試用期間中にクビになったらどうしたら良い?原因や失業保険について解説

試用期間中にクビになったらどうしたら良い?原因や失業保険について解説の画像

この記事のまとめ

  • 試用期間とは、新入社員と企業のマッチ度合いを判断するために設けている期間のこと
  • 企業側の安易な理由によって、試用期間中クビにされることはない
  • 試用期間でクビになる理由には、経歴詐称や業務上の違反行為などがある
  • 試用期間中のクビが不服な場合の対処法は、「会社と話し合う」「労働組合に相談」など
  • 試用期間中のクビが覆らないときは、転職を視野に入れるのも一つの方法

試用期間中にクビになったらと不安になる方もいるでしょう。「試用期間中にクビになる原因を知りたい」「仕事でミスするとクビになりそうで怖い」など、感じている方も多いのではないでしょうか。試用期間中の解雇は多くありませんが、一定の状況下ではあるようです。このコラムではクビの原因になる行動や、クビを言い渡される前兆とその後の対処法などを解説します。ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

試用期間とは?

試用期間とは、本採用前に、企業と社員がマッチしているかを判断するために設けている期間のこと。この期間中に企業は、選考書類や面接だけでは分からなかった人柄や勤務態度をチェックします。
また、ミスマッチを防ぐために自分でも会社の相性を確認しましょう。試用期間中に適性を判断した結果、問題がなければ、試用期間が終了するとともにそのまま本採用となります。

試用期間の長さ

試用期間は労働基準法で定められていないこともあり、企業によって設けられる期間が異なります。一般的には1〜6ヶ月程度であることが多いようです。試用期間があまりに長くなってしまうと、労働者に不利になると考えられるため、1年以上になることはないといえるでしょう。
企業側は、試用期間の長さについて、社員へ周知するのが義務です。誰でもいつでも閲覧できるよう就業規則や労働契約書に記載しているものですので、一度目を通しておくことをおすすめします。試用期間が延長されるなど、納得がいかない場合は総合労働相談コーナーで相談してみるのも良いでしょう。

試用期間中の待遇

試用期間中の給与は、企業によって本採用の条件と変わらないケースもあれば、低めに設定されるケースもあります。ただし、試用期間中であっても、企業は最低賃金以上の給料を支払うのが義務です。
また、健康保険や厚生年金、労災保険などの福利厚生は本採用時と同じ条件で受けられなくてはなりません。待遇に関しては事前によく話し合い、不当な扱いを受けることがないように注意しましょう。
求人詳細に試用期間中の給与が明記してある場合は、事前にチェックしておくことをおすすめします。

試用期間については「求人情報に注目『試用期間』とは、どんなもの?」でも詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

試用期間中クビになる可能性はある?

試用期間中であっても、正式な労働契約が結ばれているため、理由もなくクビにされることはありません。試用期間には、採用試験だけでは見極められない、応募者のポテンシャルや能力を判断したいという目的があり、求人内容に「試用期間あり」と記載する企業も多いようです。
試用期間の有無や期間は企業によって異なりますが、雇用者側が自由に解雇することはできないのが一般的。たとえば、「会社の雰囲気に合わない」「協調性が足りないように感じる」といった安易な理由でクビになることはないでしょう。
基本的に、試用期間が終わって問題がなければ本採用となります。しかし、勤務状況や理由など一定の条件がそろう場合はクビになることもあるので注意しましょう。

解雇については「なぜ会社をクビに?しっておきたい解雇の種類」でも紹介していますので、こちらも参考にしてください。

新卒でも試用期間中にクビになる?

新卒の場合、試用期間中は教育段階であると考えられているため、クビになることはほとんどありません。社会人としての一般常識を教えている段階なので、能力の有無や多少のミスでクビになることはないでしょう。しかし、経歴を詐称して入社していたことが発覚した場合や、勤務態度に問題があり、注意されても改善する様子が見られないとなると、クビになる可能性はあります。
新卒だからクビになるはずがない、と気を抜かず、常識ある振る舞いを心掛けましょう。

試用期間中にクビになった人の主な4つの原因

試用期間中にクビになる主な原因は、企業に損害を与えた場合です。この項目では、試用期間中にクビになる4つの原因について詳しく説明します。

1.試用期間中の業務上違反行為

機密情報や顧客情報などの業務上知り得た情報を持ち出したり、就業規則で禁止されている副業を行ったりといった業務上違反行為を行った場合、試用期間中であってもクビになる場合があります。ほかにも、インサイダー取引やクライアントからの不正なリベートの受領、ハラスメント行為などには注意が必要です。クビにならないためにも、日ごろからコンプライアンスを意識しましょう。

2.試用期間中の著しい能力不足

労働契約の前提となる能力が不足して目的を果たせない場合や、著しく職務能力が不足していて業務に支障が出てしまっている場合は、試用期間中に解雇されることがあるようです。しかし、単純に「少し仕事が遅い」「多少のミスがある」というレベルでは、クビになる可能性は低いでしょう。実際クビになるのは、いくら注意しても治らず、改善の余地がない場合と考えられます。

3.試用期間中の経歴詐称の発覚

試用期間中に学歴や職歴、保有資格の詐称が発覚した場合は、クビになる可能性が高いです。特に職務経験や資格の有無を重視して採用された場合、それが虚偽だったとなると企業にとって大きなダメージとなり、解雇に繋がることも。たとえ試用期間中のクビにならなかったとしても、企業に対して嘘をついていた事実は消えず、悪い印象を与えます。

4.試用期間中の勤務態度に問題がある

度重なる遅刻や無断欠勤、勤務態度が極端に悪い場合は、試用期間中であってもクビになることがあります。
雇用契約によって所定労働時間が定められていることから、無断欠勤や遅刻は雇用契約違反に該当することも。したがって、出勤不良とは正当な解雇理由の一つだといえます。解雇できるのは、いずれも企業側に正当な理由があると認められた場合のみで、理由が明確でない場合は不当解雇となります。

試用期間のクビに相当する条件は「トラブル回避!試用期間中の解雇条件」でも触れているので、チェックしておきましょう。

試用期間中にクビになる前兆はある?

試用期間中にクビになる前兆としては、下記のようなことが挙げられます。

・上司から何らかの警告や指導があった
・他部署への人事異動を命じられた
・退職を勧められた
・上司が急によそよそしくなった

「試用期間中にクビになるのではないだろうか」と感じることがあるのなら、自身の勤務態度を見直してみましょう。
一般的に、ルールやマナーを守って働いている限り、突然クビになることはありません。何らかの問題のある社員がいても、会社側はまずは警告や指導を行います。それでもなお改善が見られない場合、クビにするというケースが多いようです。
試用期間中の勤務態度を見直したうえで、思い当たることがあるのであれば、改善する努力をすることをおすすめします。

会社をクビになる前兆って?サインが出たらすぐにやるべき対処法!」では、クビになる前兆と、前兆が見られた際の対処法も紹介していますので、ぜひこちらもご一読ください。

試用期間中のクビに納得いかない場合の対処法

ここでは、試用期間中にクビになり、理由を聞いても納得できなかった場合にできる対処法を紹介します。望むとおりにいくとは限りませんが、下記でチェックしておきましょう。

解雇理由証明書を出してもらう

試用期間中にクビを言い渡されたら、雇用主側の考える解雇理由が具体的に記入されている「解雇理由証明書」を勤務先に出してもらいましょう。解雇理由証明書を入手したら、記載内容と自身の勤務状況や態度などと照らし合わせ、納得できるものかチェックします。もしクビの理由に改善の余地があれば、上司に相談しても良いでしょう。

会社と話し合う

解雇理由が不明瞭だと感じたり、納得がいかなかったりする場合は、職場の上司や人事と話し合うのも一つの方法です。自分では問題ないと思っていた試用期間中の行動が、就業規則に反していたという場合もあります。また、話し合う際は、冷静かつ客観的な態度で臨みましょう。感情的になってしまうと、伝えたいことを思うように言葉にできず、余計に話がこじれてしまう恐れがあります。
ほかにも、シフト表やタイムカードなど、自身の勤怠に関して証明できるものがあれば事前に用意しておくとスムーズです。
もし、話し合いの末クビという結果が変わらなくても、投げやりな言動や態度は慎みましょう。残りの試用期間中、働きにくい雰囲気を作ってしまいます。

労働組合に意見を聞く

会社と話し合っても、試用期間のクビが不当であると感じるのであれば、労働組合に相談するのも良いでしょう。労働組合は従業員の悩みを聞いたうえで、企業に対して交渉してくれます。状況によっては、クビの撤回を要求してくれることもあるようです。また、就業先によって労働組合の有無は異なるため、先に確認しておきましょう。

労働基準監督署に相談する

職場相手や労働組合に話しても納得する形にならない場合、労働基準監督署に相談するという手段もあります。労働基準監督署は、企業が違反行為をしていないかをチェックしたり、必要に応じて指導を行ったりする公的な機関。企業の違法行為があれば介入してくれますが、試用期間に関するクビは民事トラブルと判断されることが多いようです。そのため、労働基準監督署に相談して解雇撤回が実現するのは、ハードルが高いでしょう。

試用期間中のクビに関するトラブル対処法については、「試用期間に解雇されたら諦めるしかないの?」でも記載があるので、ご覧ください。

試用期間中のクビの場合にも「解雇予告」が必要

試用期間中であっても、試用開始から14日を過ぎている従業員の解雇を行う際には「解雇予告」が必要です。解雇予告は30日前にはしなければならず、30日前までに解雇予告をせずに解雇をする場合は、30日分の平均賃金である「解雇予告手当」の支払いが労働基準法(第20条)にて義務付けられています。
また、労働基準法(第21条)では、試用期間開始から14日以内の解雇であれば、解雇予告や解雇予告手当を支払うことなく労働者を解雇することが可能です。
ただし、正当な理由なく解雇することはできません。いかなる場合でも、理由がはっきりしない場合は不当解雇となります。

参照元
労働基準法
e-Gov 法令検索 第二十条(解雇の予告)
労働基準法
e-Gov 法令検索 第二十一条(解雇の予告)

試用期間でクビになった場合の待遇

試用期間でクビになった場合でも、企業には働いていた期間の給与の支払いをする義務があります。「勉強中でまだ1人で仕事はこなせないから」「訓練中だったから」などの理由で賃金を未払いにしたり、当初の金額から賃金を下げたりすることは違法です。クビになった場合でも、給与は正しく支払われ、福利厚生も受けられなくてはいけません。
求人詳細に試用期間中の給与が明記してある場合はしっかり確認し、不当な扱いを受けることがないようにしましょう。

試用期間でクビになったら失業保険は受けられる?

失業保険を受給するには「雇用保険に1年以上加入していること」が条件のため、試用期間中のクビで受給できる可能性は低いといえます。試用期間の目安は一般的に1ヶ月〜半年ほどであり、1年以上になることは基本的にはありません。

試用期間でクビになったあとの転職はどうしたら良い?

試用期間でクビになった際は、その後の転職に向けて、解雇の理由を聞くことをおすすめします。何が理由でクビになったのかわからないまま次の転職をしても、同じことを繰り返してしまう恐れがあるためです。
まずは解雇となった理由を改善してから、以下の点に気をつけつつ次の転職に挑みましょう。

履歴書には「一身上の都合」と記載

試用期間中に解雇された場合、退職理由は「一身上の都合」と記載します。
解雇となると就活で不利になるのではないかと感じて、何も記載しないほうが良いのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、ブランクが長過ぎるのも問題です。また、隠そうとしても、保険加入履歴から発覚する可能性があります。経歴詐称に問われる恐れもあるため、故意に隠すことはやめましょう。

試用期間中に解雇になった際の履歴書の書き方について「試用期間中に解雇…履歴書にはどう書く?」にて詳しく説明しているので、こちらもぜひご一読ください。

面接で聞かれたときに答えられるようにしておく

履歴書に退職理由は「一身上の都合」と記載しても、面接では前職の退職理由を聞かれるはずです。クビになったことを自分から進んで伝える必要はありませんが、理由を問われた際に意図的に隠した場合は経歴詐称となる可能性があります。偽りなく、かつ前向きな姿勢をアピールできるような回答を準備しておきましょう

不安があるなら転職エージェントの活用もおすすめ

試用期間中にクビになってしまい今後の転職活動に不安を感じている方、面接でなんと説明して良いのかわからないという方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

20代のフリーター・既卒・第二新卒向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、応募書類の添削や面接対策など、求職活動を幅広くサポートしています。「試用期間中にクビになったことをどのように伝えたら良いのかわからない…」など、再就職に不安を感じている方は、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ