面接の退職理由を効果的に答える方法は?思いつかないときの対処法も解説

面接の退職理由を効果的に答える方法は?思いつかないときの対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 面接官が退職理由を聞くのは、再び早期離職しないか確かめるため
  • 面接で好印象な退職理由を述べるには、前向きな表現を心掛けることが大切
  • 前職の愚痴や不満ばかりの退職理由は、面接でいわないほうが良い
  • 退職理由が思いつかないなら、辞めたいと思ったきっかけを紙に書き出して整理してみる

転職を成功させるために、面接で好印象な退職理由を述べたいと考えている人は多いでしょう。印象の良い退職理由を述べるには前向きな表現を意識し、志望動機と一貫性をもたせることが大切です。このコラムでは、退職理由を聞く面接官の意図や、押さえておくべきポイントを解説しています。述べる退職理由が思いつかないときの対処法もまとめましたので、面接で効果的な回答をするための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接官が退職理由を聞く3つの意図

面接官が退職理由を聞くのには、3つの意図があります。以下で解説しているので、面接官の意図を汲んだ効果的な回答をするための参考にしてみてください。

1.前職と同じ理由で退職しないか確認したい

面接官が退職理由を聞くのは、前職と同じ理由で辞めてしまわないか確認したいという意図があるからです。採用してもすぐに退職されると、一から選考をやり直す必要があるため、多くの企業は長く働いて会社に貢献してくれる人材を採用したいと考えます。退職理由を聞いて納得できるものであれば、「同じ理由ですぐに辞めることはなさそう」という企業側は不安を払拭でき、人材確保のために掛けた時間やコストが無駄になるリスクを避ける狙いがあるようです。

2.応募者の人柄を知りたい

退職理由を聞くことで、応募者の人柄を知りたいという面接官の意図もあります。退職理由の内容から応募者の仕事に取り組む姿勢や考え方などを推測することで、自社とマッチする人材かを判断することが可能。入社後のミスマッチをなくすのに効果的です。そのため、応募者がいくら説得力のある退職理由を述べても、社風に合っていないと判断されてしまえば、採用は難しいでしょう。

3.入社後の活躍に期待できるか確かめたい

面接官が退職理由を聞くのには、入社後の活躍に期待できるか確かめたいという意図もあります。たとえば、チーム制で業務を進める会社の場合、コミュニケーション能力や協調性に問題があると、「スムーズに仕事をこなすのは難しい」と思われて採用が見送られてしまうことも。退職理由を聞くことで、自社が求める人物像に合う人材かを見極める目的があるといえます。

面接で好印象な退職理由を述べるための3つのポイント

面接官に良い印象を与えやすい退職理由を述べるには、「前向きな表現を心掛ける」「話す内容は決めておく」「志望動機と一貫性をもたせる」の3つのポイントに気をつけましょう。

1.前向きな表現を心掛ける

面接で退職理由を話す際は、前向きな表現を心掛けましょう。ネガティブな退職理由をそのまま伝えると、「問題を自主的に解決する姿勢が見られない」として面接官に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。実際の退職理由が「人間関係の悪さ」や「待遇への不満」などであった場合でも、「和気あいあいとした環境で働きたい」「努力が評価される職場で実力を発揮したい」など前向きな表現に変換することが大切です。

2.話す内容をあらかじめ決めておく

面接で述べる退職理由の内容は、あらかじめ決めておきます。退職理由を整理せずに面接に臨んでしまうと、前述したようなネガティブな内容をいってしまったり、話がまとまらずに持ち時間をオーバーしてしまったりする可能性があるからです。面接本番で落ち着いた受け答えをするために、「話すこと」と「話さないこと」を事前にしっかり整理しておきましょう。

内容は具体性を意識しよう

退職理由の内容は、具体性を意識することも大切です。たとえば、「新しい環境でキャリアアップしたい」という退職理由の場合は、「転職先でどのような経験を積んでいきたいか」を具体的に説明しましょう。具体的な退職理由を述べることで、企業とのマッチ度や将来の貢献度を面接官が判断しやすくなります。

3.退職理由と志望動機に一貫性をもたせる

退職理由と志望動機には、一貫性をもたせることも意識しましょう。「前職で実現できなかった希望が応募先企業では叶うと考えた理由」を志望動機に盛り込むと、これまでの行動の一貫性を伝えられます。話す内容に一貫性があることで説得力が増し、面接官の好印象につなげることも可能です。退職理由と志望動機をつなげる方法は「退職理由の面接での適切な伝え方は?例文や印象アップのコツをご紹介」で解説しているので、ぜひご一読ください。

面接で避けたほうが良い退職理由とは?

この項では、面接では述べないほうが良い退職理由を紹介します。マイナス評価を回避するための参考にしてみてください。

前職の愚痴ばかりをいう

面接で退職理由を聞かれた際は、前職の愚痴ばかりをいわないように気をつけましょう。退職理由として会社や同僚への不満を伝えると、面接官に「問題を他人のせいにしている」と思われてしまう恐れがあるからです。「他者の悪口を平気でいう人」と人柄そのものを疑われてしまうこともあります。前述したように、たとえ会社に不満を感じて退職した場合でも、面接で伝える際にはポジティブな内容に変換しましょう。

自分の意見のみを主張する

退職理由の中で自分の意見のみを主張するのも避けたほうが良いようです。自己主張の強い退職理由を述べると、協調性のなさを不安視される可能性があります。「希望する部署に配属されなかったため退職しました」のように自分の要望が受け入れられなかったことを訴えるのではなく、意に沿わない経験も無駄ではなかったと謙虚な姿勢を示しましょう。

面接で避けるべき退職理由は「面接で好印象な退職理由の例文を紹介!考え方のコツや言い換え方法も解説」や「退職理由が能力不足の場合は面接でどう伝える?前向きな内容にする方法とは?」で解説しているので、ご覧ください。

面接で退職理由を聞かれたときの回答例

この項では、面接で退職理由を聞かれたときの回答例を紹介します。面接官に良い印象を与える退職理由を考えるための参考にしてみてください。

OK回答例

以下は、面接官の好印象につながりやすいOK回答例です。

・しっかりと療養するために退職しました
・より○○に深く関われる仕事がしたく、退職しました
・働き方が改善するように努めたものの、受け入れてもらえず転職を決意しました

「療養するため」のような具体的な退職理由を述べるときは、「今はすぐに働ける状態である」ということを面接官に忘れずに伝えましょう。また、「より○○に深く関わりたい」と仕事への熱意を伝えるのも効果的です。なお、前職で解決できなかった問題を述べる際は、「改善のために努力した姿勢」を示すことで、主体性をアピールできます。面接で好印象を得やすい退職理由の例文は「面接で好印象につながる退職理由の例文」でも解説しているので、ぜひご一読ください。

NG回答例

面接でいうべきではない退職理由のNG回答例は、以下のとおりです。

・上司の考え方と合わなかったため辞めました
・忙しく、給料が低かったため退職しました
・やりたい仕事をさせてもらえなかったため、退職しました

「上司や同僚と合わなかったため」といった人間関係の問題を退職理由として述べると、コミュニケーション能力を不安視される恐れがあるため、避けたほうが良いでしょう。また、忙しさや給料の低さ、希望が通らないなどの不満ばかりを話すと「忍耐力がない」「ストレス耐性がない」などのマイナス評価を受ける可能性もあります。退職理由のNG回答例は「面接で避けたほうが良い退職理由の例文」でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

面接で気をつけるべき退職理由の伝え方

応募者の話し方や態度も、面接官が採否を判断するうえでの大切な要素です。面接で退職理由を述べるときは、内容だけではなく伝え方にも気を配りましょう。

面接官の顔を見ながら喋る

退職理由を述べるときは、面接官の顔を見ながら喋ることを意識します。会話の途中で視線を頻繁に動かしてしまうと、落ち着きのない印象を与えやすくなるからです。面接官の目を見て話すと緊張する場合は、無理に目を見る必要はありません。額や鼻などに視線をずらしても、相手側は目があっているように思わせられます。

ハキハキした口調でゆっくり話す

退職理由を伝えるときは、ハキハキした口調でゆっくり話すことも大切です。面接のように緊張する場では、自然と早口になってしまいがち。意識してゆっくりと話すことで面接官も内容を聞き取りやすく、落ち着いた印象を与えられるでしょう。自分の話し方を客観的に捉えることは難しいため、面接の練習を録音したり第三者に聞いてもらったりして、本番前に改善点を洗い出しておくのも一つの手です。

退職理由は嘘をつかない

退職理由は嘘をつかず正直に伝えましょう。前述したようにポジティブな表現を心掛けることも大切ですが、事実とかけ離れた退職理由を述べると、つじつまが合わずに面接官から嘘だと見抜かれてしまう恐れがあります。
退職理由では当たり障りのない内容を話すのではなく、過去の失敗談から学んだことを入社後にどう活かすかを述べると効果的です。発言の信憑性が増し、誠実な印象を与えられるでしょう。

いいにくい退職理由は前向きに変換しよう

面接でいいにくい退職理由は、嘘をつくのではなく前向きな内容に変換しましょう。たとえば、「人間関係に不満があったから」という退職理由は、「社員どうし協力し合える職場で働きたいと思ったから」という内容に変換できます。不満や愚痴ではなく、転職先で叶えたい自身の希望を述べることを意識しましょう。
いいにくい退職理由をポジティブに変換する方法は「仕事を辞める理由の伝え方とは?例文を参考に円満退職を目指そう」で解説しているので、参考にしてみてください。

面接で答える退職理由が思いつかないときはどうする?

面接で述べる退職理由が思いつかないときは、退職理由を紙に書き出したり、自己分析をしたりしてみましょう。

退職理由を紙に書き出して整理する

退職理由が思いつかないときは、仕事を辞めるきっかけになった事柄を紙に書き出します。どんなに些細な出来事でも、まずは紙に書き出してみることで、自分でも忘れていた退職の経緯やエピソードなどを思い出すきっかけとなり、面接での発言の具体性も増すでしょう。
退職のきっかけが書き出せたらさらに深掘りして、「前職での問題を転職先でどのように解決したいか」を考えます。たとえば、「給与が低い」という退職のきっかけからは、「業務量や内容に見合った給料を受け取りたい」という希望を読み取ることが可能です。よって、面接で述べる退職理由としては「努力が適切に評価される環境で実力を発揮したいと思ったから」という内容が考えられるでしょう。

自己分析をしてみる

面接で述べる退職理由が思いつかないときは、自己分析をしてみるのもおすすめです。過去の経験を振り返り、「努力したこと」や「楽しかったこと」、「失敗してしまったこと」などを洗い出しましょう。過去の印象的な経験を通して自分の強みや適性を把握することで、前向きな退職理由を考えやすくなります。自己分析の手順は「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」で紹介しているので、ご一読ください。

面接で述べる退職理由が思いつかず悩んでいる方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層に特化した転職エージェントです。一人ひとりの希望や適性に合った求人紹介のほかに、専任のアドバイザーが面接対策や応募書類作成のサポートなどを行います。経験豊富なアドバイザーに疑問や不安を相談できるので、転職活動に不慣れな方も自信をもって選考に臨めます。サービスはすべて無料なので、ぜひ一度ご利用ください。

面接の退職理由に関するQ&A

ここでは、面接で述べる退職理由に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

面接で退職理由を聞くのはなぜ?

面接官が退職理由を聞くのは、「同じ理由で早期退職してしまわないか確認したい」という意図があるようです。ほかにも、「応募者の人柄を知りたい」や「入社後に活躍できる人材か見極めたい」という意図もあります。詳しくはこのコラムの「面接官が退職理由を聞く3つの意図」で解説しているので、ぜひご覧ください。

短期間での退職は面接でどう伝える?

短期退職の理由は、ポジティブな内容を伝えましょう。短期間で仕事を辞めた人の場合、面接官は「短期退職を再び繰り返さないか」を見極めたいと考えます。面接官の不安を払拭するためには、前職の不満は口に出さず、入社意欲や将来のビジョンなど前向きな内容を伝えることが大切です。短期間での退職をどう説明するかは「短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!」で紹介しています。

パワハラは退職理由として話すべき?

前職の退職理由がパワハラの場合、面接でそのまま伝えるのは避けたほうが良いようです。正直に述べてしまうと、面接官にストレス耐性やコミュニケーション能力を不安視されてしまう恐れがあります。「チームワークの強い企業で働きたい」のようにポジティブな理由に変換しましょう。パワハラが理由で退職する場合の対応については、「パワハラは退職理由になる?仕事を辞める際にやるべきことを確認しよう」を参考にしてみてください。

給与の低さを退職理由として伝えても問題ない?

退職理由として「給与が低かったから」と伝えてしまうと、面接官に「待遇だけを重視している」とマイナスの印象を与える可能性があります。「評価体制が整っている環境で働きたい」や「子どもの将来のために収入アップを目指したい」など、面接官が納得しやすい理由を添えましょう。ハタラクティブではアドバイザーによる面接対策を実施しているので、好印象な退職理由を考えたい方はぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ