契約社員と正社員の違いとは?責任の範囲は?給与や働き方も比較!脱フリーターするなら確認したいこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 雇用形態比較
  6. >
  7. 契約社員と正社員の違いとは?責任の範囲は?給与や働き方も比較!

このページのまとめ

  • 契約社員と正社員の大きな違いは、雇用期間の定めの有無
  • ほかにも契約社員と正社員には賞与や昇給、退職金などにも違いがある
  • 会社によっては勤務時間や仕事内容、教育面でも違いがでることも
  • 働き方のメリットは「契約社員」「派遣社員」「正社員」それぞれにある
  • 自分の働き方に合った雇用形態を選択しよう

契約社員や正社員など各雇用形態の違いが分からず、どんな働き方を選べば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。なかには「正社員の前にまずは契約社員から」と内定をもらった方や、自分らしい働き方を模索するなかで契約社員を検討する人もいるでしょう。
このコラムでは、契約社員と正社員の違いやそれぞれのメリットデメリットを解説。働き方の特徴や収入面での違いを知り、自分に最善の働き方を見つけましょう。

契約社員と正社員の違いとは

契約社員と正社員の大きな違いは、雇用期間の定めの有無といえるでしょう。ほかにも、賞与や昇給、退職金など収入面でも違いがあります。以下で双方の特徴や、派遣社員との違いについても詳しく見ていきましょう。

契約社員とは

契約社員という言葉に明確な定義はありませんが、多くの場合、雇用期間が決まっている有期雇用契約を結んだ社員を指します。非常勤社員や嘱託社員、準社員などと呼ばれることもあるようですが、どれも同じ有期の雇用契約を結んだ社員のことを指す言葉です。有期雇用契約とは期限を決めて勤務条件をあらかじめ合意した上で働くこと。 就業期間は「1ヶ月契約」「3ヶ月契約」「6ヶ月契約」とそれぞれですが、その期間を過ぎても契約を継続する場合には契約の更新が必要です。 一回の契約における期間は最長3年。企業はこの期間内に社員を解雇するときは正社員と同様の制約があり、社員もやむを得ない事情がない限り契約期間を遵守する必要があります。

・企業による契約社員の位置付け

なぜ企業は正社員ではなく、契約社員を募集するのか。それは主に、繁忙期など特定の時期に人材を採用したいという事情や、不況時にも強い企業にするため「人件費を変動費化」するための措置である場合もあります。固定費の正社員と違い、契約社員は売上や実績に併せて人件費を変更できるからです。また、契約社員として採用したのち、企業の風土や事業内容にマッチしていた場合、正社員としての雇用を検討する企業もあります。このような背景から、企業は契約社員を募集していると考えられるでしょう。

正社員との違い

契約社員と正社員の大きな違いは、契約期間があることです。日本の場合、正社員を解雇するための条件が厳しいため、実際に解雇されることは多くはありませんが、 有期雇用の契約社員の場合、契約更新のタイミングで継続されない可能性は正社員の場合より高い傾向にあります。また、契約の内容によっては時給制となることもあり、その場合、休みの多い月だと給与が減ってしまう等のデメリットも。また、会社によって異なりますが、転勤や異動がない場合が多く、フルタイムではない場合には、正社員では禁止していても、 契約社員の場合は副業が認められている会社も存在します。契約社員と正社員で賞与の支給の有無や基準が異なる会社も少なくありません。

派遣社員との違い

契約社員と同じような働き方である「派遣社員」ですが、双方の大きな違いは雇用主です。
派遣社員は「派遣元である派遣企業」の雇用、契約社員は「勤務先企業」による直接雇用になります。契約社員や派遣社員には、既卒やフリーターからなろうと考える人が多い傾向にあるようです。正社員を目指したときのステップとしても有効なため、まずはこれらの雇用形態で経験を積み、それから正社員になるという方も少なくありません。福利厚生は雇用先のものを受けられるため、契約社員は勤務先の(※)社会保険などに加入し、また勤務先の就業規則で認められている分は有給を取得できます。 所定の日数以上の勤務があれば正社員と同じ日数の有給も取得可能です。派遣社員の場合は、働いている先ではなく雇用されている派遣会社の福利厚生を受けることになります。

(※)社会保険…「医療保険」「年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労災保険」の総称。公的な費用負担で、疾病や高齢化、失業、労働災害などさまざまなリスクに備えるため設けられた制度。

契約社員の収入の特徴

正社員と比べた際の契約社員の収入面の特徴は、「賞与」「昇給」「退職金」がない場合が多い点です。以下で詳しく見ていきましょう。

賞与

契約社員の場合、賞与が出ないことが多いようです。正社員では、企業業績や個人業績によって賞与の額が変動しますが、契約社員においてはそもそも賞与が出ないという会社もあり、支給される場合でも個人の業績が反映されないことの方が多いといわれています。

昇給

契約社員として専門性の高い業務を任されていたり、期待される成果をあげている場合は、契約更新の際に昇給される可能性も少なくありません。 そのため、実力やスキルが十分にある方は契約社員として昇給も見込める可能性もあります。ただし、正社員の場合は定期昇給が定められている会社もあるので、その点についてはそれぞれの会社や個々の状況次第と考えられます。

退職金

正社員の場合でも退職金がない会社もありますが、「契約社員のみ退職金がない」という会社も多いです。ただし、会社によっては、3年間の契約期間終了時に支援金という形で職員に退職金を支給する会社もあります。

実際にもらえる給与額は?

厚生労働省が平成26年に発表した「就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況」では、契約社員(専門職)がもらう給与額は「月給20万円未満」の層が最も多いという結果が出ています。対して正社員の場合、「月給20万円~30万円未満」の層が最も多いとされています。さらに正社員であれば、そこに賞与やボーナスがプラスされるので、年収に換算すれば違いはさらに大きくなると予想できるでしょう。 また昇進による給与ベースが上がりやすいのも正社員です。

上記の内容をふまえると、基本的には契約社員よりも正社員のほうが、給与が多い傾向にあることが分かります。働く企業や個人のスキルによって一概にはいえませんが、契約社員として働くうえで収入面は一つのデメリットになることもあるでしょう。また、企業によって年俸制や月給のところもありますが、基本的には時給計算が多いようです。支給内訳は基本給・残業代・各種手当・交通費などで、給与額から差し引かれるのは、住民税・所得税などの税金、年金・雇用保険・健康保険の社会保険料など。 税金や社会保険料は収入に応じて額が変わります。残業の義務があるという契約を結んでいる場合も、サブロク協定(36協定)と呼ばれる企業と労働組合で事前に定めた範囲を超えないよう計画性のある業務を遂行しなくてはなりません。

契約社員の特徴:働き方

契約社員は、「勤務時間」「仕事内容」「身につくスキル」という観点で、正社員との違いがあります。以下、詳しく見ていきましょう。

勤務時間

月給制や年俸制の場合は、正社員と同じ程度残業を行うこともありますが、時給制であれば正社員よりも勤務時間が短くなりやすい傾向にあるでしょう。働き方次第で、自分のプライベートな時間を持ちつつ、仕事をすることが可能になります。

仕事内容

企業が正社員登用や継続雇用を見据えていない採用の場合は、契約社員は基本的に雇用期間が決まっているため、教育コストをかけない傾向にあるようです。教育コストとは、業務に取り組むうえでの研修や上司からのフィードバックなど。そのほか、積極的に新しい挑戦をさせるかなど、仕事の指示の仕方も変わってくる傾向があります。基本的に、契約社員には「できる仕事を振る」というのが一般的。新しいことを覚えさせようという教育面に力を入れていないことが多いです。その結果できる仕事がほとんどない、ということになってしまえば、契約更新は難しくなるでしょう。また、仕事ができて正社員と同じかそれ以上に働いているにも関わらず、契約社員だからという理由で給与が上がらない、評価してもらえないということもあるようです。契約社員の働き方が自分に合っている、正しく評価されているという場合は問題ありませんが、そうでない場合は気をつけるようにしましょう。

身につくスキル

先ほどの例からも、自分でどんどん吸収していける人であれば既卒や新卒などの学歴や雇用形態関係なくビジネスマナーやPCスキル、その業界の専門知識やその会社で業績を上げるためのコツなどを身につけていけるでしょう。ただし、企業にもよりますがそれらを身につける機会が多く訪れるのは、契約社員よりも正社員である場合が多いです。より難しく価値があるスキルも、契約社員ではなかなか身につけるチャンスがない、といった可能性も。契約社員は、将来留学や起業を検討しており、元から短期間だけその会社の職員として働くことを予定している方や、一度フリーターなどを経たため、正社員を目指すステップとして働きたいと考えている方に向いている働き方といえるでしょう。

契約社員のメリットとデメリット

契約社員には、自分の専門知識やスキルを活かせたり、自分の生活に合った働き方ができたりするメリットがあります。一方で、長期雇用が難しい、キャリアアップができないなどのデメリットが存在するのも事実です。以下で詳しく見ていきましょう。

メリット

まずは契約社員として働くメリットについて見ていきましょう。

・自分のスキルを活かせる

自身の専門スキルや知識を活かして働けるのが契約社員の大きなメリットといえます。給与は自身のスキルで決められることもあるので、やりがいを持って仕事ができるでしょう。

・副業が可能であることが多い

契約社員の副業が可能である会社もあります。なるべく多く稼ぎたい、自分のスキルの幅を広げたいという方にとっては、契約社員として副業することはメリットが大きい働き方といえるでしょう。

・プライベートも大切にできる

契約社員の場合は、雇用契約ごとに働き方を決められるため、自分の生活に合った勤務時間を選べることが多いです。時短勤務が可能である会社もあります。そのため契約社員は、プライベートを充実させたかったり、家庭の事情などで正社員としてフルタイムで働くことが難しかったりする人にとって適した雇用形態といえるでしょう。

・転勤の心配がない

契約社員は契約の際に勤務地を限定されていることが多く、転勤などの心配もありません。企業側からすると、正社員よりも安い給料で職員を雇いながら、同じ業務に従事してもらえるというメリットがあります。

デメリット

続いて、契約社員で働くデメリットをご紹介します。

・長期雇用が難しい

前項でお伝えしたとおり、契約社員には「雇用期間」が設けられています。そのため、次の更新で契約を切られてしまう可能性も。更新時期が近づいたら、念のため新しい仕事先を探しておくなどの対策が必要でしょう。

・退職金が出ない、賞与が少ない

先に述べたとおり、契約社員は退職しても基本的に退職金が出ず、賞与やボーナスも少なめな傾向が。自身の生活やモチベーション維持のためには、ボーナスや賞与のある会社を選びましょう。ただし、契約社員で賞与などが出る会社はそう多くないので、収入面を重視するなら、正社員就職を検討してみてはいかがでしょうか。

・出世やキャリアアップができないことも

契約社員の場合、出世やキャリアアップが叶わないことも多いです。もちろん、副業が可能な場合、できる仕事の幅を広げることはできるでしょう。ただし、一つの会社で出世し、より多くの仕事を任せてもらいたいと思った場合には、正社員就職することをおすすめします。もし現在の仕事内容に満足できなければ、更新期間を機にその会社での正社員就職や転職を検討してみましょう。

正社員と派遣社員のメリット

正社員には、雇用の安定やキャリアアップできるなどのメリットがあります。また、派遣社員の場合、業務の内容が固定されていることが多く、範疇外の業務を依頼されたり、負担が増えたりする心配がありません。下記で、正社員と派遣社員のメリットを見ていきましょう。

正社員

正社員として働くメリットは、契約社員や派遣社員と比べて、待遇が良くなりやすい傾向があるという点です。企業が設けている福利厚生や制度には、正社員しか利用できないものもあります。 また、正社員は賞与が支給されることが多いので、一般的に契約社員と派遣社員よりも収入が多くなる傾向にあるでしょう。待遇面で大きなメリットを享受したい方は、正社員になるのがおすすめです。
また、責任のある仕事をしたい、専門のスキルを身につけたい…という場合も、その他の雇用形態よりも成長できる可能性の高い正社員が適しているでしょう。
契約社員、派遣社員、正社員のどの雇用形態にも、それぞれメリットがあります。大切なのは、自分が求めているものを把握し、自分に合った雇用形態を選択することです。

派遣社員

派遣社員の働き方のメリットは、定められた業務の範疇を超えることがない点にあります。
業務の内容が固定されているので、無駄な業務を押し付けられたり、負担が増えたりする心配をしなくて済むでしょう。 また、派遣社員の場合は、企業と直接契約するのではなく、派遣会社を挟んで雇用契約を結ぶので、職員に何か問題が起こった時に、派遣会社のサポートを受けることができます。後ろ盾があるため、安心して業務に臨めるというのも大きなメリットといえるでしょう。

契約社員に関するQ&A

最後に、契約社員に関する気になるあれこれをQ&A方式で解決します。

契約社員の労働契約の範囲は?

契約社員が労働契約を結ぶ際、雇用期間以外についての条件も定めるのが基本です。
具体的には、給与や勤務時間、日数など。給与は月給制であることが多いですが、稀に年俸制の場合も。勤務時間や勤務日などは、多くの場合正社員と同様ですが、時短勤務が可能である会社もあります。

契約社員は社会保険に入れる?

入れます。
アルバイトの場合は、一定の条件を満たさないと加入できないのに対し、契約社員は基本的に社会保険が適用されます。契約社員の社会保険についての規定は、正社員と同様です。そのため、社会保険の被保険者資格について、労働時間など加入条件を満たした場合、適用となります。

契約社員が負う責任はありますか?

限られた範囲での責任は全うしましょう。
契約社員は正社員と違い、基本的に昇進がありません。そのため、原則としては役職が付く、部下をとりまとめるような立場にはならないと考えて良いでしょう。その代わり、割り振られた仕事内容の、限られた範囲についての責任は全うすることが求められます。

契約社員から正社員になれますか?

可能です。
明確なキャリアプランを持ち、契約社員から正社員を目指すに至った動機を面接でしっかり伝えることができれば、正社員就職も難しくありません。また、同じ会社で契約社員から正社員に登用される可能性もあるでしょう。契約社員から正社員になる詳しい方法は、「契約社員から正社員になる方法とは?」のコラムもご参考にしてください。

長期的に同じ会社に勤務したい、安定した生活を送りたい、という方にとっては、契約社員よりも正社員のほうが適している可能性が高いです。実際、就職・転職活動の場では契約社員としての経験よりも正社員としての経験を重視する企業が多いため、次の転職で選べる求人が大きく変わってきます。また、正社員であることで、社会的信用を得られる場面も。ローンや一人暮らしの住宅契約の際の査定など、プライベートな場面でも雇用形態によって判断されることが多いです。「自分には契約社員が合っている」と考えている方も、就業前には具体的な条件のほか、正社員登用実績があるかどうかなどを確認することを忘れないようにしましょう。また、その企業での契約社員がどのような働き方をしているのかを事前に確認することも大事です。

就職エージェントのハタラクティブへご相談いただければ、プロの就活アドバイザーが既卒からの就職を目指す方などを親身になってサポートします。専任アドバイザーとの入念なヒアリングを通し、あなたの適性に合った仕事先をご紹介。企業との交渉や面接日の日程調整も代行するので、契約社員として現職で働きながら効率よく就職活動を行うことが可能です。「現在自分の働き方に悩んでいる」「正社員就職を検討している」という方は、まずは相談だけでもしてみませんか?

おすすめ記事

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる