新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 総合職とは何か?詳しい仕事内容や一般職との違いを徹底解説!

総合職とは何か?詳しい仕事内容や一般職との違いを徹底解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・総合職とは、企業の幹部や管理職候補として採用されることが多い職種
  • ・総合職の補助的業務を行うのが一般職で、給与や昇格の面などで違いがある
  • ・総合職は男性向けのイメージだったが、近年では女性も多く活躍している
  • ・総合職に向いているのはリーダーシップがあり高収入を目指している人
  • ・一般職から総合職への職種転換は、競争率や能力の面から難易度が高まる傾向がある

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

このコラムでは、総合職とはどのような仕事か知りたい人のために、詳しい業務内容や待遇について解説します。あわせて、一般職との仕事内容や給与の違いについても押さえておきましょう。
また、就活の際に、自分にはどちらが向いているか知りたい方もいるのではないでしょうか。適性を見極める際に注目すべきポイントについても詳しくご紹介するので、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

総合職とは

総合職とは企業における採用コースの一種で、いわゆる「幹部」や「幹部候補」を目指すコースを指します。将来的に中核業務に携われるよう、さまざまな部署で仕事の経験を積むのが一般的です。そのため、企業の規模や展開地域によっては異動・転勤をともない、「全国型総合職」と呼ばれることも。一方、転勤がない地域限定の総合職は「エリア総合職」「地域総合職」などと呼ばれて区別されます。

総合職と一般職の違い

一般職は主に、総合職の補助的な業務を行い「ビジネスサポートスタッフ職」「業務職」などと呼ばれることもあります。総合職と一般職の詳しい違いについて、以下に挙げますので1つずつ見てみましょう。

仕事内容

総合職の仕事は、大きく分けて「技術系総合職」と「事務系総合職」の2種類です。技術系総合職では、ものづくりに関わる研究や開発、生産を行います。事務系総合職では人事や総務、経理のほか企画や営業などを担当するのが一般的です。
総合職の多くは将来の幹部や管理職候補として採用されるため、企業内で行っているさまざまな業務を経験する必要があります。
一般職は部署ごとに異なりますが、資料作成や顧客対応、備品管理などといった総合職のサポート業務が主な仕事です。

研修制度

前述したように総合職は、業務の範囲が限られている一般職とは異なり、担当部署が多岐にわたります。そのため、各業務に必要な知識を身に付けられるよう、研修制度が複数設けられている場合が多いです。
一般職も、働くうえで必要とされる研修は受けられるでしょう。しかし、得られる知識の分野は、総合職と比べると限定される傾向があります。

給与や待遇

給与額は一般職よりも総合職の方が、高く設定されているケースが一般的です。総合職は仕事の成果や能力に応じ、明確な評価基準が設けられています。そのため、昇給に必要な条件がわかりやすく、会社から求められたことに対し相応の結果を出せば、自ずと昇給できることが多いのです。
一般職は評価基準があいまいな場合が多く、昇給制度があっても総合職と同じ給与額まで上がる事例はあまり見られません。勤続年数が長くなるにつれて、総合職と一般職の給与額差は開くと考えられます。
ボーナスや各種手当など待遇面については、企業ごとに設定されているため、応募の際に調べてみましょう。

異動や転勤の有無

一般的に、総合職として働く場合は一定期間ごとに部署の異動や転勤を求められます。企業によっては国内だけでなく、海外へ転勤する可能性も。転勤を望まないのであれば「地域限定の総合職」として働くという選択肢もあります。しかしその際は「転勤がある総合職」と比べると、会社から任される仕事や給与額に違いが生じる可能性もあるため、企業へ確認しましょう。

キャリアアップ

総合職は企業の中核となる業務を担当することが多いため、一般職よりも早いキャリアアップが目指せるでしょう。個人の能力を判断するための階級制度を設け、階級ごとに試験を実施し、その結果を昇進や昇給の目安としている企業も見られます。
一方で一般職は、一人ひとりが行う業務に対し一律の評価をしにくい傾向があります。そのため、総合職と同じ役職へのキャリアアップは難しい場合もあるでしょう。

総合職と一般職、コース別採用を行っている理由

現在、企業がコース別採用を行っている背景には、厚生労働省によって制定された「男女雇用機会均等法」が影響しています。
この法律が制定されるまでは、男性と女性で区別された募集や採用が、多くの企業で行われていました。しかし、1986年に男女雇用機会均等法が制定され、性別ではなく能力や成果で評価する、総合職と一般職のコース別採用が始まったのです。
コース別採用が開始したあともしばらく、「総合職は男性の仕事」「一般職は女性の仕事」というように、男女区別の考え方は残りました。しかし近年は、このような考え方で採用を行う企業が減少し、女性が総合職に就くことも珍しくありません。

参照元
厚生労働省
企業において募集・採用に携わるすべての方へ 男女均等な採用選考ルール

総合職と一般職の適性を見極める3つのポイント

総合職と一般職のどちらが自分に向いているか迷うこともあるでしょう。適性を見極める際にポイントとなる点を、3つご紹介するので以下をご参照ください。

1.適性の違いを知る

総合職と一般職では、適性の違いがいくつかあります。それぞれに向いている人の特徴を見てみましょう。

総合職に向いている人の特徴

リーダーシップがある、コミュニケーション能力が高い、プレッシャーに強い、チャレンジ精神旺盛、高収入や高キャリアを目指している

一般職に向いている人の特徴

細かい作業が得意、淡々と作業を行うことが苦でない、誰かをサポートすることが好き、転勤による引っ越しを望まない、仕事とプライベートを両立したい

なお、企業によっては、総合職と一般職が明確に分けられていない場合もあります。
 

2.大手企業にこだわるか否か

大手企業への就職にこだわるか、中小企業も視野に入れた就活をするか、一度よく考えてみるのも適性を見極める方法の1つです。大手企業では、総合職と一般職のコース別採用を行っていることが多いようですが、中小企業の多くは区別せずに募集をしている傾向があります。
もちろん「どうしても大手企業へ」と、こだわって就活をするのも一つの選択肢ですが「どのような仕事がしたいか」を見極めることが大切です。

3.将来的に仕事と育児を両立したいか否か

将来的に仕事と育児の両立を目指す女性は、一般職を選択する傾向があります。育児をしながら総合職として働くことは、仕事量が多く荷が重いと感じる場合が多いようです。
しかし転職の際は、自分のスキルや成果をアピールしにくい一般職と比べ、明確に経験を提示できる総合職の方が有利といえます。就活の際は将来のことも見据えて、何を重要視するか考える必要があるでしょう。
また、女性が仕事と育児の両立を目指すためには、パートナーがどの程度、家事や育児に関わるかによって状況が大きく異なります。家事と育児を2人で分担できれば、総合職であっても負担を軽減し、仕事を継続できるでしょう。

総合職と一般職を途中で変更できるか

総合職と一般職を就業途中で変更すること(キャリアチェンジ)は、多くの企業において可能です。ただし、総合職から一般職への変更が比較的容易であるのに対し、一般職から総合職への変更は難しい傾向にあります。特に大手企業の総合職は競争率が高いうえ、即戦力となる能力を求められることが多いでしょう。
キャリアチェンジする方法は、勤務している会社内で「キャリア転換制度」を利用する、もしくは「転職」のどちらかです。
キャリア転換制度を利用する場合は、試験が設けられていることが多いですが、不合格だとしても無職にはなりません。しかし転職の場合は、採用が決まるまで収入が途絶えることも考えられるため、慎重に判断する必要があります。
なお、社内にキャリア転換制度がない企業もありますので、入社前によく調べましょう。

総合職と一般職では、仕事内容や収入など異なる特徴がいくつもあります。どちらに応募すべきか迷っている人は、第三者の意見を参考にするのも一つの手です。
就職エージェントのハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧にカウンセリングを行います。アドバイザーの客観的な視点から、「仕事を通して何を得たいか」「向いている職種は何か」を知ることができるでしょう。
また、応募書類の添削、面接対策のサポートも無料で行っています。企業に直接聞きづらいことも、アドバイザーが代わりに質問するのでご安心を。就活に不安がある方や、キャリアチェンジを検討している方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!

総合職に関するQ&A

ここでは、総合職に関するお悩みをQ&Aで解決します。

総合職とは何ですか?

総合職とは、将来的に企業の中核業務を担う候補としての採用区分を指します。異動や転勤をしながら、企業内の複数の部署で経験を積んでいくのが一般的で、採用条件として大卒以上の学歴を求められる場合が多いです。高卒から総合職を目指せるかどうか気になる方は「高卒で正社員(総合職)は目指せるか」のコラムをご参照ください。
 

フリーターから総合職は目指せますか?

フリーターから総合職を目指すのは十分可能です。企業のなかには、若くポテンシャルのある人材を未来の企業を担う候補として求めているところもあります。総合職を目指すのであれば、年齢が若いうちに行動するのが賢明といえるでしょう。「フリーターで総合職の正社員になれる?」のコラムで詳しく説明していますので、参考にしてみてください。
 

総合職と一般職の違いは何ですか?

企業の中核業務を担う総合職に対し、一般職は主に総合職のサポートをするのが仕事です。総合職は企業内の複数の仕事に携わりますが、一般職の仕事内容は基本的に変わりません。また、転勤や異動がある総合職に対し、一般職は転勤や異動はない場合が多いです。一般職の概要に関しては「パン職って何?業務内容や給与事情を解説」のコラムをご参照ください。
 

総合職にはどんな人が向いていますか?

総合職には、リーダーシップがある人や旺盛なチャレンジ精神のある人が向いているでしょう。長期的なキャリアプランを描いている人にも向いています。既卒から総合職を目指したい方は、「既卒から総合職の正社員になれるのか?」のコラムを参考にしてみてください。
 

総合職志望ですが転勤が気になります…

総合職は転勤を伴う場合が多いですが、「エリア総合職」「地域総合職」など、その地域限定で勤務を行うものも。このような総合職は、「限定正社員」とも呼ばれます。もし転勤をしたくないのであれば、条件を絞って求人を探してみるのがおすすめです。限定正社員の求人について詳しく知りたい方は、ハタラクティブへお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ