1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 考えることが好きな人の適職は?向いている要素や仕事の選び方もご紹介!

考えることが好きな人の適職は?向いている要素や仕事の選び方もご紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・考えることが好きな人には、旺盛な知識欲や鋭い分析力があるといった特徴がある
    ・考えることが好きな人には、マイペースで進められ知的刺激がある仕事が適職
    ・考えることが好きな人に向いていない仕事はなく、他の適性によって決まる
    ・好きな仕事と適職の違う点は、自分の適性に合った仕事なのかどうか
    ・うまく適職が見つからないときには、自分の適性の棚卸しや他人への相談がおすすめ

考えることが好きな人の適職は?向いている要素や仕事の選び方もご紹介!の画像

「考えることが好きな自分の適職は何だろう」と気になる方もいるのではないでしょうか。
適職を見つけるには「考えることが好き」といった自分の適性について知り、仕事にどう活かせるのかを考えるのがカギ。1人で自分の思考を深められたり、マイペースで仕事を進められたりする環境が望ましいといえるでしょう。
以下、考えることが好きという特徴を活かして、適職を選ぶ際のやり方や注意点について見ていきます。


監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!


考えることが好きな人の特徴

考える人が好きな人の特徴には、「知識欲が旺盛」「分析力がある」といったものが挙げられるでしょう。
以下、詳しく説明していきます。


知識欲が旺盛な人

何か知識を得たい、知りたいという欲求が強い人は、考えることが好きだといえるでしょう。
自分が知らないものについて幅広い興味を持ち、得た知識について自分なりの考えを練るのが好きという特徴があります。また、仕事においては新しいやり方や知識を身に着けることも求められますが、知識欲が旺盛な人は新しい知識を得るのが苦にならないので、どんどん仕事ができるようになるでしょう。


分析力がある人

分析力とは、物事について正しい理解をする力。分析とは、物事の性質を細かく分け、その仕組みや要素を明らかにすることです。
考えることが好きな人は、日常的に物事について深く考える傾向があるので、その結果、分析力が身についています。分析力があると、冷静な判断を下せたり、物事を客観的にとらえられたりと、仕事を進めるのに役に立ちます。



考えることが好き!どんな仕事が適職なの?

考えることが好きな人に向いているのは、「自分のペースで進められる仕事」「論理的思考を活用できる仕事」などが当てはまります。
考えることが好きな人の適職はどんな仕事なのか、考えることが好きな人に向いている仕事の要素をご紹介しますので、参考にしてください。


自分のペースで進められ、論理的な能力を活かせる仕事

考えることが好きな人は、まず考える時間と分析する時間がある程度必要です。
そのため、考える間もなくどんどん進めなくてはいけない仕事は苦手な傾向があります。その分、論理的な思考を活かして、じっくりと高いクオリティの仕事を仕上げるのに向いているといえるでしょう。


考えることが好きな人に向いている5つの要素

考えることが好きな人には、専門知識を使う、マイペースで仕事が進められるなどの要素がある仕事が向いているでしょう。
ここでは、考えることが好きな人に向いている仕事の要素について、詳しくご紹介します。


1.専門知識を使う
勉強してきた専門知識をもとに、物事を分析したり論理的に考えたりして進める仕事が向いています。専門知識を身につけるのは大変ですが、考える作業が大きなウエイトを占める仕事が多いので、自分の興味のある専門分野を深く学んでみるのがおすすめです。


2.マイペースで仕事が進められる
考えることが好きな人には、忙しく時間に追われる作業が多い仕事より、自分のペースで作業が進められる仕事が向いています。考える時間を必要とするので、考える間もなくひたすら作業する仕事や
、自分のペースをある程度保てない仕事には大変さを感じる可能性があるでしょう。


3.知的刺激がある
知的刺激とは、好奇心を掻き立てられるような刺激のこと。
考えることが好きな人は好奇心旺盛なので、常に考える必要があったり、新しい知識を自分で仕入れていく必要があったりする状況のほうが、その能力を発揮しやすいといえるでしょう。


4.仕事を1人で進められる
考えることが好きな人は、他の人と一緒に作業をするよりも1人で完結する作業向きです。
基本的には自分1人で作業できる仕事だと、自分のペースを乱されないのでパフォーマンスが上がる傾向があります。


5.クリエイティブな作業が多い
考えることが好きな人には、マニュアルに沿ってその通りにする作業より、自由度の高い作業が多い仕事が向いているといえるでしょう。自分の思考をもとに仕事を進められる、いわゆるクリエイティブな仕事だと、自分の長所を活かせます。




考えることが好きな人に向いている主な職業

考えることが好きな人には、専門知識を使ったり自分の裁量で進められたりする仕事が向いています。その具体的な職種と仕事内容を以下にまとめました。


技術職

技術職は専門知識をもとに進める仕事が多いので、考えることが好きな人に向いているといえるでしょう。技術職と一口に言っても様々な業種がありますが、ここでは、代表的な職業をご紹介します。


プログラマー

プログラマーは、プログラム言語といった専門知識をもとに、ソフトウェアやシステムを開発する職業。システムエンジニアが作成した仕様書に基づいてプログラミングをするのが主な仕事です。論理的思考力や集中力が求められるので、1人で考えを深められる人に向いています。


システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェアやシステムを開発する際、主にプログラムの設計図である仕様書を作成する職業です。クライアントから希望するソフトウェアのヒアリングを行ったり、納期の相談を行ったりとコミュニケーション能力も求められますが、プログラムの設計を行うのが主な仕事なので、考えることが主になるでしょう。


CADオペレーター

CADオペレーターとは、建築や服などの設計図をコンピューターを使って作成する仕事です。パソコンに向かってコツコツとCADの操作をする必要があるので、完成形を考えながら根気強く作業を行うのが基本となります。


クリエイティブ職

クリエイティブ職は、自分のアイデアを活かしてする作業が多いため、1人での作業が多く、考える仕事であるといえるでしょう。ここでは、主な職業についてご紹介します。


ライター

ライターは、クライアントが依頼する内容の記事を書く仕事です。ライティングは、何のキーワードを使い、どんな内容を書くのかを考えながらする仕事で、1人でコツコツ進められるのもポイント。考えることがメインの作業になるため、向いている仕事であるといえるでしょう。


Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントのニーズに合わせ、Webサイトやアプリなどのデザイン、企画設計をする仕事です。クライアントの理想にどうやって近づけていくか、集客や売り上げを上げるにはどうするのかなどを考えながら作業を進めていくので、考えることが好きな人に向いているといえるでしょう。


専門職

知的好奇心を刺激する仕事なので、業務に面白みを感じながら働けるのが特徴。少人数で動くことも多く、自分のペースで進められる仕事も多いです。


法務

企業内で、取引の合法性を確認したり、契約書を作成したりする仕事です。法律の範囲内で企業が最大限に利益を出せるように動いたり、企業内のコンプライアンスの徹底のため、社内のルールを設定したりと、社内外で大きな役割を果たしているといえるでしょう。
法律の専門知識を必要とし、募集も少ないので狭き門といえますが、様々な企業でニーズがあります。


司書

図書館で本の管理を行ったり、参考調査を行ったりする仕事です。
根気強く、地道な作業が必要となります。人と接する仕事なので、コミュニケーション能力が求められますが、膨大な作業を効率よく進めたり、相手が探している本を見つけたりと、考えながら進める必要がある仕事が多いのが特徴です。


コンサルタント

コンサルタントとは、特定の分野に関して深い見識を持ち、他の人が業務を行うにあたって助言を行う人のことを指します。専門知識を活かして、クライアントの依頼を遂行するために深く考える仕事です。自分の専門分野を深く学び続けていれば、コンサルタントへの道が拓けるでしょう。


考えることが好きな人に向いていない仕事はある?

結論から述べると、どんな仕事でも思考力や分析力は求められるため、考えることが好きな人に向かない仕事はありません。
本項では、考えることが好きな人が避けるべき仕事はあるのかについて解説していきます。


「向いていない仕事」はなく、個人の適性による

基本的に「考えることが好き」という要素を持つ人にとって向いていない仕事はありません。
どの仕事でも自分で考えたり、分析したりすることが必要になる場面は多いもの。仕事が向いているかいないかは、「考えることが好き」という要素の他に、その人がどんな性格・特徴を持っているかによります。
それらを総合して、仕事に対する個人の「適性」が決まるのです。


避けたほうが無難と言われている5つの要素

考えることが好きな人に向いていない仕事はありませんが、一般的な傾向として「考えることが好きな人」が苦手としがちな要素というものは存在します。すべての人に当てはまるわけではありませんが、代表的なものはこの5つです。


1.対人関係が重要視される
考えることが好きな人は、複数人で進める作業より、1人で進める作業のほうが得意な傾向があります。そのため、チームワークを発揮して進める仕事や、接客のように他の人にとても気を遣うような仕事は難しいと感じる人が多いでしょう。


2.単純作業が多い
マニュアル通りに作業をすすめるような単純作業は、基本的にあまり思考を必要としません。
そのため、単純作業が多い仕事だと考える能力がうまく発揮されず、考えることが好きな人はフラストレーションが溜まったり、物足りなさを感じたりすることがあるでしょう。


3.体力を使う
体力を使う仕事は、体が疲れることから考えることが難しくなる恐れがあります。
そのため、激しく体を使う仕事や長時間立っている仕事だと思うように考えられず、仕事内容に不満を持つ可能性があります。


4.人と競い合う
考えることが好きな人には、人と競い合う仕事も向いていない傾向があります。
他の人と仕事の成果を競わなくてはならない仕事だと、焦りや不安から落ち着かないと感じることも。誰かと比べられることなく、自分の作業に集中できる環境が向いています。


5.複数のことを同時に進める
考えることが好きな人は、どちらかというと1つのことに集中して取り組むのが得意です。
複数のことを同時に進めるのは、まとまった思考がしづらいので苦手と感じる方も多いでしょう。1つの作業に集中して取り組む仕事のほうが、思考を深められるのでパフォーマンスが上がりやすい傾向があります。


「好き」を仕事にしても良い?

考えることが好きで、自分の好きなことを活かして仕事をしたいという方も多いでしょう。
しかし、「好きなことを仕事にするのは難しい」「好きなことを仕事にしようとしないほうが良い」という考えから、好きなことを仕事にするのに不安を感じる方もいるのではないでしょうか。
ここでは、「好きなこと」を仕事にしても良いのかどうかについて解説します。


「好きな仕事」と適職の違い

まず、「自分の好きな仕事」と「自分に合った仕事」の違いについて見ていきましょう。


適職とは?

適職とは「自分に向いている仕事」のこと。自分の適性を満たしていれば、仕事の成果が出しやすかったり、仕事をするうえで苦痛を感じにくかったりするのが特徴です。
しかし、内容には興味がなくても、仕事を進めるうえでは困らないので、好きな仕事でなくともできてしまうことも。必ずしもその仕事内容が好きとは限らず、やりがいを感じにくい場合があります。


「好きな仕事」のメリットとデメリット

好きな仕事を選ぶことには、それぞれメリットとデメリットがあります。
以下、好きな仕事を選ぶメリットとデメリットについて解説しますので、参考にしてみてください。


「好きな仕事」をする3つのメリット

まず、好きな仕事を選ぶメリットについて見ていきましょう。


1.仕事内容が好きなので苦痛を感じにくい
好きなことをするので、興味を持ちやすく仕事をするうえで苦痛を感じにくいのが特徴です。
また、仕事で辛いことがあっても気持ちを立て直しやすいといえるでしょう。


2.仕事にやりがいを感じやすい
仕事にやりがいを見いだせるので、世の中の役に立っていると実感しやすいといえるでしょう。また、好きなことなのでよりスキルを高めようというやる気も起きやすく、結果として仕事のパフォーマンスが上がっていく傾向があります。


3.仕事を続けやすい
仕事では辛いことや苦しいことも起きますが、好きなことではその経験も糧にして頑張ろうという気力が湧いてきます。仕事内容が好きでないと、辛いことや苦しいことがあると辞めたいという気持ちになることも多いですが、好きな仕事では、辞めたいという気持ちが起こりにくいという特徴があります。


「好きな仕事」の3つのデメリット

次に、好きな仕事を選ぶデメリットについて解説します。


1.必ずしも向いているとは限らない
好きな仕事が、必ずしも向いてる仕事とは限りません。好きな仕事であっても、適性がなければクオリティの高い仕事をすることができないうえ、思うように仕事の成果が挙がらないことも。そのため、周囲の評価を得られなかったり、無力感を感じたりしてしまいます。


2.収入面での不安が生じる場合がある
好きな仕事が、その人にとって稼げる仕事にならない可能性があります。そんなときには、食べていくだけの収入がなかったり、思うような収入を得られないことがストレスになったりしてしまうことも。


3.仕事にしたことで好きなものが苦痛になってしまうことがある
好きなことを仕事にしても、内容が自分の好きなものとは違うために仕事が楽しめなくなってしまうことがあります。好きなことを思うようにできないストレスや、意に沿わない仕事をしなくてはならないことから、好きなことが嫌いになってしまったり、仕事として続けるのを諦めたりすることがあります。


「向いている仕事」のメリットとデメリット

向いている仕事には、メリットとして「仕事の成果が出やすい」、デメリットとしては「仕事が楽しくない可能性がある」などが挙げられるでしょう。次に、向いている仕事を選ぶメリットとデメリットについて解説していきます。


向いている仕事を選ぶ3つのメリット

まず、向いている仕事を選ぶメリットについて見ていきましょう。


1.仕事の成果が出やすい
向いている仕事は成果が出やすい傾向があります。向いていないことは一定の成果を上げるのが大変ですが、向いていることは比較的成果を挙げやすいといえるでしょう。


2.仕事に対する労力が減る
向いていない仕事は、こなすのに労力がかかります。頑張ってもなかなか成果を挙げられず、報われないという思いを抱きやすいといえるでしょう。しかし、元々向いている仕事であれば、適性のない仕事に比べて取り組みやすいので、結果として労力が減ります。


3.スキルが身につきやすい
向いている仕事であれば、その仕事におけるスキルが身につきやすいという特徴があります。向いていない仕事のスキルを身につけるのは大変難しいですが、向いている仕事では頑張っただけ比較的スムーズにスキルが身につけられるので、キャリアアップにも繋げやすいでしょう。


向いている仕事を選ぶ3つのデメリット

次に、向いている仕事を選んだ際のデメリットについて解説します。


1.仕事内容に興味がないとやる気がなくなる
仕事内容が好きというわけではないので、モチベーションを保つのが難しい面があります。モチベーションが保てないと、仕事に対するやる気がなくなるので仕事を辞めたくなってしまいます。


2.やりがいを感じにくい
好きなことではないので、仕事にやりがいを感じにくいといった面があります。仕事にやりがいが感じられないと、自分がなぜその仕事をやっているのか分からない、仕事を続けることに意味を見いだせないといった気持ちになり、仕事を続けるのが難しくなります。


3.仕事が楽しくない可能性がある
興味が持てない仕事だと、楽しく働くことができません。
仕事は一日の大半を占めるもの。向いていても好きではない仕事だと、一日の大半を楽しくない気持ちで過ごすことになるので、辛いと感じることもあるでしょう。


好きなこと、向いていることどちらを仕事にしても、それぞれ一長一短があります。自分のスキルや状況に合わせて決めると良いでしょう。



好きなことを仕事にするときの4つの注意点

好きなことを仕事にする際には、仕事選びに失敗しないよう注意すべき点があります。
それぞれを押さえて、仕事選びの失敗を避けましょう。


1.「仕事として」好きかどうか熟慮する

どんなに好きなことでも、仕事にしてみると思っていたのとは違うということも。自分の好きなことを仕事にできるのか考えてみましょう。


2.無理に過去を活かそうとしない

これまで身につけたスキルを活かさなければ…と今までの仕事を選ぼうとすると、仕事選びの視野が狭まってしまいます。過去の仕事経験にとらわれず、自分がやりたいと思った仕事を選ぶと良いでしょう。


3.優先順位をつける

すべて希望通りの仕事というものはめったにないもの。「最低このくらいの収入が欲しい」「通勤が大変でないところが良い」といった、自分の希望に優先順位をつけましょう。優先順位をつけることで、自分が仕事に求めるものを明らかにできます。


4.何をしているときが楽しいのかを考える

自分の好きなことを仕事にしたいけれど、何の仕事を選べば良いか分からないという方は、自分は何をしているときが一番楽しいのかを考えてみましょう。


好きなことを仕事にできない人の特徴

好きなことを仕事にできない人には、「経験が少ない」「常識概念が強い」「視野が狭い」といった特徴があります。好きなことを仕事にしたくても、なかなか実現しないとお悩みの方は、以下の説明をご参考ください。


1.知識は多いが経験が少ない

ある分野においての知識は多いのに、経験自体が少ない人が挙げられます。
経験が少ないので、仕事においてどんなことが求められているのかが分からなかったり、仕事に対する理想が大きくなってしまっていたりします。


2.常識に縛られている

「好きなことは仕事にできない」「好きなことでは食べていけない」というような世の中の常識に縛られ、行動できないのが特徴です。チャレンジする前から諦めてしまっているので、行動に移すことができません。


3.視野が狭い

「この仕事じゃなければ嫌だ」「こういう仕事でなければできない」など、仕事選びのこだわりが強すぎるといった特徴が挙げられます。
自分の好きなこと、できることから考えられる仕事は、自分が思っていたよりもたくさんあるものです。職種や業種にこだわらず、様々な視点から仕事選びをすると良いでしょう。


心がけ次第!好きなことを仕事にするためには

好きなことを仕事にするのは難しいと言われていますが、考え方や行動によっては可能です。
ここでは、好きなことを仕事にするためのコツについてご紹介します。


失敗を恐れない

仕事選びに失敗したらどうしようと思うと、好きな仕事を選ぶのをためらってしまいます。
「好きなことは仕事にできない」という思い込みを捨てて行動するのが大事です。一度や二度うまく行かなくても諦めず、いろいろな求人に申し込んでみましょう。


苦手なことに固執しない

どんな人にも苦手なことはあるものですが、苦手なことを克服しようと頑張っても、労力に比べて成果が上がらないことも。苦手なことはこだわりすぎないことも大事です。


目の前のことに全力で取り組む

あれこれ悩んでいても、行動が伴わなければ自分の好きな仕事にたどり着けません。
まずは目の前のことに全力で取り組んでみましょう。全力で取り組むうちに、自分が何が好きなのか、どういうことがしたいのかについて見えてきます。


損得を考えすぎない

好きな仕事で必ずしも稼げるとは限りませんが、自分の損得を考えすぎないのも大事です。損得を考えすぎると、条件が合致する仕事の量が減ってしまいます。少し給料が低くても好きな仕事内容にするなど、損得にこだわらないほうが好きな仕事につける確率が上がるでしょう。



うまく適職を見つけられないときはどうする?

自分の適職が分からない、見つけられないというときは、自分の特性・性質について考えたり、誰かに相談したりしてみましょう。


自分の特性の棚卸しをしてみよう

まずは、自分にどんな性質があるのかについて見てみましょう。
自分にはどんな特徴があるのか、得意なこと、苦手なことは何かなど、自分のことを振り返ってみるのが大事です。
自分の嫌いなことから仕事の選択肢を絞るのも有効。「これだけは避けたい」というものがはっきりしていれば、自分の特性に合わない仕事を選ぶのを避けられます。


割り切るのも1つの方法

自分の適性が分からなければ、無理に適職を探さずに割り切って仕事を探すのも良いでしょう。
自分の適性をすべて満たす仕事を見つけるのは難しいもの。ある程度の適性があると思ったら、少し合わないところがあっても割り切るのは1つの手です。


信頼できる第三者に相談する

自分で特性が分からなければ、信頼できる第三者に相談するのも良いでしょう。周囲の人に自分の特性の話を聞いてみると、自分の考えているものと違う結果になる可能性があります。違った視点で物事をとらえられるので、仕事探しに役立つでしょう。


また、就活のプロに相談するのもおすすめです。ハローワークや転職エージェントのアドバイザーは、豊富な経験から個人の希望や適性をもとに仕事選びのサポートをしてくれます。どんな特性を持った人がどんな仕事に就いているのかというプロの目線からアドバイスをしてくれるので、自分に合った仕事を探しやすいといえるでしょう。


就職・転職エージェントのハタラクティブでは、20代・30代といった若年層を対象に、適職をお探しの方からのご相談を承っております。
自社専属のキャリアアドバイザーが、お悩みやご希望を丁寧にヒアリングしたうえで、あなたの転職活動を全面的にサポート。スタッフが訪問調査を行ったの優良企業の中から、あなたに合った求人を厳選してご紹介します。選考に自信のない方も、ご希望に合わせて面接対策や応募書類の添削を行いますので安心です。すべて無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    自分がしたい仕事がわからない!適職が見つからない理由と効果的な解決策

  • image

    自分の適性に合った仕事の探し方

  • image

    やりたい仕事は本当に適職?適性について考えよう

  • image

    やりたい仕事がない人におすすめ!自分に合う転職先が見つかる7つのヒント

  • image

    「楽しい仕事」とは?男性と女性それぞれの人気職種を紹介!

  • image

    天職とは?自分の天職を見つけよう

  • image

    自分に合った仕事の見つけ方!適職が分からないときの対処法

  • image

    好きなことを仕事にするには、どうしたらよい?

  • image

    自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介

  • image

    適職を見つけて転職を成功させよう!

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    やりたい仕事が見つからない!適職診断ツールの活用が就職成功への近道

  • image

    天職に出会うために押さえておきたいポイント

  • image

    自己分析をして、自分に合う職業を見つけよう!

  • image

    自分に向いてる仕事の探し方!転職先はどう選ぶ?診断方法は?

  • image

    こんな人は要注意!仕事人間の特徴とは

  • image

    仕事の見つけ方教えます?!適職に出会うためには

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる