1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 営業と接客業の仕事の違いは何ですか?

営業と接客業の仕事の違いは何ですか?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

人と接する仕事がしたくて、営業か接客業を考えています。

人と接する仕事がしたいという思いから、営業か接客業を考えています。この2つの仕事には一体どんな違いがあるのでしょうか?

人と話すのが好きな人や、接客のアルバイトにやりがいを感じる人は、営業や接客業に向いているでしょう。営業と接客には、対象とするお客様や勤務形態、評価方法などに違いがあります。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

お客様の違い

営業と接客業の仕事の違いは何ですか?

「パソコンに向かって黙々と仕事をするより、人と接する仕事のほうがいいんですが…」
というご相談を多くいただきます。

普段からご友人とお話するのが好きだという方、接客のアルバイト経験があってお客様から「ありがとう」と言われるのがやりがいだったという方にとっては、営業や接客はぴったりのお仕事でしょう。

では、営業と接客にはどういった違いがあるのでしょうか?主な違いを項目別にご説明していくので、参考にしてくださいね。

営業には個人を対象とする個人営業と、企業を取引先とする法人営業の2種類があります。一方で街中の飲食店やアパレルショップを見てもわかる通り、接客業が対象とする大半は個人のお客様。

個人営業は一般の個人を相手にするという点では接客に近いイメージですが、法人営業と接客では商品の売り方やビジネスの規模に大きな差があります。

個人の買い物ではその人が「これが欲しい」と思えば購入につながりますが、1件1件の単価は低い傾向にあります。一方で法人営業では会社の方針や予算の都合などが関係し購入までの過程が複雑なので、一つの物を買ってもらうのに何ヶ月、何年単位の時間がかかることも。

ただ、商品が売れたときの額は大きく、1件あたりの金額が数百万から数千万といった数字になることも少なくありません。法人営業は個人営業や接客と比べ、扱う金額の規模が大きくなるのが特徴です。

個人が生活の中で使う商品やサービスを提供する接客は法人営業に比べて扱う金額が小さくなりますが、一人の相手との信頼関係が購買に結びつくやりがいがあり、自分の頑張りが結果に反映されやすいという喜びがあるでしょう。

勤務形態の違い 

お客様の違いは勤務形態にも関わってきます。企業を相手にする法人営業は土日祝休みの勤務形態が多く、個人を相手にする個人営業はシフト制をとっているのが一般的です。

接客はどうかというと、こちらはほとんどの職場でシフト制が採用されていますが、中には休みの曜日が決まっている固定制の職場も存在します。

固定制かシフト制かは仕事内容によって変動がありますが、一概に「どちらがいい」というわけではなく、人によって働きやすい勤務形態は違ってくるでしょう。

規則的に働ける固定勤務のほうが体力的に楽というイメージを持つかもしれませんが、「朝9時から勤務し夜21時まで残業」という仕事よりも、「朝11時から勤務し、夜20時でお店が終わって帰宅」というシフト制のほうが続けやすいこともありますよね。

働き始めてから「思っていた働き方と違う!」という事態にならないために、企業に応募する際は求人票に記載されている勤務時間を見るだけではなく、面接で残業の有無やシフトの組み方などを確認しておきましょう。

評価の違い 

営業と接客、ともに高い売り上げを目指して働く職種ですが、評価の方法については「個人での評価orチームでの評価」という違いがあります。

営業に関しては、ほとんどの企業が個々人の売り上げ数値を評価の対象としていて、個人で高い売り上げを達成すればその分を給与に反映するという企業も多数あります。

営業職はスケジュールなどを自分の裁量で決められ、「売り上げを確保していれば各自のペースで自由に働いて良い」という考え方をする企業も少なくないようですよ。

一方お店に勤務する販売職は、混雑している時間に役割分担をしたりお互いに助けあったりと、チームワークが重視される仕事です。なので接客では個人への評価よりも、店舗でのトータルの売り上げが評価されるケースが多くなります。

とはいっても、最近では接客であっても店舗の売り上げに加えて個々人の行動を評価基準とする企業も増えてきているため、面接では評価制度についてしっかりと質問する必要があります。

評価制度は働くモチベーションに関わる大切な要素なので、気になる点は遠慮なく尋ねるようにしましょうね。

お客様や勤務形態、評価制度についてご説明してきましたが、営業と接客の違いがご理解いただけたでしょうか?

就活の際は2つの違いを認識した上で、より自分に合った仕事を見つけてください!

こんなときどうする?営業・接客業に関するお悩みQ&A

ここでは、営業・接客業に関する疑問やお悩みをQ&A方式で解決していきます。

営業と接客業の違いとは?

接するお客様や勤務形態など、さまざな違いがあります。
営業の場合、個人に対する営業と法人に対する営業があります。一方接客業は、業態はさまざまありますが、基本的には個人のお客様のみの対応となるでしょう。また、企業と仕事をする法人営業は「土日祝日」が休みであることが多いですが、個人を相手にする接客業は主にシフト制をとっています。営業と接客業の違いについては、このコラムの「就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!」で詳しく解説しているので、ぜひご参考にしてください。

接客業の種類や仕事内容が知りたいです。

接客業は、お客様を相手にし、ニーズに沿ったおもてなしをする職業です。
また、接客業には「飲食店のホール」「販売」「宿泊施設のフロント」など、さまざまな種類があります。人と接したり会話をしたりすることが好きな方や、気配りができる人に向いている職種といえるでしょう。詳しくは「接客業とは?仕事内容とその種類」をご覧ください。

営業に向いているのはどんな人ですか?

人と話すのが好きな人、相手の話を聞く力のある人、自己管理能力がある人などが向いています。
ほかにも、気持ちの切り替えができる人やストレス耐性がある人にも向いている仕事といえるでしょう。また、他社員と成績を比べられたり、ノルマが達成できなかったりすることもあるので、メンタルを強くもって仕事をすることが大切です。詳細は「営業に向いている人はどんな人?」をご参考にしてください。

内勤営業と外勤営業の違いとは?

内勤営業は主に「カウンターセールス」、外勤営業は基本的に「外回り」です。
内勤営業のお客様は、取り扱う商品・サービスにある程度興味があり、少なからず購入意思のある人がほとんどです。そのため、商品説明や提案がスムーズに進む傾向にあります。
一方外勤営業の場合、初めから購入意思のあるお客様とは限りません。自分からアポを取ったり、契約のため何度も取引先へ訪問したりすることもあるでしょう。さらに詳しい違いについては、「内勤営業とは?外勤営業との違いと向いている人の特徴を解説!」をチェックしてみてください。



自分に向いている仕事・職種が分からない方は、転職・就職エージェント「ハタラクティブ」に相談してみてはいかがでしょう。ハタラクティブでは、専属アドバイザーとのヒアリングを通し、自分の適性に合った仕事を紹介します。ほかにも、履歴書の添削や面接日の日程調整など、内定のためのサポートを全面的に実施。さらに、すべてのサービスは無料となっていますので、ぜひお気軽にご相談ください。登録はこちらから!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    内勤営業とは?外勤営業との違いと向いている人の特徴を解説!

  • image

    接客業とは?仕事内容とその種類

  • image

    職種とは何か?業種との違いを考える

  • image

    顧客別に見る営業の仕事

  • image

    ルート営業を目指すなら!効果的な志望動機の書き方

  • image

    正しく理解してる?求人で見かける用語解説!法人とは

  • image

    正社員の職種や部署について知りたい!

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?