1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めたいけれど言えない!円満退職のコツって?

仕事を辞めたいけれど言えない!円満退職のコツって?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたい理由は、「人間関係が悪い」「業務内容が合わない」など
    ・仕事を辞めたくても言えないのは、職場の人手不足や引き止めなどへの懸念があるから
    ・仕事を辞めたいと言えないままでいると、心身の不調を招く恐れがある
    ・辞めたいと言えない人は、まずは円満退職のコツを知ることから始めよう

仕事を辞めたいと思っても、「人手不足だから職場に迷惑をかけそう」「上司が怖くてなかなか言えない」という方もいるでしょう。しかし、退職意思を伝えないまま仕事を続けていると、疲労やストレスから心身に支障をきたす恐れがあります。
当コラムでは、仕事を辞めたいと言えない方に向けて、伝えるときの3つのコツをご紹介。状況が深刻になる前に、当コラムで適切な退職意思の伝え方を把握して転職準備を進めましょう。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

なぜ仕事を辞めたい?

仕事を辞めたい理由の例として、以下の6つが挙げられます。

1.人間関係が悪い

同僚に挨拶しても素っ気ない態度をとられる、相談のために上司に話しかけると険しい顔をされるなど、人間関係を理由に仕事を辞めたいと考える人は多いようです。明るく挨拶する、仕事で成果を出すなどして良好な関係を築こうとしても状況が改善しない場合、職場の人と顔を合わせるのが苦痛になってしまうでしょう。

2.仕事内容が合わない

「飛び込み営業の仕事をしているけれど、初対面の人と打ち解けるのは不得意」「人と話すのが好きなのに、書類作成の業務がメイン」といった状況の場合、仕事が合わないと感じるでしょう。自分の強みやスキルを活かせない、思うような成果を出せないといった状況の場合、仕事へのモチベーションが下がってしまうのは無理もありません。

3.仕事にやりがいを感じられない

「単純作業が多く、自分じゃなくてもできる仕事だと感じてしまう」「仕事の成果が目に見えないので、会社に貢献できていないように思う」といった状況が例として挙げられます。異動を希望しても実現しそうにない、どうしてもやりがいを見出せそうにないといった場合は、転職することで状況を改善できる可能性があります。

4.給与に不満がある

「業績不振でボーナスが減った」「給与が仕事内容に見合わない」といった理由から、職場への不満を募らせる人もいるようです。給与が急激に減ると生活に支障をきたす恐れがあるほか、業務量や実績に見合わない給与だと仕事へのモチベーションが下がってしまうでしょう。

5.会社の将来に不安を感じている

同僚が次々と退職している、業績が年々落ちているといった状況の場合、会社の将来性に不安を感じてしまうでしょう。「業績向上のために事業拡大や新しいプロモーション方法などを提案したけれど、方針は変わりそうにない…」という場合は、転職を検討した方が無難だと考えられます。

6.評価制度に不満がある

「成果を出しても年功序列でなかなか給与が上がらない」「常に同僚と比較されるのがストレス」といった理由から、仕事へのモチベーションが下がってしまう人もいます。営業職のように成果が数字で現れる職種ではない場合、「自分は今後も正当に評価してもらえないのでは」と不安を感じる場合もあるようです。

仕事を辞めたいけれど言えない4つの理由

仕事を辞めたくても職場に言えない理由として、以下の4つの例が挙げられます。

1.職場が人手不足で辞めると迷惑がかかりそう

業務量や残業の多さを理由に仕事を辞めたいと思っても、「自分が退職すると同僚はより一層ハードな状況になりそう…」とためらってしまうことがあるでしょう。また、人手不足の状況で退職を切り出すことで、「辞める日まで気まずい雰囲気になりそう」と不安になる人も多いです。

しかし、業務量や残業が多くつらいと感じているのであれば、早めに対策をとることが大切。疲労やストレスを我慢し続けると心身に支障をきたす恐れがあるため、状況が悪化する前に退職・転職を検討することをおすすめします。

2.待遇の改善や異動を理由に引き止められそう

意を決して退職を切り出しても、「人員体制を変えてあなたの業務量を減らす」「給与に不満があるなら来月から上げる」と引き止められて仕事を続けることになりそうと考える人もいます。

引き止めへの対策は、転職先が決まったタイミングで退職意思を伝えるのが1つの方法です。内定が出ていない状況だと引き止められた際に気持ちが揺らぐ可能性がありますが、転職先が決まっていれば意思を固められ、上司も引き止めづらくなるでしょう。

3.上司が怖く退職を伝えづらい

「気が強い上司なので気軽に話しかけられない」「退職を切り出すと冷たい態度をとられそうで怖い」といった状況の場合、仕事を辞めたいとなかなか言えないのも無理はありません。

しかし、上司が怖いからと退職意思を伝えずにいると、つらい状況のまま仕事を続けることになります。「退職するには上司の許可が必要なのでは?」と思う方もいると考えられますが、民法第627条では退職意思を申し出てから2週間後には会社を辞められることになっており、民法上は上司の許可は必要とされていません。

会社によっては就業規則で「退職意思は◯週間前までに申し出ること」と定められている場合があるため、事前に確認したうえで伝えれば「もっと早く相談してほしかった」と言われるのを防げるでしょう。

参考
電子政府の総合窓口e-Gov
民法第六百二十七条

4.転職先が決まっておらず退職後の生活が不安

「仕事は今すぐ辞めたいけれど、退職してからしばらく無収入になるのが不安」「転職活動したいけれど、仕事が忙しくてなかなか時間をとれない」といった人もいるようです。

転職活動の手段には転職サイトやハローワークなどがありますが、不安を感じている場合は転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントでは希望に合う求人紹介や応募書類の添削、面接対策、面接日程の調整といったサポートを受けられるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

仕事を辞めたいと伝えるときの3つのコツ

会社を円満退職できるよう、辞める意思を伝える際は以下の3点に注意しましょう。

1.退職意思は直属の上司に伝える

退職を決心したら、まずは直属の上司に申し出ましょう。先に同僚に話をしてしまうと「大事な話なのに後回しにされた」とトラブルにつながる恐れがあるため、直属の上司に伝えるまでは口外しないことが大切です。

2.退職希望日の1~3ヶ月前に意思を伝える

いつまでに退職意思を伝えるべきなのかを就業規則で確認し、退職希望日の1カ月~3カ月前を目安に話をしましょう。1カ月~3カ月前が目安とされているのは、余裕を持って引き継ぎをするためです。

3.退職理由はなるべく前向きな内容にする

上司から退職理由を聞かれた際は、「◯◯の仕事にチャレンジしたいため」「◯◯の分野でスキルアップしたいため」のようになるべくポジティブな内容を伝えましょう。「仕事がつまらないから」「給与に不満があるから」と職場への不満を述べると、退職日まで気まずい雰囲気になったり「待遇に不満があるなら改善する」と引き止められたりする恐れがあるからです。

ただし、残業やストレスなどが原因で体調不良を崩して退職するのであれば、正直に伝えた方が良いでしょう。無理にポジティブな内容にすると、「嘘をついているのでは?」と思われたり「もう少し会社に残ってもらえないか」と言われたりする可能性があるからです。

ここまで退職意思を伝える際のコツをご紹介しましたが、「やっぱり職場に退職を切り出せるか不安…」「仕事は辞めたいけれど、転職先が決まるか心配」という方は、転職エージェントのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒などを対象とする就職・転職エージェントです。ハタラクティブに登録すると、以下のサポートを無料で受けられます。

1.希望や経験を踏まえた求人紹介
2.履歴書や職務経歴書の添削
3.強みを最大限にアピールするための模擬面接
4.面接の日程調整
5.面接後の企業へのフォロー
6.入社日までに必要な準備のアドバイス
7.円満退職するためのアドバイス

ハタラクティブでは専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、仕事内容や職場の雰囲気などの希望条件を踏まえて求人をご紹介。ハタラクティブは実際に取材した企業の求人を扱っているため、応募前に詳しい仕事内容や社風を知れて入社後のミスマッチを防げます。

そのほか、応募書類の添削や面接対策といったサポートを受けられるので、「転職活動は初めてなので内定をもらえるか不安…」という方も自信を持って選考に臨めるでしょう。

転職活動のサポートのほか在職中の会社を円満退職するためのアドバイスも行っているため、「なかなか職場に退職を切り出せずにいる」という方はぜひハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる