新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 準公務員とは?仕事の例や特徴、公務員との違いを知ろう

準公務員とは?仕事の例や特徴、公務員との違いを知ろう

公開日:

最終更新日:

準公務員とは?仕事の例や特徴、公務員との違いを知ろうの画像

【このページのまとめ】

  • ・準公務員とは、公務員ではないが、公共性や公益性のある公務に準ずる仕事をしている人のこと
  • ・準公務員といえるのは、郵便局の職員や駐車の監視員など
  • ・準公務員は民間企業が雇い主となるため、準公務員を目指す際は一般的な就職活動と同様の流れになる
  • ・守秘義務や副業禁止の規定が適用されること、一般的な企業に比べて安定していることが準公務員の特徴
  • ・「視野を広げて就職活動をしたい」場合は、エージェントの活用がおすすめ

準公務員はどのような仕事をするかご存知ですか?公務員の特徴はわかっていても、準公務員について詳しく知らない人は多いかもしれません。
このコラムでは、準公務員の仕事の例や特徴などをご紹介。準公務員に興味のある方は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

準公務員とは

準公務員とは、民間企業の中でも、公務に準ずる公共性や公益性のある仕事をしている人のこと。みなし公務員とも呼ばれ、公務員とは異なります。
ただし、準公務員と公務員の働き方・役割は似ており、似たような扱いを受けられるようです。

では、準公務員と呼ばれるような職種にはどのようなものがあるのでしょうか。例は以下のとおりです。

準公務員の職種の例

・郵便局の職員
・駐車の監視員
・国立大学の職員
・日本銀行の職員 など

上記から分かるように、準公務員は国民の暮らしに大きく関わる公益性の高い仕事をしています。

準公務員は、「公務員」という名称があてられていても公務員ではないので、上記の職種に就くにあたって、各自治体が行う公務員採用試験を受けることはありません。
準公務員は民間企業が雇い主となるため、それぞれの会社が実施する試験を受けることになります。そのため、準公務員を目指す際は一般的な就職活動と同様の流れになると考えて良いでしょう。

準公務員の特徴は?

準公務員の特徴として、以下の2つが挙げられます。

守秘義務や副業禁止などの規定が適用される

準公務員は公共性や公益性の高い仕事に就くため、国民の生活への影響力は大きいといえます。
そのため、公務員と同様に守秘義務や副業禁止などのルールを守ることが必要。また、ストライキなどの行動にも制限があります。

安定性がある

一般的な企業と比べると、準公務員の業種は公益性が高く、安定性もあるといわれています。
また、規則や待遇面は公務員と同様のものが多く、健康保険や年金に関しても公務員と同じ制度が適用されます。

安定した仕事に就きたいなら

準公務員は一般的な企業に比べて安定性があるため、就職・転職活動の際に希望する人の多い人気の職種です。
ただ、準公務員は職種によって求められる学歴や資格、経験、スキルなどが異なるため、応募する際は採用条件を十分に確認することが大切です。
また、後悔しない就職先を選択できるよう、仕事内容や勤務条件、職場環境などを把握し、適性があるかしっかり考えた上で応募するようにしましょう。

もし「準公務員の中でも良い求人がどれか迷ってしまう」「視野を広げて就職活動をしたい」という場合は、エージェントの活用がおすすめです。

ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職支援サービス。既卒・フリーター・第二新卒などの方々をメインに対象とし、厳選した1000件以上のお仕事からあなたにぴったりの求人をご紹介します。

当サービスは、経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで長所や適性を見出し、マンツーマン体制で書類作成や面接対策などのサポートを行うのが特徴。プロのキャリアアドバイザーがサポートすることで、80.4%という高い内定率を誇っています。

ご利用はすべて無料のため、「どのような仕事が向いているかわからない」という方も気軽にご相談ください!

準公務員や公務員への転職を考えている方のお悩みに答えるQ&A

仕事の安定性が高い公務員や準公務員。ここでは、それらの職業を目指す方が抱える不安や悩みについてお答えしていきます。ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

準公務員の仕事にはどんなものがある?

このコラムの「準公務員の職種の例」以外でいうと、商工会や農協などが挙げられます。そのほかにも、営利を追求しない団体に所属する方は、準公務員と呼ばれる場合が多いです。団体職員に関しては、「団体職員とはどういう職業?公務員との違いや年収相場もご紹介」でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

安定した仕事に就くにはどうしたらいい?

資格が必要な仕事は安定している傾向があるため、取得を目指してみるのも1つの手です。おすすめの資格は「手に職で安定した働き方を!専門職の種類と目指し方」で紹介しているので、ぜひご覧ください。また、ハタラクティブでも安定性の高い求人の紹介を行っています。「転職したいけど、何から始めたらいいのかわからない…」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

フリーターでも公務員を目指せる?

年齢制限をクリアしていれば、フリーターから公務員を目指すことは可能です。公務員試験に向けて計画的に勉強を始めましょう。面接試験では、フリーター期間に取り組んでいたことを聞かれる可能性があります。ポジティブに伝えることを意識すれば、好印象を残せるはずです。面接対策に関しては、「フリーターから公務員になる方法」でも解説しています。

公務員の職種には何がある?

国家公務員では外交官や裁判所職員など、地方公務員では市区町村の職員や消防士、警察官など、さまざまな職種があります。年齢要件は自治体や試験区分によって異なるため、気になる職種の要項はよく確認しておきましょう。また、職種によっては資格や免許が必要な場合もあります。詳しくは「公務員に転職したい方必見!応募条件や成功のポイントを解説」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ