正社員のメリットって何?同一労働同一賃金についても詳しくご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員のメリットって何?同一労働同一賃金についても詳しくご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員の主なメリットは、「雇用の安定」「社会的信用」「スキルアップ」など
    ・非正規雇用はプライベートを優先しやすい反面、収入が少なく不安定である
    ・同一労働同一賃金の制度によって、非正規雇用の待遇が改善される可能性がある
    ・今後は働き方の選択肢が広がる可能性がある
    ・正社員のメリットとデメリットを理解したうえで、自分に合う仕事を見つけよう

正社員のメリットって何?同一労働同一賃金についても詳しくご紹介の画像

正社員として就職した場合、どのようなメリットがあるのか気になっていませんか?主に雇用の安定、社会的信用、福利厚生などが正社員のメリットとして挙げられています。ただし、正社員にもデメリットがあるうえ、今後は同一労働同一賃金の導入によって非正規雇用との差が縮まっていく可能性もあるようです。このコラムでは、正社員のメリット・デメリットや、同一労働同一賃金の影響について解説しています。

正社員の4つのメリット

正社員として働く主なメリットは、以下の4つです。

 

1.雇用が安定している

非正規に比べると雇用が安定しているのは、正社員になる大きなメリットといえるでしょう。
基本的に社員の立場は労働基準法で守られているため、会社に損失を与えるような大きなトラブルを起こさない限りは解雇されるリスクは低いです。
ただし、近年は終身雇用の維持が難しいという見方が強まっています。また、会社の経営状況によってはリストラの可能性もあるため、絶対ではないという点も念頭に置きましょう。

 

2.社会的信用がある

社会的な信用を得やすいのも、正社員のメリットの1つです。
クレジットカードやローンの審査が通りやすいため、車や家などの大きな買い物がしやすくなるでしょう。
また、結婚を考えている場合、双方の両親から反対されにくい可能性があります。

 

3.福利厚生や待遇が充実している

企業にもよりますが、正社員は福利厚生や待遇が充実している傾向があります。
娯楽施設の優待利用や成果に合わせたインセンティブ、各種手当などが付随するため、高いモチベーションで仕事に臨めるでしょう。
また、賞与がある企業が多いのもメリットです。

 

4.スキルアップできる

正社員は非正規よりも幅広い業務に挑戦でき、研修やセミナーも受けられるため、スキルアップのチャンスに恵まれています。
責任のある仕事を任されることが多いため、業務を通じた成長が期待できるでしょう。

正社員の3つのデメリット

正社員にはメリットだけでなく、下記のようなデメリットもあります。

 

1.異動・転勤がある

正社員は会社から異動・転勤の通達があった場合、やむを得ない事情がない限りは応じなければいけません。
また、転勤・異動は人間関係や仕事内容、住環境などが大きく変わってしまうため、環境の変化に弱い方や、家族と同居している方にとってはストレスになる可能性があります。

 

2.責任が重く、プレッシャーがかかる

正社員は非正規よりも責任が重い立場です。
長く働いていると、後輩の育成や大きなプロジェクトなどに携わる機会も増えていきます。やりがいを見出しやすい反面、万が一のことがあった場合は責任を負わなければいけないため、人によってはプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

 

3.プライベートを優先しづらい

プライベートを優先しにくいのも、正社員のデメリットの1つです。
業務の状況や取引先の都合によっては、残業や休日出勤に対応しなければいけない場合もあります。また、繁忙期の場合は望みどおりの日にちに有給を取ることも難しくなるでしょう。

正社員以外の雇用形態について解説

正社員以外には、アルバイト・パートタイム、派遣社員、契約社員の3つの雇用形態があり、いずれも非正規として分類されます。
下記でそれぞれの雇用形態やメリット・デメリットについて解説するので、参考にしてください。

 

アルバイト・パートタイム

アルバイト・パートタイムは、主に1週間の勤務日数・時間が短い労働者を指します。給与は基本的に月給制。
3つの雇用形態の中でも特に自由度が高いため、子育て世代の方や学生、夢の実現を目指している方など、さまざまなライフスタイルに対応しやすい働き方です。

 

派遣社員

派遣社員は、人材派遣会社に登録し、さまざまな企業で働く労働者です。
人材派遣会社が雇用主となり、給与の支給や求人の紹介、派遣先企業のヒアリングなどを行います。基本的に企業とのやり取りは人材派遣会社を通して行われるため、疑問や不安があった場合も相談しやすいでしょう。
また、1日~1ヶ月ほどの短期、3ヶ月以上の長期など、雇用期間に幅があるため、自分の都合に合わせて働けます。

 

契約社員

契約社員は、雇用期間を定めて企業に直接雇用されている社員です。雇用期間が満了した場合は契約が更新されるか、そのまま雇用契約が終了するかのどちらかになります。基本的に雇用期間は3年~5年までですが、契約更新が通算5年以上の場合は無期雇用への転換も可能になりました。
任される仕事内容や給与額、ボーナスの有無など、条件は企業によって異なります。また、正社員への登用を前提として募集をかける場合もあるようです。

 

メリットとデメリット

3つの雇用形態に共通するメリット・デメリットを解説します。

メリット

非正規雇用は基本的に勤務日数や労働時間、雇用期間の融通がききやすいため、ワークライフバランスを取りやすいのが大きなメリットといえるでしょう。
背負う責任がさほど大きくないため、休日出勤や残業が難しい場合は拒否できます。
採用コストも低いので、求人が多いのもポイントです。
また、所定の勤務日数や労働時間によっては社会保険にも加入できます。

 

デメリット
非正規は雇用が安定していないので、会社の経営状況が悪化した場合はいの一番に雇用契約を切られてしまう恐れがあります。
ボーナスや昇給、昇進のチャンスには恵まれていないことが多いため、正社員と比べると収入が少ないのもデメリットです。
また、時給制の場合、支給される給与は働いた時間分のみ。遅刻・欠勤になると、やむを得ない理由によるものでもその分の給与が差し引かれてしまいます。

正社員になるメリットがなくなるってホント?

一部では2020年4月1日から施行された同一労働同一賃金によって、正社員として就職するメリットがなくなるといわれているようです。
しかし、大切なのは入社した企業や働き方が自分に合っているかどうかなので、前項で挙げたメリットやデメリットも踏まえた上で判断しましょう。
下記で同一労働同一賃金について説明します。

 

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金は、同じ企業や団体で働く正社員と非正規労働者の不合理な待遇差を埋めるために施行されました。
非正規労働者が正社員と同様の働きをしている場合は、差が生じないよう待遇や賃金を引き上げなければいけません。
一部には正社員の待遇の引き下げを懸念する意見もありますが、あくまで非正規労働者の待遇改善を主目的とした制度です。基本的に労働者との合意もなく、待遇を不合理に引き下げることは良しとされていないので、その点も念頭に置きましょう。

 

同一賃金で働き方はどう変わる?

企業側が同一労働同一賃金の制度を正しく理解していれば、今後も正社員の働き方や待遇が大きく変わることはないでしょう。
正社員と同様の成果を出している、同様の能力を持っている非正規労働者は、これまで対象外とされていた賞与の支給や昇給、キャリアアップなどのチャンスが舞い込んでくる可能性があります。
また、企業によっては福利厚生やスキルアップのための研修なども受けられるようになるでしょう。

 

自分に合った働き方を選ぼう

同一労働同一賃金の導入によって、どの雇用形態でも納得して働けるようになる可能性があるので、自分に合った働き方を選びましょう。

 

ライフスタイルに合った働き方なら非正規

同一賃金同一労働の導入後も、勤務日数や勤務時間を自由に調整できるいう非正規雇用のメリットは変わりません。ライフスタイルに合った働き方や、夢のための資金調達を考えているなら、非正規で働くのも選択肢として有効でしょう。

 

仕事の幅を広げたいなら正社員

先述したように、同一労働同一賃金によって正社員が不利になる可能性は極めて低いです。また、制度の導入後もすぐに非正規の待遇が改善されるとは限りません。そのため、「確実なキャリアアップを目指したい」「仕事の幅を広げたい」という方は正社員になるのがベターでしょう。

 

自分に合った働き方を効率的に見つける方法

自分に合った働き方を効率的に見つける方法は、下記のとおりです。

 

自分の希望を明確にする

「ワークライフバランスを重視したい」「キャリアアップしたい」「好きなことを仕事にしたい」など、仕事に望む条件は人それぞれ。入社後のミスマッチを防ぐためにも、自分の希望を明確にしておきます。
もし就職してからどうしたいのか見えていないなら、自己分析を行って根底にある希望や改善したいと思っているポイントなどを洗い出しておくと良いでしょう。

 

ハローワークを利用する

ハローワークは、設置されているパソコンで気になる求人を検索し、窓口の職員に選考の申込みをしてもらえます。
未経験可能な求人や既卒トライアルを実施している企業の求人など、社会人経験がない方も応募しやすい求人が多めです。
また、職業訓練のあっせんも行っているため、取りたい資格や身につけたいスキルがある場合は受講を検討するのも良いでしょう。

 

民間のエージェントを利用する
民間のエージェントは、専属のアドバイザーが就職・転職のためのフォローをマンツーマンで行ってくれます。カウンセリングもあるため、自分が何をしたいかわからない段階でも安心して仕事を探せるでしょう。

ハタラクティブは、プロのアドバイザーによる丁寧なカウンセリングや応募書類の添削、面接対策など、就職のためのサービスが充実しています。
また、未経験者も応募可能な求人を2300件保有しているため、さまざまな仕事にチャレンジしやすいのもポイント。
紹介する求人は実際に取材した企業のもののみなので、ミスマッチの不安も軽減されます。
自分に合っている仕事を見つけたいなら、ぜひハタラクティブにご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ