新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「10年後の自分」はどう作る?イメージする時のコツ

「10年後の自分」はどう作る?イメージする時のコツ

公開日:

最終更新日:

「10年後の自分」はどう作る?イメージする時のコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・「10年後の自分」を問われるのは、向上心の有無と応募者と企業の方向性が一致していることを確認したいため

    ・10年後の自分をイメージする時は、採用ページなどに記載されている先輩社員のインタビューを参考にする、OB・OG訪問をして話を聞く、インターネットで情報収集する、などを行うと良い

    ・この質問に回答する時は、具体的な年数や志望企業で扱っているサービス名などを用いてイメージしやすくするのがコツ

    ・10年後についていたいポジション、目標達成ための具体的なプロセス、現在行っている努力、の流れで作成するとわかりやすい

面接では「10年後の自分はどうなっていたいですか?」と質問されることがありますが、「そんな未来の話は分からない」と答えに悩んだことはないでしょうか。特に女性だと「30代には結婚・出産していたいから、就職できてもこの仕事を続けているかも分からない」というのが正直な気持ちかもしれません。

就活ではなぜこのような未来のビジョンを聞かれるのか?10年後の自分について答える時のヒントとなるよう、質問の意図や回答時の注意点についてまとめました。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

「10年後の自分」を聞かれる理由 

「10年後の自分」と聞かれてもイメージしづらく、答えをなかなか見つけられない人もいるでしょう。

イメージできても、「毎日仕事に通い、結婚と出産を経て、育児にも参加している」と漠然とした内容を掲げる人も。

質問の意図を理解すれば、どんな内容で構成すれば良いかわかりやすくなるかもしれません。

一般的には以下の目的であることが多いようなので、参考にしてみてください。


向上心があるかを知りたい

応募者が将来を考えている人なのか、将来のためにどのように努力できる人であるかの確認です。

将来のビジョンがない人とある人では、目標達成に向けての姿勢や行動力が違い、成長率が大きく変わってくるためといえます。


ビジョンが一致しているかの確認

応募者のキャリアビジョンと自社のビジョンが一致しているかどうかは、人事の采配や企業の運営に関わります。

たとえば、伝統を重視し、既存顧客と大切にするなのに、応募者のビジョンが「新規開拓や事業拡大などハイプレッシャーな環境で成長したい」という場合、活躍の場は少ないでしょう。

このように、自社の方針や職務内容を理解しているのか、といった部分にも焦点があてられます。

10年後の自分を考えるヒント

上記を踏まえても、社会人経験のない人にとってはどんなビジョンがあるのか思いつかないですし、何をすれば理想に近づけるのかもわかりづらいもの。

そんな時は、以下を参考に10年後の自分をイメージしてみましょう。


企業が出している情報からロールモデルを探す

最近では、採用ページに先輩社員のインタビュー記事を載せている企業が増えています。

企業のWebページや会社の説明会でもらった資料から、ロールモデルとなるような社員を探しましょう。

もちろん、記事をそのまま使うのは避けてください。


OB、OG訪問をして情報を集める

OB、OGの生の声は、より具体的にイメージできるキッカケになります。

疑問点や実際にどんな風に過ごしてキャリアを築いてきたのか、社風や働き方などをその場で聞くこともでき、良い参考になるでしょう。


Webサイトなどから情報収集をする

OG・OB訪問はビジョンをイメージするのにかなり有効な手段ですが、アポイントを取りづらい、志望企業に先輩がいない、ということもあります。

そんなときは、インターネットの就活サイトなどを使って情報収集してみましょう。同業他社の先輩の話も参考になりますから、最初から条件を絞りすぎずにさまざまな意見を見てみてください。

質問への回答法 

回答の際の注意点は先でもお伝えしたように、会社の仕事内容や方向性に合った回答をすること、着実に成長している姿がイメージできる内容であること。

これらをわかりやすくするためには、具体的な商品・サービス名、数値を盛り込むのがおすすめです。

「10年後にそのポジションにいるために、5年後までには~を行ない、7年後までに~といった実績を積み、~のような存在になりたいと考えています」と具体的に期間を区切って説明するとイメージしやすくなります。


以下の回答の組み立て方をもとに考えてみましょう。


1.10年後どのような仕事についていたいかを述べる

2.目標を達成するために、どんな努力をするのか、プロセスを具体的に説明する

3.現在(または入社前までに)その目標に近づくために行っていること(内定が出たらしようと思っていること)を具体的にまとめる


「10年後の自分」の回答方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

この方法を使って回答を用意しておけば、10年後に限らず「5年後・3年後の自分はどうなっていたいか」という質問にも対応できるようになるでしょう。


ハタラクティブではこのような面接での質問に対する答え方を丁寧に指導しています。

面接で多くされる質問や、業界・職種別の面接対策、志望動機の作り方など、就職に関わることなら何でもご相談可能です。

内定率がグッと上がる模擬面接も実施していますので、就職活動でお悩みの際はぜひ一度お問い合わせください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?