やめたいのにやめられない?仕事の辞め時と退職に向けて行うこと

やめたいのにやめられない?仕事の辞め時と退職に向けて行うことの画像

この記事のまとめ

  • 仕事をやめたい理由には、「給与や待遇への不満」「人間関係の悩み」などがある
  • 仕事をやめたいけどやめられない原因は、「経済的な問題」「職場への遠慮」など
  • やめたいけどやめられないときは、現状維持のメリットとデメリットを考えよう
  • 問題を解消できずどうしても仕事をやめたいときは、転職を検討するのも一つの方法
  • 仕事をやめたいけどやめられない場合は、就職エージェントの利用がおすすめ

「仕事をやめたいけどやめられない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。仕事をやめるか決断できないときは、まず退職したい理由や迷っている原因について客観的に把握することが大切です。そのうえで、必要な対処法を考えましょう。このコラムでは、仕事をやめたいと思う理由ややめられない原因などを詳しく解説しています。円満退職するコツも紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事をやめたいと思う主な6つの理由

仕事や会社をやめたいと思う理由について、代表的なものを6つ紹介します。仕事をやめたいと考えてしまうのには、何かしらの理由があるはず。以下で、自分の状況と当てはまるものがないか照らし合わせてみましょう。

1.給与に対する不満

仕事の内容や業務量が給料と見合っていないと、「やめたい」と感じやすいでしょう。どれだけ仕事を頑張っても、同世代と比べて明らかに低賃金といった状況になれば、仕事への意欲低下につながります。また、勤続年数が長かったり、役職についたりして仕事の責任が重くなっているにも関わらず給与に反映されない場合も、退職を考えるきっかけになるでしょう。「日本人の平均収入の実態を紹介!手取りとの違いや年収を上げる方法も解説!」のコラムでは、雇用形態や年齢ごとの平均年収をまとめています。参考にしてみてください。

2.人間関係が不和

職場の人間関係で悩んでいるときも、仕事をやめたいと考えがちです。仕事を遂行するうえで、基本的に人との関わりは欠かせない要素の一つといえます。その人間関係に問題が生じれば、仕事を続けるモチベーションが保てなくなることもあるでしょう。

3.仕事内容に対する不満

仕事をやめたいと思う理由には、業務内容に対する不満も挙げられます。仕事をしていると、納得のできないことを言われたり、予期せぬ仕事を振られたりすることも。自分の理想や想像していた仕事内容ではないと不満やストレスが溜まれば、現職を続けるか悩む場合があるでしょう。

4.社風や企業理念との不一致

勤め先の業務や社風と自分の性格が合っていないと感じれば、仕事をやめたいと思うことがあるでしょう。業務内容や社風によって向き不向きはあるもの。自分に合っていないと感じる仕事や会社で長時間働くことがストレスになる場合もあります。

5.評価体制に対する不満

仕事をするうえで正当な評価を受けられないことも、やめたいと思う理由になり得ます。仕事で実績を上げても評価を得られず、いつまで経っても給与アップやキャリアアップが実現できなければ、仕事を続けるためのモチベーション維持が難しくなるでしょう。

6.なんとなく働きたくない

「なんとなく働きたくない」という理由で、仕事をやめたいと思う人もいるようです。要因としては、「働かなくても暮らしていける」「仕事へのやりがいや楽しみを見出せない」などが考えられます。そのほか、仕事の過度なプレッシャーから、働くこと自体に意欲を持てなくなることもあるでしょう。

仕事をやめたいと思ってもやめられない3つの原因

仕事や会社をやめたいけどやめられないと思う原因には、退職準備や退職後に対する不安が挙げられます。以下で、仕事をやめたいけどやめられないと思う理由を詳しく見ていきましょう。

1.経済的にやめられない

経済的な問題から、仕事をやめたいけどやめられないと考える人は少なくありません。働きながら転職活動をうまく進められれば良いですが、なかなか思うように次の転職先が見つからないこともあるでしょう。「スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?」のコラムによると、転職活動にはまとまったお金が必要になります。また、一人暮らしをしていれば収入が途絶えるのは避けたいでしょう。仕事をやめると収入がなくなるため、「まだやめられない」と思うようです。

2.職場の雰囲気が悪くなりそうでやめられない

「やめたいと伝えたあとに職場の空気が悪くなったらどうしよう…」「自分がやめることで迷惑がかかってしまうかも…」といったネガティブな発想が生まれ、仕事をやめたいけどやめられない場合もあります。会社から退職を引き止められた結果、このような心理に陥る人もいるでしょう。

3.転職先でうまくいくか不安でやめられない

「転職先で今以上にうまくいかなかったらどうしよう…」と、転職先への不安から仕事をやめる決心がつかない人も。新しい環境に踏み出すのは誰でも勇気が必要といえるため、現状を変えることに迷いが生じて、仕事をやめたいけどやめられない場合があるでしょう。
仕事をやめる理由が言いづらいと感じている人は、「人間関係で仕事を辞めるのはあり?ストレスになる理由や対処法なども解説」もあわせてチェックしてください。

仕事をやめたいけどやめられない人が取るべき行動

仕事をやめたいけどやめられないと感じたときは、その理由を明確にして、必要な対策を考えましょう。そのうえで、どうしても現状を好転させられないときには、転職を視野に入れるのも一つの方法。退職の決断は、よく熟考することが大切です。「とにかく今やめたい!」といった一時的な気持ちだけで退職してしまうと後悔するリスクがあるので注意しましょう

退職できない理由をしっかり考える

自分が「やめられない」と感じた理由を書き出してみましょう。書き出してみることで問題点が浮き彫りになり、解決方法を思いつく可能性があります。仕事をやめたいけどやめられないと悩むときは、やめられない理由は何なのかを把握することが重要です。

やめなかった場合のメリット・デメリットを考える

仕事をやめなかった場合のメリット・デメリットを考えることで、自分が取るべき選択肢が見えやすくなります。仕事をやめなかった場合のメリット・デメリットを判断する際には、今後自分はどうなりたいのか、将来を見据えたキャリアプランを設定することが重要です。
仕事をやめないデメリットが自身の将来にどのような影響を与えるのか、やめたときに得られるメリットはキャリアにどのように影響するのかを考えることで、退職するか否かの決心もつくでしょう。

やめたい原因が解決できるか考える

辞めたい理由となっている原因が、解決できるものなら退職はとどまってもいいでしょう。たとえば「やりたい仕事ができない」という理由であっても、自分のスキルや経験が不足していることが原因でできないのか、そもそも会社的にできないのかでは対応が変わってきます。人間関係が原因でも、異動などで解決できる可能性もあるでしょう。安易な退職は今後のキャリアに影響します。単純に「嫌だから」「できないから」という理由で会社を辞めるのではなく、しっかり原因と対策まで考えたうえで決断しましょう。

仕事をやめた社会人に話を聞く

「仕事をやめたいけどなかなかやめられない」と悩む人は、仕事をやめた人に話を聞いてみるのもおすすめです。退職の経験者から実際に話を聞くことで、仕事をやめることに対する不安や悩みを解消できる可能性があります。第三者の意見を参考にしながら、自分自身はどうするべきかを考えてみましょう。
仕事をやめる決意ができたけどタイミングが掴めないという人は、「仕事をやめたい理由とは?ストレス対処法と職場に言えない時にやるべきこと」をご覧ください。

また、仕事をやめるかやめないか決められない人は、仕事がつらいときの対処法を解説している「これって仕事辞めたい病?原因と対策を解説」もご確認ください。

仕事をやめたほうがいいケース

仕事をやめるか悩む原因のなかには、すぐに退職をしたほうがいいケースも存在します。

明らかに会社に非がある場合

労働基準法を超える長時間労働が常態化している、給与の未払いが続いている、社風としてハラスメントが容認されているなど、会社そのものに非があり、かつ自分で解決できないなら退職しても問題ないでしょう。

働きつづけても将来のイメージが沸かない場合

先輩や上司にロールモデルとなる人材がいない、自分が思い描くキャリアが実現できそうにないなど、働き続けてもポジティブなイメージが抱けない場合は、会社を辞めて希望するキャリアが描ける転職をするべき。
また、キャリアなどは問題なくても会社の経営状態的に将来が不安な場合も、辞めて転職を検討したほうが安心です。

仕事をやめたいときの具体的な対処法

業務内容や人間関係に不満や不安があり、仕事をやめたいけれどやめる意志はまだ固まっていないという方は、以下を確認し現状の改善に努めましょう。

信頼できる人に相談する

悩みを1人で抱え込むとストレスが悪化する恐れがあるので、問題が起きたら同僚や親族、友人など信頼できる人に相談してみましょう。
解決にならなかったとしても、話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるもの。また、別の視点からのアドバイスが事態を好転させる可能性もあります。

上司の意見やアドバイスを取り入れる

仕事内容に不満を感じている人は、効率よく仕事を片付ける方法や今の自分には何が足りないのかなどを上司に相談してみましょう。第三者からアドバイスを受けることで、自身の課題や改善点が見つかりやすくなります。自分では見えなかった課題を克服すれば達成感を味わえ、キャリアアップにもつながるでしょう。

自分で目標を立てる

仕事がルーティン化してしまっている人は、今一度自分の仕事のやり方に目を向けてみましょう。「△日までにこの仕事を終わらせよう」「ショートカットキーやPCの知識を身につけて作業効率をアップさせよう」など、自分のなかで目標を設定してみるのも効果的です。目標を設定することで仕事へのモチベーションが高まれば、積極的に仕事に取り組むことができ、会社からの評価が上がる可能性があります。

仕事をやめたいと思ったときに円満に退職するコツ

ここでは、仕事や会社をやめたいと考えたときに、円満に退職するためのポイントを紹介します。現状の好転が見込めず退職を検討されている人は、ぜひ参考にしてください。

退職理由は前向きに言い換える

退職理由が人間関係や待遇に関する問題などネガティブな内容であっても、会社にはポジティブな退職理由を伝えるようにしましょう。会社を辞めたいのではなく、別のことにチャレンジしたいといった内容であれば、会社側も応援しやすくなります。パワハラやセクハラなど法的問題での退職を除き、退職する際に不平不満を伝えるのは避けたほうが無難です。

退職を決意したら早めに報告する

退職を決めた場合には、早めに会社へ報告するようにしましょう。法律では2週間前の申告で退職できますが、会社への影響や職場スタッフへの負担を考えて、約1~2ヶ月前を目安に退職の意向を伝えます。1人の社員が退職すれば、、会社は求人を出したり、人事異動をしたりなど仕事の後任を用意しなければなりません。円満に退職するためには、余裕を持って仕事をやめたい旨を会社に伝え、後任者への引き継ぎをしっかりと行うことが重要です。

就業規則を確認しよう

多くの会社では、退職の意志を伝える期限を就業規則に記載しています。企業によって時期が異なるため、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

最後まで社員として仕事を全うする

仕事の退職が決まった場合でも、退職日までは会社の一員として業務にあたりましょう。最後まで仕事に全力を注ぐ姿勢を見せることで、周囲からも快く送り出してもらえる可能性が高まります。円満退職に関しては、「会社の辞め方次第!円満退職するために大切なこと」もぜひご参照ください。

仕事をやめたい人が知っておくべき一般的な退職の流れ

ここでは、仕事をやめる際の一般的な流れを紹介します。それぞれの会社の状況によっても変わってきますが、基本的な流れは以下のとおりです。

1.退職の1〜3ヶ月前に、退職の意志を伝える
2.退職日の1ヶ月前までに退職届を提出する
3.引き継ぎ等を、退職日の最低3日前までに済ませる
4.退職日に挨拶や支給品返却などの事務処理をする
5.制服や支給品があれば、クリーニングなどして返却する

会社を退職する流れに関しては、「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介」も参考にしてみてください。

悩みが解決せず仕事をやめたいときは転職を検討しよう

仕事をやめたいと思う理由が、自身では解決できない問題に起因していたり、業務に支障が出るほど思い詰めていたりするときは、思い切って転職するのも一つの方法です。そうはいっても、一人で転職活動を進めることに不安がある人は、就職・転職エージェントを活用してみるのも良いでしょう。

ハタラクティブは、正社員就職を目指す20代の既卒や第二新卒、フリーターなどの就職支援に特化した就職・転職エージェントです。
経験豊富なプロの就活アドバイザーが会社選びや面接対策など幅広くサポート。将来の不安や、今勤めている会社での悩みなどの相談にも応じています。「今の会社をやめたいけど、転職先が見つからない」「自分に合う仕事が分からない」とお悩みの方は、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

仕事をやめたいと思ったときによくある疑問Q&A

ここでは、仕事や会社をやめたいと思ったときの疑問やお悩みにQ&A方式で回答していきます。退職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

メールで退職の意向を伝えてもいい?

仕事をやめたいという意向は、基本的に口頭で伝えるようにしましょう。やむを得ない事情がないにも関わらずメールで要件を済ませてしまうと、「社会人としてのマナーがない」と判断され、誤解やトラブルを生むリスクがあります。円満退職を目指すのであれば、気まずさを感じても対面で伝えるのがおすすめです。メールでの退職意思表示に関しては、「退職の申し出をメールで済ますのはアリ?注意点や例文をご紹介」をご参照ください。

就職してすぐに辞めるのは良くないですか?

やむを得ない事情や明確な理由がないまま、「やめたい」という勢いですぐに退職するのはおすすめできません。すぐに退職してしまうと、転職活動で応募先企業に「自社に入ってもすぐにやめるのでは?」という懸念を与えるリスクがあります。退職を決断する前に、「なぜやめたいのか」「今の職場で現状を改善する方法はないか」などを冷静になって考えましょう。

仕事をやめたいけど言い出せません…

上司ではなくとも、信頼できる先輩や同僚に相談するといった工夫をして、退職の意思を示せるようにしましょう。仕事をやめたいと思っていても、会社の状況や上司との関係性悪化などを懸念し、退職を言い出せない場合もあるはず。しかし、退職を決めたのであれば、できるだけ早めに伝えたほうが会社側への負担を軽減できます。退職の意向を伝えるのに悩んでいる方は、「円満退職するための伝え方は?上司に切り出すときの注意点もご紹介」を参考にしてみてください。

仕事をやめたいけど、次の勤め先が見つかるか不安です

一人での転職活動に不安を感じている方は、民間の就職・転職エージェントを活用するのがおすすめです。就職するためのノウハウを持つプロのアドバイスを受けられるため、より円滑な転職活動が行えるでしょう。若年層の就職支援に特化したハタラクティブでは、一人ひとりのお悩みや要望に寄り添った求人紹介を実施しています。転職活動を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ