正社員になりたくない理由は何?パートや派遣で働くリスクも紹介!

正社員になりたくない理由は何?パートや派遣で働くリスクも紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 正社員になりたくない理由には「責任を負いたくない」「転勤をしたくない」などがある
  • 正社員は収入が安定するうえ、働きながらスキルアップできるのがメリット
  • 正社員になりたくない場合は、非正規で働き続けるリスクも把握するのがおすすめ
  • 正社員になりたくないなら、専門スキルを磨いて独立するのも手

「正社員になりたくない」「非正規で働きたい」と感じる方もいるでしょう。正社員になりたくない理由は「責任が重い」「転勤がある」など、人によってさまざまです。しかし、非正規雇用の場合、「収入が不安定」「スキルアップが難しい」などといったリスクがあります。このコラムでは、正社員になるメリットや非正規で働くリスク、状況別の対処法をご紹介。「正社員になりたくない」と悩む方は、ぜひチェックしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

正社員になりたくない理由

正社員になりたくない理由の画像

ここでは、正社員になりたくないと思う理由を紹介します。正社員として働くうえでデメリットともいえる点なので、自分はどれに当てはまるか考えてみましょう。

責任を負いたくない

重い責任を負いたくないために「正社員になりたくない」と思うことがあるでしょう。正社員は長期で働くことを前提として雇用され、責任のある重要な仕事を任されます。努力や過程以上に成果を求められ、仕事の結果に責任を持たなくてはなりません。一方、アルバイトやパート、派遣社員は有期契約なので、正社員に比べて責任がそれほど重くない仕事が多い傾向です。仕事は、社員からの指示に従って進める場合が多いでしょう。責任の重さからプレッシャーを感じてストレスになることもあるため、精神的な余裕を保つために「正社員になりたくない」と考えるようです。

残業をしたくない

残業したくないという理由で「正社員になりたくない」と考える場合も。前述のとおり、正社員は責任が重い仕事を任されることが多く、非正規社員に比べて残業が発生する頻度も高いです。残業によって家事や育児に充てられる時間が減ったり、趣味や習い事に費やすプライベートの時間がなくなったりすることもあるでしょう。アルバイトやパート、派遣で働くと残業が少ないことから「正社員になりたくない」と思うようです。

転勤をしたくない

「転勤を命じられる可能性があるため、正社員になりたくない」という場合もあるようです。大きな会社になるほど支店や営業所が多く、転勤が発生する可能性は高くなります。家族がいる場合や引っ越したばかりの場合は、転勤したくないと思うこともあるでしょう。しかし、転勤の辞令は従うのが原則です。タイミングも転勤先も、自分の希望に合うとは限りません。そのような正社員の状況を見て、「正社員になりたくない」と感じることは多いようです。

スキルに自信がない

正社員経験がない場合や仕事にブランクがある場合は、自分のスキルに不安を感じて「正社員になりたくない」と考えることもあるようです。特に、20代後半や30代になると、リーダーや管理職を務める同世代の社会人が増えます。周りと比べて「何もできないと思われそう」「スキルがない状態で働くのが怖い」と感じる場合もあります。自分ができる仕事が分からない場合は、「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」のコラムもご一読ください。

給与が下がる

今より給与が下がる可能性があり、「正社員になりたくない」と考える人もいるようです。企業によっては、「みなし残業」として一定の時間分の残業代を給与に含んでいます。そのため、長時間残業をしても、一定の時間を超えなければ派遣やアルバイトで働いていたときより時給が下がることも。また、特殊なスキルを活かした高時給の派遣から正社員になると、会社の給与体系の基準によって給与が減る可能性があります。

未経験OK多数!求人を見てみる

正社員になりたくないときは就職のメリットも把握しよう

正社員になりたくないときは就職のメリットも把握しようの画像

正社員になりたくない理由を踏まえると、パートや派遣など非正規で働くほうが良いと感じることもあるでしょう。しかし、「正社員になりたくない」と考えるだけでなく、正社員のメリットも知ったうえで進路を検討するのがおすすめです。以下で、正社員として働くメリットを解説します。

メリット1.安定した収入を得られる

毎月一定の収入を得られることは、正社員のメリットの一つといえるでしょう。シフト制のアルバイトやパートで働く場合、働いた日数や時間によって給与が左右されるため、月によって収入が変動します。また、正社員は契約期間に定めがありません。会社の倒産や業績悪化による解雇などがない限り、基本的に定年まで働けます。長期的に安定した収入が見込めると、プライベート面も余裕が生まれるでしょう。

メリット2.スキルアップできる

正社員は重要な仕事を担うことが多いため、働きながらスキルを磨きやすいです。新しい案件に関わったり難しいプロジェクトを進めたりする機会が多く、その場で得た知見は社会人としての財産となります。経験を積んで仕事の幅を広げられるほか、評価されれば昇進や昇格も期待できるでしょう。スキルアップによる昇給や昇進を踏まえると、正社員として働くほうが高い給与を得られる可能性があります。

メリット3.社会的信用を得やすい

正社員は安定した収入が見込めると判断され、社会的信用を得やすいのがメリットです。クレジットカードや各種ローンの審査が通りやすくなります。住宅や車など高額な買い物をする際もローンが組みやすいため、将来の計画も立てやすいでしょう。非正規で働く場合に比べて「結婚したい」「マイホームを持ちたい」などといった目標を実現できる可能性が高まります。

メリット4.人脈が広がる

正社員として多くの人と関わることで自身の視野や将来の可能性が広がったり、今後につながる良い出会いに恵まれたりすることもあるでしょう。正社員は、同じ会社のメンバーだけでなく、他部署の社員や取引先、お客さまとも関わります。派遣やアルバイト、パートで働く場合は、決められた仕事の範囲内での関わりに限られることが多いため、正社員より人脈が広がりにくいでしょう。

メリット5.転職に有利

正社員は非正規社員よりも経験・スキルが身につきやすく、転職に有利といえるでしょう。現在「正社員になりたくない」と思っている場合も、介護や結婚をきっかけに「正規で働きたい」という考えに変わる可能性はあります。その際、転職活動で武器になるのは経験やスキルです。若いうちは未経験者もポテンシャル採用してもらえる可能性がありますが、年齢が上がるにつれて経験豊富な転職者がライバルになるため、就職のハードルが上がります。基本的にアルバイトやパートの経験は職歴に含まれないので、正社員経験があるほうが将来の選択肢は広がるでしょう。

正社員就職をして得るメリット・デメリットについてより詳しく知りたい方は、「正社員のメリット・デメリットとは?派遣や契約社員についても解説!」のコラムもチェックしてみてください。

正社員になりたくない人がパートや派遣を続けるリスク

「正社員になりたくない」という理由で派遣やパート、アルバイトという働き方を選ぶ場合は、リスクも理解しておくことが大切です。非正規で働き続けると、いずれ収入や体力面で苦しい思いをする可能性も考えられます。

いつ仕事を失うか分からない

非正規で働き続けると、失業して無収入になるリスクを伴います。派遣社員やアルバイトは雇用期間に限りがあるため、同じ職場で長く働きたいと思っても、雇用側が認めなければ契約の更新はできません。また、会社が業績不振で社員を解雇する場合は、正社員よりも先に派遣社員やパート、アルバイトで働く方が対象となる可能性が高いでしょう。すぐに働き先が見つかるとは限らないので、無収入になってしまうこともあります。

仕事内容や職場の環境が合わなくなる

体力を必要とする非正規の仕事を選んだ場合、年齢が上がると「仕事をするのがきつい」と感じる可能性があります。正社員であれば、自分に合った仕事内容や職場環境を求めて異動や配置転換を希望することも可能ですが、フリーターとして働く場合は職場を変えない限り大きな変化は望めないしょう。

年齢別に紹介!正社員になりたくないときはどうする?

年齢別に紹介!正社員になりたくないときはどうする?の画像

正社員になりたくないときの対処法は、年齢や状況によって変わります。最終的にどのような道を選ぶかは自由ですが、より良い選択をするためには、自分の立場を客観的に見ることが大切です。ここでは、正社員になりたくないときの対処方法について状況別に解説しますので、自分の立場と照らし合わせて考えてみてください。

20代で正社員になりたくない場合

20代で正社員になりたくない場合、目指したい専門分野があればスキルを磨いて独立するのも一つの手です。20代のうちに多くの経験をして人脈を広げれば、今後の仕事の土台を形成できるでしょう。正社員のように毎月安定した収入は望めなくても、自分の腕次第で高収入を得られる可能性があります。

やりたい仕事がないときは自己分析をしてみよう

やりたいことがなく「正社員になりたくない」と思う場合は、自己分析を行って自分のやりたいことを絞ると良いでしょう。自分の適性が明らかになったら、若いうちに正社員を目指すことをおすすめします。20代は、30代以上の方に比べて未経験からも仕事を選びやすい年齢。選択肢が多いうちに正社員を経験し、合わないと感じてから違う働き方を考えるのも手です。自己分析のやり方は、「自分に向いてる仕事に就くには?性格タイプから適職を診断する方法!」のコラムを参考にしてみてください。

30代で正社員になりたくない場合

30代で正社員になりたくない場合は、派遣やパートで働いてみるのも一つの手。過去に正規で働いた経験があり「正社員になりたくない」と考える場合は、正規と非正規の違いを理解すればどちらが自分に向いているかが分かり、今後の方向性を決めやすくなります。ただし、一度正社員を辞めると今後の就職が難しくなることも。過去に正規で働いたことがなく特別なスキルがない場合は、できるだけ早い段階で正社員を経験したほうが良いでしょう。人手不足の職種を狙えば30代から正社員になりやすいうえ、働きながら資格を取れる会社もあります。選択肢があるうちに職歴を作るためにも、一度は正社員になるのがおすすめです。また実際に働くことで、正社員に対するマイナスなイメージを払拭できる可能性もあるでしょう。就職が難しくなる前に、選択肢を広げておくのが得策です。

40代で正社員になりたくない場合

40代で「正社員になりたくない」と考える方も、安定して収入が見込めるスキルや財源がなければ、正規で働くほうが良いでしょう。40代は、正社員と非正規社員の差が大きくなり始める年齢です。
厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査(6)雇用形態別にみた賃金 第6‐1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び雇用形態間賃金格差」によると、20歳~24歳の場合は月収差が2万4,800円なのに対し、40歳~44歳では12万9,900円となっています。
親の介護や子どもの教育費にお金が必要になり、40代から正社員を志望することもあるため、長期的に安定して働ける仕事に就くほうが安心でしょう。40代の場合、現在の職場で正社員登用制度に応募したり、バイトなどの経験を活かせる仕事を探したりするなど、正社員を目指しやすい条件で就職を目指すのがおすすめです。
40代で正社員を目指す方は、「40代ニートの就活ポイント」も参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

主婦(夫)で正社員になりたくない場合

主婦(夫)の場合は、主婦(夫)業と両立できる働き方を探すのがおすすめです。未就学児がいてフルタイムで働くのが難しくても、正社員で時短勤務制度がある会社はあります。また、パートナーの休みが不規則な場合は、臨機応変に勤務しやすいシフト制の仕事が良いでしょう。現在は生活費の心配がなくても、会社が業績不振に陥ったり、病気にかかったりすると収入が減るリスクがあり、非正規よりも正規で働くほうが安心といえます。現在すぐに働ける状況でない場合も、いざというときに仕事を始められるように、専門的な資格やスキルを持っておくと良いでしょう。アルバイトやパートで働きながら、スキルを身につけるのもおすすめです。

「正社員になりたくない」ときは第三者に頼ってみよう

「正社員になりたくない」という気持ちがあるなら、ハローワークやエージェントに登録してみるのも良いでしょう。第三者の客観的視点を交えることで、「正社員になりたくない」と思う原因を明確化したり、自分の適性に合った仕事探しができたりします。正社員を目指す場合は、早めに就職活動を始めるのがポイントです。プロのエージェントに相談すれば、「正社員になりたくない」と思う原因に対処しながら、効率的に就職を目指せるでしょう。

自分で仕事を探せるか不安な場合は、就職エージェントのハタラクティブに相談するのがおすすめです。就職支援を行うハタラクティブでは、若年層を対象に就職・転職のサポートサービスを実施。専任の就活アドバイザーが、求人紹介や応募書類作成のアドバイス、面接対策、スケジュール調整、会社との交渉代行などを行います。未経験者歓迎の求人も多く扱っていますので、就職活動が初めての方もお気軽にご相談ください。

正社員になりたくないときの働き方に関するQ&A

ここでは、正社員になりたくないときに関する疑問をQ&A方式で解決します。非正規雇用の福利厚生やフリーターからの就職についてもお答えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

正社員のデメリットはありますか?

正社員は、責任の大きな仕事を任される機会が多くなります。成果を求められるため、大きなプレッシャーと向き合わなくてはいけないことをデメリットに感じることもあるでしょう。詳しくは「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」にも掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。

正社員以外は福利厚生を利用できないのですか?

法律で定めている「法定福利厚生」は、条件を満たした場合のみアルバイトやパートにも適用されます。しかし、会社ごとに定めている「法定外福利厚生」は、アルバイトやパートには適用されないことが多いようです。詳しくは「福利厚生とはどんな制度?わかりやすく解説します!」をご一読ください。

正社員になると必ずボーナスが支給されますか?

定期的に支払われる賃金とは違い、企業にボーナスの支給義務はありません。そのため、ボーナスを支給しない会社もあります。「ボーナスは何ヶ月分?支給されないことがあるのはなぜ?」ではボーナスの支給額について掲載しているので、ぜひご覧ください。

正社員と契約社員の違いは何ですか?

正社員と契約社員の違いは「雇用期間に定めがあるかどうか」です。正社員は雇用期間に定めがありませんが、契約社員は雇用期間が定められています。詳しくは、「契約社員と正社員の違いは?メリットを比較して適した働き方を知ろう」のコラムも参考にしてください。

フリーターも正社員になれますか?

フリーターは、「バイト先で正社員に登用される」または「正社員の採用面接を受ける」といった方法で正社員を目指せます。就活をしたことがなくフリーター経験しかない場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントのハタラクティブでは、フリーターから応募しやすい未経験歓迎の求人を数多く取り扱っています。まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ