1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説!

研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・研究職には、大きく分けて基礎研究と応用研究の2つの種類がある
    ・研究職の仕事の大きなやりがいは、自分の研究成果が活かされ世の中の役に立つこと
    ・研究職には研究者以外に、研究補助者、技能者といった種類の職業もある
    ・「探究心がある」「失敗を恐れない」などが、研究職に向いている人の特徴

研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説!の画像

研究職と一口にいっても、実際にはどのような仕事なのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。研究職は一般に基礎研究と応用研究に分かれており、それぞれ研究内容や所属先などが異なります。このコラムでは、研究職に向いている人の特徴や、就くための進路についてご紹介。「興味はあるけど、自分に向いているのか分からない」「自分にも目指せるだろうか」など、研究職を検討している方は必見です。

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

研究職とは?2つの種類について解説

研究職とは、一言でいうと研究、開発に携わる仕事。企業の研究部門や国や公的機関の研究所、大学の研究室などが主な職場です。業務内容は、基礎研究と応用研究の2つに分かれています。以下、研究職の概要について詳しく解説します。

 

基礎研究と応用研究の違い

基礎研究とは、新しい知識を得るために、実験を繰り返しながら仮説や理論を形成していく研究を指します。専門的な学術知識をもとに、技術や理論を発見するためにすすめる研究です。
一方、応用研究は、基礎研究の成果を、企業の製品開発などに活かすための研究。基礎研究の結果をもとに、経済的にどのように活かせるのかについて研究するのが目的です。

 

大学と民間企業の研究職の違い

大学と民間企業の研究職の違いは、まさに基礎研究と応用研究の違いにあるといえるでしょう。
大学は学術機関なので、大学に所属する研究職は、基礎研究を行います。大学教授が最も一般的な例でしょう。
一方、民間企業は、研究を活かして製品やサービスを開発し、利益を上げるのが目的。そのため、応用研究でより競争力のある製品開発を目指します。化粧品会社の開発担当の研究者などが代表例です。このように、大学と民間企業の研究職では、たとえ同じ分野であったとしてもその研究内容と目的が異なります。

 

研究職の仕事のやりがい

研究職の最大のやりがいは、その研究成果が世の中に活かされ、社会の発展に役立つことといえます。また、学術研究それ自体に貢献でき、自身の探究心を満たせるのも大きな魅力の1つです。
基礎研究と応用研究では目的は違えども、一つひとつ地道な研究を重ねて成果を上げ、学術的、社会的な発展に寄与できることにやりがいを感じるという点では共通しているでしょう。

 

研究職に必要なスキルと知識

研究職に必要なスキルは、第一にその分野の専門知識が挙げられます。企業では大学院の修士号取得を条件にしているところも多く、大学の研究職では、博士号取得を前提としているところが一般的です。大学の研究職と企業の研究職では、進路が少し異なります。大学の研究職では、博士号を取得し、研究を続けながら、研究職のポストが空くのを待ったり、大学の公募に応募したりするのが一般的といえるでしょう。

 

研究者以外の研究にまつわる仕事は?

研究にまつわる仕事としては、研究者以外にも、研究補助者や技能者といったものが挙げられます。

 
研究補助者

研究補助者は、研究プロジェクトにおいて研究者の業務補助をする仕事です。また、研究所に直接雇用されていれば、研究室で事務作業に従事している人も含める場合もあります。
契約期間に定めのある場合は、研究助手程度や博士号取得、修士号取得など、本人の実力によって時給が決定することも。
また、実験補助者として器具の洗浄や滅菌・乾燥、計測作業やデータ入力といった仕事内容を行う場合もあります。

 
技能者

技能者は、実験で得られたデータの分析などを行います。研究者の指示のもと、研究室での作業を行うのが主な仕事です。

 
研究所関係の事務職

研究所でも、企業における事務職と同じように、一般事務、経理事務、医療事務など、さまざまな事務職の募集があります。

研究職のメリットとデメリット

研究職のメリットとデメリットの画像

研究職のメリットは、自分の好きな分野を仕事にできる、デメリットは専門性が高くつぶしが効きにくいというものがあります。研究職のメリット・デメリットをそれぞれ見てみましょう。

 

メリット

研究職では、自分の関心のある分野を仕事にすることで、やりがいを感じやすいのがメリットといえるでしょう。

 
自分の好きな分野を仕事にできる

自分の興味のある専門分野について深く学んだあと、その知識を活かして仕事ができるのが一番のメリット。研究職の仕事には終わりがなく、新しい知識を学びながら研究を進めていけるので、ずっと続けられる仕事といえるでしょう。
また、研究者としてではなくとも、補助者や技術者として研究に関われるのも良い点です。技術者などの仕事には、深い専門知識を持たなくても就ける場合があるので、あとから興味を持って入職するという方もいます。

 
やりがいを感じやすい

上記で述べたことからも、自身の興味に直結した仕事なので、比較的やりがいを感じやすいでしょう。興味を持ちつづけていれば、自身の関心がある専門知識を活かしてできるので、仕事へのモチベーションも保ちやすいといえます。

 

デメリット

研究職のデメリットとしては、専門性が高いことゆえの転職しにくさや、成果主義であることから、大きな成果を求められることなどが挙げられるでしょう。

 
専門性が高くつぶしが効きにくい

研究職は、高い専門性を持つ代わりとして、その範囲の狭さが特徴といえます。よって、自分の専門に合っている仕事なら良くても、その他の仕事となると専門外となってしまい、思うようなパフォーマンスを発揮できない可能性が。他の仕事に転職したいと思っても、専門性が高いスキルが主なので汎用性に欠け、他のスキルや経験不足から転職が難航する場合があります。
「研究職はつぶしが効かない」という言葉は、その汎用性の低さを表しているといえるでしょう。

 
成果を厳しく求められる

研究自体は、企業では商品やサービス等を通じて利益を追求するものだったり、大学では論文や書籍の発表を通じて学術研究に貢献したりと、何かしらの成果を挙げるのを目的としています。
よって、所属機関は、研究者に成果を厳しく求める傾向があります。成果が挙げられなければ、研究の意味に疑問符がついてしまい、研究費などの削減のため、プロジェクト自体がなくなってしまうことにもつながります。プロジェクト中止によって、研究者がその職を失ってしまう場合も。
研究者は、日々「研究成果を挙げなくては」というプレッシャーとともに業務にあたっているといえるでしょう。

研究職に向いている人の特徴

研究職に向いている人の特徴としては、探究心が強い、失敗を恐れないなどが挙げられるでしょう。

 

探究心が強い

研究職は、これまでの学説や実験データなどから、新しい知見やものを生み出すのが仕事。「どうしてこうなるのだろう?」「こうしてみるとどのような結果が生まれるのだろう?」と、飽くなき探究心が必要だといえます。探究心がなければ新しい視点が生まれず、そもそも研究を進めることができないからです。
同じ研究テーマについてずっと探究心を持ち続けられるのことが、研究者の資質として必要といえるでしょう。

 

失敗を恐れない

「自分が立てた仮説が間違っていた」「うまくデータが取れなかった」など、研究での失敗は日常的にあるものといえます。一般的に、偉大な発見や発明の陰には数多くの失敗があったことが知られているように、失敗を恐れず、プロジェクトや研究テーマに向かってひたむきに地道な作業を繰り返す忍耐力が必要です。

 

周囲と円滑なコミュニケーションが取れる

研究は、単独だけではなく同僚の研究者、他部署などと連携して行う場合が多いです。周囲と良好な関係が築けなければ、研究がスムーズに進まない恐れもあります。また、連携などにより、業務上自分の研究だけでなく、他の研究者の研究内容への理解も必要となるでしょう。周囲に興味を持ち、周囲と足並みをそろえて業務にあたることが求められます。

研究職に就くためには

研究職に就くためにはの画像

研究職に就くためには、理系、文系である程度決まった進路を踏んでいる必要があったり、活動実績を作っておいたりする必要があります。

 

理系・文系別の研究職への進路

ここでは、理系、文系別に、研究職への主な進路について解説します。

 
文系

文系の研究職では、まず大学教授や准教授、助教授といった大学教員が挙げられるでしょう。大学から大学院の修士課程、博士課程へ進み、学位を取得したのち、論文を書きながら各大学の募集を待つのが一般的です。
ほかには、経済産業研究所といった独立行政法人、金融庁の金融研究センターなどの公的機関では、文系の研究者を募集していますが、大学教員へ声がかかることが多く、一般からの採用はなかなか難しいという事情があるようです。
一方、民間企業でも金融業界のシンクタンクなど、文系研究員を募集しているところもあります。

 

また、文系であっても理系の内容の研究職に就くこともできます。
企業の求人で理系内容の研究職を募集する場合、その多くは、理系を専攻していることを条件としていますが、全学部全学科対象など、とくに専門分野を指定していない場合があるためです。そのような求人から、研究職への道が拓けることもあるでしょう。

 
理系

理系の研究職は、その内容の特徴から、文系の項目で述べた大学教員のほか公的機関、民間企業の研究員など、幅広い募集があるため、文系より比較的目指しやすいといえるでしょう。学部卒業後、大学院に進んで学位を取得するほか、学部卒で研究職の求人に応募することもできます。

 

研究職の就活は活動実績も大切

研究職の就活に関しては、実験や研究のスキルを磨いておくことも重要です。
希望する研究対象が明確な人は、早い段階から専門分野の研究を深めておきましょう。実体験を持っていることは、何よりも勝るアピールポイントになります。
また、自己PRにも繋がるように、企業説明会やインターンなどにできる限り参加することも大切です。
面接では、自分自身の能力やこれまでの経験を活かして、今後どう活躍できるのかを伝えましょう。研究概要を説明するときは、分かりやすく伝えられるように意識することがポイントです。

 

研究職に就くかどうかを悩んでいる人は…

研究職に就くかどうか悩んでいる方は、まず、自分の専門分野での求人はないか、異なる専門分野でも自分が応募できる求人はないか探してみましょう。
このコラムでご紹介してきたように、主に研究職では、専門分野の知識以外にその適性が何より大切であるといえます。そのため、自分に研究職への適性があるか、じっくり検討するのが重要です。
また、研究者以外にも、技能者や事務職などいろいろな形で研究をサポートする職種もあります。興味があれば、求人を探してみると良いでしょう。

 

若年層向けの就職支援サービスであるハタラクティブでは、若く、業務経験が浅い方でも応募できる、ポテンシャル採用を意欲的に行っている企業の求人を取り扱っています。
「研究職に興味はあるけど、自分には他にどんな仕事が向いているのか」「自分にはどんな仕事に適性があるのか」など、仕事選びに悩む方を全面的にサポート。専任のキャリアアドバイザーが、あなたのお悩みを伺い、就活のプロの観点からアドバイスを行います。そのうえで保有する企業の求人からあなたに合ったものを厳選してご紹介しますので、ご自分ではなかなか良い仕事にめぐり合えないという方に適しています。
ハタラクティブの保有する求人はすべて事前に企業に取材を行っているので、求人を見ただけでは分からない企業の様子を知ることができるのもメリットです。
企業との面接日程のスケジュール調整や応募など、大変なこともすべてアドバイザーにおまかせ。ご自身は選考対策に集中できます。また、選考対策に自信がないという方も、アドバイザーが書類添削や面接練習などを行いますので安心です。
これらのサービスはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    職種の区別?ブルーカラーの具体的な職種について

  • image

    職種とは何か?業種との違いを考える

  • image

    理系出身者に人気の職業とは?就職事情について解説

  • image

    技術面接の評価基準ではどんなことを意識したらいいの?

  • image

    業種とは何か?公務員の分類は?一覧や職種との違いも解説!

  • image

    学士ってなに?修士・博士との違いや就活に与える影響

  • image

    ポスドクの問題点や就職事情とは?その現状を解説します

  • image

    ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?

  • image

    自分の適性に合った仕事の探し方

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる