ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!

ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!の画像

この記事のまとめ

  • ストレス発散できない人には「真面目」「自信がない」「忙しい」などの特徴がある
  • 仕事中の有効なストレス発散方法には「深呼吸をする」「ストレッチをする」などがある
  • オフタイムに有効なストレス解消法には「運動をする」「趣味に没頭する」などがある
  • ストレス発散できない人は、まず原因を把握して予防することも重要
  • どうしてもストレス発散できない場合は転職を検討しよう

「ストレス発散できない人の特徴って?」「解消する方法を知りたい!」と考えている方もいるでしょう。ストレスが発散できない人の特徴はさまざま。ストレスを発散するためには、自分に合った解消法を知ることが重要です。このコラムでは、ストレス発散できない人の特徴をご紹介。また、発散するために有効な対処法やストレスを予防する方法を解説します。ストレスフリーな生活に近づくために、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ストレス発散できない人の7つの特徴

ストレスを発散できない人には共通点があります。下記で7つの特徴を記載するので、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

1.性格が真面目

ストレスが発散できない人は、性格が真面目な傾向があります。
真面目なこと自体は悪いことではありません。しかし、真面目な人は何事にも全力で取り組み、他人への気配りを過剰にしてしまう傾向にあるため、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。
疲れを自覚していたり、周囲から指摘されたりした場合は、あまり自分に厳しくし過ぎず、素直に心と体を休めましょう。

2.仕事が忙しい

仕事が忙し過ぎるとストレスが発散できない状況に陥ってしまうことが多いようです。休む時間も考える時間も取れなくなり、知らない間にストレスを溜め込んでしまいます。過度な労働は体にも心にも良くないので、適度に休みをとるようにしてください。

3.趣味がない

趣味がなく夢中になれるものがないと、ストレスを溜め込みやすくなってしまいます。そのような人は、ストレス発散できる場を設けるのがおすすめです。興味がないものを無理やり趣味にすることは難しいので、何をしているときに自分が楽しいか考えてみると、ストレス解消につなげられるでしょう。

4.思ったことを言えない

自分の思ったことが言えないのも、ストレス発散できない人の特徴の一つです。我慢をし過ぎると、ストレスを溜め込みやすくなって発散も上手くできません。モヤモヤを溜め込まないようにして、適度に自分の意見を言えるようにしたほうが良いでしょう。

5.競争心が強い

ストレス発散できない人は、競争心が強い場合があります。性格的に上手くいかないとイライラしやすく、心に余裕がなくなり、ストレスを上手に発散できないようです。

6.自信がない

自分に自信がない人は、ストレス発散できずに悩む傾向があります。自分に自信がないと、過度に気を使ってしまい、ストレスを溜め込みやすくなるようです。
経験値が低いと仕事に自信を持つことが難しく感じるでしょうが、最初から何でもできる人はいないと割り切って考えたほうが良いでしょう。

7.割り切りができない

終わったことでもずっと悩みを引きずってしまう人は、ストレスを溜め込みやすく、発散することも苦手なようです。考え方がネガティブで客観的に物事を見られない人は、ストレスを発散できない傾向があるので、注意しなくてはいけません。

イライラする原因を知りたい方は、イライラの解消法も紹介しているコラム「イライラする原因とは?自分に合った解消法を見つけよう」を参考にしてみてください。

ストレスを発散できない状態が続くと生じる4つの影響

ストレスを発散できない状態が長く続くと、肉体的にも精神的にも悪影響が出てきます。以下、具体的に起きる4つの影響を紹介します。

1.眠れなくなる

ストレスを発散できない状態が続くと、眠りが浅くなる、または眠れなくなるといったことが起きやすくなります。睡眠不足は集中力を奪うため、仕事でミスが起きやすくなってしまうでしょう。

2.イライラしやすくなる

ストレスを発散できないままでいると、生活のリズムが不規則になりやすく、精神を安定させることが難しくなるため、イライラしやすくなってしまうでしょう。
イライラすると周囲に当たったり、仕事で重大なミスを犯したりしやすくなってしまうので、注意しなくてはいけません。

3.体調を崩す

ストレスを発散できない状態が続くと、肩こりや頭痛など、身体的に影響が出る場合もあります。最終的には体調を崩して長期間仕事を休むことになってしまう人もいるようです。

4.前向きな考え方ができなくなる

ストレスを発散できない状態が続くと、前向きな考えをしにくくなってしまう傾向があります。
仕事でも上手くいかない不安に襲われて積極性を失ってしまうといった、悪影響を及ぼすことも多くなるようです。

気疲れしやすい人の特徴を知りたい方には、気疲れしやすいシチュエーションなども紹介しているコラム「気疲れしやすいのはどんな人?特徴や原因を知って解消しよう」をおすすめします。

職場でできる!ストレス発散の4つの方法

社会人は仕事に多くの時間を費やしているため、ストレスの原因が仕事にあることも少なくありません。ここでは、職場でできるストレス解消法を4つ紹介します。

1.何もしない

仕事に行き詰まったり、キャパオーバーになったりしそうなときには、何もしないで頭の中を空っぽにすることでもリフレッシュできます。数分間など、できる範囲でかまいません。
席を立たないでその場で目を閉じて仕事のことを考えないように努めるだけでも、完全でなくてもストレス解消効果が得られるでしょう。

2.深呼吸をする

忙し過ぎて少しの時間もとれないという方は、深呼吸をしてみましょう。
仕事に集中していたり緊張していたりすると、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいます。一度目を閉じて深呼吸をすると、気分がスッキリしてストレス解消につなげられるでしょう。

3.ストレッチをする

ストレッチは体をほぐす効果があり、ストレスを緩和するのに役立つおすすめの方法です。
椅子に座ったままでも背伸びをしたり、首を回したりといろいろなストレッチ法があります。また、トイレに立った時間を利用して全身を動かすこともおすすめです。

4.外の空気を吸いに行く

室内にばかりいるとストレスが溜まりやすくなるため、休憩時間はオフィスの外に出て空気を吸いに行きましょう。外に出られない場合は、窓の空気を入れ替えることも効果的です。

仕事でのストレスの原因を知りたい方は、ストレスを感じやすい人の特徴なども紹介しているコラム「仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!」を参考にしてみるとよいでしょう。

オフタイムにおすすめなストレス発散の8つの方法

ここでは、オフタイムにできるストレス解消法を8つ紹介します。ストレス発散ができないと悩んでいる方は参考にしてください。自分に合ったストレス発散方法を探してみましょう。

1.誰かに話を聞いてもらう

不平不満や普段職場では話せないことを、誰かに聞いてもらうことには、ストレス発散に効果があるといわれています。愚痴は家族や信用できる親友などに聞いてもらい、外部に漏れないように気をつけてください。

2.不満などを紙に書き出す

ストレス発散をしたいときは、自分が思っていることを紙に書き出してみましょう。パソコンに打ち込む方法でもかまいません。とにかく溜め込まないでアウトプットしてください。
愚痴や不満などを文字化することにより、新たな気づきを得られることもあるようです。

3.泣いたり笑ったりする

泣いたり笑ったりすることで感情をアウトプットすると、ストレスが発散できます。
映画・ドラマ鑑賞や読書をすることなどがおすすめです。これを見れば泣ける、笑えるという材料を用意しておきましょう。

4.運動をする

適度な運動をすることにも、ストレス発散効果があります。
好きなスポーツがあれば仲間と一緒に楽しんでみてください。現状運動をする機会がない方は、ジムに入会するのもおすすめです。それが難しい場合は、家の周りを軽く走ったり散歩したりしても良いでしょう。

5.日光を浴びる

ストレス発散をしたいときは、太陽の光に当たるようにしてください。日光を浴びることは、精神状態にもとても良い影響をもたらすようです。
外出できない場合は窓の近くで太陽の光を浴びて、外の景色を楽しみましょう。

6.おいしい食事を楽しむ

おいしい食事を摂ることも、ストレスを発散する方法の一つです。
普段は忙しくて食事を楽しめていない方には、有効な対処法となるでしょう。家族や好きな人と一緒にゆっくり話をしながらおいしいものを食べて、ストレスを発散するのがおすすめです。

7.たくさん睡眠を取る

睡眠不足になってしまうと、どうしてもストレスを溜め込んでしまいがちになります。そのため、休日にたくさん睡眠を取って、日々のストレスや疲れを発散させましょう。良質な睡眠のために、寝具にこだわってみるのもおすすめです。

8.趣味に没頭する

ストレスを発散するのにおすすめなのは、趣味に打ち込むことです。
好きなことに没頭できれば、日頃の嫌なことを忘れることができて、有効なストレス解消効果が得られます。
また、仕事中に嫌なことがあっても「休日は大好きな趣味を楽しめる」と思えれば、それが励みになるでしょう。

ストレス発散できない人に有効な予防策

ストレスを発散することが得意ではないという方は、ストレスを溜めない予防策を取りましょう。
以下に、ストレスを予防する対策を紹介します。

ストレスの原因を把握する

ストレスを予防するためには、原因をあらかじめ把握することが大切です。ストレスの原因が分かっていれば、対策を講じることができます。
たとえば、任された仕事に分からないことが多く、それがストレスの原因になるなら、事前に予習をしておけば不安やプレッシャーを軽くすることが可能です。
緊張することがストレス要因である方は、プレゼンなどの発表の練習を入念にしておくことにより対策ができます。意識的に人前に立つ機会を増やすことで、場慣れしてストレスも感じにくくなるでしょう。

プライベートに仕事を持ち込まない

ストレスを予防する方法の一つは、プライベートに仕事を持ち込まないようにすることです。
ストレスの原因が仕事にあるならば、職場以外で考えるのを控えましょう。オンオフを切り替えることは大切です。

仕事でイライラする原因が何か知りたい方には、仕事でイライラしてしまう人の特徴が書かれているコラム「仕事でイライラする原因は?限界までストレスをためない解消法をご紹介!」がおすすめです。

キャパオーバーで仕事を抱えきれなくなりそうで不安に思っている方は、予防も含めた対処法を紹介しているコラム「キャパオーバーで仕事が大変?6つの対処法で予防も対処もばっちり!」をチェックしてみてください。

どうしてもストレス発散できないなら転職がおすすめ

社会で生活している以上、全くストレスのないまま暮らしていくのは難しいもの。ある程度のストレスとはうまく付き合っていく必要があります。
しかし、些細なミスで必要以上に叱咤される、上司・同僚から嫌がらせを受けているなど、理不尽な職場環境がストレスの原因であれば、転職するのがおすすめです。
また、今の仕事が自分の適性に合っていなくてストレスを感じている場合も、転職を検討してみましょう。

「転職したい」「自分の適性に合った仕事をしたい」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご連絡ください。
若年層の就職や転職をサポートしているハタラクティブでは、現在抱えている職場での悩みや不満などの相談にも乗って、有効な方法を提案します。
応募書類の書き方や面接の練習など、さまざまなサポートを行っているため、転職活動が初めての方も安心。一人ひとりの悩みをしっかりとヒアリングし、その人に合った求人を提案するので、「自分にどんな仕事が合うか分からない」という方にもおすすめです。
サービスのご利用は全て無料。まずはお気軽にお問い合わせください。

ストレスを発散できないときのお悩みQ&A

ここでは、ストレスを発散できないときに抱えやすいお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ストレスに強くなる方法って?

ストレスに強くなるには、日ごろから心や身体の状態を良好に保ち、ストレス耐性を身につけておくことが大切です。規則正しい生活習慣を送って免疫力を上げ、物事をポジティブに捉えるよう心掛けましょう。ストレス耐性を高める方法については、「ストレス耐性強化には抵抗力・免疫力・メンタル力が重要」で詳しくご紹介しています。

ストレスは解消したほうがいいの?

ストレスを溜め込み過ぎると、心身に不調をきたす恐れがあるため、無理せずストレス解消に努めたほうが良いでしょう。仕事の疲れや不満で余裕がなくなっていると感じたら、ストレス発散がおすすめです。ストレスを溜め込むリスクについては、このコラムの「ストレスを発散できない状態が続くと生じる4つの影響」をご覧ください。

ストレスの有無を自己判断できません。

ストレスの度合いが高過ぎれば、心や身体に危険信号が出る場合も。「眠れない」「食欲が湧かない」「やる気が出ない」といった症状が続いているなら要注意です。仕事の負担が自分の許容量を超えているときに見られやすい症状については、「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」をチェックしてみてください。

ストレスの少ない仕事に就くには?

ストレスの少ない仕事に就くためには、自己分析と企業研究が重要です。まずは自分の得意・不得意や好き・嫌いなどを洗い出し、自身がどのようなストレスに弱いのかを把握しましょう。そのうえで、志望する企業の情報収集を徹底して行い、自分の適性や望む働き方とのマッチ度を測ることが必要です。詳しくは、「ストレスのない仕事を見つけるには?適性別におすすめの職業も紹介」もあわせてご覧ください。
ハタラクティブでは、個人の適性や要望に沿った求人をご紹介しています。自分に合った仕事が分からないとお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ