新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で逃げ癖が出る人の心理とは?克服方法や直らないときの対処法を紹介

仕事で逃げ癖が出る人の心理とは?克服方法や直らないときの対処法を紹介

公開日:

最終更新日:

仕事で逃げ癖が出る人の心理とは?克服方法や直らないときの対処法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・逃げ癖がある人には「飽きやすい」「言い訳が多い」などの特徴がある
    ・逃げ癖には「失敗することが怖い」「逃げて解決できる」などの心理が影響している
    ・逃げ癖の原因には、面倒なことを避けてきた経験や甘えられる周囲の環境などがある
    ・逃げ癖を克服するにはストレスを溜めないように気をつけ、目標設定を下げると良い

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「逃げ癖」と聞くと、マイナスなイメージを持つ人は多いでしょう。特に仕事において逃げ癖がある人は、周囲に迷惑をかけたり職場での信頼や信用を失ってしまったりと、負の連鎖に陥ってしまいがちです。
このコラムでは、逃げ癖のある人の特徴や、克服方法などをご紹介。自分に心当たりがあり、直したいと感じる人は確認してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事で逃げ癖がある人の6つの特徴

仕事で逃げ癖がある人には、自信がない、責任感が強いなどいくつかの特徴があります。下記に挙げているので、チェックしてみましょう。

1.自分に自信がない

自信がない人は物事を始める前から、「自分には出来ない」「自分がやっても上手くいかない」などと思い込んでしまう習性があります。自信が持てないのは、過去に他人から良い評価をされた経験が少ないことも影響しているようです。自分の思考や行動に信念がなく、ネガティブな感情を抱きがち。自己肯定感が低いため、仕事をやり遂げる自信が持てないという特徴があります。

2.失敗を認められず言い訳が多い

プライドが高く、自らの失敗や間違いを認められないといった特徴があります。ミスをしても責任を負わず、自分が傷つかないための言い訳を探す傾向があるようです。「自分には非がなく、周りや環境が原因である」という思考を持っています。問題を起きたときも、向き合わずに逃げて回避してしまうでしょう。

3.責任感が強く思いつめやすい

責任感が強い人は、一人で仕事を抱え込みやすく、力量以上のことを引き受けてしまいがちです。また、真面目な性格ゆえに、業務でミスがあった場合も「自分のせいである」と感じてしまいます。さらに自分を追い込み、最終的に逃げてしまうことがあるでしょう。

4.飽き性でやり遂げるのが苦手

物事や作業に対する継続力がなく、仕事を最後まで成し遂げるのが苦手なタイプです。最初は楽しくても、同じ作業が続くことで飽きてしまいがち。途中から「つまらない」「やる気がなくなった」と感じ、中途半端な状態で投げ出してしまうでしょう。

5.自分に甘く妥協する癖がついている

自分に対して甘えがある人は、仕事に対して前向きな姿勢になりにくく、何事にも妥協しがちです。問題が起きても、解決しようとする意識が低いのが特徴。また、恵まれた環境に慣れてしまい、周囲に対して甘えがあるというケースも。そのような人はストレス耐性が低く、些細なきっかけによって仕事から逃げてしまうこともあるようです。

6.向上心がない

向上心がなく、仕事に対する達成感を得にくい特徴があります。現状を良くするために、時間や労力をかけることが苦手なタイプといえます。業務のモチベーションを維持しにくいため、途中で投げ出してしまう可能性があるようです。

逃げ癖がある人の心理とは

逃げ癖がある人には、「問題に直面したくない」「完璧主義で失敗したくない」といった意識を持ちやすいようです。この項目では、逃げ癖がある人の心理を具体的に解説します。

壁にぶつかると面倒に感じる

逃げ癖のある人は、「面倒なことに関わりたくない」と感じる人が多いでしょう。一般的には壁にぶつかると、問題解決のために頭を働かせる必要があります。場合によっては、周りの人に助けてもらうこともあるでしょう。逃げ癖のある人は、そのような状況を億劫に感じやすく、放り投げてしまうことがあります。

なるべく失敗はしたくない

失敗することで、指摘や批判をされたくないと感じるために逃げ癖がある人も。完璧主義な考えの人が多く、ミスをすることが恥ずかしいと感じて過度に落ち込みやすいようです。常に予防線を張っているため、「仕事を楽しんで取り組めない」という心理があるようです。

逃げることで解決すると思っている

嫌なことや辛いことは、逃げることで解決するという意識を持ちやすいようです。責任を負うことも嫌い、避けてしまう傾向にあります。困難があっても、「逃げてしまえば楽」「辞めてしまえば良い」と感じることが多いでしょう。

後でやれば良いと思っている

逃げ癖がある人は、「面倒なことは後回しにしよう」という気持ちが強くある場合も。いざ始めなければならない状況になったら、物事が思うように進められず、逃げたくなる心理です。このような思考を持つ人は、仕事以外のプライベートでも同様に感じることが多いでしょう。

いざとなったらできると思っている

実体験が伴っていない根拠のない自信を持っており、「いざとなったらなんとかなる」と感じることがあります。そのため、「今は行動を起こさなくても良い」「努力するほどではない」といった思考を持つようです。

逃げ癖が直らない3つの原因

逃げる癖が直らないのは、経験や環境によるところが大きいです。逃げ癖は、自分では気づかない理由によって身についている可能性も考えられます。下記で主な原因を説明しているので、参考にしてみてください。

1.切羽詰まると放棄してしまう性格

嫌なことに追い詰められると放棄してしまう性格が、逃げる原因の1つと考えられます。 自分がやるべき仕事を直前まで手をつけないことで、自ら苦しい状況を作りがちなタイプです。

2.面倒事をスルーしてしのいできた経験

これまでの人生で、地道な努力や困難を乗り越えた経験がないという原因が考えられます。この場合、業務を遂行するのに必要な行動力や判断力が身につきにくいもの。トラブルを自分で解決することが難しいため、逃げてしまうのが原因といえるでしょう。

3.周囲の環境

逃げやすい人は、周りの環境が大きく影響していることも。学生時代も含め、「周囲の人に助けてもらうことが多い」「面倒なことを他人に押し付けてきた」などの原因が考えられます。「今までは周りが何とかしてくれた」という思考が大きく影響しているようです。挫折した経験が少なく、困難なことに直面しても簡単に逃げてしまいがちです。

逃げ癖の3つの克服方法

ここでは、ストレスを溜めない、自分に合う仕事をするなど、逃げ癖を改善するためのポイントを挙げています。逃げる癖が一度ついてしまうと、なかなか抜け出せないもの。しかし、直面する問題から目を背けてばかりいると、より自己肯定感が低くなり負のループが起きてしまいます。直すには、考え方や行動を改めることが重要です。
すぐに結果が出なくても、意識して継続的に取り組みましょう。

1.ストレスを溜めない

仕事上の課題やトラブルに対して正面から向き合おうとすると、過度にプレッシャーを感じてしまうもの。思い詰められて逃げたくなる前に、ストレスを溜めないことが大切です。深呼吸やストレッチなどをして、体をリフレッシュするのもおすすめ。休日は、仕事のことを考えず趣味など好きなことをして過ごすのも効果的です。ストレスを溜めないことで、ポジティブな思考になりやすいもの。余計な力が抜け、「自分にもできる」「上手くいきそう」と前向きに物事に取り組めるでしょう。

2.目標設定を下げてみる

目指しているハードルが高すぎると、理想と現実の差を感じて落ち込みやすくなります。そのような場合は、目標設定を低くして、些細なことでも良いので成功体験を積み重ねましょう。また、細かな段階で目標を立てれば、一つひとつに達成感を得られます。「自分でもできることがある」と次第に自信がつき、失敗を恐れなくなるでしょう。

3.適性に合った仕事をする

どうしても「辛い」「逃げたい」と感じる場合、職場を変えてみるのも1つの方法です。自分の思考や行動を変えても状況が改善しないのであれば、環境を見直す良いきっかけともいえます。自分のやりたいことや興味のあること、将来的なビジョンなどを踏まえ、適性に合った仕事を見つけましょう。

今の職場で逃げ癖が治らない場合、自分に合った仕事につけていない場合もあります。
仕事から逃げずに長く続けるためには、仕事との相性も大切でしょう。
自分に合った仕事を探すには、自己分析や企業研究で適性を知ることが必要です。また、入社後にギャップを感じないためにも、自分の価値観に合っているか、職場の雰囲気はどうかも重要といえます。
「自己分析や企業研究の方法が分からない」という人は、転職エージェントを活用してみるのもおすすめです。
ハタラクティブは、プロの就活アドバイザーが入社までをサポートします。きめ細やかにカウンセリングを行い、希望に合った職場をご提案。実際にアドバイザーが足を運んだ企業を紹介しているので、職場の雰囲気などの詳しい情報も得られます。サービスは無料でご利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?逃げ癖がある人のお悩みQ&A

自分の逃げ癖に悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、想定される逃げ癖がある人のお悩みをQ&A方式で解決していきます。
 

逃げ癖がある人の特徴は何ですか?

逃げ癖がある人は、自分に自信がなかったり、向上心がなかったりする傾向があります。そのため、仕事へのモチベーションが上がりにくく、途中で投げ出してしまうことも。逆に、責任感が強すぎる人も自分を必要以上に追い詰め、結果的に逃げてしまうこともあるようです。詳しくは、このコラムの「仕事で逃げ癖がある人の6つの特徴」をご覧ください。
 

逃げ癖を直す方法を教えてください。

逃げ癖を直す際は、慌てず少しずつ対処していくことが大切です。たとえば、難しい仕事を振られると断ってしまいがちな場合、最初から全て引き受けようとせず、数回に1度の頻度から始めてみましょう。慣れてきたら3回に1度、2回に1度、というように、少しずつ難しい仕事を引き受ける頻度を上げていき、最終的に毎回引き受けるようにするのがベター。重要なのは徐々にでも改善に向けていくことです。
 

「仕事から逃げたい」と感じるのは甘えですか?

必ずしも甘えとは限りません。「仕事から逃げたい」と感じるのは、何らかの理由があるはずです。たとえば、人間関係が悪い、残業が多いなど、職場に原因がある場合は「逃げたい」と思うのも無理はないでしょう。「仕事から逃げたい…そんなとき、どう対処する?」で、仕事から逃げたいと思う理由について詳しく解説しているので、ご一読ください。
 

仕事が辛くて「逃げたい」という気持ちが拭えません。どうしたら良いですか?

「逃げたい」という気持ちが拭えないときは、小さな目標を立てたり、昼休みや仕事帰りに息抜きの時間を設けるのが良いでしょう。また、思い切って数日の休暇を取るのも1つの手です。これらの方法を試しても逃げたいほど仕事が辛いときは、環境を変えるために転職をするのもおすすめ。ハタラクティブでは、若年層を中心とした就職・転職サポートを行っています。今の職場で悩みを抱えている方は、ご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?