正社員になりたくない人必見!正社員のメリットとは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員になりたくない人必見!正社員のメリットとは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員になりたくない理由は、プライベートの時間が確保しにくい、就活が面倒、など

    ・正社員のメリットは、社会的信用が得られる、責任の大きな仕事を任せられる、収入が安定する、など

    ・フリーターを続けていると、将来的に仕事が見つからなくなる、就職したいと思ったときに手遅れ…となる可能性も

    ・今よりも収入を上げたい、やりがいをもって働きたいという人は正社員を目指そう!

正社員になりたくないと考えている人も、正社員になることで将来的にどのようなメリットがあるのか知っておいたほうが良いでしょう。ここでは、正社員になりたくない代表的な理由と、正社員になるメリットについてご説明します。

 

◆正社員になりたくない理由とは?

正社員になりたくない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず最初に、正社員は定時以降に残業をする可能性があるため、「プライベートの時間がなくなりそう」という意見があります。会社によっては正社員に仕事が集中し、帰宅が遅くなったり、休日出勤や出張で週末の予定が立てにくくなったりすることがあるかもしれません。

ブラック企業での長時間労働問題やサービス残業の現状を見聞きして、そもそも正社員で就業すること自体にネガティブな印象を抱いている人もいるでしょう。

また、単純に「フリーターのままのほうが気楽」という人もいるでしょう。
フリーターで毎月の家賃や生活費を賄える場合は、正社員になる必要性を感じられず、今の現状のままで良い、と考える人もいるようです。

さらに、「就活は面倒」という意見もあります。
履歴書や面接の準備をするのが大変そう、アルバイトが忙しくて就活をする時間がないなど、就活になかなか踏み切れない人もいるようです。

◆正社員のメリットはこんなにたくさん!

正社員になることのメリットは多くあります。
比較的単純作業が多いアルバイトとは異なり、正社員は会社にとって重要な役割や責任がある仕事を任されます。言われたことだけをただこなすのではなく、自分で考え企画・提案することが多いことも正社員の特徴です。 

【ほかにもある!正社員のメリット】

・責任感のある仕事を任せられる
・社会的信用が得られる
・福利厚生や手当などがある
・仕事を通じて社内外の人脈を広げられる
・社内研修や資格取得制度などを利用して、効率よくスキルアップできる
・将来転職する場合、正社員経験はアピール材料になる
・勤務態度や実績・成果が定期的に評価され、ボーナスや昇給に反映される
・企業によっては退職金が受け取れる
・非正規雇用の人と比べて給与水準が高い
・雇用期間の期限がなく、定年まで働ける可能性が高い
・仕事を通して自己成長できる


20代は、フリーターと正社員の年収の差は大きくありませんが、30代、40代になるにつれてその差は大きくなります。 

厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、50代前半の正社員の月収平均が40.3万円なのに対して、非正規雇用は20.2万円と倍近くの収入の差があることが分かります。

参照先:「平成27年賃金構造基本統計調査」厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2015/dl/06.pdf

また、「社会的な信用がある」ことも正社員のメリットのひとつ。
クレジットカードや住宅ローンの審査などは、正社員の方が通りやすい傾向にあります。結婚をするにしても、雇用が安定した正社員は相手や相手の親から信用が得やすいでしょう。


長い目でライフプランを考えるなら、フリーターを続けるより、早い段階で正社員を目指したほうが良いのではないでしょうか。

◆フリーターを続けるとこんなデメリットがあることも

年齢が高くなると賃金格差が生まれるだけではなく、そもそも仕事が見つかりづらくなるという傾向にあります。

アルバイトやパートの仕事は体力を必要とするものが多いため、高齢になると従事しにくい…、周りのアルバイトが若いフリーターや学生ばかりで働きづらい…などの理由があるようです。

 

また、正社員の未経験歓迎求人は若年層向けのものがほとんど。フリーターを続けて年齢を重ねてしまうと、応募できる正社員求人もなくなってしまい、いざフリーターを卒業したいと思ったときに身動きが取れなくなる可能性もあるのです。

 

もしも「今は正社員になりたくないけど、将来的にはいずれ正社員になりたい」と考えている場合には、早く行動しなければ将来の選択肢が狭まってしまうかもしれません。

◆こんな人が正社員に向いている!

正社員に向いているのは、「やりがいのある仕事をしたい」「今より収入を上げたい」「長期的に安定した生活を送りたい」という人などです。フリーターは、大幅な昇給、ボーナス、退職金制度がないばかりか、年齢が上がるにつれて求人は減少する傾向があります。 

また、フリーターの業務内容は比較的単純作業が多いので、誰でもできる仕事が多く、会社が時間をかけて教育したり経験を積ませることはほとんどありません。
そのため、「やりがいのある仕事に挑戦したい」という人は、一度就職活動をしてみてはいかがでしょうか。
さらに、「将来に不安がある」「今のままでいいのかという焦りを感じている」という人は、安定した働き方ができる正社員になるのがおすすめです。

◆自分に合った企業を見つけよう

正社員になりたくない、という人の中には「ブラック企業」で働くことへの恐れがあるのでしょうか?

確かにニュースでは長時間労働や過労死が話題になっていますが、世の中に存在するのは労働環境が厳しい企業だけではありません。

 

中小企業であっても福利厚生が充実しているところはありますし、事前に業界や企業についてよく調べれば、残業が少なめの職場に就職することは可能です。研修制度の充実した企業では、入社後短期間で必要なスキルを身につけられるでしょう。企業によっては若手は裁量ある仕事を任せてもれない、アルバイトと同じような業務が多いという職場もあるので、面接などを通して、業務内容についてはきちんと確認しておくことが大切です。

せっかく正社員として就職するなら、正社員のメリットが享受できる企業で働くのが良いでしょう。


自分1人ではそんな企業を探せない、という人は、就職支援のハタラクティブを頼ってみませんか?

 

ハタラクティブでは、若年層を対象に就職サポートサービスを提供。
専任の就活アドバイザーが、1人ひとりに合った求人紹介や応募書類作成のアドバイス、面接対策、スケジュール調整、企業との交渉代行など、就活に関するさまざまなフォローを行います。
未経験者歓迎の求人も多く扱っていますので、就職活動が初めてという人もお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ