10年後の自分を考える方法とは?伝え方のポイントや注意点も解説!

10年後の自分を考える方法とは?伝え方のポイントや注意点も解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・「10年後の自分」を質問される理由は、向上心や方向性の一致などを確認するため
  • ・10年後の自分を考える際は企業研究や目標設定、Webサイトでの情報収集などが有効
  • ・10年後の自分を伝えるには企業への理解や努力の過程、就きたい職種などを明示する
  • ・10年後の自分を考えることは、社会人として確立した意志があることにもつながる

面接では「10年後の自分はどうなっていたいですか?」と質問されることがありますが、「そんな未来の話は分からない」と答えに悩んだことはないでしょうか。
このコラムでは、就活で10年後の自分を聞かれる理由や、具体的な将来像の考え方などをご紹介。面接でのヒントになるよう、質問の意図や回答時の注意点についてもまとめました。ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接で「10年後の自分」を聞かれる理由

面接では、質問自体の意図を理解したうえで回答することが重要です。ここでは、「10年後の自分」について聞かれる具体的な理由を解説します。

向上心があるかを知るため

企業側が10年後の自分について質問する理由は、応募者が企業で成長する意欲をもっているかどうかを確認するためです。
仕事に対して向上心のある社員は、企業の成長にもつながります。つまり、将来像を聞くことによって、本人がどれほどのモチベーションをもって入社を希望しているのかを把握できるからです。
反対に、10年後の自分について答えられない場合は、将来の目標が定まっていないと捉えられてしまう可能性も。社員が成長するうえで目標設定は必須であり、なおかつ、その目標は企業に関係する必要があります。
自分の向上心や意欲をしっかり伝えるためにも、入社後の企業で成長するということに重点を置き、明確な将来像を考えましょう。

仕事に対する理解度を見るため

企業の業務内容をどれだけ理解しているのかを見るのも、10年後の自分を尋ねる理由の1つです。仕事に対する理解度が低いと、面接では内容の浅い返答しかできず、意欲が低いと思われてしまう恐れも。
入社後のキャリアプランは、業務内容を理解していないと設定できません。そのため、自分は企業でどのようになりたいかを明確にアピールできるようにしましょう。
企業に「将来この会社でどんなキャリアプランを描きたいか」を具体的に伝えることができれば、仕事に対する理解度が深く、志の高い人材として良い印象を与えられるはずです。

企業が目指す将来像とマッチしているかを知るため

応募者のキャリアビジョンと自社のビジョンが一致しているかどうかは、人事の采配や企業の運営にも関わるため、非常に重要です。そのため、将来像は企業・経営理念に沿った内容で描けることが望ましいといえます。
しかし、無理に内容を合わせたり、実現できないことを提示したりするのは禁物。たとえ自分のキャリアビジョンと企業側の将来像が近くなかったとしても、要点をある程度捉えられていれば問題ありません。うまく伝わるか心配な箇所は、面接で説明できるようにしておくと良いでしょう。

10年後の自分に対するイメージが沸きにくい方は、「『5年後の自分』について考える」の記事もおすすめ。ぜひご覧ください。

10年後の自分を考える4つの方法

前述で解説したように、10年後の自分に対する答えは、就職・転職時にとって非常に重要です。しかし、社会人経験が少ない場合、「どんなビジョンがあるのか」「何をすれば理想に近づけるのか」などが分かりづらいという方も少なくありません。
そんなときは、下記を参考に10年後の自分を考えてみましょう。

1.企業研究に力を入れる

10年働く自分を想像するためにも、企業への理解を深めましょう。
主に企業のWebサイトをはじめ、採用ページやIR情報などを確認します。企業規模や事業展開はもちろん、先輩の体験談や社内の写真チェックもおすすめ。実際に働いている様子を知ることで、より自分が働くイメージがしやすくなります。IR情報では、企業の経営戦略などが知れるので、企業とマッチする将来像を考える際に役立つでしょう。

2.短期間・長期間それぞれの目標を決める

10年後の自分を考えるには、まず、将来に向けた短期間の目標を立てます。短期間であれば、やるべきことが見えやすく、より現実的で叶えやすい目標が立てられるはずです。また、短期間の目標が達成できたあとのために、長期間の目標を設定しましょう。
長期間の目標とは、「将来の夢」につながるものを指します。そのため、もし浮かばなかった場合は、再度短期間の目標を立てても構いません。
最初から10年後の目標を掲げてしまうと、実現できる可能性が低くなってしまう恐れも。最初は小さな目標から経験を積み、その積み重ねによって「自分は企業でどうなりたいのか」といった最終的な目標を明確にしていくことがポイントです。

3.OB・OG訪問をして情報を集める

OB、OGの生の声は、より具体的にイメージできるきっかけになります。
実際に訪問することで、疑問点や実際にどんな風に過ごしてキャリアを築いてきたのか、社風や働き方などをその場で聞くことができるので、良い参考になるでしょう。

4.Webサイトや採用ページなどから「10年後」のロールモデルを探す

自分の周囲に志望先との関わりがない場合は、企業のWebサイトにある「採用ページ」も十分に役立ちます。特に、先輩のインタビュー記事はしっかりとチェックしてみましょう。役職のある方なら、キャリア構築の参考になるのでおすすめです。
また、得た情報のすべてを吸収するのではなく、自分に必要な情報を選択することも大切であるといえます。

将来に向けてやりたいことが見つからない方は、「やりたいことの見つけ方とは?将来のビジョンを明確にすると就活に有利」の記事も併せて参考にしてみてください。

「10年後の自分」を上手に伝えるポイント

面接で、実際に「10年後の自分」を上手く伝えるポイントを下記でご紹介します。

企業の社風や求める人物像を理解しておく

企業の方向性やスピード感、求める人物像などを、企業研究を行い理解しておきましょう。
企業研究を経て、自分が関心のある事業がある場合、「10年後に自分はどのように関わりたいのか」と考えることが、ビジョン形成のポイントです。
企業の社風と自分の将来像が合わない場合は、たとえ良いスキルを持っていても十分に活かすことは難しいもの。ミスマッチを避けることは、双方ともに重要な点といえるでしょう。

職種や部署などを具体的に明示する

志望先企業で10年後に就きたい職種や部署などを具体的に明示しましょう。目標と併せて伝えることで、将来のキャリアビジョンを効果的にアピールできます。
大きな狙いは、採用担当者に向けて、自分が10年後も働いている様子をイメージさせること。職種や部署などを明確にすれば、自分がどれだけ本気なのかも伝わり、高評価につながるでしょう。

10年後の自分に近づくための努力や目標を伝える

将来像として思い描く10年後の自分に近づくため、現在の目標や頑張っていることなどを伝えましょう。努力をしていない状態でアピールを続けても、信頼性に欠けてしまいます。また、明確に達成できない目標や、曖昧な内容を伝えることも、採用担当者にマイナスのイメージを与えかねません。
今取り組んでいることに必要な努力や、今後努力したいことなどを述べて、それが「実現できる」とアピールできるようにしましょう。

「10年後の自分」を伝える際に気をつけるべき3つの注意点

「10年後の自分」についての質問には、好印象が与えられる返答をすることが重要。しかし、自分の受け答え方次第で、ネガティブなイメージを持たれてしまうこともあるでしょう。
具体的にどうすれば良いか、3つの注意点をまとめました。

1.非現実的な理想は避ける

実現できない、リアリティに欠けた理想像を答えるのは避けましょう。
あまりにも高い目標値を伝えてしまうと、「現実が見えていない」「正しい判断ができていない」とネガティブなイメージを持たれてしまう恐れがあります。
高すぎる目標を立ててしまった場合は、達成を先延ばし、その目標にたどり着くまでの過程を新たな「目標」として設定するのがおすすめです。

2.アピールしたい内容を明確にする

曖昧な内容をアピールしないよう注意しましょう。
「10年後の自分」に対する回答は、将来の目標を意味するため、明確性が求められます。目標が不鮮明な内容だと、採用担当者に熱意が伝わらず、評価を得られない可能性も。
自己分析や企業研究を徹底し、自分が目指すべき目標を見つけましょう。

3.志望する企業で実現できることを伝える

自分が志望する企業で実現できる目標を決めます。
たとえば、その企業が注力している事業や、伸びしろがあるものに携わる目標を伝えるのが良いでしょう。どんなに10年後の自分について明確なプランが仕上がっていたとしても、志望する企業と関係のないものであれば、無意味になってしまいます。
志望する企業でしかできないことを見つけられれば、より効果的なアピールにつながるでしょう。

就職アドバイザーにヒアリングしている記事「面接でキャリアプランを質問されたら?事務や営業職の回答例!」でも、面接対策をご紹介。ぜひチェックしてみてください。

面接で「10年後の自分」を伝える例文

前述でも解説したとおり、「10年後の自分」を答える際には、会社の仕事内容や方向性に合った内容にすることや、自分の成長している姿がイメージできる内容を心掛けましょう。
また、これらを分かりやすくするためには、具体的な商品・サービス名、数値を盛り込むのがおすすめ。たとえば、「5年後までには▲▲を行い、7年後までに××の実績を積む」と、具体的に期間を区切って説明すると、よりイメージしやすくなります。
下記では、面接で「10年後の自分」を質問された際の回答例をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

例文1

私は10年後に、メディアで話題になるような新商品を生み出せる企画開発者になりたいです。
これを実現するためには、最新の市場ニーズを掴んでおく必要があるため、ここ数年間は毎日欠かさず膨大な情報のインプットを行っています。
また、得た情報の中から質の高いものを自分に落とし込めるよう、常にメモを持ち歩き、アイディアのアウトプットも欠かせません。
企画やアイディアとは、「ひらめき」以外にもコツコツとした情報収集によって表現できると考えています。10年後の自分が周りを驚かせるような発想ができる人材になっているためにも、日々の情報収集をはじめ、月10冊の読書や個人ブログの更新などを習慣化しています。

例文2

OB訪問をした際に、◯◯さんのご経験に感銘を受けたことがきっかけで、10年後はシステム開発のプロジェクトマネージャーになることを目標にしています。
5年目にプロジェクトリーダーとなり、グループ内をまとめながら、システム開発におけるさまざまな知識を身につけたあと、10年後にはさらなる上となる新規プロジェクトのリーダーに挑戦したいと考えています。
持ち前の向上心と努力によって自分の可能性を広げ、チームの良さを引き出せるようなリーダーを目指して、幅広い仕事に関わっていきたいと思っています。

10年後の自分をしっかりと確立しておこう

「10年後の自分」のイメージを確立することは、社会人として向上するためにも非常に大切です。
また、企業側からは「将来を見据えている」と捉えられ、仕事に対する誠実さや熱量なども伝わります。自分自身の成長のためにも、丁寧な目標設定を心掛けましょう。

面接での質問に対する答え方が分からない…そんなお悩みのある方は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブへご相談ください。
面接で多くされる質問や、業界・職種別の面接対策、志望動機の作り方などを丁寧に指導しています。ほかにも、一人ひとりにぴったりの求人を提案するカウンセリングや、内定率がグッと上がる模擬面接も実施。就職に関わることなら何でも相談可能です。就職活動でお悩みの際は、ぜひ一度お問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION