新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事でイライラする原因は?限界までストレスをためない解消法をご紹介!

仕事でイライラする原因は?限界までストレスをためない解消法をご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事中にイライラする原因は、自分と他人の価値観のズレや心の余裕のなさなど
  • ・仕事でイライラしてしまう人の特徴は、その人の置かれている状況や性格によって異なる
  • ・仕事中のイライラはストレスになるだけでなく、周囲にも影響する場合がある
  • ・仕事の合間や休み中の適度な気分転換で、気持ちを落ちつかせることが大切
  • ・イライラが収まらないなら、転職して職場環境や仕事内容を変えるのも一つの手段

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「仕事中についイライラしてしまう…」と思ったことはありませんか?また、どのようにイライラを解消したら良いのか分からない方も多いでしょう。
このコラムでは、仕事中にイライラしてしまう主な原因や解消方法をご紹介します。まずは、そのイライラが何からきているのかを自分で把握することが重要です。さらに、普段からできることやプライベートを活かした方法など、幅広い対策をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事でイライラしてしまう原因

仕事中にイライラする主な原因は、自分がもつ価値観から他人がズレることにあるといえます。人間関係だけでなく、職場環境や待遇などが自分の希望とズレる場合にも当てはまるでしょう。たとえば、相手に過度な期待をしたり、自分のルーティンにこだわり過ぎたりすることが、イライラを引き起こすきっかけになりやすいようです。
また、自分に心の余裕がないのもイライラする原因の一つ。普段は受け入れられることも、忙しかったり納期に追われていたりして心に余裕がないと、イライラにつながります。そのため、イライラの発生は自分の受け取り方や感じ方などにも関係があるといえるでしょう。
仕事でイライラしてしまう原因はほかにもあります。「イライラする時はどんな時?原因と解消法について」の記事でも解説しているので、そちらもあわせてチェックしてみてください。

仕事でイライラしてしまう人の特徴

仕事中にイライラしてしまう人には、下記のような特徴があります。

・自分にも周囲にも厳しい人
・責任感のある人、責任のある仕事を任されている人
・心に余裕のない人
・ストレスが溜まっている人
・気持ちの切り替えが苦手な人
・完璧主義な人
・たくさんの仕事を1人で抱えている人

仕事でイライラしてしまう原因」でも触れたように、自分の価値観をしっかりと持っている人はイライラしてしまうことが多いようです。また、自分自身の状態や感じ方などによって、イライラが生じやすいことも分かります。
イライラするのは悪いことではありません。しかし、仕事中にイライラしてしまうと、業務に集中できずに思わぬミスを引き起こしたり、良いアイディアが浮かばなかったりと負の連鎖が起きてしまう恐れも。より良い仕事をするなら、イライラは少ない方が良いといえるでしょう。

仕事中にイライラする主な4つの場面

仕事中にイライラするポイントは、人によってさまざまです。ここでは、多くの人がイライラを感じるであろう、主な4つの場面について解説します。

1.仕事量が多い

仕事量が多く、何から手をつけて良いのか分からなかったり、残業が長引いたりするとイライラが起こります。また、スピードを求められた場合は焦りも生まれ、イライラすると同時に心の余裕もなくなってしまうでしょう。責任感が強い人は、「この仕事を最後までやらなければ」といった使命感がプレッシャーとなり、ストレスを溜めてしまう恐れもあるようです。

2.作業環境が悪い

仕事をするデスクの周辺が物で溢れていたり、作業するパソコンの動作が遅かったりするなど、作業環境の悪さもイライラを引き起こします。作業環境が悪いと仕事に集中できず、イライラが募ってしまうでしょう。

3.同僚や上司など職場に合わない人がいる

同僚や上司、後輩などの人間関係にイライラはつきものです。人間関係は自分が持つ価値観とのズレを一番感じる場面であり、「反発心によるイライラ」が生じやすいといえます。
たとえば、理不尽な上司には「振り回されている」と感じたり、仕事ができない後輩には負担を増やされていると感じたりすることがあるでしょう。また、愚痴が多い同僚からマイナスの言葉を聞いているうちに、自分のストレスが溜まることも。そのため、次第に職場が苦痛に感じてしまう人も多いようです。

4.仕事がうまくいかない

結果に結びつかない、目標を達成できないなど、仕事が自分の理想どおりに進まないと、イライラしてしまうことがあります。この場合、責任感が強い人や、仕事をこなす能力があり、完璧主義な方ほどイライラが生じやすいともいえるでしょう。そのため、周囲からの期待に応えられない自分を責めてしまうような人は注意が必要です。

仕事でイライラすると生じる3つのデメリット

仕事中ずっとイライラしていると、デメリットも多く発生します。ここでは、イライラが自分にどんな影響を与えるのかをまとめました。

1.仕事に対するモチベーションが下がる

イライラすると、仕事へのやる気や集中力などが下がってしまいます。イライラの原因に意識が逸れてしまうことで、徐々に仕事のやりがいも感じなくなる恐れがあるでしょう。

2.周囲の人たちに悪い印象を与えてしまう

イライラした態度を表に出してしまうと、たとえ仕事の評価が良く優秀な人であっても周囲にはマイナスのイメージを与えてしまいます。また、「感情コントロールができない人」と判断されてしまうと、仕事にも影響を与えかねないでしょう。
さらに、チームリーダーや管理職などに就いている場合、その態度がパワハラにつながる可能性もあるので注意が必要です。

3.心身ともに体調を崩す

仕事のイライラが蓄積されたままでいると、頭痛が起きやすくなったり胃腸の調子が悪くなったりと、体調を崩してしまうことがあります。また、精神的に疲弊してしまったことで心の病気に罹っている恐れも。身体の症状が治まらない日が続いたら、一度心療内科へ行ってみるのもおすすめです。
精神的ストレスからくる症状は、吐き気や息苦しさ、皮膚のかゆみなど人によってさまざまです。「仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介」の記事でも詳しく説明しているので、ぜひあわせて参考にしてみてください。

仕事でイライラしているときに注意したいこと

仕事でイライラしているときは、周りが見えなくなり職場の人たちに迷惑をかけてしまう可能性があります。しかし、そんなときこそ冷静に、そして自分をゆっくり休ませてあげることがポイントです。ここでは、イライラしているときに注意すべきことをご紹介します。

十分な睡眠をとる

毎日しっかりとした睡眠をとりましょう。イライラしすぎると眠りが浅くなるだけでなく、睡眠不足によって集中力が低下し、仕事でミスをしてしまうことも少なくありません。
十分な睡眠は、疲れがとれて気分もすっきりします。しっかり睡眠をとるには、ゆっくりと入浴する、就寝前にテレビやスマホを見ないようにするなど、寝るための準備を整えましょう。

八つ当たりをしない

仕事中、人との接し方に気をつけましょう。イライラしていると、無意識に横柄な態度をとってしまったり、尖った言葉をぶつけてしまったりして、相手を傷つける恐れも。また、余計な一言を言ってしまうことで自己嫌悪に陥り、自分に対するイライラが増すこともあるでしょう。
その場の感情に流されないよう、自分を客観的に見られるようになるのが重要です。

仕事中のイライラを解決する方法6選

仕事中は、できるだけイライラしない方が業務が円滑に進むもの。ここでは、仕事中のちょっとしたタイミングにできるイライラ対策や、休日や帰宅後などのまとまった時間にできる解消法をご紹介します。

1.価値観の違いを受け入れる

相手の考え方や価値観を受け入れましょう。イライラすると、相手が変化することを望んでしまったり、自分が正しいと思ってしまったりすることも多いでしょう。しかし、一人ひとりの能力はそれぞれ異なるもの。自分の価値観だけを押し付けず、相手に関心をもち、尊重するのが大切です。

2.こまめな休憩で気分転換をする

イライラする感情に押しつぶされないためには、一旦仕事から離れてリラックスできる時間を作ることが大切。お茶やコーヒーを飲んでひと息つくと気持ちが落ち着きます。また、席を立って軽くストレッチをするのもおすすめです。少し身体を動かすだけでも、良い気分転換になるでしょう。

3.身の回りを片付ける

自分のデスク周辺を整理整頓しましょう。雑然とした空間は集中力が低下し、イライラの原因にもつながります。よく使うものを見やすく片付けるほか、好きな小物や写真を置いたり、パソコンの壁紙を変えてみたりと、就業規則の範囲内でできる工夫をしてみましょう。

4.タスクやスケジュールの管理をする

余裕をもって仕事ができるよう、スケジュールやタスクの調整を行いましょう。時間のゆとりは、心のゆとりにもつながります。今取り組むべき仕事を決めたり、早めに出社したりなど、自分ができることから始めてみましょう。効率的に仕事が進めば、イライラする感情も生じにくくなるはずです。

5.イライラした感情を文字に起こす

「なぜ仕事でイライラするのか」をメモや手帳などに書き出してみましょう。文字にすることで、自分を客観的に見られます。自分の中にあるイライラの原因を知ると、今後イライラする感情との付き合い方が理解できるはずです。

6.仕事から解放される日を作る

休日を利用してリフレッシュするのも、イライラやストレスを解消するポイントです。旅行やスポーツをしたり、映画を見たり、マッサージを受けてリラックスしたりなど、自分が楽しめる時間をゆっくり過ごしましょう。仕事とプライベートのメリハリをつけることは、心身ともに良い休息になります。
どの方法を試しても、うまくストレスが発散できずに悩む方もいるでしょう。就職アドバイザーにヒアリングした記事「ストレス発散できない人の特徴とは?自分に合った気分転換方法を探そう」でも、詳しいストレス解消法をご紹介しているので、そちらもぜひご一読ください。

仕事のイライラで限界がくる前に転職をするのも手

休日にゆっくりと過ごし、好きなことをしてもイライラが収まらないときは、仕事内容や職場環境が自分に合っていない可能性があります。理不尽な上司の言動や仕事内容のミスマッチなど、イライラの原因が自分にない場合、個人の力ではどうしても解決できない可能性も。そんな時は、転職して新しい環境で仕事をすることも一つの手段といえます。

新しい環境を求めて転職を考える方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブは、専任の就活アドバイザーに相談しながらスムーズに転職活動を進めることが可能。専任アドバイザーが、求人の詳しい業務内容や会社の雰囲気などをしっかりと把握しているため、「入社できたけど職場になじめない」「思っていた仕事と違った」というような入社後のトラブルが起こりにくいのが特長です。
心機一転して働きたい、1人での転職活動が不安だという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ