スタートアップとはどんな企業?ベンチャーとの違い

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. スタートアップとはどんな企業?ベンチャーとの違い

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・スタートアップとは、起ち上げや起業という意味で用いられている
    ・ビジネスシーンでは新規ビジネスや市場を開拓している企業のことを指す
    ・スタートアップ企業とベンチャー企業は定義としての違いはない
    ・スタートアップで働くメリットには、労働者の裁量権が大きく、プロジェクトの中枢に携われること、成長が期待できることがある
    ・デメリットは、大企業に比べて福利厚生が薄く、昇給が自分の実力次第となることが挙げられる

スタートアップとはどのような企業のことを指す言葉かご存知でしょうか?「ベンチャー企業とは何が違うのか」といった疑問も多くあるようです。
当コラムでは、スタートアップの詳しい説明やベンチャー企業・スモールビジネスとの違い、スタートアップ企業で働く時のメリットとデメリットを詳しく解説します。


◆スタートアップとは

ビジネスシーンでは、スタートアップという言葉が用いられることがあります。
日本では「立ち上げ」「起業」という意味で使われており、特に「新しいビジネスで急成長している」「新しい市場を開拓している」ことなどが当てはまる企業を指すことが多いようです。

スタートアップで大きく成長し続けている企業は、IT業界を中心に多く見受けられます。
インターネットの普及に伴い、検索エンジンやSNS、ソフトウェア、アプリケーションなどの起ち上げ・発展に関わる企業が増えているようです。


◆スタートアップとベンチャー、スモールビジネスの違い

スタートアップと混同されがちな例に、スモールビジネスとベンチャー企業があります。
日本においては、スタートアップとベンチャーの定義には明確な違いはなく、スタートアップとスモールビジネスには大きな違いがあるとされているようです。
どのような違いか把握しておきましょう。

【ベンチャー企業との違い】

前述の通り、日本ではスタートアップとベンチャー企業には定義の違いはないようです。

日本におけるベンチャー企業は、「新技術や高度な技術を軸として、大企業では実現しづらい革新的な経営を展開する中小企業」のこと。広義の意味では創業から間もない企業を広く指すこともあるようです。

スタートアップは特に「新しいビジネスを立ち上げている」「急成長し続けている」企業が当てはまるため、ベンチャー企業との違いを出すとすれば、成長性や新規事業開拓などの目標設定が比較的短期間であることが考えられます。

また、アメリカではベンチャーというとVenture Capital(ベンチャーキャピタル)のことを指し、ハイリターンを狙って企業への資金の投資を行うことです。
ベンチャー企業は和製英語で、「投資を受けて資金として運用する企業」を指す言葉であるとも考えられるでしょう。

【スモールビジネスとの違い】

スモールビジネスは、既存のビジネスモデルをもとに改善やマーケティングによる工夫で事業を開拓していきます。
スタートアップと比べると設備投資などの規模やコストは小さく、成長性などの目標も低めであることが多いようです。
既存のモデルがあることで一定の安定性が望め、緩やかながらも着実に成長できる形態となっている企業といえるでしょう。


◆スタートアップ企業で働くメリットとは

スタートアップ企業は、大企業に比べて少数精鋭で運営されていることが多いようです。
働く上で、通常の中小企業とは違うメリット・デメリットも見受けられます。
どのような特徴があるかを把握した上で就活に臨みましょう。

【メリット】

・1人ひとりの裁量権が大きい
・若手社員のうちにプロジェクトの中枢に携われる
・早く成長できる

【デメリット】

・大企業のような手厚い福利厚生が期待しづらい
・年功序列ではないため昇給などは自分の実力次第となる


スタートアップやベンチャー企業、スモールビジネスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
通常の中小企業と比べると、スタートアップは成長性や社員への待遇が違うことがわかるでしょう。
自分が成長できる、活躍できる企業を探したい!という方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは上場企業や未経験者歓迎の求人を豊富に扱っています。カウンセリングを通して求職者にぴったりの企業を紹介し、内定率は80.4%(2015年7月時点)という実績を持っています。
全て無料でサービスを提供していますので、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ