新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方

ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方

公開日:

最終更新日:

ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方の画像

【このページのまとめ】

  • ・大手のゲーム会社は就職希望者が多く、内定倍率が高い
  • ・ゲーム会社へ就職するには、ゲーム作りへの意欲やプログラミングの知識が必要
  • ・ゲーム会社では、ゲームプランナーやデバッガーといったさまざまな職種が活躍している
  • ・未経験者は正社員ではなく、契約社員やアルバイトとして就職するのもおすすめ

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「ゲーム会社に就職したい」と思っている方は多いのではないでしょうか。一方で、「未経験でゲーム会社への就職は難しいのではないか…」と不安に感じている方もいるでしょう。
このコラムでは、ゲーム会社の就職難易度が高いといわれている理由を解説。ゲーム制作を行う技術職や文系におすすめの職種についてもまとめています。
ゲーム会社へ就職するために必要なスキルやコツを知って、夢を実現に近づけましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ゲーム会社の就職難易度が高い理由

ここでは、ゲーム会社への就職が難しい理由を解説します。理由を知って、自分に合った就職活動を行いましょう。

大手企業は内定倍率が高い

ゲーム会社と聞いたときに思い浮かべる有名な大手企業は、一般的に内定倍率が高いといえます。なぜなら、大手企業は人気のあるゲームソフトやハードを販売している場合が多く、幼いころから身近な存在だったり、CMでよく見かけたりと知名度の高さが抜群であるため。また、福利厚生が充実している企業が多いのも人気の要因といえます。
採用する企業側は、就職希望者が多いと書類選考である程度ふるいにかけなければならず、学歴やスキルなどの条件面を考慮して選考する傾向に。就職希望者側は学歴やスキルがネックになり書類選考を通過するのが難しいといえます。

即戦力を求める企業が多い

大手企業が学歴などを重視する一方で、中小企業やベンチャー企業では即戦力を求められる場合が多いです。特にベンチャー企業は設立してそれほど年数が経っていないために、教育や研修体制が確立していないことがあります。、実力主義の会社も多いほか、社員数が少ない会社では任される仕事の幅が広いことも。そのため、1から業務を教えなければならない未経験者よりも、即戦力として働ける人材を求めています。

ただし、すべてのゲーム会社が学歴やスキルで判断するわけではありません。未経験者を採用して育てていくというスタンスの企業もあるため、自身に合った就職先を探すことが大切です。

ゲーム会社へ就職するために必要なスキルと大切なこと

ゲーム会社への就職を目指す際に必要な知識やスキルとして、以下の例があげられます。

ゲーム作りへの意欲

ゲーム会社へ就職するためには、何よりも「ゲームが好き」という思いや「ユーザーのためにより面白いゲームを作りたい」というゲーム作りへの意欲が大切です。「ゲーム制作になんとなく興味があるから」という気持ちでは、曖昧な志望動機になって選考を突破しづらくなるでしょう。また、ゲーム開発は長期間に渡ります。プロジェクトが立ち上がり、制作を始めていたとしても、ときには予期せぬ事情により途中で制作中止になることも。そのため、ゲーム作りへの熱い思いがなければ、入社できたとしてもモチベーションを保てず挫折する恐れがあります。

コミュニケーション能力

ゲーム会社で働くには、スキルだけでなくコミュニケーション能力も重要です。ゲームは1人で作れるものではありません。プランナーやデザイナー、プログラマー、シナリオライターなどさまざまな職種のスタッフが協力して、1本のゲームを作り上げていきます。そのため、基本的にプロジェクトチームのメンバーとの連携が必要です。トラブルが発生した場合には迅速に情報共有する、相手の立場に立って意見を述べるといった姿勢を心掛けることで、プロジェクトをスムーズに進めることができます。
もしも、自分から積極的にコミュニケーションを取ることや意見を言うことが苦手という人であれば、発想を転換してみると良いでしょう。「人の気持ちを察することができる」「協調性を大切にすることができる」と視点を変えて言い換えることで、短所を自己PRにすることができます。

プログラミングの知識

ゲーム会社で働くための必須スキルではありませんが、プログラマーやデバッガー以外の職種もプログラミングを勉強しておくと、求人への応募時にアピール材料となる可能性があります。
たとえば、プランナーがプログラミングの知識を身につければ、プログラマーへの指示をより具体的にできるでしょう。また、デザイナーの場合は、デザイン制作だけではなくゲームの構築もできて業務の幅を広げられます。プログラミングの知識を身に着けておくことで、他職種とのコミュニケーションも取りやすく業務を円滑に進めやすくなるでしょう。

トレンドやニーズの情報収集能力

ゲーム市場は日本だけでなく、海外でも拡大。世界のトレンドやニーズに目を向けることが大切といえるでしょう。
たとえば、昔は友人同士が家に集まって1つのテレビ画面でゲームをすることが一般的でした。そのため、1つの画面を2分割や4分割などに区切って表示させ、一緒にプレイできるゲームを発売。しかし、今ではインターネット回線によって、離れた場所でもそれぞれの画面で一緒にゲームができます。しかも友人同士に限らず、世界中の見ず知らずのプレイヤーと一緒にゲームをすることが可能です。また、スマホが普及したことにより、スマホゲームも台頭。今後は5Gが普及し、これまで実現できなかったことをゲームでできるようになるでしょう。
このように技術は日々進化を続けているため、トレンド知りニーズを取り入れようとする姿勢が大切です。

ゲーム会社の職種

ここでは、ゲームプロデューサーやゲームプランナーなど、ゲーム会社における代表的な職種を紹介します。

ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作におけるプロジェクトを統括する総監督のような存在です。予算やスケジュール管理、スタッフの選定、広報活動の企画などを行います。仕事内容は多岐に渡るため、ゲームディレクターを経てゲームプロデューサーになるなど、経験豊富な人が務めるがことが多いです。なお、ゲームプロデューサーにはマネジメント力やコミュニケーション力、企画力、プレゼン力が必要とされています。

ゲームディレクター

ゲームディレクターは、ゲーム制作現場の指揮を行う現場監督のような存在です。ゲームプランナーやゲームデザイナー、シナリオライターとともに企画を考えて、ほかのスタッフへ伝達します。そのため、企画力はもちろんマネジメント力、コミュニケーション力、リーダーシップが必要といえるでしょう。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームの企画立案やプロジェクトの進行管理、クオリティチェックなどを行います。ディレクターやプロデューサーと連携し、プロジェクトをスムーズに進める役割です。特別な技術は必要ありませんが、ゲームの制作方法やシステムを理解できていないと進行管理は難しいでしょう。また、さまざまな職種と関わる必要があるため、円滑にコミュニケーションを取れる人が向いているといえます。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に基づいてプログラミングを行うのが主な仕事です。具体的な仕事内容は企業によって異なりますが、プログラミングの後はテストを実施し、バグを修正することもあります。

デザイナー

ゲーム会社のデザイナーはゲームのキャラクターやアイテム、背景などのデザインを制作するのが主な仕事です。企業によってはキャラクターデザイナーや2Dデザイナー、3Dデザイナーと呼ばれることもあります。なお、「ゲームデザイナー」という呼び方の場合、ゲームの企画立案や進行管理を行うプランナーを指す場合が多いです。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、ゲームのメインテーマや挿入曲を作成する仕事です。ゲーム内で使用される効果音も作成します。作品の世界観を表現する重要な仕事といえるでしょう。音楽はPCで作成するのが一般的です。そのため、作曲などの音楽的スキルと音楽作成の専用ソフトを使用するスキルが求められます。

デバッガー

デバッガーはゲームをプレイしてバグが生じないか確認し、不具合があるときは修正作業を行う仕事です。指示に従って同じアクションを何度も行う場合もあれば、自由にゲームを進めてバグの有無を確認することもあります。

文系におすすめのゲーム会社の職種

ここでは、シナリオライターや営業など、文系の人におすすめの職種を紹介します。

シナリオライター

シナリオライターは、ゲームのストーリーを考える仕事です。ゲーム制作に携わりますが、基本的に技術は必要ありません。物語を想像・発想する力と、それを構成する力、そして文章として書き起こす文章力が必要とされます。なお、コンセプトやキャラクターなど企画から考える場合もあれば、共有されたコンセプトやキャラクターをもとにストーリーを作るなど、仕事の幅はさまざまです。近年ではスマホゲームでもストーリーが重要視されているため、シナリオライターの需要は高くなっています。

ローカライザー

ローカライザーは、日本で制作されたゲームを海外向けに翻訳する仕事です。ただ直訳するのでなく、ゲームの世界観に沿った翻訳が必要とされます。また、その国の文化や習慣を考慮した翻訳をしなくてはなりません。そのため、高い語学力だけでなく、各国の文化的知識も必要とされます。
なお、海外で制作されたゲームを日本ユーザーも楽しめるように日本語へ翻訳するのもローカライザーの仕事です。

営業

ゲーム会社の営業は、自社が制作したゲームをゲームショップや家電量販店で販売してもらえるように働きかけます。商品を取り扱ってもらうためにも、ゲームのコンセプトやシステム、ストーリーなどを理解したうえで、どうやって売り込むのかを考えることが大切です。
近年ではゲームソフトだけでなくダウンロードコンテンツの販売も多くなっているため、広報と協力して商品認知や購買意欲を高めるイベントを企画することもあります。

広報

広報は、自社のゲーム認知を高めるために宣伝をする仕事です。たとえば、プレスリリースといった制作発表イベントやテレビCMの企画を行います。ゲームによっては、アニメや他社ゲームとのコラボレーションを行うことも。また、最近はWebCMやWeb広告、SNS広告に力を入れるゲーム会社も増えています。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、ユーザーから寄せられた問い合わせやクレームの対応をします。そのため、ストーリーやシステム、操作方法など、自社のゲームやサービスに対して精通していなくてはなりません。また、電話応対ではマナーや臨機応変に受け答えができる対応力が求められます。中には、理不尽なことを言ってくるクレーマーもいるため、忍耐力も必要といえるでしょう。
なお、ユーザーからの問い合わせを受けるだけでなく制作サイドに集まった意見を報告するのも、カスタマーサポート仕事の一つです。

未経験からゲーム会社に就職するコツ

未経験からゲーム会社に就職する方法として、以下の3つがあげられます。

未経験OKの企業に応募する

即戦力を求めるゲーム会社が多いなか、経験を問わない企業も。未経験可の求人では、ゲーム作りへの意欲やコミュニケーション能力などを重視する傾向にあります。そのため、自己PRでコミュニケーション能力をアピールする際は前職での業務やアルバイト、学生時代などの根拠となるエピソードを交えて説得力のある内容を伝えると良いでしょう。

プログラミングの知識を身につける

プログラミング言語を習得するには、書籍や学習サイトなどで独学で学ぶ方法とプログラミングスクールを活用する方法があります。
書籍や学習サイトを活用する際は入門編の内容を選び、まずは基礎知識を身につけましょう。早くスキルアップしたいからとはじめから応用編に取り組むと、挫折する恐れも。一方、プログラミングスクールは費用がかかりますが、独学よりも効率よく学べる可能性があります。オンライン講習もあるため、費用や学ぶ期間、内容を考慮して自分に合ったスクールを選ぶと良いでしょう。

専門学校でゲーム制作に関係する勉強を行う

ゲームの専門学校であれば、ゲーム制作に必要なプログラミングや企画、グラフィックなど、幅広い業務について学ぶことができます。また、同じ夢を持った仲間とともに勉強をするため、モチベーションの維持もしやすいといえるでしょう。なお、講師は現役のゲームプランナーやゲームプログラマー、デザイナーであることが多いです。プロの講師から現場で本当に必要な知識や技術を学ぶことができるので、即戦力として働ける可能性があります。

契約社員やアルバイトからはじめるのも1つの方法

「どうしても就職したいゲーム会社があるけれど、正社員求人がない」「まずはゲーム会社の仕事が自分に合うか確かめたい」という人は、契約社員やアルバイトからはじめるのも1つの方法です。
正社員求人がない企業であっても、場合によっては「正社員登用制度」を整備しているところがあります。正社員登用制度がある企業の場合、仕事で継続的に成果を出したり貢献度が高かったりすると、契約社員やアルバイトから正社員になれる可能性も。正社員登用制度の有無や制度の適用条件は企業によって異なるため、興味のある方は求人の募集要項を十分にチェックしましょう。なお、正社員登用制度を整備している企業であっても、条件が厳しく登用実績が少ないケースがあります。登用実績は企業の公式サイトに掲載されている場合があるため、事前に確認しておくと安心です。

また、ゲーム会社の求人を探す際は「大手企業だから」「年収が高そうだから」と企業規模や印象だけで選ぶのではなく、自分のやりたいことが実現できるか、社風が合うかといったことをしっかり考えて選択しましょう。

「ゲーム会社に就職したいけれど、自分に向いているか分からない」「履歴書の書き方や面接対策に不安がある」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒などを対象に就職・転職支援を行うエージェントです。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーがカウンセリングで希望や経験を伺い、あなたに合う求人をご紹介。実際に取材した企業の求人をご紹介するため、仕事内容の詳細や社風を事前に知れて入社後のミスマッチを防げます。また、履歴書・職務経歴書の添削や模擬面接といったサポートも行っているので、「就活は何から始めたらいいのか分からない」「希望の企業から内定をもらえるか不安…」という人も安心です。
サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?ゲーム会社への就職を考えている方のお悩みQ&A

ここでは、ゲーム会社への就職を検討中の方に向けて、Q&A形式で疑問に答えていきます。

文系がゲーム業界への就職を有利に進めるには?

ゲーム業界に就職するには、スキルだけでなくコミュニケーション能力も重要です。「文系は就職が難しいといわれる理由と就活を有利に進める方法を徹底解説!」にもあるとおり、文系の方はコミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。「自己PRが上手く書けない…」「面接の受け答え方に自信がない…」などの悩みがある方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。専任のアドバイザーがしっかりとサポートします。

クリエイティブ職にはどんな人が向いてる?

クリエイティブ職に求められる素養は、センスの良さや発想力だけではありません。表現力や辛抱強さ、コミュニケーション能力なども必要といえるでしょう。また、ゲームディレクターはそれに加え、判断力があることや的確な指示ができることも大切です。詳しくは「クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介」でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

好きなことは仕事にしないほうがいいって本当?

好きなことを仕事にするメリットは「やりがいを感じやすい」「仕事を続けやすい」など、多数あります。しかし、好きな仕事が向いているとは限りません。自分に向いている仕事、つまり適職から仕事を探すことも選択肢の一つでしょう。適職に就いた場合のメリットは、「成果がでやすい」「仕事に対する労力が減る」などが挙げられます。詳しくは「考えることが好きな人の適職は?向いている要素や仕事の選び方もご紹介!」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

専門学校を出れば就職で有利になる?

専門学校はスキルが身につくだけではなく、就職サポートも手厚い傾向にあるので、有利になるといっても良いでしょう。大学よりも生徒数が少ないため、一人ひとりへの支援が充実しています。また、学校が企業とのコネクションを持っていたり、卒業生が業界で活躍していたりすることも多く、就職に繋がりやすいといえるでしょう。詳しくは「専門学校卒だと就職に有利って本当?実態を解説」でも触れています。
 

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?