退職理由が能力不足の場合は面接でどう伝える?前向きな内容にする方法とは?

退職理由が能力不足の場合は面接でどう伝える?前向きな内容にする方法とは?の画像

この記事のまとめ

  • 退職理由が能力不足の場合、面接ではポジティブな内容に変換して伝える
  • 能力不足を退職理由として面接で述べる際は、まず原因を深掘りして考えてみる
  • 能力不足を退職理由として述べるときは面接官の意図を知っておくことも大切

「能力不足を退職理由として面接でどう伝えれば良いか分からない」と悩む人は多いでしょう。能力不足が退職理由の場合、面接ではそのまま伝えず前向きな内容に変換すると好印象につながります。このコラムでは、能力不足を感じて仕事を辞めた場合の退職理由の伝え方を解説。転職の状況ごとの回答例や、注意点などについてもまとめました。面接官に納得してもらえる退職理由を考えるための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

能力不足が退職理由の場合は面接でどう伝える?

能力不足が退職理由の場合、面接ではそのまま伝えずにポジティブな内容に変換しましょう。以下で能力不足を退職理由としないほうが良い理由と伝え方を解説しているので、参考にしてみてください。

本当の理由をそのまま伝えるのは避ける

能力不足が原因で仕事を辞めた場合でも、面接で退職理由として伝えるのは避けたほうが良いでしょう。「能力不足を感じて退職した」と伝えてしまうと、面接官に「嫌になったらすぐに投げ出す性格なのでは」と入社後の態度を懸念される恐れがあるからです。
能力不足でつらい思いをしたのが事実だとしても、面接官が気持ちを的確に汲み取ってくれるとは限りません。面接官にマイナスの印象を与えるリスクを回避するためにも、退職理由として「能力不足」と伝えるのはやめたほうが良いといえます。

面接ではポジティブな内容に変換して伝える

能力不足が退職理由の場合、面接ではポジティブな内容に変換して伝えましょう。退職理由として前職での苦労や辛い体験を挙げるより、「違う環境で実力を発揮したいと思った」といった前向きな気持を述べたほうが面接官には好印象を与えられます。面接官に不安を抱かせないために、転職後は一生懸命業務に取り組みたいという意欲を示すことが大切です。

退職するときの理由の伝え方にも気をつけよう

退職理由として「能力不足と感じるから」と伝えてしまうと「もう少し経験を積めば悩みはなくなる」と引き止められる可能性があります。円満に退職してスムーズに次のステップに進むためには、本音ではなく角が立ちにくい理由を伝えるのがおすすめです。会社側に納得してもらいやすい退職理由の伝え方は「会社を辞める理由の伝え方は?言わないほうが良いことや円満退職のコツ」で紹介しているので、ぜひご一読ください。

能力不足を面接での前向きな退職理由に変換する方法

この項では、能力不足を前向きな退職理由に変換する方法を解説しています。面接で述べるのに効果的な退職理由を考えるための参考にしてみてください。

能力不足と感じる原因を深掘りして考える

自分が能力不足と感じる原因を深掘りして考えてみましょう。「周囲と比べて作業スピードが遅いから」や「ミスを繰り返してよく注意されたから」など、人によってさまざまな原因があるはずです。複数の原因を思いつく人は、紙に書き出して整理してみましょう。
深掘りして考えることで、面接で退職理由を説明するのに最適な「能力不足」以外の言葉を見つけやすくなります。「メモを取る習慣がなかった」や「質問をせず疑問をそのままにしていた」など自分自身の態度を見つめ直すきっかけになることも。「社風とのミスマッチ」や「指導環境が整っていなかった」など自分でも気づいていなかった原因が判明することもあるでしょう。

原因の改善方法を目標として設定する

能力不足と感じる原因が分かったら改善方法を考え、目標として設定します。たとえば、能力不足と感じる原因を「適切な指導を受けられず仕事についていけなかったから」と考える人は、面接では「研修体制が整った職場で働きたい」という目標を退職理由として伝えることが可能です。
前向きな目標を退職理由として述べることで、志望動機も考えやすくなるというメリットもあります。面接で効果的な退職理由の組み立て方は「転職理由は本音で答えた方が良い5つの理由!面接での伝え方も紹介」で解説しているので、ご一読ください。

能力不足を面接で言い換えた場合の退職理由の回答例

この項では、能力不足を面接で言い換えた場合の退職理由の回答例を紹介しています。同職種に転職する場合と異業種へキャリアチェンジする場合の2とおりの回答例を示しているので、それぞれ参考にしてみてください。

同職種に転職する場合

「現在の会社では業務の進め方が個人の裁量に委ねられており、厳しいノルマもあるため、社員同士で助け合える環境ではありませんでした。分からないことを気軽に質問できない雰囲気の中で、コミュニケーションを大切にしたいと考えている自分が成長するのは難しいと感じたのが現状です。そこで、チーム制で目標達成を目指す職場で協調性を大切にしながら、経験を積みたいと考え、退職を決意しました。」

同職種に転職する場合、退職理由の中で能力不足と感じる原因が改善できると考えた根拠を示すことが大切です。転職しても前職の課題を解決できる見込みがなければ、面接官に「採用しても同じ理由ですぐに辞めてしまうのでは」と懸念されてしまいます。
説得力のある退職理由を述べるためには、仕事探しの時点で自分のニーズに合った企業を選べているかという点も重要だといえるでしょう。転職を成功させる企業選びのコツは「転職がうまくいくようにするには?企業選びのコツもあわせて紹介」をご覧ください。

異業種に転職する場合

「私はスマートフォンやパソコンなどの機器を扱うのが好きで、携帯電話の販売職に就きました。現在の主な仕事は携帯電話の店舗販売ですが、セールスよりも自分の得意分野である技術面のサポートで、お客さまの課題解決に貢献したいと考えたのが退職の理由です。技術面の知識だけでなく、顧客対応で培ったノウハウを活かし、サポートエンジニアとして御社に貢献したいと考えています。」

異業種への転職活動の面接では、退職理由の中で新しい分野で成果を上げる意欲をしっかり示すと効果的です。退職理由が「能力不足と感じたから違う分野を志しました」だけだと、「今の仕事が嫌で逃げているだけなのでは」「未経験の業務を学ぶ意欲があるのか?」などと面接官に不安を与える恐れがあります。未経験の業界を選んだ理由と活かせるスキルをはっきり述べましょう。

伝え方を工夫するべき退職理由はほかにもある?

面接で伝え方を工夫するべき退職理由は、能力不足のほかに「人間関係」や「給与や待遇への不満」などが挙げられます。面接官に悪い印象を与えないために、ネガティブな退職理由は前向きな内容に言い換えて伝えましょう。「面接で好印象な退職理由の例文を紹介!考え方のコツや言い換え方法も解説」ではネガティブな退職理由を言い換えた例文を紹介しているので、ご一読ください。

面接での退職理由として能力不足を述べる際の注意点

面接での退職理由として能力不足を述べる際の注意点は、「不安を払拭できるような言い回しをする」「面接官が退職理由を聞く意味を知っておく」「プラス要素を無理につけ加えない」の3つです。

面接官の不安を払拭できるような言い回しをする

退職理由が能力不足の場合、面接官の不安を払拭できるような言い回しを意識しましょう。前述したように、「能力不足と感じたから」という消極的な退職理由を述べると、「自社の業務に意欲的に取り組めるのか?」と懸念されやすくなってしまいます。問題解決のためにとった行動を述べて主体性をアピールしたり、志望先企業でなければいけない理由を伝えて熱意を示したりして、面接官の不安払拭に努めましょう。

面接官が退職理由を聞く意味を知っておく

退職理由として能力不足を述べる際には、面接官が退職理由を聞く意味を知っておくことも大切です。

・退職理由が会社として納得できるものか
・入社後に活躍できる人材かどうか
・すぐに辞めるリスクがないか

面接官が退職理由を聞くのには、上記のような意味があると考えられます。面接官が知りたいことを事前に把握しておけば、面接官が納得できる退職理由を考えやすくなるでしょう。面接官がチェックしているポイントは「面接の退職理由を効果的に答える方法は?思いつかないときの対処法も解説」を参考にしてみてください。

プラス要素を無理やりつけ加えることはしない

退職理由として面接で能力不足と伝えることがはばかられる場合でも、プラスの要素を無理やりつけ加えることは得策とはいえません。印象を良くしようとして耳障りの良いエピソードやスキルを付け加えようとしても、現実と相違があれば矛盾が生じやすくなります。面接官に矛盾点を追及された結果、「嘘をついている」と見られ、評価を下げてしまうこともあるでしょう。
自分自身のアピールは面接のほかの部分で行い、退職理由では「仕事を辞めた正当性」について面接官に納得してもらえるよう注力するべきです。

事前によく振り返りをしておこう

面接本番で焦って不自然な退職理由を話してしまわないように、事前によく振り返りをしておきましょう。能力不足が自分にとって退職して当然と思える理由であっても、転職先の企業から見れば不安材料になってしまう場合があります。個人としてではなく、「社会人として」「志望先企業が求める人材像として」適切な退職理由かを事前に振り返っておくことが大切です。

「退職理由として能力不足を面接でどう述べたら良いか分からない…」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェントです。あなたの希望や適正に沿った非公開求人の紹介や模擬面接の実施、応募書類の添削などで転職活動をサポートします。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、お悩みをしっかりお伺いするので、一人ひとりに合った転職活動が実現可能です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

能力不足が退職理由の場合のお悩みQ&A

ここでは、面接で述べる退職理由が能力不足の場合のお悩みを、Q&A方式で解決していきます。

能力不足を退職理由として伝えても良い?

能力不足が原因で仕事を辞めた場合、面接ではそのまま伝えることはせず、前向きな表現を心掛けましょう。退職理由として「能力不足だから」と伝えてしまうと、業務に取り組む姿勢そのものを面接官に不安視される可能性があるからです。詳しくは、このコラムの「能力不足が退職理由の場合は面接でどう伝える?」で解説していますので、ご覧ください。

退職理由に説得力をもたせるには?

説得力のある退職理由にするためには、自分自身の希望やスキルだけでなく企業側のニーズも把握しておくことが大切です。事前にしっかり企業研究を行い、必要とされている人物像について理解しておきましょう。志望動機を考える際にも役立ちます。企業研究の方法は「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートを作成しよう」で紹介しているので、参考にしてみてください。

退職理由を履歴書に書くときの注意点はある?

退職理由を履歴書に書くときには、まず結論から記載することを心掛けましょう。結論を最初に述べることで、面接官に内容が伝わりやすくなります。論理的な思考や説明ができるというアピールにもつながるでしょう。「転職理由別の例文を8つご紹介!伝え方のコツも解説」では履歴書における退職理由の書き方を解説しているので、ぜひご一読ください。

好印象な退職理由が思いつかないときはどうする?

面接で述べる好印象な退職理由が思いつかないときは、仕事を辞めようと思った原因を深掘りして考えてみましょう。自分でも気づいていなかった新たな要因が見つかる可能性があります。退職の原因がはっきりしていないと転職後にミスマッチを感じてしまう恐れがあるため、事前によく確認しておくことが大切です。ハタラクティブでは面接で述べると効果的な退職理由を考えるお手伝いも行っているので、ご活用ください。

この記事に関連するタグ