なぜ正社員で仕事がしたい?正社員のメリット3選

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. なぜ正社員で仕事がしたい?正社員のメリット3選

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員とフリーターの給与の差は、勤務年数や職能給により年々広がっていく

    ・正社員のほうが有給休暇を利用しやすく、長期休暇や急な休みの時に安心できる

    ・雇用期間の有無、社会保険や福利厚生面の充実度などからも将来的な安心感は正社員の方が高いと言える

    ・正社員は長期雇用が見込まれているため教育制度が充実しているが、フリーターに対しての研修は少なめな企業が多い

    ・正社員は企業によって身元が明確になっているため、社会的な信用が高くローンやクレジットカードの申請が通りやすい

正社員として就職した場合と、フリーターで仕事をした場合では、どのような差があるのでしょうか。それぞれを比較することで、正社員で働くメリットが分かります。給与をはじめとする各種待遇面やスキルアップ面、社会的な信用度を見ていきましょう。

◆給料、雇用条件、福利厚生の差は歴然!

まずは、生活に関わる給料や雇用条件、福利厚生といった待遇面の差がどうなっているのかチェックしておきましょう。

 

◇給与の差は年々広がっていく

 正社員とフリーターの給与は、就職してすぐの月給額であれば大きな差がない場合が多いようです。

むしろ、働き方によってはフリーターの方が給与が高いケースも。

しかし就職当初は月給額の差がなくても、ボーナスをもらえる会社であれば正社員の方が1年間の総支給額は高くなる場合があります。また、正社員であれば勤務年数の経過と共に昇給するケースや、仕事のスキルが上がることで職能給が追加されるなど、年々基本給が増えるのが一般的。

対して、フリーターは時給制であることが多い上、時給は入社時と変わらないのが基本です。

昇給のある職種でも、上がる金額はごくわずかではないでしょうか。

このように、年月が経つに連れて両者の給料の差は広がっていきます。


◇1ヶ月間で休んだ日が多いと給与に差が出ることも

フリーターの方が仕事を休む時には、1日あたりの給与がそのまま手取り額に響くことがあります。

有給休暇はアルバイトやパートの方に対しても労働条件によって付与されなければなりませんが、それを実際に利用できる企業は少ないのが現状です。

有休を使える企業でも、風邪や家族の看病などで急に休まざるをえない時には利用できないと定めていることもあります。

 

一方、正社員は有給休暇の利用がしやすく、急な休みの時でも事後申請で許可されやすいと言えるでしょう。

1ヶ月のうちに数日休んだ場合でも、手取り額に大きく影響することは少なめです。

 

連休を取りたい時や急な休みを取りたい時には、正社員の方が安心して休めると言えるのではないでしょうか。

 

◇雇用期間の有無

正社員であれば、基本的に就職した後の雇用期間に期限はありません。

解雇されるか、退職しない限りは定年まで働き続けることができるので、将来的にも比較的安定した生活が見込めます。

一方、フリーターの場合、一時的な雇用という扱いが基本です。

いつでも会社都合で雇用が打ち切られる可能性があり、不安定さは否めません。

 

◇社会保険や福利厚生でも差が出る

正社員になると、厚生年金、健康保険、雇用保険、介護保険、労災保険などの各種社会保険に加入します。

病気になった時や老後に補償が受けられたり、傷病や出産時に手当金が支給されたりするなど、生活が安定するでしょう。福利厚生についても、正社員のみが利用できる制度、または正社員であれば有期雇用労働者よりも利用できる制度を多く設けている、という企業が多い傾向です。

 

しかし、フリーターだと、労災保険以外は一定の条件を満たした場合のみにしか加入義務が発生しません。社会保険に加入できない状態では、将来の補償面で不安が残ると言えるでしょう。さらに、フリーターに対して福利厚生を設けている企業は少なめ。

福利厚生には、社員のプライベートの充実により仕事へのモチベーションをアップさせるためのさまざまな制度があるので、働く企業によっては正社員との待遇面で大きな差が出ると言えるのではないでしょうか。

◆働きながらスキルアップできるのも大きな違い!

正社員は、入社してから何十年という長い期間、会社で活躍してもらうことを想定して雇うのが一般的です。会社側は早く社員に成長してもらいたいと考えて、積極的に教育に対して投資することも多いでしょう。

そのため、いろいろな研修を受けられたり、業務に関連する資格取得のバックアップも受けられたりするので、仕事をしながらスキルアップすることが可能です。

 

また企業によっては資格取得した際に、合格祝い金が支給されたり、資格手当が毎月支給されたりする場合もあります。

フリーターはあくまで一時的な雇用。

長い期間働いてもらうという考えがなく、仕事のスキルアップを支援することは少ないといえるでしょう。

仕事のスキルは収入に直結する面が少なくありません。

スキルアップするために、正社員を希望する方も多いのではないでしょうか。

◆社会的信用が高いこともメリットの1つ!

人が生活するには、住むための家が必要です。

また移動手段として自動車があったほうが便利でしょう。

そのため大半の人は、社会に出て働くようになってから家や自動車を購入したり借りたりします。代金決済がスムーズにでき、各種補償や特典が受けられるクレジットカードを作る人も。 

これらのような、生活をより豊かにするサービスは、雇用形態によっては受けられないことがあります。住宅や自動車のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするには、金融機関やカード会社の審査を通過しなければなりません。

正社員であれば、ある程度身元が明確で保証されていること、安定した仕事や収入があることから社会的信用が高くなり、審査に通過できるケースが多くなります。

 

フリーターは、収入の低さや不安定な雇用から社会的信用が低くなってしまうようです。ローンやクレジットカードの審査で落とされることも出てきてしまうこともあります。 自分のスキルアップのために、また社会的信用を得るために正社員として就職を考えている求職者を、ハタラクティブでは支援しています。


これまでのフリーターとしての経験を活かせる職種やその人の能力にあった就職先を就活アドバイザーがピックアップ。

未経験からの就職・転職を成功している実績はご利用者の4割以上を占めています。

履歴書はどう書けばいい?面接で緊張してしまう…という悩みや不安も、マンツーマンのカウンセリングで解消していきましょう。

ぜひお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ