面接ではどうする?良い印象に繋がる退職理由の伝え方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接ではどうする?良い印象に繋がる退職理由の伝え方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・退職理由は伝え方によってプラスにもマイナスにもなる
    ・企業側は退職理由も選考材料の1つとして見ている
    ・退職理由は前向きな表現を心がけ、入社意欲の高さをアピールしよう
    ・志望動機と退職理由をリンクさせると、志望動機の説得力が増す

応募者のイメージを大きく左右する退職理由。
転職活動では志望動機のみならず、退職理由も重要なポイントになります。
前向きで説得力のある退職理由を用意し、採用担当者へ良い印象を与えましょう。

◆退職理由が合否を左右する!

転職活動では、退職理由を聞かれることが多くあります。
退職理由は、伝え方次第でプラスにもマイナスにもなるので注意が必要。

企業が退職理由を聞く意図は、「すぐに辞めてしまわないか」「他の社員と良好な関係を築けるか」などを判断するためです。
応募者の人柄や能力はもちろん大事ですが、長く働けるかどうかも選考材料の1つとして挙げられます。
退職理由を伝えるときは、採用担当者の意図を踏まえて回答しましょう。


◆前向きな退職理由で印象アップ!

後ろ向きな退職理由は、企業側に「うちでも同じ不満を持って辞めてしまうのでは?」という印象を与えます。
退職理由を前向きに表現し、入社意欲の高さを示しましょう。

例えば、退職理由が「残業が多かったから」という場合は、「成果主義の企業で結果を出したかったから」と言い換えてみてはいかがでしょうか。
また、「人間関係が悪かったから」という理由なら、「チームプレーが得意なので、自分の強みを活かせる仕事がしたかったから」となどと伝えてみましょう。

退職理由がネガティブになってしまう人は、上記のように入社後にしたいことへ焦点を当てて考えてみるのがおすすめです。
現職や前職の不満の原因を辿れば、自分が仕事に求めていることが分かるでしょう。

さらに、退職理由を志望動機とリンクさせると、より説得力が増す内容になります。
「いまの職場ではできないこと」と「応募先の企業ならできること」を交えて前向きな気持ちを伝えましょう。


◆病気や結婚、出産が退職理由の時は?

仕事に対する不満が原因で退職するケース以外にも、病気や結婚が理由で退職するケースもあるでしょう。
病気や結婚が退職理由となる場合の伝え方を紹介するので、参考にしてください。

病気や怪我の場合は、他の退職理由を話さず、事情を正直に話します。
現在は問題なく働けることを伝えれば、企業側も安心して採用を検討できるでしょう。

結婚や出産の場合は、「なぜ仕事に復帰したいのか」「どんな業務に携わりたいか」を明確に話します。
家族の理解があることや、協力を得られる点を合わせて伝えましょう。

また、万が一入社後の出産について問われた場合は、「妊娠や出産をしても長く働きたい」「家族のサポートを受けて無理なく働ける」など、前向きな回答をすることが大切です。


◆退職理由はハキハキと話そう!

暗い表情で退職理由を話すと、たとえ内容が前向きでも後ろ向きな印象を与えてしまいます。
説得力がないと思われたり、本音が別にあるのではと疑念を持たれたりすることも。
面接では担当者へ適度なアイコンタクトを心がけ、明るくハキハキと話しましょう。

「印象アップに繋がる退職理由が浮かばない…」という人は、ハタラクティブでプロの面接対策を受けてみませんか。
ハタラクティブは、20代に特化した就職および転職支援サービスです。
専任のアドバイザーがあなたの転職活動をトータルサポートします。
転職に必要なノウハウの指導、非公開求人の紹介、模擬面接の実施、応募書類の添削など、さまざまなサービスを無料で提供。
まずはお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ