仕事が辛い…辞めたいと考えるのは甘え?意欲的に取り組めない原因と対策

仕事が辛い…辞めたいと考えるのは甘え?意欲的に取り組めない原因と対策の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が辛い理由やレベルは、人により異なる
  • 仕事が辛い原因は人間関係や業務量の多さなどさまざま
  • 辛い仕事に耐え続けていると、ストレスが原因で身体を壊すことも
  • 仕事が辛いときは、思い切って連休を取り業務から離れることも大切
  • 転職を視野に入れることも、辛い状況を変える1つの方法

「仕事が辛い」と感じ、転職するべきか悩みながら勤務を続けている人も多いようです。このコラムでは辛いと感じる原因や対処法を解説しています。また、転職を考えるタイミングや転職先を見つける際のポイントについても紹介。「仕事が辛い」「辞めたい」と勤務し続けると、心身ともに健康を害してしまいかねません。深刻な状況になる前に、どのように改善できるのか考えていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辛いと感じるのは甘え?

「仕事を辛いと感じているのは甘え」だと自分を責める人もいます。しかし、「仕事が辛い=甘え」とは一概には言い切れません。理由や程度は人により異なるものの、「仕事が辛い」「職場に行きたくない」といったネガティブな感情を抱いた経験は、誰でも一度はあるはず。
ストレスにより、心身の健康が損なわれる前に対策することが重要です。何に対してストレスを感じるのか、何が原因で会社に行きたくないのかを冷静に見極めて、有給休暇を取ることや転職を考えるなどの対策をしましょう。

仕事が辛いと思う原因

「仕事が辛い」と感じる理由は、人によってさまざま。その中でも、特に多い理由の5つをご紹介します。

人間関係

仕事が辛いと感じる原因に、職場での人間関係を挙げる人が多いようです。同僚や上司、取引先などに苦手な人がいても、仕事において距離を置くことが難しく、業務上コミュニケーションをとらないといけないケースが多くあります。そのため、精神的ストレスに感じるようです。

業務量の多さ

業務の量や内容に悩む人も多いようです。業務が忙しく休憩を取れない、残業時間が多い、休日出勤をするなどが例として挙げられます。十分な休息が取れず、肉体的な疲労が蓄積されると併せて精神的疲労も溜まってしまうでしょう。

待遇や環境に対する不満

業務や職場の環境に対する不満は、正当な評価をしてもらえないことや給料が仕事内容に見合っていないなどが挙げられます。また、職場の衛生面やスペックが低いパソコンでの作業なども当てはまり、作業効率に直結する悩みです。働く環境が整っていない場合、メンタル面の不調を起こしかねません。

やりがいや適性

仕事が「自分に合っていない」「やりがいを感じない」といった場合、モチベーションを保てず辛いと感じるでしょう。自分に向いていない仕事の場合、成果や業績を上げられず、やる気が出ない原因にもなります。

仕事が辛くやる気が出ない状態を続けていると、心身の健康を崩すこともあります。そうなる前に、原因を探し対処しましょう。「会社が辛い…出社が嫌になる理由と対策とは」のコラムでも、仕事が嫌になる原因と対策を解説しています。

仕事が辛い…きつい状態でもやってはいけないこと

仕事が辛いと感じていても、社会人としてやってはいけないことがあります。この項では、ビジネスシーンにおいてマナー違反になる行動を紹介します。

無断欠勤

仕事が辛いとき、つい休んでしまうという考えが浮かぶ人も多いようです。その際、上司や勤務先に連絡もせず、いわゆる「無断欠勤」をするのは避けましょう。連絡せずに欠勤することで、同僚や顧客など多くの人に迷惑をかけ、社内の信用を損なうことも。
ストレスを感じたとき、休暇を取ることは重要です。しかし、その場合は職場に連絡をして何らかの理由を述べる必要があります。

勢いや感情に任せた退職

「仕事が辛い!」と突発的に湧いた感情に任せ、退職することは避けましょう。転職先が決まっていない状態で退職してしまうと、収入がない時期が生じます。転職活動が長引いた場合、金銭面で困窮してしまい、自分に合わない転職先でも焦って決めてしまうことも。その結果、転職先でも仕事が辛いと感じ、早期で退職するという悪循環になりかねません。転職スケジュールを立て、企業研究や自己分析をするなど、計画的な転職をおすすめします。

転職のタイミングを見極めるポイントとは?」では、退職するタイミングについて解説しているので参考にしてみてください。

「仕事が辛い」と感じたまま仕事を続けるリスク

あまりにストレスフルな状態で辛い仕事に耐え続けていると、心身に支障をきたす恐れも。 辛い事態を招く前に、「どうすれば現状を変えられるのか」を早い段階で考えることが大切です。長い期間、無理をしていても仕事のパフォーマンスが上がらず成果が出ない、余計に仕事が辛くなる
といった負の連鎖が生じます。一方、「休みたいときもある」「仕事で辛いけど頑張れる」というように、気持ちに余裕があるときや、会社に相談すれば解決できそうな悩みの場合は、すぐに仕事を辞めずにしばらく様子を見るという選択肢もあるでしょう。

仕事を辛いと感じたときの3つの対処法

仕事が辛いとき、勢いで「退職」「転職」という道を選ぶのではなく、まずは何らかの対策を取ることが必要です。この項では、3つの対処法を紹介するので、一度試してみましょう。

1.連休を取って休む

仕事が辛いと感じたまま、働き続けるのは良い結果を生まないことも。思い切って連休を取り、その間は仕事のことを忘れて過ごしてみましょう。心も体もリフレッシュできると、新鮮な気持ちで業務に戻れることもあります。これは、人間関係や業務など多くの悩みに有効です。

2.目標と成果を出す取り組みを振り返る

「ノルマがきつい」「成果を出せず仕事にやりがいを感じない」という場合、自分の仕事への取り組み方を振り返りましょう。成果を出すための過程をおさらいすることで、問題点が見つかり改善できる可能性もあります。また、一人で抱え込まず、成果が出ないことや悩みを上司や同僚に相談するのもおすすめ。誰もが壁にぶつかり乗り越えた経験を持っているでしょう。思わぬアドバイスがもらえ、辛い状況から抜け出すための打開策が見つかる可能性もあります。

3.異動や配置転換を希望する

今の仕事が辛いときは、「転職」をする前に社内での異動や配置転換をすることも有効です。社内ではあるものの、環境や業務が変化し新鮮な気持ちで仕事に取り組める場合もあります。また、異動先で自分に合う業務と出会えることもあるでしょう。

仕事を辞めたいと思った時の対処法とは?退職を検討すべき状況も解説!」のコラムでは、退職したいと感じたときの対処法と円満に退職する方法なども解説しています。

どんな仕事が辛い?自分に向いてる仕事の探し方

自分に合わない業務や職場は「仕事が辛い」と感じる原因となるので、自分の適性を知ることが重要です。
この項では、自分に向いている仕事を探す方法を紹介します。

自己分析で適性を把握する

自己分析をすると、適性が見つかることもあります。自己分析に必要な事項は、以下のとおりです。

・経歴の振り返り
・自分の長所と短所を言語化

今までの業務や経歴を振り返り、成果を上げた事例やそのための取り組みを書き出しましょう。「何に対してどう努力したか」を振り返ります。また、自分の長所と短所を書き出すことも重要。経歴を振り返ることで、自分の強みや苦手分野が見えてくることもあります。「コミュニケーション能力」「PCのスキルが上がった」「データ集計が苦手」といった自分の特性を可視化することでまとまります。自己分析を通じて、何に対して辛いと感じ、どのような仕事に適性があるかが把握できるでしょう。

何を「辛い」と感じるか理解する

前述のとおり、仕事に何を求めるかは人それぞれ。仕事をするうえで、自分が何に「辛い」と感じるかを把握しましょう。たとえば、定時で帰れず長時間労働をしている・成果を上げられない・評価をされていないと感じるなど、辛いと感じた出来事を思い出して書き出すことがおすすめです。転職先を探す際、自分が辛いと感じた条件を排除した業務内容や職場環境を探すと絞られるでしょう。

どうしても仕事が辛いなら転職も選択肢の一つ

前述したように原因と対策を理解して、それでも仕事が辛い場合は転職も視野に入れましょう。

「辛い仕事」からの転職で何が変わる?

転職により職場が変わることで、辛い状況が好転する可能性が考えられます。
主に、以下のことが好転する例です。

・勤務環境
・人間関係
・業務の適正

「辛い仕事」に耐えていた前職では全く活躍できなかったという人が、転職により職場を変えたことで、「同僚や上司から頼られるようになった」「働きやすくなった」というような話は少なくありません。特に、上司の傲慢な態度や労働環境などで悩んでいた方は、職場が変わることによってストレスとなる存在や環境が無くなり、自分の力を発揮しやすくなるでしょう。また、人間関係で悩んでいた方は、職場を変えることで気分を一新してスタートできます。仕事の適性について悩んでいた方は、自分に合った仕事に就くことで、「仕事が難しくついていけない」「この職種は自分に合っていない」といった、自分の能力と業務とのギャップを感じることが少なくなるでしょう。

「辛い仕事」をしたことも経験のひとつ

「辛い仕事」をしている時点で気づくことは難しいものの、辛い体験は人生において大切な経験のひとつ。 辛い経験をした人の中には、「この経験のおかげで大抵のことなら乗り越えられるようになった」と仕事に対する耐性が作られる人もいるようです。
辛い仕事の経験を「無駄な経験だった」とネガティブに考えず、次の仕事へのステップと前向きに捉えましょう。

仕事が辛い人のが抑えるべき転職先選びのポイント

仕事が辛く転職を決意する場合、以下のポイントに気を付けて企業選びをしましょう。

自分がやりたい仕事かどうか

自己分析をして、自分のやりたい仕事かどうかをよく考えましょう。自己分析を行う際は、客観的な視点で、自分の考え方や価値観を見直すことが大切です。

自分の資格や能力を活かせる仕事か

会社選びの際は、自分の適性やスキルに合っているかを考えることが大切です。入社後のミスマッチを防ぐために、能力を活かして働ける企業かチェックしましょう。

自分の価値観と企業理念が合っているか

自分のビジョンと企業理念が合っているか、企業研究の際に確認しましょう。 そのほか、Webサイトを公開している企業では、ある程度であれば社風も事前に確認できるのでチェックしておくと安心です。

働く目的と合致しているか

人によって、仕事に求める条件はさまざま。たとえば、「高収入」「スキルやキャリアアップを図りたい」「自分のペースで働きたい」といった、自分自身の希望に合っているかチェックしましょう。

勤務条件が希望と合っているか

「勤務先が近い」「残業が少ない」「休日が多い」「土日休み・平日休み」など、勤務条件も事前の確認が大切です。また、正社員や契約社員、派遣社員といった雇用形態に関しても、自分に合った働き方ができるのか、よく考えたうえで選択しましょう。

それぞれ能力の違いや個性があるため、人によって活躍できる環境や働き方は異なります。 転職先を選ぶ前にしっかりと「自己分析」をすることで、希望の仕事内容や、活かせる能力、理想の働き方について真剣に考え、自分に合った職種・環境の転職先を探しましょう。

仕事が辛くて転職を検討するなら

現状よりも良い勤務条件や職場環境などを目指して転職を考えるのであれば、一人で悩まず相談できる相手を見つけましょう。求人サイトやハローワークのほかに、転職エージェントなどでも自分に合った転職先を見つけられます。

転職を視野に入れ効率的に進めたい場合、転職エージェントを利用することがおすすめです。
第二新卒・既卒・フリーター向けの就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、経験豊富な転職アドバイザーが、転職のご相談や正社員求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、幅広くサポート。 事前にカウンセリングや企業とのマッチングを行うため、あなたの希望に合った求人を紹介できます。
「仕事が辛い」ことが原因で転職を希望するケースをはじめ、「転職活動は何から始めたら良いかわからない」といった悩みを持つ方を就職・転職に導いてきた実績があります。 身近に転職の相談できる人がいない、転職理由について不安がある方は、一人で悩まずにハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ