですが、社会人は○○。それを実行するためには~~」といった伝え方も取り入れてみましょう。

「学生と社会人の違いは?」に上手く答えるコツ

「学生と社会人の違い」を問われたときは、結論→理由→今後の抱負の順番で話すと伝わりやすくなります。回答を考える際は、この構成を意識してみましょう。また、面接対策は回答を考えるだけでなく、実際に声に出して練習することも大切です。「面接練習の方法とは?よくある質問やおすすめのサービスをご紹介」では、効率的な面接練習方法を紹介しているので、あわせてご覧ください。

「学生と社会人の違い」の面接での回答例文

学生と社会人の違いを面接で上手に答えられるか不安な方もいるでしょう。ここでは、学生と社会人の違いを面接で回答する際の例文を紹介しているので、参考にしてみてください。

主体性と答える場合

学生と社会人の違いは、主体性の重要さです。学生の学びは受動的な面が大きいですが、社会人は能動的に学ぶ姿勢が大切だと考えています。学生は授業がありますが、社会人には受動的に学ぶ機会がないため、指示待ちではなく積極的に業務に取り組む必要があります。仕事の目的と自分の役割を理解し、効率的にミスなく進められるよう、常に試行錯誤することが大切です。私は御社の一員として責任や役割を自覚し、主体的に行動することで事業に貢献していきたいと考えております。

責任の重さと答える場合

学生と社会人の違いは、個人が背負う責任の重さだと考えています。学生は最終的な責任の所在は自分以外のところにあることが多いですが、社会人は基本的に全てにおいて自分で責任を負う必要があります。仕事においても責任感を持って取り組む必要があり、ときにはほかの人の分の責任を背負うこともあります。そのため、御社に入社した際はチームの一員である自覚を持ち、どのような仕事も大小問わず責任を持ってこなしていきたいと考えています。

時間の使い方と答える場合

私が考える学生と社会人の違いは、時間の使い方です。学生は自由に使える時間が多いのに対し、社会人は限られた時間のなかで仕事とプライベートのバランスを考え、管理していく必要があります。社会人は1日の大半を仕事に費やすことになり、その時間内で業務をこなし、結果を出していかなければいけません。御社に入社後は、時間の管理をきちんと行い、効率良く業務をこなすために有効活用していきたいと考えています。

上記はあくまで例文です。例文やこれまでの内容を踏まえて自分なりの答えを導きだし、自分の言葉で伝えましょう。

学生と社会人の違いを答えるときの3つの注意点

この項目では、「学生と社会人の違い」を答えるときに避けるべきことをご紹介します。一般論だけを述べたり、当たり前の意見を言ったりしてしまうと、評価に繋がりにくいので注意しましょう。

1.一般論だけを述べない

「学生は学び、社会人は働く」などの一般論だけで回答を終わらせるのは避けましょう。企業が面接で「学生と社会人の違い」を聞く3つの理由」で述べたように、企業はこの質問から仕事に対する考え方や価値観、ポテンシャルを確認しています。「学生と社会人の違い」を一般論だけで答えると質問の意図からずれてしまい、アピール不足になることも。学生時代の実体験を交えて自分の言葉で表現することを意識しましょう。

2.当たり前の意見は避ける

「学生は学校へ行き、社会人は会社に行く」といった当たり前の事実を述べるのも避けてください。
企業が知りたいのは、「求職者が違いをどう捉えているか」であり、「それぞれが違うという理由」ではありません。高評価を得るためには、「学生と社会人の違い」を聞かれた意図や真意をしっかりと把握することが大切です。

3.やる気のない回答はしない

学生と社会人の違いを聞かれた際に、やる気のない回答をするのは避けましょう。採用担当者は「学生と社会人の違い」を聞くことで、社会人としてのやる気や心構えを見ています。そのため、やる気が感じられない回答をすると採用担当者にマイナスな印象を与える可能性も。たとえば、「学生は楽だけど、社会人は大変」のような回答だと、ただ社会人になるのがネガティブに感じてしまいます。そのため、できるだけポジティブに言い換えつつ、自分なりの回答を考えてみてください。

「学生と社会人の違い」の答え方に迷ったら、就活エージェントを利用してみましょう。就活エージェントでは、求人を紹介してもらえるほか、面接対策のアドバイスも受けられます。「学生と社会人の違いを考えてみたけど、自信がないから添削してもらいたい…」といった方にもおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、ご利用者一人ひとりに合わせた面接対策や応募書類の書き方の指導を行っています。よくある質問に対する答え方や相手に伝わりやすい話し方、立ち居振る舞いといった就職活動の注意点までしっかりとサポート。専任のアドバイザーが丁寧に対応するので、エージェントの利用が初めての方も安心です。就職活動に不安がある方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

学生と社会人の違いを上手く答えるためのQ&A

就職活動中、面接で「学生と社会人の違い」を質問されることもあるでしょう。ここでは、質問に印象良く答えるためのヒントを紹介します。

なぜ企業は「学生と社会人の違い」を聞くの?

企業は、仕事に対する価値観や社会人としての自覚などを確認するために「学生と社会人の違い」を質問する傾向があります。このコラムの「企業が面接で「学生と社会人の違い」を聞く3つの理由」を参考にし、企業が求める回答を述べられるようにしておきましょう。企業に合った価値観や、仕事への強い意欲を示すことができれば、内定に一歩近づける可能性があります。

学生と社会人の違いは残業の有無と答えてもいい?

たしかに、残業の有無も違いの一つではありますが、面接ではできるだけポジティブな回答を心掛けたほうが印象が良いでしょう。また、「仕事が大変そう」といった抽象的な回答も避けるのが無難です。そのほかの答え方のコツは、このコラムの「学生と社会人の違いを答えるときの3つの注意点」でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

面接でうまく答えられる自信がありません…

面接に苦手意識がある方は、練習を重ねることが大切です。スムーズに答えられるまで、何度も声に出して練習しましょう。また、多くの企業の面接を受けて、場数を踏んで慣れるといった方法もあります。「ニートがバイトの面接に受かるコツ!空白期間はどう説明する?マナーも解説」では、面接で緊張する場合の対処法を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

説得力のある回答内容が思いつきません

説得力のある回答をするには、自分の学生時代の体験を交えると良いでしょう。質問の回答内容に自信がない方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。専任のアドバイザーが、アピールにつながるような回答を一緒に考えます。また、面接での話し方や服装についてのアドバイスも可能です。ぜひお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ