契約社員から正社員になるための条件とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 契約社員から正社員になるための条件とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • 契約社員として働くのは、「就活がうまくいかなかった」というのが理由の1つ

    ・未経験職種にチャレンジしやすいが、雇用が不安定で正社員よりも社会的信用度が低い
    契約社員から正社員を目指す際は、職場に正社員登用制度があるか確認しよう
    ・契約社員から正社員になるには、職場で成果を出し、周囲から評価を得ることが大切

「契約社員から正社員になりたい」と考えている方はいませんか? 

ここでは、契約社員のメリット・デメリットのほか、正社員登用される条件などをご紹介します。

◆契約社員の雇用形態に対する意識

平成26年の厚生労働省の調査によると、契約社員の方がこの雇用形態を選んだ理由の31.8%が、「正社員として働ける会社がなかったから」となっています。「就職活動はしたけれどうまくいかなかった」という方は多いようです。

 

同じ調査で、「今後も現在働いている会社で働きたい」と考えている契約社員の方は88.4%。そのうち「他の就業形態に変わりたい」が55.5%で、「正社員に変わりたい」という回答が 53.8%です。

 

この調査から、現在の会社で正社員にステップアップしたいと考えている方が多いことがわかります。

 

参照元:厚生労働省「平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査」 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keitai/14/index.html

 

◆契約社員のメリット・デメリット

自分にとって適切な働き方を考えるために、正社員と比較した際の契約社員のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

【メリット】

・転勤の可能性が少ない

・残業が少ない傾向がある

・未経験職種にチャレンジしやすい

 

【デメリット】

・雇用が不安定

・社会的信用度が低い

・昇給やボーナスのチャンスが少ない

 

企業によって状況は異なりますが、契約社員には上記のようなメリット・デメリットがあります。

契約社員として働き将来に不安を感じているのであれば、正社員を目指した方が良いでしょう。

 

 

◆契約社員から正社員になるには

まずは、現職の会社に正社員登用制度があるかどうか確認しましょう。

 

制度がある場合、登用実績について人事部に詳しく確認することが大切。

制度があったとしても、評価基準が厳しい、試験が難しいといった理由から、「なかなか正社員になれない」という方もいるようです。

 

また、制度を利用して正社員に登用された際、給料や待遇、仕事内容などにどういった変化が起こるのかも確認しておくと良いでしょう。

 

「しっかり調べるべきだった」と後悔することがないよう、制度について事前に確認することが大切です。

 

 

◆契約社員から正社員に登用される条件

会社によって差がありますが、雇用期間や評価内容によって正社員登用するか否かを判断していることが多いようです。

 

そのため、どのような会社でも共通してポイントとなるのは、「仕事での実績を残し、企業にとってなくてはならない存在になること」ではないでしょうか。

 

優秀な人材を確保したい企業の中には、既に在籍している契約社員の中から正社員登用する方が採用の手間もコストも掛からない、と考えるところがあるようです。 

 

また、業務に必須となる専門的な資格を持つ正社員が退職し、その資格を持っていた契約社員の人に正社員への声がかかったというケースも。

業務上必要とされる資格取得に挑戦してみるのも、正社員登用への道を切り拓くきっかけになるかもしれません。

 

 

◆正社員登用試験とは

評価制度に加えて、正社員登用に試験を設けている企業も存在します。

企業によって試験内容は異なりますが、面接や筆記試験の総合判断で登用するか決めるのが一般的なようです。

 

専門職では、業務に関する専門的な知識を問うことも多く、試験に向けて業務と並行しながら自主的な勉強を進めるという人もいるでしょう。

 

そのため、正社員に対する目的意識の高さとモチベーションを維持しながら試験対策を進めることが必要です。

セルフマネジメントが苦にならない、どうしても今の会社で正社員を目指したいという人には、挑戦する価値があるかもしれません。 

 

また、上司の推薦があると選考を突破しやすいというケースもあるため、前の項目でもお伝えした通り、契約社員として求められる水準以上のクオリティーで業務をこなし、一定の成果と周囲からの評価を得ることも鍵になりそうです。

 

 

◆正社員になるために転職するのも1つの手

「正社員登用制度がない」「制度があっても実績がなく望みが薄い」という方は、正社員になるために転職を検討するのも1つの方法です。 

 

「契約社員としての勤務が長いので不安…」という人も、若ければポテンシャル採用のチャンスがあるため、未経験業種・職種の場合もチャレンジしやすくなります。

 

もし希望する職種が契約社員での経験を活かせるのであれば、積極的にアピールすることで、即戦力として活躍する姿をイメージしてもらえるでしょう。

 

転職活動をスムーズに進められるか心配な人は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

ハタラクティブでは、これまでの経験やスキルをしっかりヒアリングした上で求人をご紹介します。正社員として就職・転職したい、自分のスキルを活かせる職場がないか知りたいなど、転職をお考えの方はぜひ一度お問い合わせください。 

 

また、契約社員の方だけでなく、フリーターや高卒、既卒、第二新卒の方も大歓迎。

フリーターからの就職を考えている、既卒向けの求人があるか知りたいという方は、仕事探しのスタートを一緒に切りませんか?

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ